鎌倉mogRa食堂(モグラ)2017のある夏の日に・・・

標準

中高と一緒だった友人が、鎌倉二階堂にてカフェを経営している。ま、息子のお店をお手伝いしているのだけれど。

昨年の夏だったかな、行ったときの画像が出てきたのでかなり時間差あるけど、アップ。

土日祝限定、休日おでかけフリーパスを使って、茂原から鎌倉へ。いや~めちゃお得だけれど、遠いぜ、って感じで行って来た。

窓際に座って、一人でワインをがぶ飲みする。

KIMG1787

自家製チーズの燻製をつまみに。

KIMG1789

日替わりのセットなどもあり、それはそれはオーガニックな感じでとても美味しい。

私が生まれて初めて玄米を食べたのは中坊のころで、彼女の家でごちそうになったのだ。彼女の今は亡きお母さまは、それはそれは食への関心が深く。とってもオーガニックなものを彼女に食べさせていたのだった。

うちのほぼネグレクトに近い父母に比べたら、雲泥の差があった。そのときいただいた玄米の味は、今でも忘れられない。彼女が一人っ子ということもあり、一緒に旅行に連れて行ってももらった。一緒に、いろんな音楽を聴いたものだった。

その思い出が私の心に深く残っていて、自分が親になったとき、玄米食をはじめとして食にはかなり気を使って子育てをしていた。

そんなに大事に育てられた彼女だったけれど、なにげに親に反抗していたようで。陰では一緒に悪さをしていたけれど、今はしっかり食堂のマダムとなり。(やっぱり見かけはオーガニックな感じが漂う)

締めに、このときあったキーマカレーをいただく。

KIMG1788

めったくそ、美味しかった。いつもあるわけではないようだけれど、長旅をして友に会いに行ってよかった。今度行ったとき、キーマカレーに生卵乗せてもらおうっと。

 

 

広告

いすみ市大原 木戸泉 華吹雪と、おうちのあて。(ワサビ菜サラダ、チーズ煎餅)

標準

今お気に入りのお酒。line_1516818135721

木戸泉の自然米

そのまま飲んでもいいし、熱燗にしてもいいし。

そんな晩酌のときのあても、季節ごとにいろいろ作って楽しんだり。

チーズ煎餅。普通にスーパーで売っている、ピザ用チーズってやつですか。あれを、クッキングペーパーの上に、ちょんちょんと、小山のように置いて。レンチン5分くらいすると、出来上がる。

KIMG0835

超簡単、手間いらず。パリパリしてて、香ばしくって。

で、最近菜っ葉が高い!どうにか下がって来たようだけれど、大原128号線沿いの菜の花で、ホウレンソウやら、コマツナが、え?って値段で売られている中。安価で生き生きした、ワサビ菜があったので購入。

よく洗って、切って、ボールに入れて、酢、オリーブオイル、塩昆布を混ぜ混ぜして出来上がり。

kimg0833.jpg

いとも簡単、フレッシュな味わいがお口いっぱい、って感じ。お酒に合うでよ。

銀座 人形町今半で新年会~

標準

去年も今ごろ、新年会でお寿司ごちそうになったけど。

今年は、久々参加の共通のお友達と一緒に交詢社ビル内にある、人形町今半へ。

ここって、昔フレンチだったとこだ。聞いたら、そうです、って言ってた。

入り口入ったら、いきなりお靴脱いでの座敷で、全個室。

超高級肉あります、みたいなのが置いてあって。その極上のお肉をしゃぶしゃぶ用にしてもらう。

まずは、前菜。ほんとは、コースじゃ食べ過ぎかなとか思っていたけれど。これ見たら、俄然食欲がわく。

KIMG0825

わー、美味しい。春がもうすぐね、って感じ。白子豆腐も、絶妙。

そして、お造り。やっぱりね、お江戸のお造りは違いますわな。でも、いすみのお造りも、負けないと思われ。KIMG0826

ちらにせよ、しゃぶが来るまで、結構飲んでしゃべって。

例の極上のお肉がやってきた。

KIMG0828

同伴者いわく、極上でさっぱりとした肉をよろしくお願いしますと。これがやっぱり、ほんとそうだったのだ。で、お名前はこちら。やすふじちゃんの、二代前までのご家族のお名前と。彼女の鼻紋。

KIMG0827

これを見ると、彼女の女系の先祖はみんな平仮名だ。そーゆーもんなのかな。

ま、とにかく、こちらの宮崎牛、めったくそ美味しく。しゃぶといえば、肉一人前じゃ足りない私。しっかり二人前半くらい食べたかな。いや~今半、すごく心地よくてよいお店だった。

