月別アーカイブ: 6月 2015

今年もたくさん! コブシの実

標準

今年もたくさん花を咲かせてくれたコブシですが、またもや実がたくさん成っております。

それは、それはキモい実でして。

ウォーリー君を探せ、じゃないけど、コブシの実たくさん成ってるの分かるでしょうかね?

 

たくさんあるっしょ?

たくさんあるっしょ?

 

いまはまだ、葉っぱと同じようにきれいな緑色で不気味なかたちをしているので、なかなか分からないかもですが。

 

妖怪のようなぶきみさ。

妖怪のようなぶきみさ。

 

コブシの名の由来だといわれている、この不気味な実は、食べることもできず(試したけれど渋かった。明らかに鳥用)、なんだか不気味なまんまこれから秋にかけて赤く色づく予定。

もっとキモくなったら、アップするのでこうご期待。

同級生で集まって。。。 東京湾カントリークラブ

標準

前回、春桜がきれいなころにプレーした東京湾カントリークラブ。

今回は新緑の緑多し、フェアウェイも美しい梅雨時。

終日曇り空で、たまにぱらぱらと小雨が降ったけれど、むしむししていたのでちょうどよかったかも

今回は5人集まった

今回は5人集まった

みんな仕事やら、介護やら、子育てやらで忙しいけれど、やっと5人集まった。

東京湾カントリークラブ、基本3Bや2B割増料金を取るので、約1名、ゴル友男子に参加してもらい2組でまわる。

前回は長浦~久保田コースだったけれど、今回は久保田~蔵波。

長浦の9H目がちょっと恥ずかしいから、外したんだけど。蔵波はトリッキーだったし、グリーンがちょっとボコボコだったし。

やっぱ、次回から長浦~久保田にしよっと。

ホールアウトしてから、楽天GORAの特別プランでゲットした無料かき氷をいただく。

かき氷、おいしいよ。

かき氷、おいしいよ。

このかき氷、練乳、あずき、練乳あずきのトッピング無料だったし。なんか、めちゃおいしかった!

杉並や世田谷方面、千葉、川崎、そしていすみ市のちょうど中間点にあるので、実は7月もお江戸仲間と行く予定。

次回の同級生ゴルフは来秋だ。

やっぱ、ここがいいかも。

大原 喜久寿司 (一週間で二回も行っちゃった、のまき)

標準

大原の寿司屋、喜久寿司。『食彩の王国』で紹介されてから、遠路はるばるやってくるお客も多いとか。

で、今月はホタル客も多かったってこともあるし、1週間に2回も行ったし。

 

一度目は大人数。親方1人で切り盛りしているので、大勢だとやっぱり事前にいろいろ出ちゃってる。

 

ふふふふ。

ふふふふ。

 

カツオのマリネ風には、マスタードが挟んであったし。昆布じめもおいしかったし。

一瞬ホタルイカに見えるけど、実はヤリイカの子どもの醤油漬けだったり。やっぱり、超うまだった。

 

最後のしめの握り。

 

なんちゃらフグの白子、イナダの島寿司風。

なんちゃらフグの白子、ワラサだか、イナダの島寿司風。

 

島寿司風に出された、ワラサだか、イナダの握り。づけで、からしが乗ってる。

昔、さんざん食べさせられた八丈島の島寿司を思い出した。

 

で、その5日後、やっぱりホタル客と一緒に急に喜久寿司に行くことに。

団体さんもお座敷にいたし、カウンターも予約が入っていたらしく。

電話したら、大将一瞬たじろぐが、ちゃんと受けてくれたわいな。

でも、ネタ的にはそんなになかったらしいけど、それなりに工夫してくれた。

「もうね、一生懸命考えてるんだよね」、って。そう思うよ。ま、勝手気ままかもしれないけれど、あなたのマメさは好評ですよ。

 

超一本にぎりの穴子

超一本にぎりの穴子

 

この日はイカも揚がってなくて、タコは今年ぜーんぜんいないらしく。そういったことは、4~5年に一度あるそう。

大原のタコは、タコ好きの私としては大好物。イカだって、めちゃうまなのに。でも、こんな穴子出されたら、ぜーんぶ許しちゃうもんね。

 

