月別アーカイブ: 1月 2013

パンがなけりゃ粉があるさ 小麦粉のトルティーヤでツナオニオン・ブリート

標準

また、朝食用のパンがない。分かっちゃいるけど、切らしてしまう。寒いし、一番近いコンビニまで行くのもなんだし。今朝は小麦粉のトルティーヤで、ブリートを作る。

薄力粉大さじ1、強力粉大さじ1を大さじ4の水で溶かして生地を作る。ドライタイムも混ぜて、そのまんまクレープみたいに弱火で焼く。

小麦粉のトルティーヤ

焼いてる間、タマネギのスライス、ツナ缶、ブラックペッパー、レモン汁大さじ1、塩ちょっとだけを混ぜてツナオニオンを作る。焼きあがった生地で巻き巻きして、半分に切って出来上がり。

小麦粉のトルティーヤ ツナオニオン

美味しい~たぶん明日もこの朝食だな。

 

メキャベツとヒラタケのアヒージョ

標準

今週の日曜かな、TVでアヒージョとかオイル鍋なるものを作っていた。いままでオーブンで焼いていたけれど、直火でできるみたいだから真似して作ってみる。128沿いの直売所「なのはな」にて、メキャベツは1袋150円、ヒラタケは1袋100円だったし。

耐熱ガラスにニンニクのスライス、アンチョビをみじん切り、丸のまんまのメキャベツ、手で割いたヒラタケを入れオリーブオイルを容器の半分ぐらい入れる。お正月のお餅用に買った網があったので、その上に乗せて火をつける。オイルが沸騰してくると、吹き出るので注意しなきゃ、と思ったら吹き出て火がついちゃった。すぐに消えたからいいけど、けっこう気をつけないと危ないな~

ということで、どうにか出来上がり。

メキャベツとヒラタケのアヒージョ

 

案外と火の通りがいいから、短時間で作れちゃう。めちゃおいしいけど、やっぱり油だしな~お酒のつまみって感じでご飯のおかずにしてはちょっと油っぽかったかもな。でも、たまにはいいかもしれぬ。オリーブオイルは体にいいということだし…

大原・御宿ゴルフコース 雪でクローズ

標準

今日はコンペでいっぱいで、スタートは10時過ぎだったけど。ゴルフ場から電話があって、雪でクローズとのこと。ゴルフを始めて約8年、雪でクローズされるのって初めてだ。

一応都会からはるばる来ていたメンバーに挨拶をしにクラブハウスへ行く。

大原・御宿ゴルフコース 雪でクローズ

グリーン真っ白。同伴者たちゴルフ歴何十年だから、こういうグリーンでプレーしたことがあるとのこと。ボールが雪だるまになるんだと。試してみたかったな。

で、家についたらお日さまてかてか。いったいなんだろう、この天気ったら。昨日の夜中は、月が綺麗だったのに。ここは房総なんだけど・・・

ウルメイワシでアンチョビ作り 仕上げ

標準

昨年末、塩漬けにしたウルメイワシ。あれからひと月経ち、床下で熟成されたので仕上げにかかる。

アンチョビ作り_1

水道の水は冷たいけれど、塩を洗って残ってる背びれや胸びれをとって半身にしてざるにあげる。

アンチョビ作り_2

塩漬けにすると、いとも簡単に取れるから、今度は骨付きのまま塩漬けしてみようかな。そうすると、手間も省けるのだけど。でも、血抜きができないかな、そうすると・・・

お次はキッチンペーペーに1枚ずつ並べて冷蔵庫で乾燥させる。

アンチョビ作り_3

その間、容器を煮沸消毒する。

さて、最後の瓶詰め作業。イワシを瓶に詰めて、最後にオリーブオイルをひたひたに入れたら出来上がり。これでしばらく冷蔵庫で寝かせておくのだ。

アンチョビ作り_4

大きな瓶は自分用の1年分。まだ去年のウルメイワシアンチョビが残っているし、これで十分。あとはおすそ分けぶんだけど、次回お江戸に行くとき宿賃として持っていかなければならぬ。春には家族が集まって墓参りだから、みんなのためにもう1回くらい漬けなきゃだめかなと思ってる。さてと、魚屋さんに電話しなきゃだ。