そう、そう、お部屋係のお姉さんが、またまた若くてかわいい。そして、ワインのこともしっかり勉強されている。国産のワインが豊富なのが、うれしいのであった。

 

三毛猫ブルーアイ、Sちゃんのその後。

標準

昨年の11月に保護して、それからどうにか先住さんたちとも慣れてきたので、うちで飼うことにしたSちゃん。

黒い姐さんとはちょいと微妙だけれど、白いお兄さんとは大の仲良し。

KIMG0698

体がですね、なんだか白いお兄さんとあんまり変わらないのですが。白いお兄さん的には、若い姉ちゃんが一緒に暮らすようになって、若返った感じがする。これは、人も猫も同じかもしれない。

で、三匹の関係は、白いお兄さんを中心に日々変わるのであった。三毛猫ブルーはあんま気にしてなく、意外と社会性があるのだが。黒い姐さんがね、これがまたババアがうるさいのであった。

時系列で。

どっちゃにしても、血みどろの戦いもなく。でもなんか、姐さん吐血したりしてたらしく・・・その後何ともないので、今度の検診のときにちょっと先生に診てもらいますが、って感じな程度。

三毛猫ブルーは、まだ2~3歳だと思われるので、体はでかくともちょいおこちゃま。私を独占するのは、いつも彼女。

朝起きると、いつも黒猫姐さんがいたお布団の中に。

KIMG0817

でーんと、こやつがいるのだった。

大きくなって、野良も2年くらいやって、それでうちの子になったのに、おいたもせずに、ほんといい子の三毛猫ブルーなのだ。

そして、人形のようだったりして。

KIMG0781

寝るときも、いつもくっついてくれるので、寒い夜は重宝してるし、ゴロゴロも若いからすごいパワー。毎日、あっという間に就寝しているのであった。

ほんと、猫縁が続いた昨年であったが、彼女がうちの子になってくれたことは、大ヒットだったな。

でも、白いお兄さん、黒い姐さんもなるべく抱っこしてあげてる。ちょっと、我慢してる感はあるのでね。

 

 

2016_11月バリ島旅行記(villa泊、ニルワナバリゴルフ、コピ・ルアックetc)

標準

あれ?今さらですか、って感じだが。朝から寒いので、暖かそうなスマホの画像を見ていたら、あ、そーだ、バリ島の旅行記ってアップしてなかったのだとPCを起動。下書きが残ってるし・・・あー、なんてだらだらなんだろうと思いつつ。

はい、すげー前ですが2016年バリ島旅行記。アップしながら、暖まろう!

そうだ、前回行ったときは、まだJALの直行便があったのだが、2016年11月の時点ではなく。その昔、「空飛ぶ棺桶」と呼ばれていたガルーダにて。

ガルーダだって、いつまでも棺桶呼ばわりされたくなかったようで、今はだいぶ改善されて快適な旅ができた。何といっても、ビジネスの機内食はシェフが手掛けてくれるのだ。

      前菜。パン(結構おいしい)。メインのおさかなのグリル。

 

 

 

飛行機の旅は、安全+機内食の美味しさだよね、やっぱ。

このバリ旅行、友人の還暦祝いで、ぜーんぶご招待というすごい大名旅行。総勢、60人。日本組、台湾組、北京組と、バリでゴルフして、観光して、最終日は還暦パーティー。終わったらすぐに深夜便で日本組は帰国、って感じ。

宿泊先は、二手に分かれて、大きなSaba villaと、うちらはなんちゃらヴィラへ。

いくつかの棟に分かれていて、一つの棟に3部屋(各部屋バスルーム、トイレあり)。共同のダイニングルームと、こんな感じのリビング、プールがある。

 

庭がきれいだよな。

 

朝食は、別棟のダイニングで食べて。昼はゴルフ場、夜はメインのSaba villaでみんなでワイワイ。本格的なケチャケチャ。

KIMG1884[1]

ゴルフは、バスに乗って~ニルワナバリゴルフへ。有名なタナロット寺院に隣接していて、前回のバリ旅行には(バリゴルフ合宿)3回プレーしたとこだ。棚田があったりして、いい感じ。

KIMG1933[1]

海に向かって打ったり、海越えみたいなとこもあって、面白い。しかし、暑い、しかし、キャディーは1人に1人付くから、結構楽っちゃ楽。

観光日には、バスでウブドまで。ウブド辺りにある、MonkeyF Forest。前回もいったけど、雨が降ってたからサルが少なかったのだが、今回はサルだらけであった。

