月別アーカイブ: 7月 2012

2012 緑のカーテン大作戦 途中経過

標準

暑いぜ、ニッポン!ロンドン五輪もそうだけど、毎日猛暑が続いている。

今年の緑のカーテン、去年よりは順調かと思われたがこの猛暑の前に1週間くらい涼しい日が続いたせいか、なんだかなって感じ。

どっちゃにしても、去年よりは育ちはいい。東側のゴーヤ。

去年はプランターの水はけが悪く、片方のゴーヤはすぐに枯れてしまった。ま、今年はそれなりに順調かな。

南側の朝顔。

種をまきすぎでなんだか渋滞モードで、乱雑だけれどそれなりに育っている。一体何色の花が咲き出すのか、てんで分からないところがいいかも。

今年の緑のカーテン8月お客が集まるころには、けっこうふっさふっさになってると思われる。

トマトがいっぱい

標準

今年のトマトは、気候のせいでちょいと成長が遅い。それでもやっぱり、たくさんあるのだ。

たわわなトマト。

一昨年より去年、去年より今年と、トマトの収穫量は年々増えている。(たいした数じゃないのだけどね)トマト好きなので、非常に幸せを感じているのだ。一応きれいなトマトはそのまんま食べて、ちょいと傷がついたのは切ってお料理に使ったりして。

まだまだたくさんできそう。

わはは~笑いが止まらないくらいうれしい。このほかにもミニトマトアイコ、ちょいと大きめのミディトマトが収穫されるのを待っている。たーくさん収穫して、たくさんドライトマトを作るのだ、イエイ!

猫も豹変するなり。白いお兄さんの病院嫌い。

標準

うちの子たち、二匹揃って耳のかいかい病になる。黒い姫君は耳の中がちょっと化膿しているようだし、白い気にしいのお兄さんは耳の外側をかきむしっていた。この季節、耳のカビが痒くなる子が多いらしい。そのままにしていて悪化するのは嫌だから、病院に連れて行く。

黒い姫君は病院ではびびりなのでおとなしい。先生の治療もおとなしく受け(要するにびびっているだけ)、抗生物質のお注射。さて、白いお兄さんの番。もうすでにキャリーの中ではげしく唸っている。あー、はずかしい。ネットに入れようかとドアを開けて手を出したら、一撃されて私の手のひらから血が・・・先生、「こりゃかなり激しいですな、あそこんちの猫並ですな」と、近所の暴れ猫と比較される。今度はタオルでぐるぐる巻きにして、ネットに入れてきますということで、白いお兄さんは注射なしで飲み薬でということになる。

ひさびさの二匹揃ってエリザベスカラー、ふてぶてしい顔しとるな。

病院から消毒用にと、犬猫用のイソジン、点耳のお薬をいただいて毎朝1回治療している。ところが、病院であんなにおとなしかった黒い姫君いうこときいてくれないくらい大暴しやがる。逆に病院で豹変し、大暴れしていた白いお兄さんはいい子にしているのだ。姫は外面よし子で、兄さんは外面悪夫なんだな。

白いお兄さん、ふだんはこんなにあまえっこでいい子なんだが・・・

ちとお、重いんですけど。

本日知床斜里~網走

標準

春房総から始まったこころ旅も、いつの間にか終盤の北海道へ。

以前のように15分の朝版があって、たっぷり30分の夜版が毎日あるわけではないので、土日の特別版を見られないことが多いからずいぶんと見過ごしているような気がする。

で、今日は知床半島のつけ根から知床斜里駅へ。そこから輪行して北駅で下車。網走湖へ向かった。何年か前に流氷を見に行ったときのルートとほぼ一緒。あたりが真っ白な冬の大地と流氷がうかぶ海の風景とはずいぶんちがっていた。知床斜里駅って、あんなにモダンだったっけ?とか。

網走湖畔の温泉ホテルに泊まったけれど、あまりいい印象がなく。湖水は凍っていたので、雪のない風景もまたいいもんだと思ったりした。なんかいまごろって、うにとか毛ガニのシーズンだし、いいときに旅してるななんて思ったりする。また北海道に行きたいな~

しかし、NHKさんよ、編集が大変かもしれないが、次回の秋の旅から以前のように毎日その日の夜版を放映してくれないかい?

