月別アーカイブ: 5月 2010

いすみ鉄道大原駅 新しい売店

標準

大原駅に行ったとき、新しい売店を覗いてみたら、結構お土産とかあった。

駅前にお土産屋さんなんてなかったから、これは便利だなと見ていたら、こんなものまで売っていた。

色は他にも、黒、赤、白とあって、文字も他のがあったような。千社札を臭わすこのデザインが、いかにも外房チック。本当に廃線になりそうになったら、羅生門さんたちにプレゼントしてライブで着てもらうかな・・・私も着るかな・・・しかし、ちょいと恥しいやこりゃ、って。そうだ、浜町の克寿司の克ちゃんにプレゼントするかな、彼は房総出身で元暴走族らしいし。

広告

その後のスカイツリーとスカイ&ポエム

標準

約1カ月半ぶりに朋吉宅へお泊り。朝起きたら、スカイツリーはこんなになっていました。

 

バベルの塔のごとく、着々と工事が進んでいます。ツリー下町の押上駅付近も新しい街に変身するみたいで、そこらじゅうが更地になっておりました。

 

で、朋吉さんちにお泊りと言えば、アメショのスカイ君と、我が白猫百太郎の妹姫ポエムちゃんとの戯れです。

お兄ちゃんのわりに、可愛い顔してるスカイ君。もう8歳か、9歳なんだよね。

さすが、血統証付。LVのスーツケースでおねんね。

 

本当に百太郎に似ている、ポエム姫。

私が寝ていると、朝遊びにきてくれます。

 

あなた、起きなさいよ!って、感じ。この目つき、百太郎にそっくりだ。

蚕豆と春キャベツのパスタ

標準

家庭菜園で収穫したミニ蚕豆を使って、パスタを作りました。

 

【材料】

パスタ            70g

蚕豆             80g(豆だけの量)

キャベツ         100g

鶏胸肉           50g

唐辛子          1本

塩            小さじ1/2

胡椒           少々

アンチョビ        半身分

オリーブオイル     大さじ1/2

パスタのゆで汁     大2

【つくり方】

1.蚕豆をさやごとグリルで9分焼き、中の豆を取り出しておきます。蒸し焼きになっていますので、皮のまま食べられますが、気になる方は皮をむいてください。アンチョビはみじん切りにしておきます。

2.1.5ミリのパスタを3分半茹でます。

3. オリーブオイルで唐辛子、鶏肉、キャベツをフライパンで中火で炒めます。

唐辛子は、鷹の爪でもいいけど、私はこんなのを使っています。昨年末台湾に行ったときに、台北の空港で買ったんですが、激辛いです。

4.弱火にして、3にパスタのゆで汁とパスタを入れ塩、胡椒をする。

5.弱火のまま4.に、1の蚕豆、アンチョビを加え、軽くあえて味を調え、火を止めてできあがり。

蚕豆は皮のまま食べちゃいます。そのほうが、蚕豆の風味が味わえて美味しいんだけどな~。

で、デザートにトマトのコンポートをつくりました。クックパッドを携帯で見ながらつくったけど、ほんと、美味しいです。簡単なので、ぜひ作ってみてください。(クックパッドを見てね)

マイ畑

標準

昨年暮れに植えた蚕豆、できてきましたよ~~

花がいっぱい咲いたので、そこから実がなってます。うふふふ、楽しみ~~

と、思っていたら下を向いてきたら収穫する、とネットで調べたら書いてあったので早速収穫。

苗を買ったとき、たしかミニ蚕豆って書いてあった。

たしかにミニというか、ミディアムサイズ。早速お昼に食べました。(蚕豆春キャベツのパスタ後日アップ予定)

 

で、畑がやっと見栄えするようになりました・・・かな?