 

キンタマーニ高原へ最高級の眺めと、最高級のコーヒーを飲みに行く。

「Bali Pulina」ジャコウネコのウンチコーヒーが飲めるコーヒー園。眺めも最高。

 

コーヒーは飲まない人なんだが、たくさん効き酒のように出してくれるので、しょうがないから飲んでみる。

KIMG1901[1]

ほとんど、粉みたいになっていて、飲む前に見てしまったジャコウネコのウンチを思いだすと、なんだかウンコ臭い気がしてならなく。。。

ジャコウネコと言っても、ネコ目じゃなくて、ジャコウネコ科っちゅー、超原始的な生物群らしい。KIMG1896[1]

そして、この子たちにコーヒーの実を食べさせると、私らが豆と言っている種がウンチと一緒に出てきて

KIMG1897[1]

これを焙煎して、細かく挽いて飲む「コピ・ルアック」これが、世界一高価なコーヒーであるのだが。うーんと、って感じ。

で、タナロットの夕日を見に行く。

潮が引いているので、寺院までみんな歩いてるよ。ゲンキな仲間は、行ってきたらしい。みんなが歩いている辺り、前回亡き父の一部をちょっとだけ散骨したところだすわ。仕事が忙しくて、行きたいところに行けなかった父のために、姉はハワイで、弟は沖縄で散骨したのだった。

KIMG1915[1]

タナロットに沈む夕日が見られる公園は、世界中の人たちが集まってる、って感じで大賑わい。

そんな感じで、またゴルフして、毎晩盛り上がり、楽しいバリ旅行だった。

バリはホテルに泊まるにしても、遊ぶにしても、値段が安いからいいよな。また、ゴルフしに行きたい!

そういえば・・・更年期障害はいずこ?

標準

あと数年で、還暦を迎える。

更年期障害を自覚したのは、8年ほど前。そこから7年くらいホットフラッシュを楽しめたのに。ここんとこ、気が付いたらなくなっている。

ホットフラッシュが多いときは、寝ているときも何度もやってきて、寒い日なんか重宝したのだが。

結局、気が付かないうちから始まり、気が付かないうちに終わるってことなんだろう。

ホットフラッシュと、食べ順のおかげで、7年間で7キロくらい減量できたし。

ただ、省エネだったのに、最近はまともになっちゃって、冬でもまともに寒いから電気代がかかる。

お化粧品も、冬でも汗だくだったので、夏用のファンデーションだったが、もうそんなこともないので冬用のカサカサ肌ババア用のを購入しなきゃなんないし。

今現在も、悩んでる人がたくさんいると思うけれど。

自分だけ暑がっていても、気にしない。人に聞かれたら、「更年期のホットフラッシュでさ」と、恥ずかしがらずに宣言しちゃう。

勝手にエネルギー消費してるから、知らないうちに痩せられるので、食べるものはちゃんと食べる。

夜眠れなくて困ったら、お医者に行ってちゃんと薬を処方してもらう。

人によって、障害のタイプが千差万別らしいから、ホルモンのお薬を飲んだほうがいい人もいるし。一人で悩まないで、婦人科に相談しよう。

自分の場合、ほんとに楽しんでしまったかも。

でもやっぱり、お豆腐屋さんに売っているものは、全部更年期障害にいいかもしれない。毎日納豆、豆腐、豆乳はそのままだったり、料理したりで、欠かさず食べていたかも。

最初のころは、ちょいとびっくりして構えてしまって、テンペを食べていたけれど。テンペ、高いんだもん!

ブロッコリー、ジャガイモ、ブラックオリーブ&アンチョビのパスタ

標準

聖護院大根と一緒に、こんなん食えるのか?となーさん本人がほざいていたけど、ブロッコリーがおまけに付いてきた。

やっぱ、パスタでしょ。

とゆーことで、ジャガイモとアンチョビのパスタに、ブラックオリーブ、ブロッコリーを加えて作ってみた。

ブロッコリーは、先に茹でといて。ジャガイモは、パスタと一緒に茹でちゃう。

先に作っておいた、フライパンに待機中のアンチョビ、ブラックオリーブのソース(オリーブオイル、塩コショウ、ちょっと自家製柚胡椒入り)と和えながらちょいと炒めて出来上がり。

KIMG0762

ほんと、無農薬だし、見かけは悪くてもお料理をすればこんなに青々と美味しくなるんだよ~