月別アーカイブ: 12月 2012

里芋ってこんなになってるのね。

標準

お隣さんのどでかい菜園から、とれたての里芋をいただく。いったいどこに芋が?

里芋のかたまり

真ん中に親芋がいて、その周りに子供のようになじみの里芋がくっついている。量が多いので、長持ちさせるために塊りを泥つきで掘り出し、もみがらの中で保存するのだ。

 DSC_1031

本日、これでお煮しめを作るだよん。

と、思ったら京芋(エビ芋)があったんだ。ということで、お煮しめは京芋で。そしてこの里芋は元旦の朝、蒸かして仕上げに柚子をぱらり、って感じで薄味に仕立てる予定。

広告

たぶん、今年最後のパスタ ジャガイモと菜の花&アンチョビ(ウルメイワシ)のパスタ

標準

朝からお掃除おばさんだったので、お昼は簡単にできるパスタを。

ジャガイモと菜の花&アンチョビのパスタ。アンチョビは昨年末から今年にかけて作った、ウルメイワシ。

ジャガイモと菜の花&アンチョビのパスタ

〈作り方〉

鍋に水、切ったジャガイモを入れる。

沸騰したらパスタを入れて3分30秒茹でる。最後の30秒で菜の花を入れて、一緒にザルにあげる。

パスタを茹でている間、フライパンにオリーブオイルを適量、みじん切りにしたアンチョビ、柚子コショウ、白ワイン少々で弱火でソースをつくる。

茹で上がったパスタをフライパンに投入し、中火で水分がなくなるまでからめて出来上がり。

今年最後のパスタ、うまし。

仕事がひと段落したので

標準

コンビニで見つけた氷結を買って。

お風呂上りにいっぱい。

2012年お疲れさま会その1

今朝は早かったので、これ1本飲んだら早くねちゃうだろう。

夕方、地元の師匠の先輩姉さまより、手作りの伊達巻と黒豆煮、田づくり、松前漬けをいただく。田づくりは、房総風なのでちょっと普通と違う。これはお正月にアップしよう。

今年もいろいろあったけど、また来年も頑張らねば。

明日、明後日は掃除とおせち作りなり。

アンチョビ作り 下ごしらえ~塩漬け

標準

セグロイワシの季節になってきたぜい。前日電話したらあがってなくて、イワシ漁は27日までだと。ということで、今年の打ち止めゴルフをしている最中に魚屋さんに電話し1.5キロを予約する。

アンチョビづくり 2012_下ごしらえ

皆さん、荷造りテープで、ちゃっちゃとやるらしいのだが、私変なところが几帳面なもので。頭とワタを取ってから、1匹ずつ手開きにして骨を取り、さばくこと約2時間。

ちっチェーセグロイワシの開きを1枚ずつ洗って水気を取り、塩、セグロと重ねて塩漬けにする。

アンチョビづくり 2012_塩漬け

年末ぎりぎりのほうが、セグロも大きめでさばきやすいかも。昨年はセグロを逸してしまい、ウルメイワシで作った。これもなかなかいけるんだけどね。これでひと月くらい床下収納で熟成させてから、ハーブとオリーブオイルに浸けるのだ。

今年最後のゴルフもできたし(100切れないけど)、アンチョビの下ごしらえはしたし、あとは残った掃除とおせちづくりだな。

キャメルゴルフリゾートにいた、おいしそうな鴨たち。

キャメルゴルフリゾートの鴨たち

 

ご当地もの。アサクサイダー&ジャガ・ジェイ(北海道のポテトチップス)

標準

先日の上京のおりに、浅草大枡で見つけたアサクサイダー。

アサクサイダー

ベタなネーミングと可愛いボトルにつられて購入。こういうセンスって、すごく好き。

1本210円。味もなく、本当にふつーの炭酸だとのこと。これで何かカクテルでもと思い、バー箱に持ち込むがそのあとカラオケルームで盛り上がり置いて帰ってしまった。まだあるかな。

 

