月別アーカイブ: 5月 2012

そんなにくっついていたいのかい?

標準

白いお兄さんは無表情で、むっつりしながらいつも私にくっついている。

でもな、仕事をしているときはできるだけジャマにならないようにお願い。

でっかくて、えらそうなんだけど、超甘えっこ。気がつくと、いつもくっついてるもんな。ま、そんなところが可愛いんだけど。

白いお兄さんは、間もなく4歳になる。

広告

パンはなくとも粉がある。

標準

最近寝るのがむちゃくちゃ早いので、朝ごはんをちゃんと食べている。

と思ったら、パンがない。東京にいたときと違って、ちょっと歩いてコンビニへというわけにはいかないガラパゴス。

そうだ、パンはなくとも粉があるさと。使い道に困っていた中力粉とそば粉を大さじ1ずつ、お水大さじ2でナンみたいな、クレープみたいな、お好み焼きみたいなもんを作る。

焼き目をみると、ナンだな、こりゃ。

で、上に自家製バジルソース、チーズ、自家製アンチョビを乗っけてちょいと待つ。

朝からちょいと贅沢な気分になる。粉があれば、人間なんでもできるのさ。また明日もつくろうっと。

ハナミズキ再生計画 2012

標準

我が家のシンボルツリーでもあるハナミズキ。姉と弟から、引越し祝にいただいて2009年の秋に植樹したものだ。

そのうちの1本、弟の樹の先のほうが昨年枯れてしまい、思い切って切ってもらったのだけれど・・・今年は花も咲かなく、若葉の出も悪く、かなり広範囲に枯れていることが分かる。

植樹してくれた造園屋のおにいちゃんと相談して、根元に油粕をまく。

で、やっと時間が空いたおにいちゃんが若葉の出ていない枯れている部分を切りにきてくれた。

いままで2回、何の問題もなくきれいな花を咲かせていたのに・・・これで、まるっきり葉っぱも出ないような状態だったら、秋に植え替えしようという話だったんだが。

油粕の効果があったのか、根元のほうから可愛い若葉ちゃんがたくさん芽を出している。

うわ~よかった。まだまだあきらめちゃだめだ!私もできるだけ声をかけて応援するから、ぜひ病気に負けずがんばって来年も花を咲かせてほしいものだ。

お恥ずかしい話だが、実は枯れてきてからここのところずっと樹に話しかけていた。やっぱり、生き物だからかわいがってあげないと、がんばれないよな・・・

最近知ったことなんだが、ハナミズキはキリスト教のシンボルツリーだった。イエスがゴルゴダで磔にされた十字架は、ハナミズキであったということ。4枚の白い花弁は、十字架の形をしていること。その花の端の小さな赤い色は、キリストが磔にあったときに釘を打たれたときの血のしるし、といわれているらしい。樹皮の煮汁は犬のノミ退治に使われたことから、dogwoodとも呼ばれる。マスターズが行われる、オーガスタ・ナショナルクラブのシンボルツリーでもある。

猫のかくれんぼ

標準

多頭飼いをしている人なら見たことがあると思われるが、猫はかくれんぼをする。

うちのにゃん’sはしょっちゅうで、笑っちゃうような隠れ方をするので面白い。どっちかというと、1つ年上の白いお兄さんのほうが上手だ。黒いちびネエが一生懸命隠れて、白い兄さんの様子をうかがっているのだが、実際は白い兄さんは全部お見通し。隠れているのを分かっていて、わざと素通りしたりする。

ひっかかったとばかりに、黒チビが出てくると、驚いたふりをしたりする。この様子、いつか激写してアップしたいと思っているが、なかなかタイミングが合わないのでお話だけ・・・

家の中だけで飼っているから、このかくれんぼと追いかけっこが彼らの運動不足を補っていると思われる。

緑のカーテン大作戦2012 ゴーヤの葉が出てきた! と思ったら・・・

標準

去年はちょいと失敗気味だった緑のカーテン大作戦。それでもなんとか、東側に植えていたゴーヤから小さな実がたくさん成った。大体は食べてしまったけれど、いくらか種を採取したので植えてみたら・・・出てきた、出てきた。と、思ったら、プラムであった・・・

ゴーヤは種を8つほど植えたが、1つだけ芽が出てきそうであとはだめだったかも。だから、もうちょっと様子を見て、たりないぶんは苗を買ってこなきゃいけない。この東側には砂利を敷いているけれど、今年は地下植えに挑戦しようかな。

朝顔は、去年採取した種を植えてみたらかわゆい双葉が出てきた。

小さな鉢に何粒も植えたけれど、どんどん育ってきている。もうちょっと大きくなったら、元気そうなのを選別して地下植えしよう。花の色は3色くらい混ぜて保存していたので、何色の花が咲くか分かってないところも楽しみのひとつだ。

