作成者別アーカイブ: 温田ぱすた

温田ぱすた について

酒好き・温泉好き・旅行好き・お江戸生まれのお江戸育ちが、房総での田舎暮らしをほそぼそとつづっております。

夏の思い出・・・ロシアンピクルス、ずんだっパ(だだちゃ豆のパスタ)

標準

今年の夏は、雨が少なくて、なんだか変な陽気だったけれど、庭のミニ菜園ではキュウリが豊作であった。

キュウリって、放っておくとほんとでっかくなっちゃったり。

IMG_1498450928549

毎週のように、ロシアンピクルスを作った。

IMG_1498727061820

去年もそうだったけれど、これが意外と好評。結局、余すことなく友人に分けたり。

庭のナスはそうでもなかったけれど、ナスが豊作だとゆーことで沢山いただいた。大好物の、ナスの煮物を毎日いただく。

KIMG0319

夏の野菜は、暑い夏を過ごしやすくするために、体を冷やす役割があるとか。

長野から帰ってきたら、毎年この時期に山形から送られてくるだだちゃ豆が届く。新鮮なものだから、届いたらすぐに全部湯がいて冷凍保存。一部は、皮を取ってずんだる。

KIMG0315

ここでお砂糖を入れて、お団子に乗せたらずんだ餅だけれど。ニンニク、唐辛子、オリーブオイルを炒め、豆乳を加えてことこと煮。ずんだを入れてソースを作る。

KIMG0316

ずんだパスタ、略してずんだっパだ。

KIMG0317

もう9月も半ば過ぎ、あとちょっとで10月。夏は夏なりに、楽しい食生活、酒生活が送れた。

さて、食欲の秋、またいろいろ楽しめそうだ。

 

 

広告

今年の夏も行ってきた、長野の旅。その3.(安曇野あるがにて、蕎麦&酒)

標準

松本から安曇野へ、夜は温泉に入りたくさんお酒を飲んで。朝は、朝で温泉の朝風呂。あ~なんて幸せなんだろう。静かだし、空気はきれいだし。一瞬、移住欲がそそられてしまうのだが、冬はめたくそ雪が深いらしい。やっぱ、だめだな。

ブランチも兼ねて、さてどこへ行きましょうかと。連日洋食の割合が大きかったので、やっぱり安曇野といったら蕎麦でしょう!とゆーことで、並ばなくて美味しいところに連れて行ってもらう。

並ばないけれど、そこが超ヒットであった。蕎麦、あるがさん。趣のある、店先。

KIMG0306

ちょろちょろと奇麗な水が流れていて、何かと思ったら店の前にミニワサビ田が。

KIMG0305

開店数分前に着いたけれど、人も並んでいないので良かった。安曇野の、ちょっと有名になっちゃったりするお蕎麦屋さんには、開店前から人が並んでいて、1時間待ちとかあるらしい。

店内も、こんな感じ。

KIMG0307

 

お座敷だめだめの老人がいるので、店の真ん中にある囲炉裏テーブルに着く。で、もう運転するこたーないし、酒だ、酒だ~信州の酒だ~と、昼前から飲みまくる。

KIMG0312

辛口にきまってるが、めちゃおいしい。

KIMG0311

このお店、なんだか酒のあてっぽい料理が充実している。限定品の蕎麦豆腐。

KIMG0310

何?何?このトロリ感は。酒もすすむぜ。

近頃珍しい、キンカン入りの鳥もつ煮。

KIMG0313

もちろん、お蕎麦も絶品。

KIMG0314

こんなに幸せでいいのだろうか?とふと思いつつも、酒がすすんでしまう。

今年も、楽しい思い出ができた。とゆーか、ほとんど飲んで食ってばかりかも。でもな、食い物に興味がなくなったら、人間おしまいよ。

来年も、また行きたい。

今年の夏も行ってきた、長野の旅。その2.(小布施竹風堂 栗おこわ~松本オザワキネンフェスティバル)

標準

一日目は、佐久平から菅平~峰の原高原ぷれじーるへと、どんどん高度をあげていったせいか。夜はよーく眠れた。

前日はドピーカンで青空満々だったのに、ぐずついた空模様。雷のゴロゴロで、目が覚める。ぷれじーるの美味しい朝食をいただき、焼き立てパンは食べきれないのでいつものようにお持ち帰り。チェックアウトして、雨がザーザー降っている中、菅平に降りて大学ラグビー部の練習試合を観戦。

夕方早めに松本で待ち合わせをしているので、とっとと出発。途中、やっぱり小布施で寄り道をする。

洋食続きだったので、醤油味が恋しくなる。須坂にある、あがれやにてお蕎麦と思ったけれど、同伴者がおこわ好きなので、小布施竹風堂でランチ。小布施名物、栗おこわ膳。ヤマメの煮付け付。

KIMG0300

さすがに、これだけ食べるとお腹いっぱい。そして、塩分多めでしょっぱいぜ。だから、お酒でも~と思うのだが運転手なので今年は酒屋に寄らなかったし。夜はコンサートなので、寝ちゃうといけないしね。

