その後の白い兄さん

標準

心筋症からくる血栓のせいで下半身麻痺になり、あれから1カ月半近くたっていますが。

その後の兄さんの様子、雨の季節でいろいろありーのが載ってるよー。

こちら↓をクリック

雑食な日々Ⅱ – 食ったり、飲んだり、房総ガラパゴスで楽しみみっけ (wordpress.com)

2021年から、投稿を移動~雑食な日々Ⅱへ

標準

なんだか、とっても長い期間投稿してきたような。

そして、ついに画像のアップもマックスとなり。アップグレードして、課金するほどでもなく。

別のサイトを立ち上げることになった。ま、自分の日記みたいなもんだしな、これって。

っていうことで、

なんだか忙しいけれど、食うことだけはちゃんとしてるし。久しぶりの喜久寿司。(でも連続投稿だったり)

標準

かなり年下のお友達と、喜久寿司に行く。そう、昼間から飲みに行ったのであった。

初めての一緒の飲み食いなのだが、彼女はかなりの大酒飲み。ビールをしこたま飲めてしまう、私からしたらとっても頼もしい女子である。そして、珍味好きなので、初喜久寿司をとっても喜んでくれた。

昼間から、ばかのように飲んで、翌日はまじ二日酔い。ひさびさの二日酔い。愛猫が大変なことになっているのに、ほんとにだめだめな飼い主である。

でも、コロナだというのに、なんだか非常に忙しくて。江戸へ行くこともなく、旅行も軒並み中止となり、地元で昼間から飲んで何が悪いんじゃい!と思ってしまう。人間、たまには羽目を外さにゃ、病気になっちまうぜ~

亀田病院へ行く。

標準

亀田病院に行ってきた。みんな車で行くようだけれど、なんだかめんどくさいので電車で行ってみた。

大原駅から特急わかしおに乗って、40分くらいかな。もしかして、外房線、勝浦から先の電車に乗るのは初めてかもなのだ。近すぎて、なかなか乗らないってやつ。

10年前の年末、友達の家族と興津辺りの民宿に泊まって、昼間から喜久寿司行ったり、夜は民宿でアワビだのサザエだのたくさん食べたら、4人中3人がお腹を壊してしまう。で、そのときノロウィルスが流行っていたので、朝一番に鴨川の亀田病院の救急で世話になる。そのとき外来の受診カードを作っていたので、今回は電話でいとも簡単に予約ができたのだ。

予約をした科で受診を終えて、ちょうどお昼時だったので、となりのメディカルセンターの最上階にあるレストランで海を見ながらランチ。そうだよ、前日ちょっと飲んでたから、微妙に二日酔いだったので、軽めのまま茶漬け~

さっぱりしていて、非常においしゅうございました~

で、受信の結果は経過観察。なんかあったら、亀田に入院したいと思って行ったのだけれど、異常なしであった。

お尻の線が破裂した姐さんの、それから。はっきりいって、まさかの展開に・・・

標準

やっとエリザベスを外せた。お尻の横にある、破裂してしまった肛門腺からの傷痕は無事ふさぎ。姐さんの長くて形のよい尻尾の先は舐めることができたようで、また血が出ていたので。毎日お薬を塗る、ってことになる。

肛門腺の左右も確認してもらったけれど、詰まっている様子もなく。今後、ひと月に1回は、肛門腺の確認のために通院する、とゆーことになった。うんちが細いから、とかあんま関係ないそうで。事前に察知することは、無理だと思います、と、先生からお言葉をいただく。(以上、11月7日に書いた、下書き)

そんな下書きをして、約ひと月たち。やっぱり、尻尾のかみかみはおさまらず、血だらけの毎日。

エリザベスカラーを外して、今度は尻尾のかみかみがひどくなる。こんなにかわいいのに。

で、今月初めに尻尾の先っちょの毛を剃って、抗生物質と、かゆみ止めの薬を飲ませていたのだけれど、かみかみと出血おさまらず。

大量出血で、ついに尻尾の先の骨が露出してしまう。で、また病院に行ったのだが。こうなったら、本人が気になるまでになってしまった、この尻尾の先っちょをリセットしましょう、と主治医に宣告される。う~~姐さん!きれいな尻尾の黒猫ちゃん、クリスマスの晩、彼女の尾っぽをいくらか切断する手術をすることになった。その後の経過、気が向いたらアップしよう。ちょっと、可哀想で悲しい気持ちの年末になりそうだ。

去年はながーいリボンを飲み込み、開腹手術をし。ちょうど1年後に、肛門腺破裂でお尻の穴の横に大きな穴っぽこを開け。そして、今尻尾を切断することになった。この子が身代わりになって、私を守ってくれているのだと思う。ほんと、ここまで普通じゃないことがあるなんて、そうとしか思えない。これからずっと大切にするから、長生きしておくれ~。黒い姐さん、11歳の年越しである。