月別アーカイブ: 6月 2016

6月の京都2016 その3 祇園らく山

標準

京都に行ったら、らく山にはどんなことがあっても必ず行く。

こちらも父が生前お世話になった店だ。

大将はぶっきらぼうだけど、すごく面白い色白の鮎釣り名人。顔は白いけど、手ははんぱなく日焼けしている。

もう、鮎は解禁だ。

いつもの、前菜三種。

 

煮アワビだの、エビだの、ハモだの!

煮アワビだの、エビだの、ハモだの!

 

今年は近海ハモがよくとれるらしく、国産ハモをいただきやした。

今回はハモ狙いだったので、ぜーんぶハモでもかかってきいや!だわ。

 

ハモ吸い。でかい!

ハモ吸い。でかい!

 

ハモ寿し。もっと食えるぜ!

 

ハモ寿司。

ハモ寿司。

 

おつくりにも、ハモが。ハモ三昧~~

 

おつくりにも、ハモが~

おつくりにも、ハモが~

 

ここのナスのお浸しは、絶品なのだ。ナスと、大好きな生麩、下にはカシワ。

 

ナスやら、生麩やら、とにかく幸せ。

ナスやら、生麩やら、とにかく幸せ。

 

出ました、このアユ、さっきまでぴんぴん生きていた。朝、大将が釣ってきたんだそう。

清流を泳いでいるように、焼いちゃってるところがにくいっす。

 

活鮎の塩焼き。

活鮎の塩焼き。

 

ハモもめちゃ食べたし、新鮮な鮎も食べたし、最後のハモご飯はちょっとつまんでお持ち帰りする。

まじな話、私はこの店で大将の釣った鮎を食べるまで、鮎が嫌いだった。

もともと淡水魚が嫌いで、多分、昔臭い骨酒を飲んでしまったからだと思うが。

 

一応、ミシュラン1つ星~

一応、ミシュラン1つ星~

 

2年ぶりに、大将のお料理を堪能させていただきやした!

京都には京料理の名店が数あるけれど、やっぱりらく山は外せない。

父から紹介されて、はや12年くらい通わせていただいているが、行くたびに絶対寄るからね~

広告

6月上旬の京都2016 その2 伏見稲荷~ブレッツカフェクレープリー京都(ランチ)

標準

前日は楽食にて、白ワインを飲みながら美味しい創作料理に舌鼓を打つ。

ホテルに帰って、バーで飲み、朝起きたら少し二日酔い気味。

でもせっかくだし、京都に来たら毎回伏見稲荷に行かねば!

とゆーことで、朝から一人でタッタと伏見稲荷参り。

 

京都に行ったら、必ず行く場所。

京都に行ったら、必ず行く場所。

お稲荷さんというのは、とってもありがたいのだけれど、一度参ったらずっと行かないと駄目だと小さいころから祖母に言われている。

なので、めったに寄り付かないのだけれど、こちらの砂を行くたびに購入して家の周りに撒いているのだ。

しかし、修学旅行生の多いこと。。。

三条のロイヤルパークホテル・ザ・京都からは、京阪に乗ってJRに乗り換えたらめちゃ近いとゆーことが分かった。

今まで馬鹿みたいに遠回りしていたような・・・

 

で、ランチはホテルの近くへ。

何度も三条に泊まっているのに、三条名店街があることは知っていたけれど、こんな近くに三嶋亭があることすら気付かなかった。

三嶋亭がランチメニューをやっていたら良かったが、しっかりとしたコースしかないようなので、そこらをふらふら。

夜はしっかり和食なので、昼は洋食でもと思ったが・・・

そば粉100パーセントのがレットと聞いたら、行かずにおくまい。

とゆーことで、神楽坂に本店のある、ブレッツカフェクレープリーへ。

 

まずは、やはりガレットと言ったら、シードルでしょ。こちらには、甘口、辛口とあり。二日酔いなのに、やっぱり辛口をいただく。

 

シードル辛口。

シードル辛口。

 

で、二種類のクレープを注文して、2人でシェア。お勧めのガレットだったけど、何だったか忘れた。

 