侘屋古暦堂 ふわふわ卵の鶏カツ弁当 京都駅新幹線乗り場

標準

祇園祭を楽しんで、帰りの京都駅で駅弁を買う。前日というか、当日の朝まで飲んでいて起きたのが11時前。なんか、起きてからサンドイッチを食べたような記憶があるが、いつものようにがっつり食いましょうという気分になっている。

新幹線乗り場内の売店で、弁当を物色。いずうの鱧寿司があれば飛びついたのだが、あいにく売り切れで他店のものしかない。二日酔いなんだし、私は東京に着いてからさらに外房へ帰るので栄養、精力をつけねばと大市のすっぽんドリンクを飲む。で、見つけたのがこれ。お店は祇園にあるらしい。侘屋古暦堂の「ふわふわ卵の鶏カツ弁当」。

蓋を開けて幸せな気分になる。鶏ササミのカツの下には、カレー風味のキャベツの千切りを炒めたもの。その下には、フワフワ卵と鶏そぼろが混ざってごはんの上に乗っかっている・・・

いやーこれは本当に私好みだ。特に二日酔いでがっつり食いましょうだから、カレー風味がたまらんのだ。が、隣でT吉が、なんのためにわざわざキャベツをカレー風味にするかがわからんと言っている。そうか、カレー風味とか嫌いな人にとっては、こりゃ嫌だわな。

次回京都に行ったとき、ちゃんと売ってますように!駅弁の楽しみみっけ。

京都の旅 3日目 祇園山鉾巡行 新町通り

標準

前の晩、いや、その日の朝6時くらいまで飲んで撃沈。チェックアウト11時ぎりぎりに間に合うように起きて、ホテルに荷物を預けて新町通りに行く。朝からテレビで山鉾巡行の名場面を生中継しているから、ほんもんが動くのを見てから帰らないと来た意味がないし。

去年も同じように新町通りで山鉾を見たけれど、今年は平日なので去年と比べると人出は少ないようだった。(でも多いけど)空を見上げると、青空いっぱいで、ほんといい天気すぎるくらいいい天気。&暑い&湿度が高い。山鉾見たらあとは帰るだけだけど、旅も3日目で疲れもあるし、何しろ朝まで飲んでたんだから二日酔い気味だし、無理のないよう適当に見て帰ることにする。

http://www.youtube.com/watch?v=J4KKQaHWz1M&feature=plcp

やっぱり祭りはいいもんだ、そして祇園祭は癖になる。今度はもうちょっとお金をためて、オークラホテルに泊まって京都市役所前や新町に入るときの辻まわしが見たい。来年から数年は16、17日が平日だから、もしかしたら人がちょいとは少ないかもだし。

亡くなった父から聞いたことだけど、戦争が始まって何年か祇園祭は行われなかった。戦後それを再開させたのは進駐軍だったとか。占領下にあって、何年ぶりかで再開された祇園祭が印象的だったと語っていたっけな。父は京都が嫌いで大学進学で上京し、ずっと東京在住。亡くなる直前までは京都の仕事が多くなり、結局京都で急死した。もしかして、最後は京都に住もうとか思っていたのかな。

祇園祭、本当に奥の深いお祭りだし、それぞれの鉾を見て回るとか、また違った楽しみ方ができると思われる。京都にある五芒星、六芒星のしるし、祇園祭とユダヤの過ぎ越しの祭りの共通点、などなど、考えると面白いことがいっぱいあるし。

小1時間ほど山鉾巡行を見物し、ホテルに荷物を取りに行く。冷房のきいたロビーでちょいと休んで、タクシーを呼んで京都八条口へ向かう。新幹線ホーム下にあるコンコースはまたまたリニューアルしていて、土産物屋も充実していた。原了郭も各種置いてあるから、今度から帰りに買おう。いずうのサバ寿司は前からあったけど、鱧寿司は売り切れで。大市のすっぽんドリンクが冷えていて、二日酔いなので元気ださなきゃと飲んでみたが、けっこうおいしい。

