月別アーカイブ: 8月 2013

菅平へ 2日目~3日目 峰の原高原ぷれじーる ~小布施 岩松院

標準

ぷれじーるの定番、ワンプレート朝食。

 

峰の原 ぷれじーる_朝食_1

 

ドリンクはセルフで、しぼりたて牛乳、リンゴジュース、オレンジジュース、コーヒー、紅茶がある。パンは焼きたて。こちらのオーナーはもともとパンやさんで、来始めたころはジャムおじさん並のお腹だったけれど、数年前から体調管理をし始めていまは細みのお兄さま。なので、朝夕のパンは焼き立てですべてが美味しい。

 

食後ラグビーの練習を見て、午後の練習試合まで時間があったので小布施まで足を伸ばす。小布施にはもう数回行っているけれど、毎年、毎年、年を重ねるごとにどんどんおしゃれな街になっていく。今回は初小布施の方がいらしたので、岩松院へ。

 

小布施 岩松院

 

かの葛飾北斎がこの地に長く逗留していたことがあり、そのときにこの寺の天井に八方睨みの鳳凰を描く。小布施や須坂には、豪商が多かったのか、谷町がいたらしい。

 

お昼はお土産を買った、竹風堂の2階で栗おこわのご膳をいただく。竹風堂の栗かのこは有名で、要は栗きんとん。長持ちするので、正月用に大きめのを買っていく。

 

いったん宿に戻り、ちょいと昼寝をしてから午後の練習試合を見に行く。夏の菅平はラグビーのメッカ。むかーし息子が合宿してたっけな。

 

菅平はラグビーのメッカ

 

夕方宿に戻り、ささっと入浴。お待ちかねのぷれじーるの夕食が始まる。

 

前菜。ここのバジルのパスタ、めちゃうま。

 

峰の原 ぷれじーる 夕食2_1

 

この日の冷製スープはカボチャ!

 

峰の原 ぷれじーる 夕食2_2

 

お待ちかね、田中康夫元知事の唯一の輝ける業績(?)信州サーモンのスモーク。もちろん自家スモークですわ。しかもこちらのは超うま、これが楽しみで来ているようなものかも。

 

峯の腹 おうれじーる 夕食2_3 信州サーモン

 

お金出してもいいからおかわりしたい!のだけど・・・

 

で、お口直しのブルーベリーのシャーベット。

 

峰の原 ぷれじーる 夕食2_4

 

お肉のメイン、地鶏のハーブ焼き。庭のハーブがめちゃもりで、地鶏(なんちゃらいう名前だったような・・・)と一緒にグリルされている。

 

峰の原 ぷれじーる 夕食2_5

 

ちなみにうちのミニハーブ園のハーブは、根っこ付きでこちらから持って帰ったもの。

 

で、最後にパフェのデザート。プリンも美味しいし、アイスもうまし!

 

峰の原 ぷれじーる 夕食2_6

 

いくらヘルシーといっても、さすがに糖尿病者はちょっと血糖値が上がっていたよう。

ということで、最後の晩餐も終わり翌朝の朝食。

峰の原 ぷれじーる 朝食2

出発の朝のワンプレートは、ミニサンド。どれも美味しいし、どれも自家製のパン。

今回は天気が悪くて星を見られなかったけれど、美味しい空気をたくさん吸って、美味しい食べ物をいただき、ぷれじーるをあとにする。これから飯山線制覇のまた旅ものであった。

広告

菅平へ 1日目 峰の原高原 ペンションぷれじーる

標準

峰の原高原にある、ペンションぷれじーるは菅平での定宿になっている。今年でもう何回目だろうか?

 

毎年こちらを利用している理由。

1.バストイレが各部屋にある。

2.料理がすこぶる美味しい。

3.菅平からちょっと上がったところにある峰の原高原は、夜は星がきれいで昼間はアルプスを眺めることができる。

4.オーナーご夫婦の人柄がよい。

 

今年も二泊三日お世話になる。

 

食事は食堂で。お風呂は各部屋にユニットバスが付いているが、岩風呂と檜のお風呂の中ぶりの浴室が2つある。

まずは一日目の夕食をざっと。

 

前菜

 

ぷれじーる_夕食_前菜

 

昼間ヒロッシーニでもいただいたけれど、トウモロコシの冷製スープ。「ちゃんと作った」という前置きがあったが、たしかにちゃんと漉して作っているようでとろみとうまみと甘みがお口いっぱい!これはこちらのスープが圧勝だ。

 

ぷれじーる_夕食_トウモロコシの冷製スープ

 

お魚のグリル。内容はしっかり忘れたけれど、白身の魚のクリームソース、アメリケーノソース添え。

 

ぷれじーる_夕食_白身魚アメリケーノソース

 

