月別アーカイブ: 3月 2008

鬼怒川温泉 鬼怒川プラザホテル その2(2008年2月日光東照宮編Ⅰ)

標準
☆鬼怒川温泉 鬼怒川プラザホテルその2(2008年2月日光東照宮編)
 
去年はT吉さんと2人で、今年はT吉さん、某社秘書のK子ちゃんと3人で鬼怒川プラザホテルへお泊り。娘ほど年の違うこの2人と、2~3年前から『土星人会』なるものを結成しております。大殺会の昨年までは、お互いに美味しいものを食べたり、飲んだり、会食をして邪気と悪鬼を追い払っていたのですが、今年から大殺会も明け、晴れて上昇気流の土星人。個々の明るい未来を願いながらの、温泉旅行でした。
 
往復共スペーシアの個室を取り、浅草から大宴会。ちょっと早めに駅まで着いたので、調子に乗って浅草松屋でCAVAだの、つまみだの買って行きました。完全にオヤジの宴会です。
 宴会だ~~~     お酒が足りなくてビールを買ってしまった。
       
駅前で鬼怒太くんがお出迎え
     
 宿まで約15分、ほろ酔い気分で宿まで歩きました。この日は東京も寒くて、鬼怒川はもっと寒くて風が冷たかったけれど、酔っ払いなので気持ちうぃーっす。ほろ酔いついでに途中の酒屋でCAVA1本、ワイン1本を購入。
 
お部屋は前回同様綺麗なお部屋。50センチほど窓が開くので、そこから買ってきたCAVAとワインをベランダに出して冷蔵。自然の冷蔵庫です。お楽しみの温泉にたっぷり浸かって、大殺会の垢を落としました。
 
宿の食事ですが、前回もお話しましたけど、ホント、昔に比べたらマシになったというか。美味しい~~
          夕食1                  夕食2
   
大きなホテルなので、部屋食には限界があります。昔も今も変わりなく、食事は一度に出てきます。その場で温められるものが、ご覧のとおり3品あります。私的に言うと、部屋食で何度も仲居さんが出入りする気兼ねがなく、ゆっくり食べられるので全然問題ないのですが、セレブ系の方々にはちょっと、という感じなのかもしれません。
 
お酒を飲みながら、会話を楽しみながら、未来の幸せを祈りながらの宴会でした。フロントに卓球台の予約をしていたのですが、土曜は混んでいるらしく、遅い時間しか空いてないようだったので、卓球大会(ピンポン大会)は諦めてそそくさとまた温泉に。すごく寒くなるとは聞いていたけれど、雪がちらちら舞っていて。雪見風呂を楽しむことができました。
 朝食 これが良く見ても見なくとも、前回とまるっきり一緒・・・
朝は前回同様、チェックアウトぎりぎりまでごろごろしていたいので、お布団を敷いたまま用意してもらいました。今回も仲居さんは快くOKしてくれました。朝食の白米を娘たちったらすごい勢いで食べていましたよ。
 
チェックアウト後、T吉さん、K子ちゃん、初日光東照宮です。私は3回目。この日は零下だという噂だったので、3人とも笑っちゃうくらい防寒をしていきました。東武日光駅まで、鬼怒川駅から鈍行、下今市で乗り換え。予定の電車が雪で遅くなり、ちょっと時間がずれてしまいました。日光駅からタクシーに乗り、真っ直ぐ田母沢御用邸の手打ちそばたくみ庵へ。
        たくみ庵                     天ざる
  
日光あたりで、ここが一番と聞いて、初めていったのが3年前。それ以来でしたが、相変わらず盛況で。お蕎麦の味も最高!
娘たちも喜んでくれたので、おばさんは一安心。
 
ここから徒歩で東照宮へ。途中金谷ベーカリーでパンを買い、名残雪というか、アイスバーンを頑張って歩いてやっとこさ到着。
  
雪の残る東照宮というのもいいもんですな。
  
ほんと、ここまで雪が残っているとは思いもしないかった!そしてやっぱり超寒い。こんな中頑張って観光しているのは、台湾系の方々、メキシコ系の方々、韓国系の方々、観光客さんでした。日光の寒さは、何と言いましょうか、かんぴょうができるくらい、はたまたたまり漬けが漬かるくらい?
 