あ、忘れてたけど、最初の塩漬けタッパーから出た上澄みも瓶に。

アンチョビ作り_5

これ、魚醤、ウルメイワシのナンプラー。もう、オールマイティーで料理の隠し味として使える優れもの。意外と臭みがないのであった。(今回ローズマリーと一緒に漬けてるしね)

今日は餃子っす

標準

ひさびさの餃子。一時期マイブームのときは、必ず皮とタネが冷凍してあったから、いつでも食べれた。餃子って、急に食べたくなることがあるし。

ということで、今日は初の熱湯使いで皮をつくる。材料は薄力粉100g、強力粉100g、塩小さじ1、熱湯120cc。ボールに粉を入れ、熱湯を注ぐ。箸でこねこね混ぜて、だいたい混ざったら手でこねる。耳たぶぐらいの硬さになったら、ボールに入れて30分寝かす。

寝かしている間、タネをつくる。今日はひじょうに寒いので、ニンジンをたくさん入れる。ニンジンとか大根って、体を温めるのだよ。だからたくさん入れて、ちょっと茹でた白菜、塩をふっておいたニラ、豚肉100gを刻んで入れてっと、あとはごま油少々、コショウを少々入れて手でこねてできあがり。

餃子のタネと皮

で、寝かせた皮を四等分する。1/4で、10枚くらいできるから、このぶんだと40個分の餃子が作れるわけだが。

餃子の皮づくり

個人的にはすごく薄くしたほうが好きかも。私の場合誰も手伝ってくれないし、皮は放置しておくとくっついちゃうし、かといって打ち粉をたくさんつけるとそのぶんカロリーも高くなるから、できた順に油をひいたフライパンに並べていく。

餃子づくり フライパンに並べるのまき

案の定、残った皮とタネは冷凍保存。いつか急に食べたくなったときに作ろう。

餃子の皮とタネ 余ったから冷凍~

で、ちょいと焼き目をつけてから、小麦粉をちょい入れて混ぜたさし水を入れて蓋をする。そしてまたじっくりと焼く。

焼き餃子出来上がり

パリパリでおいしいのことね。残ったぶんは、明日の朝たべよっと。

本日もコハクチョウさんスカ&スギの花すごいし…

標準

本日のコハクチョウ待ち。いつもの時間に裏の田んぼへ出てみる。待てどくらせど出てこない。昨日は雨だったから、いつもの時間より早めにお出かけになったんだろう。ちょうどそのころ、仕事をしていて耳がふさがっていたから声が聞こえなかったんだな。

でも、ひさびさに裏の田んぼを散歩して気持ちよくなる。

裏の田んぼと山_2013

 

この山の向こうからコハクチョウが飛んでくるという、絶好のポジションを教えてもらったのにっ!

ところで、ごらんのようにうちの周りのスギの雄花はたくさん咲いている。

スギの花満開 いすみ市2013

 

 

黄色い雌花もちらちら咲いているので、そろそろ飛びまくるだろう。スギなんて、花粉を飛ばすだけじゃん、なんて思っていたんだけど。空気を浄化してくれるという、意外に活躍してくれている樹なのだ。でもな、すでに鼻がぐずついている私。

コハクチョウ待ち、まだまだチャンスはあるだね。

春菊猫

標準

今日は朝から冷たい雨が降っている。昨日はあんなに晴れていたのに…

昨日、久々ににゃん’sに春菊をあげる。相変わらずうちのにゃん’sは春菊が好きだ。春菊猫_2013

最近はちゃんと細かく切ってあげている。残念なことにこの冬は春菊を植えてないので、買ってきたものだけど。ここらで買っても一束100円ぐらいだし。

すごく安かったので、ピノを買った。ロイヤル・ミルクティー味。猫にチョコはカカオ中毒になるから与えちゃいけないんだけど、香りには異常に反応する。

ピノをくんくんする猫たち

もちろん食べないけど。くんくんしてるとこ、めちゃかわいい。

 