こちらの夕食はコース料理なので、魚のメインのあとにお口直しのシャーベットがあり、そのあとに肉のメインが出てくる。

 

肉料理のメインはローストビーフ。久々に使ったデジカメなので、今回写真がひどいけど我慢してちょ。

 

ぷれじーる_夕飯_ローストビーフ

 

そしてデザートは大きなシュークリームアイスで、ヘルシーなアイスらしいのでしっかり食べる。食事中はワインを少々、たしなむ程度。寝酒に昼間佐久平でN君からいただいた、佐久のお酒を少々いただく。

 

佐久の地酒

 

とゆーことで菅平の一日目は終了。

 

 

菅平へ 1日目 あこがれのヒロッシーニへ(佐久平)

標準

長野新幹線に乗り、憧れのヒロッシーニがある佐久平へ向かう。

 

現地では、佐久の北と南で地域貢献活動をしている友人2人とランチ予定。昨年真田の蕎麦屋で久々に再開し、FBでしょっちゅうやりとりしているN君と中学校一緒だったM里ちゃん。

 

佐久平駅蓼科口を出て、駅から近いとのことだったけど、高架線の向こうにまんま見えるレンガ色の建物の2階にヒロッシーニはある。思ったより佐久平駅前の景色は広く、都会的なビル群などないのでかえって迷ってしまい、ぐるっと回って到着。すでに2人は着席していて、話もはずんでいたよう。N君はヒロッシーニのHPを担当しているし、なんだか顔が広くてそこらのお客さまとアイコン、手振り、いろいろ(全部女性だったらしい)。M里ちゃんはしょっちゅう来ているけれど、スタッフを知らないのでN君に紹介してもらうとのこと。やっぱり知らないより、知っていたほうがいいもんね。

 

で、ヒロッシーニのランチの始まり~

 

トウモロコシの冷静スープ。

 

佐久平ヒロッシーニ_トウモロコシの冷製スープ

 

なんかいきなり美味しくて、遠くから来てよかった感倍増!

 

ランチのコースに+したものを注文、その他飲み物はスプマンテ、ノンアルコールカクテルなど500円でリーズナブル。昼間から盛り上がるのもいいけれど、こちらにいらっしゃるかたはほとんど車で来ているかたが多いと思われ、ノンアルコールカクテルで気持ち盛り上がれるかも。

 

地元の野菜と、特性バーニャカウダソース。

 

佐久平_ヒロッシーニランチ_7

 

まーたこのバーニャカウダったら、おいしいったらないの、隠し味は地元の味噌らしいけど。なんかちその味噌、ちょっと炙ってるんじゃない?って気もする。くらい、コクがあって超うまっ!野菜も美味しいし、最高っす。

 

で、4人でランチなので、4種類のパスタを出してもらいシェアする。これっていいかも。

 

アサリとミョウガのパスタ。ミョウガとアサリって相性がいいので、これいただきです。

 

佐久平ヒロッシーニ_ランチパスタ_1

 

シソのジョノバソースとトマト味のパスタ。そうか、バジルがなくてもシソがあるさ、という感じでジェノバソース作れるんだよね、これもいただきやす。

 

佐久平ヒロッシーニ_ランチパスタ_3

 

小柱とインゲンのパスタ。正式な名前はよく分かってないのだけれど、とにかく美味しい。小柱最高~

 

佐久平ヒロッシーニ_ランチパスタ_2

 

魚介のトマトパスタ。

 

佐久平ヒロッシーニ_ランチパスタ_4

 

4人でぺろりと平らげました。ほんと、美味しいヒロッシーニ。で、デザートのティラミス。

 

佐久平_ヒロッシーニ ランチ デザート

 

デザートってだいたいスルーするんですが、これは完食。大人の味のティラミスって感じ。もともとティラミスって言葉は、「私を引っ張り上げて」とか、「私を励まして」、とゆー意味らしい。女性が男性につくってあげると、精力増強も意味しているそう。ふーむ、やっぱり大人の味がするわけだ。

 

とゆーことで、憧れの佐久平ヒロッシーニ初体験。N君、M里ちゃんありがとう!次回は軽井沢ぐるっとバルやM里ちゃんの市民ミュージカル、そしてヒロッシーニディナーを体験したいな。

 

みんなと別れて、佐久平駅でからくり時計を発見。

 

佐久平駅 からくり時計

 

大きな人形が動いて、流れている曲は「故郷」。なんで「故郷」?って数日後飯山線制覇でなんとなく分かったりして。

 

そうだ、佐久平駅って以前小諸のワイナリーで大酔っ払いしたときに送ってきてもらった駅だ。ワイナリーに行って、帰りにヒロッシーニディナーで日帰りっていうこともありだな。

 