長くなりそうなので続く~~
 
広告

鬼怒川温泉 鬼怒川プラザホテル その1(2007年10月日光江戸村編)

標準
☆鬼怒川温泉 鬼怒川プラザホテル その1(2008年10月日光江戸村編)
 
温泉大好きな私ですが、昨年10月末、今年に入って2月中旬と2回鬼怒川温泉に行ってきました。できれば、月に1回行きたいところですが、そうもいかない現実。そんな私の欲と懐具合のギャップを埋めてくれるのが、国民健康保険の区民保養施設です。申し込みは面倒ですが、申し込み代表者が国民健康保険加入者であること、同伴者が区民であれば誰でも利用することができます。
 
鬼怒川プラザホテルは、結構大きな温泉宿です。都内のいくつかの区が、保養施設として指定しているようです。息子が小学生の頃、2回ほど利用したことがありますが、今やリニューアルされて随分綺麗になり、小洒落た雰囲気の宿になっていました。昨今の温泉ブームと、利用客のニーズに合わせたんでしょう。
      ホテル玄関口             ホテルロビー
   
 昨年10月に訪れた際は、T吉さんとの女2人旅。早めのスペーシアに乗って、日光江戸村へ。入場料金はネットで探してJTBの割引チケットを購入。サイトで申し込みをしてコンビニで入金し、発券してもらうというシステム。便利な世の中になったもので、これで450円安くなって、4050円。小さなことからこつこつと、という感じです。
 
日光江戸村にはいろんなアトラクションがありますが、以前入村したときに比べ随分と整ったような感じがしました。ちょっと怪しいアトラクションがありまして、サングラスをかけたまま入ってしまってからお化け屋敷だということに気づき、T吉さんの手を掴んでギャーギャー騒ぐ始末。恥ずかしい40代。おまけにお化け役の人間が襲ってきます。これは昔、息子と入ったことがあるなと思い出し。最近、
「日光江戸村のお化け屋敷に、T吉さんと入っちゃって、大騒ぎだったわよ~」、
「お化け屋敷で人間は、ありゃお約束違反ですな」、
「そうよね、ありゃないわよね」、
「って、お化け屋敷でお約束違反もなにもないという話なんでしょうが・・・」。
ってな会話をしました。
手を叩くと寄ってくる鯉
鯉って意外とひとなっつっこいですね、えさもないのに寄ってきます。すりすりしてくるんですよ~~
 
江戸村の一番端にある、江戸風留置場のお仕置き人形は正に端にあるべきしろものです。女囚人形から聞こえる怪しいうめき声が、小学生だった息子には刺激が強すぎたのでさっさと見たことを覚えていますが、今回は大人2人ですからゆっくり見てきました。怪しい拷問用の三角木馬なんかも展示しておりました。
 木馬さん
 
日光江戸村で遊んで、バスに乗ってお宿へ。温泉に浸かり、日頃の疲れを癒しました。ここの湯は源泉賭け流しです。
以前はなかった露天風呂があります。一度脱衣所に戻ってから外に出るのですが、それがかえっていいのでは。大きな温泉宿ですので、バスタオルは部屋から持ち込みです。でも、大浴場内は脱衣所もお風呂場もアメニティーは充実しているように思えます。
 
お楽しみの夕食では、CAVAを2本とワイン1本、そのあと卓球台を借りてT吉と試合後、また温泉に入りまったりと過ごしました。
   CAVA      
  
           夕飯その1                  夕飯その2
    
お酒をたんと飲んで、美味しいご飯を食べて(昔に比べたら本当に美味しくなりました!)運動して、温泉に入って、この日は本当によく眠れました。
朝ごはんも結構ボリュームです
  
朝ごはんもお部屋食。チェックアウトギリギリまでごろごろしていたいので、お布団を敷いたまま、お部屋の端っこに用意してもらいました。お行儀が悪いですけど、仲居さんも快くOKしてくれたし。おもいっきりのんびりできましたわい。