作成者別アーカイブ: 温田ぱすた

温田ぱすた について

酒好き・温泉好き・旅行好き・お江戸生まれのお江戸育ちが、房総での田舎暮らしをほそぼそとつづっております。

ニンジンご飯、ブリのレモン酢焼き、酒粕入りみそ汁。

標準

ちょうど玄米がなくなり、美味しそうなブランド米のセットをいただいたので、ニンジンご飯を炊いてみる。ニンジンは、もちろんスロージューサーの搾りかすだぜい。

小鍋で、ちょちょいと炊いちゃう。

KIMG1482

やっぱり、電気炊飯器で炊くより、美味しいよな、これ。べつに何人もいるわけじゃないし、これからはこうしよう。

で、晩ごはんはこんな感じ。菜の花のからし和え、ブリのレモン酢焼き、木戸泉の酒粕を入れた赤だしみそ汁。

kimg1486.jpg

 

あ~満足じゃったぜい。

広告

今年もシトロンコンフィ(塩レモン)を作る。そして、レモン酢も。

標準

世の中では塩レモンと言っているが、数年前に友人から教わったときからシトロンコンフィと呼んでいる。

房総では、軒先のレモンの樹に突き出すようにレモンがなっている。レモンって、こんな風になるもんなんだ、と感激する。(写メないけど)

で、安心して皮から作れる、無農薬のレモンが直売所で売られている。大きくて、ちょいと見栄えは悪いが、2個で150~200円くらい。

四国辺りの無農薬のレモンをお取り寄せすることを考えたら、非常に安い。

レモンに十字の切り身を入れて、中に塩をこすり入れ、塩をたっぷり入れ、沸騰したお湯をひたひたに煮沸したガラス容器に入れる。これを1週間くらい室内で保存して熟成させ、後は冷蔵庫で保存すればいいのだ。

kimg1481.jpg

左がシトロンコンフィ 右がレモン酢

これで、多分、1年以上利用できる。ちょっとやばいな、と思ったら冷凍保存すればいいのだ。

でも、以前冷凍保存したこやつを、ずいぶんと冷蔵で眠らせていたのだが、意外と使えたのでびっくりした。お腹も壊してない。ほんと、便利な調味料である。

直売所で見つけたとき、レモン酢も少なくなってきたし、と思って2袋購入したので、レモン酢も作った。

毎日飲む紅茶に入れたり、料理に使ったり。甘いのと、しょっぱいので、レモンの効果を味わうのだ。

白子の葉タマネギが出始めたので・・・

標準

今年も出てきました、白子の葉タマネギ。

まだ本体は小さいけれど、このくらいのほうが葉っぱがめっさうめ~のだ。

加熱すると、すぐくたくたになる~、甘い~、ってなもんで。

葉の部分が結構長かったので、朝はうどんにたくさんいれて。夜はホイル焼きにして食べる。

KIMG1476

ほんと、幸せ。これ、2本で100円だったし。幸せを100円で買って、4度くらい楽しめるのだった。

 

ブリのみぞれ鍋

標準

テレビで、ブリのみぞれ鍋をやっていた。そうだ、冷凍してあるブリの切り身があった。ってことで、作ってみる。

kimg1471.jpg

下に白菜を入れて、炒り玄米も入れて、湯通しした切り身のブリを1切れ半、ネギ、ここらへんで売っている聖護院大根を擦って。豆苗をのっけ、最後に茶油を一周で、出来上がり。

小さな一人鍋で、お腹いっぱい。一応カツオと昆布で出汁を取っているけれど、手作り柚ポンをちょいとたらして食べる。

塩分控えめにしなきゃだし、白菜もたくさん入っていてとてもヘルシー。野菜もたんぱく質も、炭水化物も一度に食べられるから楽ちんだし~

 

 

スロージューサーの搾りかす ニンジンだらけのナポリタン

標準

いやはや、まったくもってヘルシオはすごいのだ。

やっぱり、電動は楽ちん。かれこれ何年になるか、手動スロージューサーは2代目。

ヘルシオが来てから出番はないが、もしや災害で停電になったときとかのために、大切にとっておこう。

ってことで、スロージューサーの搾りかすは毎日ほんとたくさんあって。捨てるにはもったいないので、いろいろと活用している。

特に、ニンジンの搾りかすは大変利用価値があるので、その都度冷凍保存したり、ニンジンドレッシングを作ったりして活用。コマツナ、ホウレンソウの搾りかすは、繊維質だらけで、加熱しても針のようで口あたりが悪く、一体どうしたものかと考える。

