月別アーカイブ: 1月 2010

台湾観光 その4.101だ~~

標準
台湾観光 その4. 101だ~~~
 
 
台北名物101ビルです。すでにドバイの高層ビルが出来上がってしまい、世界一じゃなくなりましたが。相当な高さです。地元台湾料理で有名なレストラン、欣葉が85階にお店を出しております。まさかそこで食事をするなんて、思ってもなかったのでドキドキものでした。実は高いところって好きじゃない、嫌い。しょうがないから、ここは山の上だと自分に言い聞かせたのでした。
 
階下の様子
 
台北最後の夜でしたし、もう酔っ払うしかないと思ったので料理の写真は皆無。
 
85階まではエレベーターを乗り継いで上ります。このビル、微妙に全体が揺れているらしいんです。そんなこと聞いたら、もう飲むしかない!台北最後の夜は、101でほろ酔いでした。
 
 
広告

台湾観光 その3.古い街

標準
台湾観光 その3.古い街
 
グルメでも紹介しました、九份。
 
九份は山の上のとっても高い急斜面に栄えている古い街。登り下り、急な階段もある路地の両側にはお店がずらりと並んでいて、食べ歩きを楽しめます。
 
 
とっても不思議なものですが焼いたり、蒸したりして食べるらしい。中身は肉と野菜で、赤いのは赤麹。見た目がクラゲの中にコンビーフって感じでまずそうなんですけど、台湾のお友だちが言うには超美味しいんだって。お腹いっぱいで食べられなかったのが残念でならない。
 
山の上にある街ですから、お天気が良いと海まで見えちゃう。
 
眺めの良いところにお茶屋さんがずらりと並んでいるので、中式作法でお茶を楽しみましょう。
 
 
お次は大渓の街。間口の狭いお店が、並んでいます。中は京都風のウナギの寝床で細長く、奥は住居になっています。
こちらも両脇は商店が並んでいるのですが、午前中だったのでまだ開店してませんでした。
 
同じような形の建物の上には、そこのお家の屋号が刻まれています。
↑このお店木製品を売ってます。品質の良い、仏壇仏具を売っています。店先にある大小の木魚を鳴らしてみたら、買って帰りたいと思うくらい良い音色。おまけにびっくりするほど安い。
 
お次は三峡。大陸の三峡ダムとは全く関係なく、三角って名前を三峡に変えたらしい。
大渓と同じ似たような街並みだけれど、ちょっと新しく作ったっぽい。道の両脇は商店が並んでいて、浅草とか、原宿みたいに大体同じものを売っています。
 
路地裏とかちょっと趣があって、そっちを歩きたかったかも。
 
以上台北の古い街めぐりでした。

台湾観光 その2.故宮博物館

標準
☆台湾観光 その2.故宮博物館
 
リニューアルしてきれいになったせいか、故宮博物館は朝から人で溢れておりました。前回はまだリニューアル中で展示物も少なかったけれど、人も少なくて写真撮影もOKでした。これはそのとき撮った、写真です。
 
翡翠でできてる白菜バッタ
 
 
玉髄という玉でできてる、美味しそうなトンポーロー
 
これは↑故宮の目玉商品で、こちらの展示室は長蛇の列。パンダ並で、何秒間とかしか見られないらしいので、今回はパスしました。
 
象牙の塔
 
三代かけた象牙の細工
 
故宮博物館に展示されてる、蒋介石が持ち出した美術品の数々は、大陸に残っていたら破壊されていた可能性が大だったそうです。大陸では現在、省や都をあげて博物館なるものが大々的に作られていて、私も何箇所か見学しておりますが、どれも故宮博物館の展示品に勝るものはないと思ってるんです。台北に行ったら、並ぶの覚悟で丸1日楽しむと良いと思います。
 
 

台湾観光 その1 玉山(新高山)のご来光

標準
台湾観光 その1 玉山(新高山)のご来光
 
 
今回で台湾は2回目。前回は台北からバスで半日かけて阿里山まで行き、1泊して早朝から登山電車に乗り、玉山(新高山)に登るご来光を見またのは約6年前のこと。
新高山は昔台湾が日本の統治下にあった頃、日本で一番高い山と言われていて、次高山(雪山)はその隣、その次が富士山だったんだそうです。「ニイタカヤマノボレ」という日本海軍の暗号でも知られています。
「阿里山から新高山を見たよ」。
と、父に話したら、すごく喜んで、
「俺が小さい頃に一番高い山だと教えられてたんだ、それを見に行ったの?」
と嬉しそうに話してくれたのを覚えています。ずっと前の写真ですけど、そのときの写真です。 
夜中の3時まで。いや朝まで起きてることはしょっちゅうでしたが、夜中の3時に起きるということをこのとき初めて経験いたしました。
阿里山からの日の出詣では、天候が悪いともちろん見られませんが、このときはばっちり。