あーあ、今日もだめだったけど… コハクチョウはトンボ沼に下りられないんだ

標準

今年も近くの沼に飛来してきたコハクチョウ。
朝仕事をし始めると声が聞こえるから、外に出てみると綺麗に並んで飛んでいる。

そこでせっかく一眼レフがあるんだし、真下から撮影しようとコハクチョウ待ちしてるのだがあいつら、毎日出かける時間がばらばら。いつも8時ちょい過ぎくらいに飛んでくるのだが、こっちも忘れて仕事をし始めてしまうとだめだし。あ、鳴き声が聞こえたと思って外に出ると、すでに遅しで遠くの空へ飛んでいく。さて出かけるかと、カメラも持たずにいるときにかぎって、低空飛行で家の真上をゆっくり飛んでいる。夕方になると寝ぐらに帰るということなので、トンボ沼に行ってみる。

するとかなりショッキングな事実を知る。3.11以来、沼に異変が起きて水が少なくなってしまったとのこと。それ以来、コハクチョウは下りられず、去年も今年も岬ダムで寝泊りしているんじゃないかという。岬ダムか、うちは餌場の上布施までの通り道だから、方向的にはそうかなとも思っていたけど。じゃあ岬ダムに行くしかないかなとも思うけど、なんか奥まで入れないらしいとのこと。 

ということで、やはり毎朝頭上のコハクチョウ待ちをすることにした。さてとっ、撮影できるか??または餌場の上布施で昼間撮影するという手もあるし。3月くらいまでいると思うから、どうにか頑張ってみようと思う。

日本そばの焼きそば  

標準

日本そばの焼きそばが美味しいから、一度つくってみればと言われていたが、おしえてもらったのはいかの塩辛入り。急に食べたくなったけれど、塩辛がないのでウルメいわしのアンチョビで代用する。

日本そばの焼きそば アンチョビ、シソの塩漬け入り。

つくり方は簡単。タマネギ、刻んだニンニク、オリーブオイルで炒めてそばを加えて一緒に炒める。途中からアンチョビ(塩辛でもいい)と柚子コショウ、白ワインを少々加えて、形を丸く整えて片面をじっくりとお好み焼みたいに焼く。

で、ひっくり返してまた焼く。両表面がカリカリになったら出来上がり。お皿に盛って、庭からディル、イタリアンパセリ、パクチーを摘んできて刻んで上の乗せる。

塩辛がないので、アンチョビで代用したけれど、シソの塩漬けもちょいと加えた。けっこういけるぜ。そばとオリーブオイルは相性ばっちしだし、ガレットみたいに生ハムとか、チーズも一緒に焼いたらもっとおいしいかもだ。

そば粉も小麦粉も、粉ものは世界をつなぐのであった。

今週のこころ旅 鹿児島~奄美大島

標準

今週から鹿児島をチャリオと正平あにいが行く。今日はフェリーに乗って、奄美大島だし。

いいな、奄美大島、一度行ってみたいところ。むか~し愚息が高校の修学旅行というか、自由なんちゃらで奄美を選んで行った。帰ってきてから、「鶏飯という、いままで食べたことのないすごく美味しいものがありました」、といっていたから、鶏飯という名は知っていた。東京でも出している店があるようだけど、本場のその味といったらめちゃくちゃ美味しいんだそうだ。

本日こころ旅ご一行さま、鶏飯を食べていた。あ~いいな。正平さん、九州がけっこうお好きなようだし、いままでロケで行ったことも数々あれどらしい。美人も多いからかな、すごくうきうきしているように見える。

彼は道すがら、見るからにおばちゃんという人に声をかけられても、てきとうにあしらうか見向きもしない。ちょっときれいっぽい年増だったら、ちょっと話をする。若かったら、声もかける。若くてそのうえ美人だったら、ロケを忘れて話し込む。という感じではっきりしているから、いつも周りに気兼ねして本音がいえない男性陣も気持ちよく見ているんだと思われる。