月別アーカイブ: 7月 2010

もずくともやし、肉のふりしたこんにゃくのパスタ(ヘルシーパスタ)

標準

梅雨も明け、夏本番。房総移住初の夏です。

気持ちはうきうき、しかし日差しはやはり暑い・・・

泡盛シークワーサーさ~~をクラッシュアイスで飲んじゃったりしないと、暑さをしのげない!と1日おきに飲んでいる今日この頃・・・・

スーパーで直ぐに使える生モズクがあったので、購入。お昼に食べようと小分けに冷凍しました。冷凍庫にこんにゃくがあったので、早速肉のふりさせてパスタを作りました。

【材料】

パスタ          60g

冷凍したこんにゃく玉  1個

もずく          40g

もやし          1/2袋

塩            小さじ1/2

オリーブオイル     大さじ11/2

タカの爪         1/2

胡椒           少々

醤油           小さじ1

にんにく          1/2片

生姜            にんにくと同じくらい

パスタの茹で汁    大さじ1

白ワイン        大さじ1

【つくり方】

1.冷凍したこんにゃくを水で戻し、千切りにして水気を切る。

2.ニンニクと生姜をみじん切りにし、オリーブオイル1/2をひいたフライパンに入れ、弱火でじっくりキツネ色になるまで炒める。キツネ色になったら、皿によけておく。

3.2のフライパンにオリーブオイル1/2をひき、こんにゃくをじっくり炒める。

4.パスタを茹でる。今回も1.5mm3分半。

5.3のこんにゃくがこんがりキツネ色になったら、タカの爪、もずく、もやしを加えさっと炒める。

6.5へ、白ワイン、パスタのゆで汁、塩、胡椒を加える。

7.茹で上がったパスタを6のフライパンへ入れ、汁気が蒸発するように炒め和える。

8.最後に醤油、2のニンニクと生姜を加えて、残りのオリーブオイルをさっとかけてできあがり。粉チーズも結構あいます。

広告

悪魔の誘惑 アイスクラッシャー

標準

ついにアイスクラッシャーを購入。某●天にて、ポイント利用により非常に安く購入することができました。

しかし、この白くてかわいい手こぎクラッシャーが悪魔の誘惑なんですっ!!!

さて、こちらは先月日本橋三越沖縄展にて購入した1000本だか、100本限定(ずいぶん数が違うんですけど)の5年クース。暑いので冷凍庫でゲル状にしまして、クラッシュアイスの中へ。シークワーサー、ペリエを加えて、泡盛シクワーサーさ~~を。

クラッシュアイスがあるもんだから~お酒がはずんじゃって、飲みすぎるっ!これは悪魔の誘惑です。

収穫ナポリタン

標準

育たなくてがっかりのとうもろこし=ヤングコーン、ナス、いんげん、庭で収穫した野菜を使ったナポリタン。

がっかりのヤングコーンは収穫して直ぐに茹でて、茹で汁につけて冷蔵庫に入れていたのだけれど。芯まで柔らかくて、甘みもあって美味しかった。

【材料(一人分)】

パスタ                 80g

ヤングコーン             かなり大きめ1本(市販のものだったら5本くらい)

なす                   1本

いんげん                2本

ピーマン                 1個

玉ネギ                  1/2個

豚肉                    50g(ハムでもいいし、ソーセージでもいいし)

オリーブオイル             大さじ1杯

パスタの茹で汁             大さじ1杯

ヤングコーンの茹で汁         小さじ1杯

白ワイン                 大さじ1杯

胡椒                   少々

トマトケチャップ             大さじ2杯

ウスターソース             小さじ1/2

 

【作り方】

1.ヤングコーンは輪切り、なすは縦に薄切り、インゲンは斜め切り、ピーマン、玉ネギは縦に切っておきます。

2.パスタを茹でます。今回は1.5mm表示茹で時間5分のものを、3分茹でます。

3.フライパンに油をひかないで、豚肉を入れ中火で炒めます。火が通ったら、ヤングコーン、玉ネギ入れ、一緒に炒めます。

4.玉ネギがしなってきたら、なす、インゲンを入れまた炒めます。

5.全体的に火が通ったら、パスタの茹で汁、ヤングコーンの茹で汁、白ワイン、トマトケチャップ、ウスターソースを入れ中火でちょっとだけ煮ます。

6.茹で上がったパスタ、ピーマンを5のフライパンに入れ、胡椒少々、オリーブオイルを加えて弱火で和えます。汁気がなくなったらできあがり。

☆いつもそうなんですけど、パスタを茹でている間にソースを作っておいて、茹ったら直ぐソースと絡める感じです。要は茹で時間3分でソースをつくるわけですが、自信のない人はあらかじめソースをつくっておいたほうがいいかも。