今年も菅平へ 1日目

標準

この夏もまた、菅平へ行ってきた。お江戸住まいのときとは違い、外房ガラパゴス住まいは朝もはよから家を出ないとだめだ。ここだけちょっと不便だが、東京駅はいまや暇つぶしをしようと思ったらいくらでもできる。

 

京葉線乗り場から新幹線乗り場までは結構時間がかかるし、何かあっちゃいけないから乗り継ぎの時間には十分余裕をみている。今回は佐久平で途中下車し、憧れの「ヒロッシーニ」にてランチ予定なので、弁当を買うこともないし。

ということで、いつものようにグランスタの「はせがわ酒店」にて一杯。

 

東京駅 グランスタ はせがわ酒店

 

まだまだ先は長いので、本当にほんの少しの白ワイン。一杯500円なり。

 

東京駅 グランスタ はせがわ酒店 白ワイン
新幹線のホームへ上がると、隣のホームにちょうど「こまち」と「はやぶさ」の鼻先ドッキング部あり。ちょいと興奮気味で激写する。

 

「こまち」と、「はやぶさ」の鼻先ドッキングなり。

 

こいつは朝からいいもの見られたな、と長野新幹線に乗車。佐久平へ・・・憧れのヒロッシーニは駅前にあった。

あまちゃん

標準

最近知ったことだけど、あまちゃん人気は年齢層が本当に幅広い。

 

そしてキョンキョンはついに『潮騒のメモリー』を発売。

 

北三陸場面の役者陣が結構好きで、ほんとみんな役者やな~って感じ。当たり前だが。

特に勉さん、ったら『アウトレイジ』では、すんごいメイクの893やってるんすけど・・・

なんか、北三陸グループを見ていると、役者と乞食は三日やったら止められないっていう感じでいいな。

そしてそんな人たちに、あのほそっこくてそこらにいたらタダのあんちゃんにしか見えない大脚本家のクドカンは生きたあったか~いセリフを吹き込むらしい。

 

もうあとひと月ちょっとで終わるあまちゃん、最後まで面白そうだから見逃せないぞ~

 

 

 

夏の宴 高級肉を食すなり

標準

一般的にいうお盆休みもあと2日。

 

今年の夏も我が家に客人が集まり、恒例の夏の宴が開催された。

 

N美が老犬1匹、猫1匹、拾ってきた里親探し子猫1匹を連れてきた。

 

ブサかわいい、さび猫のプーさん(仮称)、貰い手が見つかったそうだ。

 

ブサかわいい猫 _1

 

さび猫という種類は、いつから現れたのかな?ブサかわいいプーさん。

 

ブサかわいい猫 _2

 

そして、もう年とっちゃってるけど、賢くて食いしん坊のユウヒちゃん。

 

ユウヒ2013

 

ユウヒは小柄なので、昔銀座で盗まれたことがある。盗んだ犯人が成犬であることに気づき、世田谷あたりの施設の扉につないでいたので(捨て犬されていた)無事戻ってきたという逸話あり。

 

H美親子は猫1匹連れてきたので、うちの子たち2匹と、総勢猫5匹と犬1匹の宴。

 

いつもの美味しい肉をどーんと一本持ってきて、富山の切だし七輪で食らう。(画僧右下の肉は豚肉)

 

焼肉大会2013_1

 

お隣さんからのおすそ分け、持ち寄りの一品などで食卓がにぎわう。

 

焼肉大会2013_2

 

お隣さんが作ったトウモロコシ、めちゃうま!肉も、もう、最高でっせ。

 

今年はN美が実家から千疋屋のメロンを持参したので、生ハムメロンを。勝浦の民宿藤兵衛さんからのおすそわけの蒸しアワビもあり。ちょっとだけ写ってるけど、今年はトウモロコシの冷たいスープを作った。

 

焼肉大会2013_3

 

H美ちゃんがコストコで見つけたとゆー、大量のオリーブを持参してくれたのでニンニクとオリーブのアヒージョを。

 

焼肉大会2013_4

 

で、ずっと自分的に流行っているニラのお浸し。

 

焼肉大会2013_5

 

もっと画像がほしいのだけれど、もっと美味しいいものがあったのだ。肉を切りだして余った牛筋でつくった煮込みとか、人参のアーモンド味サラダとか。

2週間以上飲酒をしなかったその反動か、大酔っ払いであんまり撮ってなかったのだ。前日は如月一さんにて昼から泡を飲み、その後夜から食糧持参で大原のカラオケボックスに行き泡を飲み~焼肉大会ではモヒート、白ワインでがっつがつに大飲みしやした。

そして私、宣言いたします。どうせ毎日のみゃしないのだから、この夏から、宴会、パーティーで大酒飲みません。たしなみ程度の女になるのであった!