しかし、ほんと自分耳がおこちゃま。運転しながら、裏返っちゃって、もう大変だった。須坂から高速に乗って、一路松本へ。意外と距離があるので、SA寄りながらまったりと行く。

姨捨SAにて、善光寺平を。

KIMG0301

長野っていいよな、温泉はあるし、食べ物は美味しいし。が、冬の雪がな~と考えて、移住欲はそそられないのであった。

松本へ4時前に着き、レンタを返却して友人の車でキッセイホールへ。

昨年、松本駅前で食事をして、すぐ車もつかまるだろうとタクシーをメタくそ待ち。開演ぎりぎりで到着したことを肝に銘じて、キッセイホールのレストランで軽食をとる。ずっとおいしいものばかり食べていたから、少しはいいでしょ。

KIMG0303

この日は、オーケストラの初日。小澤氏がタクトを振るせいか、前日からTVでも紹介されていたし、チケットはソールドアウト。体調が心配だったけれど、「お孫さんの誕生日だから、絶対大丈夫でしょう」という裏話を聞いていた。

小澤氏、とっても元気はつらつで、ベートーベンやりとげる。

その後は、ちょっと拍子抜けした感もあったけれど、とてもいい演奏が聞けたので満足。安曇野の友人別荘へ行き、まったり温泉に浸かる。小布施で仕入れた金賞受賞のワインや、高級ウィスキーを飲んで楽しい時間をすごした。

持ち主さんは、おんぼろでとか言いますが、とっても素敵な建物。リビングの吹き抜けと窓越しの緑が素敵。

KIMG0304

翌朝、遅めに起きて温泉に入って、ブランチへGO。

今年の夏も行ってきた、長野の旅。その1.(佐久平ヒロッシーニでランチ。峰の原高原ぷれじーるで宿泊)

標準

8月の後半、またまた長野に行ってきた。今年は車で、と思ったけれど、やっぱ電車が楽。

一日目は、房総から東京駅~新幹線で佐久平駅へ。駅前にある、ヒロッシーニにて毎年恒例のランチ会。昨年は日曜日だったので、あいにくヒロッシーニは定休日。軽井沢で、肉食三昧だったけれど。二年ぶりのヒロッシーニでのランチは、めたくそ美味しかった。

ズッキーニのお花のフリット登場。今年は、付いている実の部分が、以前よりいっそう大きくなっていた。地元の農家さん、頑張っている。

KIMG0287

長野産のプルーンと、長野に来たら絶対食べなきゃいけない信州サーモンのミニ丼。プルーンの酸味が、お寿司のような感じに。これ、最近TVで紹介されたようだ。

KIMG0288

パスタも、美味しい。

KIMG0289

デザート。ほうじ茶のゼリーだと。

KIMG0290

一年ぶりのランチ会、近況だの、PCの話だの、病気の話だのいろいろしゃべってお別れ。

佐久平駅前でレンタして、車で菅平、峰の原高原のぺんしょんぷれじーるへ向かう。

ぷれじーるに毎年お世話になって、もう10年経つかも。ここへ来ないと、夏が終わらない気がする。この日はドピーカンだったけれど、久々にお日様が出たのだそう。今年は、なんだか飴ばかりだったらしい。

ぷれじーるのお風呂は、温泉ではなけれど、峰の原高原のお水にラジウムを通しているとか。ほんと、温まるし、お風呂の後は恒例の泡で乾杯。

KIMG0292

昼間、しっかり食べてきたのに。またまた御馳走をいただく。こちらのお料理は、ほんと美味しい。ヒロッシーニとぷれじーる、大好き。

オードブル。

KIMG0294

おともは、長野産竜眼ワインの白。

KIMG0293

こちらもヒロッシーニ同様、地元食材をふんだんに使っている。やはり、長野は野菜が美味しいのだ。今年はシーザーサラダ。

KIMG0295

結構、濃厚なお味のブイヤベース。

KIMG0296

赤ワインでことこと煮込んだ、お肉。

KIMG0297

そんでもって、いつものどでかいデザート。アイスシュー。

KIMG0298

ぷれじーるでの楽しみは、やはりお料理なのだ。パンも自家製だし、ご主人と奥様のおもてなしも最高であった。

翌日は、松本へ向かう。今年もまたまた、オザワキネンに行ったのだった。

ニンジン葉っぱシリーズ。簡単かき揚げ?かき焼きか。

標準

とにかく、ニンジン葉っぱは美味しい。結構食べごたえがあるのだけど、ちゃんと加熱しないとただただ固い菜っ葉だ。

小麦粉とニンジン葉っぱを、溶いた水で合えて。ひたすらフライパンで焼く。揚げ物ができるお宅では、揚げればいいと思うのだが、うちは揚げ物禁止なので、多めのオリーブオイルでひたすら焼く。

KIMG0144[1]

両面をしっかり焼いて、っと。

KIMG0145[1]