以前は、発泡スチロールに枯れ葉と一緒に入れて、肥料にでもすっかなと試したけれど・・・

恐ろしいほど、虫がわき。その虫が食べてくれるから、それはそれでいいらしいのだが、蓋を開けるたびに見る光景に耐え切れず断念した。

で、ニンジンの搾りかすでナポリタンを作る。ほとんどニンジンだらけなので、ヘルシーだし。

kimg1473.jpg

とっても量が多そうだけれど、ニンジンでかさ増しされてるので、パスタはちょっとでお腹いっぱいになる。

その他野菜の搾りかすは、ちっちゃな菜園の穴を掘り、奥深くまで埋めた。今から埋めてれば、いい肥料になるだろう。

 

SHARP ヘルシオ スロージューサーが来た~

標準

毎年、お誕生日や年末に息子から何かしらプレゼントをもらっている。去年と今年は、本人もいろいろと物入りだろうし、こちらも、もう物を増やしたくない年ごろとなり。消えものでいいのだけど、気持ちはありがたくいただかなくては。

で、何か欲しいものと考えて・・・そーだよ、手動のスロージュース作りもおっくうになってきたし、電動のものが欲しいかなと。スロージューサーはピンキリで、大きさも手ごろで洗うのも簡単なやつ、とゆーことでSHARPヘルシオかな~と。

そして、目からうろこ。なんでもっと早く、これにしなかったのだろうか?わし。

 

もうさ、ほんとあっという間にできちゃうし。搾りかすのニンジンも、すごくきれいだから、他のお料理に化けちゃうし。ニンジンドレッシングとか、お味噌汁とかに入れちゃって活用。パンやクッキーも焼けるぜ!

そして、出来上がりのジュースが、これがもう何とも言えずにクリーミー。ホウレンソウや、コマツナ入れても苦みもない。文明の利器とはこのことだな。

白いお兄さんも、香りが気になるようだ。

 

本体は長く使えそうだが、容器はプラスティック製なので、1~2年でお取替えかもしれない。でも、全部交換したってこりゃ元はたくさん取れますわ。コンビニで売っているスロージュースまがいの野菜ジュースと、比べものにならないくらい美味しいのだから!

 

 

今年初めてのDONNER 大原ドネ

標準

寒いです、ほんと寒い。これで暖冬だったり?

房総ガラパゴスは、ここんとこ雪がちらついたり、ちょっとだけ積雪したりと寒い日が続いておりますが、お江戸よりはまし、との言葉もいただいたりする。

でもって、先日本年初めてのドネへ。先月お邪魔したのだが、午後から貸切とのことで、断念して他に行ったのだった。

ランチどきなので、同伴者に予約してもらっての来訪。やっぱり、予約しておいたほうがいいね、ここは。いすみにしては珍しく、おっされ~っぽい女性が多いのだ、この店。

まずはひと月ぶりのお酒とユーことで、グラススパークリングを明るいうちから飲む。

KIMG1457

今年で、3回目ぐらいの飲酒である。

メニューはオール2000円のチョイスできるランチセットと、アラカルトも頼めばあるようだが、今回はおとなしく2000円のランチセット+500円の前菜、+500円のケーキをチョイスする。

スライドショーには JavaScript が必要です。

前菜のワラサは新鮮で、軽いスモークがなんとも美味しく、地元の野菜と四国のフルーツトマトがよりいっそうひきたてている、ってな感じ。

なるかポークのローストも、思ったより量が多くて、脂身もばっちりあって、脂身好きの私は狂喜乱舞しかけてしまう。すでにスパークリング、3杯のみーの、追加でグラス赤ワインをいただく。

同伴者のパンケーキとチョイスしたチーズケーキをたいらげ、もう至福のときであった。

いやはや、ここは本当に美味しいのだ。味が上品だ。食材の生かし方は、やはりセンスなのであろう。

いすみや茂原には、野菜や肉、魚にこだわったされおつなイタリアンなど多々あるが、全店訪問したわけではないけれど、やや塩分過多なしょっぱい料理がお好みのシェフが多いような気がする。

月一の店が増えてきて、外食が多くなったような気もするが、江戸へ行くことを考えたら、お安いものなのかもしれない。(ごちそうになってるけど~~)