でもさ、これで収穫なかった。なんててことにならないように、いろいろ勉強しなくては。苗を買いに行くと、苗を卸している農家の方がときどきいらして。その方に図々しく質問しちゃいます。さあ、今年の夏はどうなることやら。たくさん収穫できたらいいのにな~~~~~

初心に返ろう ナポリタン(野菜たっぷり)

標準

イタリアのナポリには、ナポリタンはないんだって。

先日、焼きうどんが食べたくなったんだけど・・・うどんがなかったので、パスタで作ったら大失敗。(おかかまでかけたけど、どうも合わない。)

で、今日はナポリタン作りました~~日本人はナポリタン好きだし、私も大好物であります。

【材料】

パスタ       80g

キャベツ     100g(or好きなだけ)

ピーマン      1個

玉ネギ       1/4

鶏肉        50g

オリーブオイル  大1/2

白ワイン      大1

ウスターソース  小1

トマトケチャップ  大2

パスタゆで汁   大2

胡椒        少々

粉チーズ     好きなだけ

 

【つくり方】

1.パスタを茹でます。今回の茹で時間は1.5mmを3分半

2.パスタを茹でてる間、キャベツをざくざく、ピーマンざくざく、玉ネギくし切り、鶏肉を細切れにする。

3. フライパンにオリーブオイル1/2をひき中火で鶏肉、玉ネギをまず炒め、火が半分ぐらい通ったらキャベツを加えて  さらに炒めます。(辛いの好きな方は、ここで唐辛子とか一緒に炒めてもよし)

4.全体的にに火が通ったら、弱火にしてピーマンを加え、白ワイン、ウスターソース、パスタのゆで汁、胡椒を入れ、ソースを馴染ませます。

5.パスタが茹であがったら4へ、トマトケチャップを入れて、胡椒少々と混ぜ合わせます。ソースがからまったら火を止めて粉チーズを(好きなだけ)かけてさらに混ぜあわせます。

できあがり。

私は基本高血圧で薄塩なので、味のたりない方はトマトケチャップとか、ウスターで調節してくださいな。

こんなでっけー鯛が・・・

標準

いきつけのスーパーマルイ。大原商店街にある、スーパーです。ほらやっさカードのポイントがたまるので、よく使っていますが、こんな鯛を発見。

これで6500円だったような。

それで数日後、またマルイでこんなもん発見。

 

上の写真と比べるとそんなに差がなさそうですが、全体を撮影するのにちょっとカメラを引いたので手も出せないし、手前の猫の肉球グッズもカメラに近くて比べることができない。同じ入れ物にめいっぱい入っていますので、想像してみてくださいな。真鯛もさることながら、かれいもすげでかっ~~~。

GW中だったら、人がたくさん来ていたから買ったかもしれない・・・・・しかし、これって美味しいのかな?

初心に返ろう明太子パスタ

標準

明太子のばら子が格安で売っていたので、明太子パスタをつくった。

この明太子パスタ、明太子スパゲッティーなるものを最初に食べたのは下北沢にあった、たしか五右衛門だったっけな。あれは高校生のときだから30年以上も前の話し。学校帰りに下北沢で下車、31アイスクリームやら、五右衛門、南口のミナミ、その頃あったディープなロック喫茶なるところとか、とにかく毎日のように寄り道してたたくさん食べても太らなかった。いまはめっきり代謝が落ちてるからな~~

そのあと、結婚して料理をつくらにゃならんようになってから、おぼえたての明太子スパゲティーをお昼ごはんにと、けなげに作っていたっけな。

あれから年をとって、隠し味に使っていた昆布茶も減塩のため使うことなく、ごくシンプルなレシピになりました。

【材料】

パスタ           80g

明太子(ばら子)     大さじ1.5杯

オリーブオイル      大さじ1(半分でもいい)

パセリ           好きなだけ

パスタのゆで汁     大さじ2

白ワイン          大さじ2

 

【つくり方】

1.パスタを茹でます。湯で時間は、表示時間マイナス3分です。

2.明太子の皮を包丁で削ぎとり、身だけにしておきます。パセリはみじん切りに。

3.フライパンにパスタのゆで汁、白ワインを入れ弱火で半分くらいになるまで煮つめます。

4.茹で上がったパスタをフライパン入れ、オリーブオイルを入れます。

5.汁気がなくなったら、パセリを入れ火を止め、明太子を入れて混ぜます。

6.出来上がり。最後にオリーブオイル入れてもいいかも。塩気が足りないと思う方は、4.の段階で塩なり、お醤油なりを加えてくださいな。

最近はまっている、クレソンの出し巻き卵と一緒に・・・