今年こそは、緑のカーテン、もっさもさにするぞい。

やっぱ箱根だね~ 箱根フリーパスを満喫

標準

箱根に電車で行くときは、箱根フリーパスを活用する。新宿からの箱根湯本までの小田急線乗車券、高速バス利用、箱根登山鉄道、ケーブルカー、ロープウェー、小田急路線バス、海賊船と利用範囲が広い。西武系は駒ケ岳ロープウェーでは若干の割引があったけれど、遊覧船利用は割引なし。

で、行きは新宿からロマンスカーに乗り、強羅まで行って箱根エレカーサホテルスパに宿泊。翌日はケーブルカーで早雲山へ行き、そのまんまロープウェイに乗って大涌谷へ。

大涌谷といったら、やっぱ黒たまごでしょう。ここでこれ買わなきゃ、来た意味がない。黒たまごは類似品が芦ノ湖周辺や、湯本にもあるけど、やっぱり本家本元をお勧めする。↓このパッケージが、元祖もの。

いつもは源泉で茹でているところまでちょいと歩いていくのだが、今回は駒ヶ岳に行くのが目的だったから売店で買ってすぐにまたロープウェイに乗る。で、黒たまご&キティ。

この黒たまご、はるか昔からここでしか売っていなかったんだが。早雲山の売店で1個100円で売っていた、これは大発見。大涌谷をスルーしちゃったときに、ここで食べれば1個で7年長生きできる。という私は、いままで何個食べたか数知れず。不老不死だと思われるが、不老はないか・・・

大涌谷から桃源台へ。桃源台から高速バスに乗って、箱根園で下車。ロープウェイで駒ケ岳へ行って帰って、箱根園から元箱根まで西武の双胴遊覧船あしのこ丸に乗る。なんか、いまどきの若者が好きそうな鐘とかあったりして。

やっぱ箱根じゃ小田急が強いのか、西武系の遊覧船は閑古鳥。小田急のフリーパスと提携したりすればいいものを・・・

閑古鳥のあしのこ丸から、楽しそうな海賊船を眺める。

元箱根から海賊船に乗ってまた桃源台へ。と、来た道を逆戻りして湯本まで行く。

ロープウェイを上っていったのは、今回がお初。いつもどこかから湯本までバスに乗って帰っていた。上りのロープウェイもけっこう快適。またまたゆったりと景色を眺めることができる。しかし、なんでこんなに箱根好きなんだろう。前世で何かあったかな。

箱根フリーパスは大人1人2日間有効5000円。今回の行程でまともに払ったら、約8800円くらいになる。4000円近くお得って、なかなかないけど。かなりの強行スケジュールだったから、ブッフェで元取れ状態だったかも。そのせいか帰宅後筋肉疲労ありで、軽いぎっくり腰になったりして世話ないな・・・

そう、そう、湯本や芦ノ湖から御殿場アウトレット行きのバスがある。温泉と箱根周遊とアウトレットを楽しみたいなら、1泊2日じゃちょっときついかも。今回初めて知ったことだが、2泊3日用の3日間有効フリーパス5500円っていうのもあるからこれもかなりお得かも。

やっぱ箱根だね~ 駒ケ岳 箱根元宮神社 

標準

温泉を満喫して一泊し、早いうちにチェックアウトして駒ケ岳の頂上にある箱根元宮に向かう。駒ケ岳のロープウェイは、西武系なのでフリーパスは使えないが、若干の割引をしてくれる。

すごく小さい頃、親に連れて行ってもらったことがあるようだが、なんせ記憶にない。箱根最大のパワースポットだと聞いていたので、ぜひ行ってみたいと思っていたけれど、なぜかいつもロープウェイが運休していて行けなかった。やっと行けるぞーと、古いロープウェイにおそるおそる乗る。昭和の産物というか、西武全盛期の産物というか、駒ケ岳ロープウェイの頂上駅は朽ち果てたコンクリート造りの建物だ。どうにかちゃんとメンテナンスはしているようだが、いつ何があってもおかしくないような古さ。

念願かなって、箱根神社奥院元宮神社を拝む。

スマホで撮ったんだが・・・変な角度から写したから、たぶんこうなっちゃったんだと思う。鳥居は実際には真っ直ぐ。

白馬が降りてきたという岩、馬降石。

駒ケ岳にはなぜか樹が育たないらしく、広く周りを見渡せる。相模湾も見えた。30万年前に最初の噴火がある以前の箱根山は、どれだけ大きな山だったんだろうか。富士山よりはちょっと低かったらしいが、それにしてもすごく大きな山だったんだろう。これぞ、箱根の醍醐味って感じ。地形が変わっていくさまを想像したり、いまなお活発に動いているであろう山のエネルギーを感じたりする。

この霊験あらたかな場所に行って、少しはパワーもらえたかな。