とうもろこし

標準

姉の要望で、トウモロコシの苗を2株植えて育てていたけれど・・・葉っぱはぐんぐん伸びて、元気がよかったし、こりゃうまくいくなと思って期待大だったけれど、とうもろこしの収穫は穂先が茶色くなって、ひげが茶色くなってからだと。それから先はあんまり育たない、ということだった。育っていないとうもろこしは、ヤングコーンだから、(なるほど)収穫してヤングコーンとして調理しましょうと書いてあった。

早速もいで、皮をむいて。こんな感じ。

昨日収穫した他のお野菜と一緒。

やはり、野菜づくりっていうのは大変なんだ~来年はもうちょっと勉強してからやらないとだめだこりゃ、って感じ。このでっかいヤングコーンは、塩茹でして半分は冷凍保存。(姉が来たときに出さないと)あとは、炒めて食べることしよう。もちろん、ヤングコーンだから芯まで食べられるはずだが・・・・・(??)

ガーデンテーブル

標準

通販で、めちゃくちゃ安いガーデンテーブルを買った。山善ってとこの、ベンチ付きのセット。送料込みで8300円だったかな。けど、やっぱり安物。自分で組み立なきゃいけない、購入してから1カ月経って、やっと重い腰を上げて組み立てる。

そのまま外に出そうとしたけれど、何の加工もされていないので、雨ざらし対策にいろいろしなきゃらないということが発覚。仕様説明書には、「オイルステインを塗ってください」だと。オイルステイン?なんじゃそりゃ?ニスならわかるけど。やっぱり安物だけのことはある、そのまま使わせてくれない。当分客間に置いておくしかないな、こりゃ。

ちゅーことで、何も分からない状態でホームセンターへ行く。ホームセンターはだだっ広いくせに、店員がほとんどいない。たまたまいたとしても、商品の内容が分からない店員だから、聞いても無駄だったりする。やっと分かっているやつをつかまえて、オイルステイン、スプレー式ニス、溶かし液、刷毛を買う。

組み立ててから約1カ月後の昨日。選挙に行ってから、晴れていたし、一日雨も降りそうにないかんじだったので庭先でオイルステイン、ニスを塗ることにした。

オイルステインは、うすめ液でちょっと薄めるといいと、ホームセンター店員に言われたので実行。このうすめ液って、もしかして若者が夢中になるあれ???(私は経験ないですよ)

臭い。やっぱり屋外でやんなきゃだめなのね。

ベンチから塗り始め、調子に乗って二度塗りしていたら、最後テーブルの足の一部分が足りなくなってきてしまった・・・そうなんだ、このオイルステインとやら、ちょっとずつ蒸発していっているから、1度に出すと足りなくなるのだ。

で、どうにか出来上がった。今年の夏は、朋吉さんから引越し祝いにいただいた富山の七輪でBBQだ~~

本日の収穫

標準

庭の野菜どもは、着々と育っております。

なすの葉っぱを食い荒らしているのは、結婚式に赤青黄色の衣装をつけて、しゃしゃり出し、サンバを踊るてんとう虫です。

まだまだど素人なので、収穫量は超少ないけれど。一人分ならいいじゃないか、って感じです。

で、↑を利用したお昼。

きゅうり、トマトはそのまま切って。ナスは薄切りにしてもやしとそうめんと一緒に煮込んで、にゅうめんに。その上に焼いた油揚げを乗せて。黒七味をたっぷりかけます。

早く、「うちは野菜は買わないのよ~」ぐらいの勢いで、収穫できたらいいんですけど・・・・・・

で、「たくさんできたからどうぞ~」ってお友だちにおすそ分けできればいいんですけど・・・・・・

トンかつ弁当(万葉軒) 千葉駅

標準

ちょっと前に見つけて、それ以来大ファン。千葉駅構内で売られている、万葉軒のトンかつ弁当

上京の行き帰り、外房線の特急に乗り遅れたり、タイミングが合わないときは鈍行で千葉まで行き、千葉から総武線快速に乗って上京、あるいは総武線快速で千葉まで行き、千葉から外房線鈍行に乗って帰ったりする。行きの場合はお昼どき、帰りは時間に関係なく、千葉駅でこのお弁当を買って、家に帰ってほくそえみながら食べるのだ。

ご飯の上にうっすらとウスターソースがかけてあって、その上に薄いとんかつが乗っている。とんかつっていうか、これはシュニッツエルだな。

そして脇には、しば漬け、(揚げ物との相性◎)煮筍と、コンブの佃煮。

家持ち帰って食べるときは、とんかつにマスタードをつける。

こんな薄いとんかつなんてと思われそうだが、なんとこれで480円。

安だ。ドイツあたりじゃ、シュニッツエルはもっとするだろうし、こりゃ何ともお得。

月島さとうのレバかつっぽいとんかつ、というと知ってる人は分かると思う。

まあ、とにかく1度お試しあれ。損はないから。