超でか握り側面激写。

超でか握り側面激写。

 

とゆーことで、実は来週は恒例の喜久寿司会だったりして。

近々、アップ予定~

 

今年もホタルすごかった~

標準

いすみ市に移住してから、毎年ホタルを見に行っている。 最初の2年くらいはいすみ鉄道のホタルツアーに参加し、その次の年は山田のホタルまつりへ。 山田のホタルを見て、がっかりしてから地元の師匠に連れて行ってもらったのが、内緒の場所でのびっくりホタル。 あれから4度目のホタル狩り、毎年、毎年、我が家へ来る人が増えているので、6月はほとんどお江戸へも行かずホタル狩り三昧。   先週末、今年4回目の最後のホタル狩り。

7時半過ぎ、日が落ちてくると、ホタルが光り出す。

7時半過ぎ、日が落ちてくると、ホタルが光り出す。

まだ完全に日は落ちてないけれど、徐々に草むらから光だすホタル。 今年10日から見ているけれど、最後の4回目が一番数多く飛んでいたように思う。 この日、昼間お天気がよくて、ちょっとムシムシしていたからかな。

空には三日月とお星さま。下の森の中にはホタルたち。

空には三日月とお星さま。下の森の中にはホタルたち。

ほんと、ホタルを画像に残すことは難しい。ちゃんとしたデジカメでさえ、こんなのに、携帯で一生懸命撮ろうとしても無理。 やっぱり、肉眼で見たそのままをしっかりと心に焼きつけるしかないのだ。 だって、ホタル、こんなにいるけど、ちょっと怪奇現象っぽいでしょ?

2015_ホタル狩り_3

怪奇現象的ホタル_1

基本、虫嫌いなので、きれいだ~~すごい!と思いつつ「虫ですかい」、って感じだったな。

怪奇現象的ホタル_2

怪奇現象的ホタル_2

いやいや、すごかった。たぶん、今週末まで見られそうな雰囲気。まーた、見に行っちゃおうかな?   いすみ市生活は、飽きないですよ、ほんとに。

目からうろこのタケダワイナリー サン・スフル 国産スパークリングなり。

標準

先日、友人が持参してくれた、国産スパークリング。

めちゃうま~~

めちゃうま~~

まさかの王冠ですか、スプマンテとか、ゼクトと同じような製法で作られている。 山形のタケダワイナリーのサン・スフル。 もちろん、国産デラウェアなんだけど。 なんとなく、ひじょうにドライで超うま。 値段も2000円弱で、なんとまあおいしいったらありゃしない。 タケダワイナリーのHPから購入できるので、さっそく注文することにした。

ひさびさの弁当対決! 津軽海峡 海の宝船VS米沢牛 焼肉どまん中

標準

 

はい、いつもおなじみの。

お江戸上京→会食→大酒飲んで深夜までコース→T吉宅に泊まって、二日酔い状態で帰宅コース。

東京駅、駅弁ショップ祭にて、駅弁買って帰るぞ~!わしゃ二日酔で、がっつり食いましょう状態じゃ!

とゆーことで。目が欲しくなって駅弁を2つ購入し、久々の弁当対決!

 

まず、津軽海峡 海の宝船。

出ました、大好きな海の幸系!

出ました、大好きな海の幸系!

 

私はですね、こーゆーの大好き。なので、東北系のこの手のものはだいたい食ってます。が、これは初めてだったので。

 

宝の山だぜ!

宝の山だぜ!