で、こちらは北海道のポテトチップス ジャガ・ジェイ。

北海道のポテトチップス ジャガJ

北海道から帰ってきたばかりのK野氏から、1袋いただく。上の写真の箱の中に、小袋がいくつか入っている。

昔、家で作ったポテトチップスを思い出す。混ざりもんなしのジャガ、って感じでとっても美味しい。もっと食べたかったな。

クリスマスイブ in お江戸 大枡~焼ふぐ牧野~バー箱崎~BAR鶴亀~パサール幕張(カレーそば)

標準

焼ふぐの牧野でイブを過ごすようになってから、今年で何回目だろうか。今回もしっかりいただきやしたぜ、ふぐちゃんたち。

その前に、谷中に墓参りに行く。一応クリスマス礼拝をしていただいていたようで、祭壇にはお花がある。聖公会のこの区画は、JRの線路よりの崖の上にあって、スカイツリーも見られる眺めのいい場所だ。

谷中のわが家のお墓

お花はストックにラメがついている、きらきらもの。

まだ時間があるので、谷中の中を散歩しながら大人1人100円で乗れる観光バス、めぐりんの停留所へいく。東西めぐりんに乗る。

東西めぐりん

焼ふぐ牧野の前を通り過ぎて、浅草雷門まで行く。雷門まで行ったら、やっぱ大枡に寄らないとだめだ。

ちょいといっぱいのつもりなので、泡ものワンボトルは飲みきれない。ということで、スパークリング酒をいただく。

和製スパークリング 獺祭だぜ

獺祭の生にごり酒、これはいまの時期だけしかないんだよな。で、お次は出羽桜のスパークリング。

和製スパークリング 出羽桜 

軽い口当たりで、ちょいと辛め。でもやっぱり、わたしゃ獺祭のにごりのほうが好きかも。

ちょいと飲んで、外に出たらもう真っ暗。スカイツリーが綺麗なんだけど、うまく写真に撮れないな。スマホの限界だ。

クリスマスイブのスカイツリー

いい気分になってるしと、いざ牧野へ出陣。

今回はワインは飲まず、ヒレ酒オンリーで始まる。にこごりをつまんで、わ~焼ふぐだし。
牧野焼ふぐじゃん!

年末年始、年に2回しか来られないが、なんて食欲をそそるのだろうか、こやつ。

焼ふぐ牧野 ふぐ、焼きます

焼ふぐを炙って、お酒飲んでおしゃべりして、食べ終わったらお次はやっぱり大好きなみぞれ。昔はメニューになかったんだが、いまは超ポピュラーになっている。今回は大将のお薦めで白子入り。

焼ふぐ 牧野 みぞれ

白子入り、すごくうましだった。かなりお腹いっぱいになっていたが、これを食べずに帰れない。ということでふぐ雑炊。

焼ふぐ 牧野 ふぐ雑炊

もちろん上にいくらをたっぷり乗せる。実はこの雑炊、見えないけど白子がたーくさん入ってるのだ。

焼ふぐ 牧野 雑炊いくら乗せ

クリスマスイブは幸せな気分になって、キリストの生誕を祝うのだ。食べ終わってから、酔い覚ましに歩いていると賛美歌が聞こえる。近くにある教会の外で賛美歌を歌っていた。ちょっと覗いてみたら、どうぞご参加くださいと言われ参加しちゃったし。

で、バー箱崎へ。やっとほんまもんの泡ものと、北海道から帰ってきたばかりのK野氏からいただいたジャガJの小袋。ちょうどいい大きさで、おしゃれな小袋だよな。

やっと、ほんまもんの泡

モエったら、ほんとホッとする。そして酔い覚ましに、常連さんたちとカラオケに。さんざん歌って飲んで、最後にBAR鶴亀襲撃。ほんと、営業終わっているのにごめんなさい。

BAR鶴亀を襲撃

またまた大酒を飲んだけど、二日酔いにはならなかった。しかし、大酒飲んだ次の日はがっつりいきましょう。帰りは幕張のパサールで、カレーそば半熟卵、ナスの天ぷら乗せを食べる。

パサール幕張

カレーがけっこう美味しかった。ここのぶっかけうどん、不味いと評判だったけれど、カレーは大丈夫みたいだ。ということで、イブに騒いでクリスマスは家で静にすごしたのであった。