そのまま食べてもいいのだけど、かけ蕎麦とか、にゅう麺と一緒に食べると、なんだかもっと美味しかったり。

KIMG0146[1]

その場合、原了郭の黒七味、粉山椒は必需品ですがな。

うち飲みのおとも。あて特集。

標準

はい、今年もしっかり送っていただいたよ、気仙沼のホヤ~。やっぱ、ホヤにはメカブでしょ。いつもに、切ったホヤとメカブに寿司酢をぶっかけて、その間お風呂かなんか入っちゃって。食べる直前に、ポン酢やワサビを加えていただく。超うましである。

KIMG0169[1]

自分、ホヤの美味しさが分かる人間で、本当に良かったと思っている。

お次は、今年かなり自分の中で流行であった、ニンジン葉っぱのお料理。

そば粉を水に溶いて、2~3cmに切ったニンジン葉っぱを混ぜて、ひたすら焼く。

火が通ってきたら、チーズかなんかはさんじゃって。

KIMG0172[1]

出来上がり。ニンジン葉っぱのガレットだ。

KIMG0173[1]

これがまた、ワインに合うのでお勧め。

今年は、去年同様キュウリが豊作であった。ほとんど、毎週のようにろしあんピクルスを作っていたのだが、たまーに見落としちゃったりするキュウリが、馬鹿でかくなっていたりする。そやつを、薄くスライス、玉ねぎドレッシングでいただく。

KIMG0197[1]

友人から、たくさん野菜と卵をいただく。あんまりにも大量なので、毎日卵料理。スペイン風オムレツを作った。が、これって一度に食べきれないのであった。が、冷蔵庫で保存して、冷たくても十分美味しいのであった。自家製全粒粉パンに、自家製ロシアンピクルスをしこたまのっけて。

KIMG0214[1]

こちらも、友人から大量にいただいた新じゃがを使用。茹でて、ローズマリーと一緒にオリーブオイルでちょいとグリルするだけ。

KIMG0193[1]

これがまた、簡単なのにイモ好きにはたまらない味。ポテチ食べるより、はるかにいいし。

そうだ、もう9月なのだ。今年のうち飲み(4~8月)

標準

早いもので、もう9月だったり。あと3月で晦日を迎えるわけだけど。

今年は、いろいろ変化もありーの、それでもマイペースでどうにか暮らしている。

気が付けば、いつの間にかって感じで田舎暮らし9年目を迎えていた。

で、今年の連休前辺りから、ゲストが手土産にと持参してくれたワインや、地元で購入したお酒たちを一挙公開~

お友達からいただいた、京都のお酒。

KIMG0017[1]

 

息子夫婦が、山梨土産にと。国産白ワイン、「古代甲州」非常にうまし。

 

KIMG0106[1]

その後、弟夫婦から山梨土産にと国産白ワイン「五味」をいただく。やはり、「ぶどうの丘」で吟味して買ってきてきてくれたよう。1504670966790[1]

こちらは、「うち飲み」といっても、人のお宅でのパーティー。10人弱で、ドンペリは20本近く開けたとか。一番町のマンションのテラス、都会のど真ん中なのに静かでいい雰囲気であった。KIMG0194[1]

こちら、地元大原の蔵元、木戸泉のお酒「便囲い」。凍る寸前まで冷やして飲むのが、いい感じ。昨年飲んで、大好物になった辛口。ちゃんと、若女将ったら覚えていてくれたのだ。

KIMG0216[1]

同じく大原の蔵元、木戸泉の日本酒スパークリング。これがですね、初夏から秋にかけての.お楽しみなのだ。もちろん、辛口。一度開けたら、その日のうちに飲みましょう。

IMG_1498214082045[1]

で、こちら神楽坂イデアルさんから届いた、ロゼ。ほんと、余計なものが限りなく少ないオーガニックなワインである。KIMG0187[1]

大好物の泡盛、久米仙。地元の712で売っていたので、思わず買ってしまう。今年は庭のブルーベリーが豊作なので、酸味を加えるために入れてみた。なんだか、ちょいとシャレオツでしょ。KIMG0240[1]

こちら、なかなか手に入らないとゆー、キューバから持ち込んできたハバナクラブ。古酒、って感じでまろやかながら、ちゃんとドライだったり。お勧めのコーラ割、キューバ・リブレでいただく。今年の夏は、亜熱帯並の湿度だったから、これっていいかもしれない。

KIMG0285[1]

 

最後に長野のお土産に買ってもらった、竜眼白ワイン、その名もドラゴンアイ。

KIMG0318[1]

ラベルがシャレオツだし、大好きな緑色。口当たり、まろやかなのだけれど、ピリッとくるとゆー、和食でも洋食でもなんでも合いそうなワイン。

国産ワインは本数が少ないから、余裕のある人はたくさん購入して、何年か寝かせておけばいい感じのお値段になるかもしれない。

ま、今年も春からよく飲んだし。

次回は、うち飲みあて色々をアップする予定。