今から約6年前の画像ですが、今回台湾に行ってブログを書き込んでいるうちにこのときの感動を思い出してしまって。ついついアップしてしまいました。
 
 
 

台湾グルメその3.馥園

標準
台湾グルメその3.馥園の超絶品料理たち
 
台北市内のど真中にある、馥園は浙江料理のお店です。

この日1日、デジカメが壊れたので画像がよくないのです。でも壊れていたんじゃなくて、オートをマニアル設定にしてしまっていて、なんか変な操作をしていたようです。(って、そうしたのは自分なんですけど)
 
 
ロブスターの酒蒸しに、青葱の中華風ソース。超ウマ!
 
ふかひれ~~~~~激ウマ!
 
フォアグラの中華風蜂蜜ソースがけ。(下には山芋)ほわっウマ!
 
台湾風の麺なんですけど、このスープが絶品!今まで食べたスープの中で、一番かもしれない。
このスープ、何の出汁だろうかいろいろ考えたんですが、ウコッケイとか、スッポンなんじゃないかと思うんですけど、超感激の味でした。
 
一番お高いと思われるツバメの巣のお料理、というかデザート。温かくて甘い、ピーナッツミルク。このせいか、次の日顔がつるつるになっていました。美容の効き目大ですな。
 
 
幾らお高いと言っても、これだけの量のツバメの巣を東京で食べたら、もっとも~~っと高いのだと思います。台北にいらっしゃるんだったら、懐が許すならばこのお店に行かなければ損ですぞい。私はご馳走になったので、はっきりとした値段は分かりませんが、日本と比べたら断然お安いと思います。
また行きたい~~馥園!!

台湾グルメその2.九份グルメ

標準
台湾グルメその2.九份グルメ
 
台北から北東にある九份で、屋台っぽい出店でつまみ食いをして歩きました。九份は古い街で、恐ろしいくらいの山の急斜面にあります。日本の城ヶ島や、江ノ島みたいに出店がたくさんあって楽しいです。
  
 
芋ぜんざいで有名なお店
お餅にサツマイモだとか、サトイモだとか、緑豆とかを混ぜて、一口大に切ってあって、それを茹でて冷たくしたり、(カキ氷タイプ)温かくいしたり、(おしるこ風)にして食べます。
なんて表現しただいいのだろう、私はもともと甘党ではないので伝わり難いかもだけど、甘党ではない私でも美味しく食べれた台湾スイーツでありました。ハーフサイズだけど。芋餅の他に、ひよこ豆とか、小豆とかを味付けしたものをかけて、最後に温かい砂糖蜜をかけてくれます。
 
見たところよもぎ餅なんですが、
お餅の上の札に書いてあるものが、中に入っている具です。私は酸菜入りを食べましたけど、これって長野の名物おやきを焼いてないやつです、焼いてくれ~~でも美味しい。酸菜は、まるっきり野沢菜と同じでした。さて、どっちがルーツやら。
 
出ました臭豆腐。超美味しかった~ん。初めて食べた!揚げたのを食べたんですけど大丈夫。揚げ豆腐にちょっと、臭みあるかなくらい。でも本当はもっとえぐいらしいんですけど、生の臭豆腐のにおいが充満しておりましたが、くさやと比べたら臭くないです。是非台湾に行ったら試してみてください。
これは食べたやつじゃないけど、美味しいとおもいますよ。
 
実はお昼はちゃんとしたレストランで食べたんですが、台北の街で美味しいもの食べてますから、どうも口に合わなくて。九份では、そういうところでは食べないで出店で食べたほうが楽しいですよ。
 
腹いっぱいになったら、有名なお茶屋へ。千と千尋のモデルになっているようで、宮崎さんが2時間座ってデッサンしていたんだそうです。
 
お姉さんがお茶を入れてくれました。
お店の窓から、海が見えます。
食べ歩きをして、お腹いっぱいでお茶をゆっくり飲んで。九份グルメ、B級グルメですが、なかなか楽しかったし美味しかったもんね。
 

台北グルメその1.台南担仔麺

標準
美味しかったものだけを紹介することにしたのだ。
 
その1.台南担仔麺の蜆のしょうゆ漬け。
蜆と言っても、あさりかい?と思うような大きさ。生のまま味付けした醤油に漬けてあるので、プルプルしていて超美味しかった!!
こちらのお店は、基本は海鮮料理。内装はオーナーさんの趣味で、なぜかイタリア風。他にも蟹、とこぶし、海老、等々、とにかく美味しいのでお薦めです。
↓ここでチョイスして、好きな感じに料理してもらうのです。

 
さすが島国台湾、海鮮は豊富ですがな。