 

まさに、お宝三昧。こーゆーバラ寿司系は大好き。ウニはあんまり好きなほうじゃないけれど、この塩ウニはさすがに臭みもなく、イクラ、塩ウニ、トビコのバランスよく、結構おいしかった。

が、私のナンバー1は、やはり宮城の海の輝きだな。あれと比べると、やっぱり劣ってしまうが、しかしナンバー2くらいになっちゃうかもくらい。

 

で、お次の焼肉どまん中は、何度も購入しているリピート品。

 

 

何回も購入してるが、今回は・・・

何回も購入してるが、今回は・・・

 

この米沢牛のどまん中シリーズの中で、一番のお気に入り。

 

この肉、めちゃうめーんだ。

この肉、めちゃうめーんだ。

 

一応タレが付いているけど、すでにお肉に味が染みているので、一度も使ったことない。だって、もともとこのど真ん中シリーズ、味が濃いし。

肉の味は、最高だし、一個完食したのに、もう一個食べようとしている私!

が、しかし。肉は申し分ないのだけれど、ごはんが~~

 

まさかの、ごはんねちょねちょ。

まさかの、ごはんねちょねちょ。

 

ウソだろ、このシャリ、ねちょねちょやん!まさかの駅弁にあるまじき、このシャリの柔らかさ!

もう、食い気消失げんなり。いままでこんなことなかったのにな・・・

 

とゆーことで、今回は津軽海峡 海の宝船の勝利!牛肉どまん中は、おうちに帰って夕飯に完食。

しかし、飯が柔らかすぎだわい!

 

ラッキョウ ピクルス2015~~ やっぱ一日がかりだわな・・・

標準

今年も農家の朝どりラッキョウをゲット、ピクルス漬けにする。

国産のラッキョウだから、いくら田舎といえども手に入りにくい。

以前は大原の直売所、なのはなで予約できたのだけれど、昨年からそれもままならず。

あちこちまわって、良心的な直売所に入荷したら電話してくださるよう、お願いする。

アンチョビと同じく、大変手間のかかるこの作業。今朝は朝から雨だというのに、いきなり入荷宣言電話あり。

うわ~~、雨だったら日干しできないじゃん、と思いつつ次回はいつ?と聞くと。10日過ぎと・・・

うーむ、ホタル客に浅漬けを所望したいのにそれでは遅し。

とゆーことで、豪雨の中直売所に買い出しに行く。

 

で、4キロ。やりまっせ!

いつも一緒に写ってる白いお兄さん、あんたの手も借りたいくらいじゃ。

 

君の手を借りたいよ!

君の手を借りたいよ!

 

 

ご覧のとおり、ちょいと土が付いてる自然な国産ラッキョウ、農家さんの愛情がこもっておる。しかし、この下ごしらえがまたすげー手間がかかるのだった。

最初の1キロ(1袋)は1時間くらいかかったけど、2袋目からやり方を変えて40分になり、最後の4キロ目は25分で終了。

年に一回のことだし、来年の春くらいまで食べられる保存食だし。ってことで、どうにかがんばる。

 

土を洗い流す→ヘタを取る→、薄皮を剥く。

土を洗い流す→ヘタを取る→、薄皮を剥く。

 

お次は容器の煮沸だったり、ピクルス液をつくったりして、その間ラッキョウを乾かす。

 

ピクルス液には、庭のハーブをふんだんに。

ピクルス液には、庭のハーブをふんだんに。

 

とはいいつつも、もう夜になっちまったし、やっぱり一粒、一粒、水気を拭かなきゃだ。なんだ、わし、ラッキョウに愛情がこもりすぎ。

で、煮沸後冷めた容器に水気をいちいち拭いたラッキョウを投入。

ピクルス液はハーブを入れて、一度沸騰させたので冷めるまでまた待ち時間~

 

煮沸消毒した、容器に入れて、ピクルス液が冷めるのを待つ。

煮沸消毒した、容器に入れて、ピクルス液が冷めるのを待つ。

 

やっと漬け込んだけれど、ピクルス液、微妙に足らず・・・

 

なんだよ、うちの分のピクルス液足らないじゃん!

なんだよ、うちの分のピクルス液足らないじゃん!

 

とかなんとかいいながら、出来上がって床下収納に保存。

1カ月くらい経ったら、容器を変えて冷蔵庫に保存する。

とゆー予定だけれど、実は浅漬けがまた美味しい。これは、ホタル見物でうちに来る人しか食べられないのでした。じゃんじゃん。

 

これで来年の春まで食べられる!