旅の終わりってなんか物悲しいけれど、姉とT吉との楽しい旅だった。今度また、このメンバーでどこかに旅したい。流氷ツアーなんか、いいんじゃないかな。

そう、そう、最後に新幹線の中で細木数子と同じ車両になる。さすが、細木さん、2匹のお犬様が高そうなキャリーに入れられて隣の座席に乗ってた。あれって、犬用に座席を購入してるんだろうな。金持ちだし、やるこた違う。

京都の旅 2日目(深夜) 祇園祭宵山 祇園スナックてる子~二条BAR K6

標準

らく山で脳軟化になりそうなくらいたらふく食べて、たくさん日本酒を飲んで、午後10時過ぎに花見小路へ繰り出す。コンチキチンが鳴り響く。ほんと、こんな音階だったら魔物がよりつくだろうと納得するが、実はベンジャミン伊東のシラケ鳥も頭の中で鳴り出したりして。ま、とにかくスナックてる子へ向かう。毎年宵山の夜に、てる子さんのお店の前まで長刀鉾のお囃子隊が来る。今回の京都旅行のメインイベントでもある。

うちらはもう、出来上がっていて若干酔っていたし、てる子さんのところもお客さんでいっぱい~!てる子さんは相変わらずお元気そうだった。

http://www.youtube.com/watch?v=uedg489m-aM

お囃子へのジュース、ビールのふるまいが終わったら、お客さんたちは順繰りにタクシーで帰っていく。私たちも店を出て、一力前まで歩いてタクシーをひろってBAR K6へと向かう。京都最後の夜じゃ、このまま帰らないぜ、って感じ。スナックてる子もそうだけど、K6もタクシーの運転手さんに名前だけ言えば連れてって行ってくれる。京都のタクシーはすごい。

K6は毎年祇園祭の宵山で、バーテンさんたちが浴衣を着ている。ここはいつもお客さんがいっぱいで、にぎわっている。最初は手前のカウンターに通されたけれど、やっぱり奥のカウンターでゆっくり飲んで、ピカピカおトイレの洗面所を姉とT吉に見せてあげたいし。って、やっぱきれいだな。この店に来るっていうことは、なんだか遅い時間=カクテル飲んで酔っ払うってこと。うわばみ三人娘はシャンペンから始まり、個々にカクテル2杯ずつくらい飲んで閉店まで飲んでいたし。

店を出てホテルまでタクシー。なんだか飲み足りないと、コンビニでビールを買って帰る。コンビニ横にあった、タバコの自販機。チェゲバラとか、ガラムまであるし、あ、ガラムメントールもあるし、みたことないのもあるし。

みんな昔はヘビースモーカーであったが、すでに禁煙してきれいな体になっている。タバコの自販機の最新事情は分からないけど、京都の自販機ってすごくねえ?

そんなこんなで京都最後の夜、というか朝だな。だって、結局朝6時くらいまでビール飲んでだべっていたんだもんな。この3人が揃うと、こうなるのはしょうがないか・・・T吉はまだ若いけど、姉とわたしゃもう年なんだから気をつけねば!翌日は10時半に起床、支度して11時にチェックアウト。荷物を預けて、新町通りで巡行帰りの鉾を見なきゃだ!

京都の旅 2日目(夜) 祇園祭宵山 らく山

標準

2日目、あぶり餅を食べて、叔父を見舞って、3時過ぎにホテルへ戻る。ホテルの前は5時過ぎから車やバスは通行止めになる。早めに出てバスで祇園に出る予定。女3人が順番にシャワーを浴びるし、顔も作り直さなきゃだからけっこう時間がかかるわけだ。しかし、市バスはすごいなと思う。大原とか、嵐山とか、鞍馬とか、遠くてJRとか、私鉄に乗らないのであれば1200円の市バス、市営地下鉄乗り放題のこの1日乗車券はかなりのすぐれものだ。