とにかく、ぱりぱりで美味しい。

とにかく、ぱりぱりで美味しい。

こちらは、卵が入っている。生地は、パリで修行した方が焼いているそう。

卵が入ってるガレット。

卵が入ってるガレット。

 

よく、そば粉のガレットとゆ~人がいますが。そば粉のクレープが正しい言い方。ガレットは、そば粉のクレープのこと。

初めて食べたのは、パリのモンパルナス。ガレット屋が軒を連ねている激戦区だが、その中でもめちゃくちゃ美味しいお店を紹介してもらったときは衝撃Xだったな。

何て名前だったか忘れたけど、とても美味しかった。

そして、スィートは別腹な同伴者。こんなの頼んでるし。ちょっといただいたけど、美味しい~

 

ゴマバターのっけのデザートガレット。

ゴマバターのっけのデザートガレット。

 

ゴマバターってのが、和風でいいね。

 

 

 

6月上旬の京都2016 その1 丸太町楽食

標準

今月初め、京都に行ってきた。

今回の京都は、久々。

何を見るでもなく、目的は祇園でのお座敷遊び。

要するに、飲んで食べて京都満喫~って感じだ。

一日目の夜は、丸太町にある楽食へ。「がくしょく」と読む。

父が生前お世話になっていたので、京都に行ったときは必ず寄っているとても家庭的な創作料理のお店だ。

そんなに広くないけれど、何もかもが美味しくてリーズナブル。

 

おつくり~

おつくり~ ハモと北寄貝のおつくり。

ちょっとずつだけど、いろいろ食べたいし。そして、欠食児童が一匹いたので、何頼んでも残すことはなく・・・

 

 

カツオのフライ、タルタル~

カツオのフライ、タルタル~

 

このフライの美味しいこと、カツオをフライにするという発想が。中はレア。タルタルソースでいただく。

 

赤みのステーキ。

赤みのステーキ。

 

何とか肉のステーキ、赤みの牛は大好物だ。

 

子鮎の天ぷら、めちゃうまかき揚げ。

子鮎の天ぷら、めちゃうまかき揚げ。

 

何とも美味しすぎてたまらない。

 

焼きそば

焼きそば

 

まさに多国籍料理だ。この焼きそば、麺が太くてがっつり食べられる。湿度の高い京都には、もってこいの代物。

 

ささみの明太子フリット。

ささみの明太子フリット。

 

わし、こーゆーの大好き。これこそ、元祖フリットだ。昔、スペインやおフランスで食べたものと同じ感じ。

 

欠食児童用、鯛茶漬け大盛り。

欠食児童用、鯛茶漬け大盛り。

 

高校1年生の欠食児童、出すもの、出すもの、こっちがちょいとつまんだあとは、全部平らげてくれたので、見ていた気持ち良かった。

鯛茶の大盛りでさすがに撃沈、と思ったら若者は甘ものは別腹のよう。

 

デザート。何とか芋の揚げたものを、アイスクリームに添えて。

デザート。何とか芋の揚げたものを、アイスクリームに添えて。

 

熱くて、甘いスイーツ。

丸太町楽食は、とても気さくな、ご夫婦でやられている。

ご主人は揚げ物系がお得意なようなので、ぜひここの揚げ物系を食べてもらいたい。

久々に何も気にせず、油ものをたくさん食べてしまった夜だった。

 

 

 

 

クバ鳥~

標準

去年、キューバに行ったお友達からお土産にいただいたクバ鳥。

さてと、どこに飾ろうかと迷ったあげく、今年になってやっとS字フックを利用してリビングのライトにぶら下げた。

 

キューバのお土産をつるす。

キューバのお土産をつるす。

 

ぶら下げてから、少し経つと。

何やらにゃん’sが騒がしい。激しく鳴いている。

「お母さん、何かいるよ~!!」の緊急連絡っぽい鳴き方。

あんまりうるさいので、見に行くと。

白いお兄さん、クバ鳥をロックオン。

白いお兄さん、クバ鳥をロックオン。

 

絶対に、虫とか、そーゆーもんだと思っているようだ。

超、かわいいやつら。一度クバ鳥を外して、顔にすりすりしてやる。

これは生き物じゃないよ~って。

そしたら、ちゃんと理解した模様。だが、まだ気になるらしい・・・

 

それでもやっぱり気になりますか。。。

それでもやっぱり気になりますか。。。

 

ゲジゲジやムカデ、大きなクモが出てくると、こんな感じでお知らせしてくれるのだ。

 

 

五島うどん!スタミナ焼きうどん。

標準

先月、長崎五島列島に旅行に行っていた友人から、五島うどんが届く。

 

めちゃうま!

めちゃうま!

 

『おにぎりあたためますか』で、大泉洋が紹介していたのを見て、すぐさま購入し、五島うどんのとりこになってしまったのだ。

麺と一緒に入っている、あご出汁スープ。これがまた、めちゃくちゃうめえ。

まずは、一袋を毎日食べる。

スープで、かけうどん。または、麺つゆで釜揚げうどん。

急に暑くなってきたので、スタミナをつけるためにスタミナ焼きうどん。

 

美味しいもんは、どんなに調理でも美味しいのだ。

美味しいもんは、どんなに調理でも美味しいのだ。

牛肉、ホウレンソウ、ニンニクを炒めてから、うどん投入。

塩コショウ、仕上げにちょっぴっとウスターソースを。

あ、半熟卵のっけるんだった・・・

 

月一源氏食堂 とかいって、5月は2回行ってしまった・・・チャーハンとチャーシュー麺

標準

恐ろしく美味しいものだらけの、大原駅前源氏食堂。

高カロリー摂取になりそうなので、月一と決めていたのに、5月は2回も行ってしまった・・・

とはいっても、悪魔のシュウマイは我慢。

お酒も飲めたので、木戸泉と鳥軟骨を注文。

 

今日は飲めるから、木戸泉。枝豆付き。スモークハムじゃないんだ・・・

今日は飲めるから、木戸泉。枝豆付き。スモークハムじゃないんだ・・・

 

鳥軟骨、なぜに美味しい?

鳥軟骨、なぜに美味しい?

 

メニューを制覇したいので、今回はチャーハンを注文。

こんな大ざっぱな感じ?ちょっと思っていたのと違うけれど。

これぞまさしく、源氏食堂版チャーハン!

これぞまさしく、源氏食堂版チャーハン!

 

激ウマのチャーシューがたくさん刻んで入っていて、卵も形が残るくらいの混ぜ方。そして何より、お米が美味しいし、ここのご飯の炊き方は最高だ。

まさに、源氏食堂風チャーハン。

めちゃ、うま。トン汁もついてくるし。

そして、同伴者は源氏の中華ラーメンが大好きなので、チャーシュー麺を。

 

このチャーシューの量ったら・・・

このチャーシューの量ったら・・・

ここの激ウマチャーシューがこんなに!!!?

このチャーシューも肉屋カウンターで売っているぞ。

おそるべし、源氏食堂。次回はオムライスに挑戦する予定。

 

 

忍者飯

標準

ずーっと家では玄米食。

最近、炒り玄米を教えてもらって忍者飯を食べている。

玄米を中火で20分くらい炒って、保存食とする。

 

玄米を炒るのだ。

玄米を炒るのだ。

 

塩コショウしたり、お醤油をたらしたりして、忍者飯を作る。

これをそのままポリポリ食べるのもいいけれど、毎晩大匙2杯を水200ccに浸す。

すると、いとも簡単に粥ができる。

これがまた、信じられないくらい美味しいのだ。

 

水に浸すだけで、めちゃうまの粥が出来上がる。

水に浸すだけで、めちゃうまの粥が出来上がる。

 

ちょ火にかけて、はやりの焼き梅干を混ぜて食べる。

玄米は炒ることで、体に陽をもたらすとのこと。

食べ始めたときは、お腹がゆるくなって、すごいデトックスなんだと実感。

仙人飯とも呼ばれているらしい。

わたしゃ、仙人でも何でもないが、この朝ご飯は続けようと思っている。

もちろん、ちゃんと野菜だの、たんぱく質だのも一緒に食べてるよ。