早めに出たつもりが、バスはすでに通行止め。ちょいと歩いたところに目的のバスが止まっていた。遠回りをして、祇園まで行くとのこと。これはラッキー!会食の開始時間よりかなり早めに着いてしまう。そうなると、ここで買い物タイム。私は原了郭で黒七味、姉とT吉は鍵善でお土産のお菓子やら、呉服屋で夏物の帯揚げと帯締めを購入したりしていた。そんなこんなで、暑かったけれど、冷房のきいた店にいくつか入って小1時間をすごす。

そしてらく山へ。らく山へ通いはじめて、はや10年近くなる。けど、お料理の画像をブログにアップしたことがない。いつも飲んで、食べて写真を撮ることを忘れてしまうのだ。今回は、ちょいと落ち着いた2階のお座敷。NYから個展で帰国中の窪田啓子一家と、山崎にある大企業のお兄様お2人、私たちうわばみ三人娘と8人の会食。年齢もそんなに変わらない元少年、少女の集まりだったので、初対面の人が多かったけれど、そんなことを感じさせないような楽しい時間をすごす。

らく山は去年ミシュランの☆1つ獲得。そんなんでも、あんまり関係ないんです、って女将さんがおっしゃるが、ずっとファンで通っている私にとってかなりうれしいことだ。全部じゃないけど、きれいに撮れたお料理だけアップする。

穴子の昆布巻き煮

関西の穴子は、関東の穴子とまた違って実に美味しいのだ。

でっかい鱧と中トロの、お造り。

やっぱり夏の京都は鱧でしょ。ということで、鱧寿司も。

そのほかに、賀茂なすの煮物に九条ネギが山のようにかかったもの。でっかい鱧のお吸い物、アワビの煮物と小さくてぬるんぬるんのじゅんさいとか、大将が釣ってきた鮎とか。ああー、幸せな味をいつもありがとう、って感じだった。

さすがに☆をとったからか、当日は大忙し。ゆっくり飲んで話して、食事が終わったのは10時過ぎ。みんなとお別れして、三人娘は祇園のスナックてる子へくり出すのであった。

京都の旅 2日目(昼) 上賀茂神社~今宮神社 あぶりもち

標準

京都2日目。前の晩にそれぞれ好きなものをコンビニで買ってきたので、各自支度をしながらの朝ごはん。四条烏丸辺りは、すごい人&すごい暑さ。天気がいいのはいいけれど、人酔いと熱風でばててしまいそうな感じ。去年もこんな感じだったけど、実は祇園祭って雨が多かったらしい。ここ最近晴れが続いてるとのこと。祇園祭まで温暖化しているってことかな。

宵山だから、メインは祇園での食事とてる子さんのところに顔を出すこと。昼間は涼しげに鞍馬山~貴船へ行こうかと考えたけれど、この暑さの中無理は禁物。ということで、市バス、市営地下鉄1日乗り放題1200円の乗車券を購入して、姉の要望今宮神社境内にあるあぶり餅を食べに行く。

しかし、京都の市バスってすごい。ひっきりなしにくるし、碁盤の目のようにいろんなバスが通っているので、ほんと、この1日乗り放題券はすぐれものだ。どこでも行けるじゃん!バスの中は冷房がきいているし、人ごみは祇園祭に集中しているから、ちょっと出るとけっこう空いている。まずはホテルの前から、バスに乗って北の上賀茂神社へ向かう。

鬼門におかれた厄除けの神社で、敷地内の建造物を守るために伊勢神宮のように式年遷宮が行われている。やたらすごい神社で、敷地もすごいことは分かっているんだけど、暑いのでお参りしてちょっと建造物を見てまわる。奥に入ると、もっといろいろあるけれど今回はパス。

立派な立砂。鬼門に撒く、お清めの砂の起源とされているんだと。

T吉は厄年なので、厄除けのお参りになったかも。

ちょっと気になった、神社の前の焼餅屋さん。

美味しそうに焼かれたお餅だったけど、中身が粒あんなのでスルー。

熱波の中、バスに乗って今宮神社へと向かう。

今宮神社はあぶり餅と玉の輿で有名な神社。綱吉の母である桂昌院は西陣の八百屋の娘だったお玉さん。将軍の側室になり、母となったお玉から「玉の輿」ということばが生まれたわけだ。T吉さん、玉の輿のお守りを購入。私も一瞬考えたが、持ち歩くお守りがこれ以上増えると大変なので止めておく。姉はというと、そんなことよりあぶり餅に脳内が集中しているし。

かざりやの店内であぶり餅をいただく。お茶もすごく冷たくて、美味しい。冷房がきいているわけじゃないけれど、すごく涼しい感じ。

昔から有名だけど、今回初めて食べるあぶり餅。ちょっと甘い白味噌のたれが美味しかった。なんだかな、京都はほんといろいろあって飽きないな。

またまたバスに乗り、いろいろ乗り継いで北大路駅まで行く。そこから烏丸線に乗って、烏丸へ。御所のすぐ近くに父の実家があり、叔父が1人で暮らしている。一昨年心臓の手術をしたんだけど、顔を見に行ったら案外元気だったのでちょっと安心したかな。

京都の旅 1日目

標準

また今年も行ってきた。くそ暑いのになんでわざわざと思うけど、姉、T吉とうわばみ三人娘(娘?)の旅。姉と私は小さいころ何度か祇園祭を見たようだが、記憶にないくらいの子どもころの話なので姉は初めて見に行くようなもの。T吉はもちろん初めてで、私は去年見てるから今回2度目。

JR東海のネット限定の個人ツアーパックを早めに予約してゲットした。のぞみグリーン往復券、ホテル3人1部屋2泊付き1人35200円。ホテルは烏丸駅と四条大宮駅の間、四条通り沿いに建っているホテルマイステイズ京都四条。立地条件がいいから、最近は定宿になってる。

東京駅を12時ちょうどに出発して、京都駅に2時15分くらいに到着。姉、T吉は先にホテルにチェックイン。私はそのままJRに乗りかえて高槻へGO。NY在住の友達の個展を見に行く。

窪田啓子 立体作品/ジュエリー展

彼女に会うのは十数年ぶり。小、中、高の同級生で、話してみたらなんと一度も同じクラスになったことがないということが判明。そこへ窪田さん同様小、中、高の同級生、フォトジャーナリストの那須圭子さん、那須さんのお友達の福島菊次郎さんも加わってギャラリーでしばし歓談する。なんか、すごい集まりだな。

福島菊次郎さんは報道写真家で、92歳の超有名人。すごいオーラをいっぱい出してる、スーパー仙人って感じだ。8月4日から『ニッポンの嘘』という映画が全国順次ロードショーされるので、ぜひたくさんの人に見てもらいたい。彼は以前彫金もやってらして、持参されていた作品を見せていただいたが、こりゃまたすごい。金工作家と彫金作家との会話もずいぶんはずんだようだ。

高槻で面白い集まりに参加して、JRで京都に戻り、私もあとからチェックイン。シャワーを浴びて待ち合わせ場所の室町『楽食』に向かう。烏丸駅はすごい人だから、裏道を回って歩いていくか、と思ったら・・・夜店や鉾がたくさん並んでいて、絶句。京都は劇的に蒸し暑い。あとで聞いたら、湿度が85パーセントだとのこと。う~~こりゃ倒れてしまうと、タクシーに乗る。『楽食』は創作料理の出る、カジュアルなお店だ。でも、ほんと、美味しいのだ。亡くなった父がずいぶんとこちらのご主人と奥様にお世話になったので、そのご縁で寄らせていただいている。今回私は2回目で、姉は3回目。朝もはよから房総より出でて、やっと落ち着いてビールを飲む。(実は朝から飲みっぱなしなんだけど)楽食では幼馴染のMちゃんも参加。Mちゃんの亡くなられたお父様はうちの父の兄貴分的な大親友で、お世話になったかた。お互いの父親の話や、昔一緒に(あれは小1のころだな)東京タワーに階段で上り下りした話などして楽しい時間をすごして、無事に京都1日目が終わる。あ~やっぱり、夏の京都は息が苦しくなるくらいの暑さだった。