月別アーカイブ: 1月 2016

ひさびさにガレット~

標準

最近、ブランチが多かったけど。今朝は、しっかりお腹すいた。

だが、パンはまだ焼いてないし。とゆーか、もう全粒粉がないし。

冷蔵庫に、そば粉が残っていた!

じゃあ、ガレットだわと。

そば粉の1.5~2倍の水で薄めて、よーくまぜまぜ。

で、焼いて、チーズと卵を乗っけ。わきで、ホウレンソウをオリーブオイルでソテー。

 

やっぱ、そば粉は国産どすな

やっぱ、そば粉は国産どすな

 

ガレットに、そば粉のガレットと言う人いますが、ガレットはもともとそば粉でできたクレープどす。

なので、正確に言うと、そば粉のクレープ=ガレット。

小麦粉混ぜたり、バター入れたり、クリーム入れたりする人いますが、基本、そば粉と水だけでちゃんと作れるでよ。

ま、ちょっと厚みがあるけど、しゃあない。

今朝から幸せだったのまき。

広告

里芋のポテトグラタン。自家製アンチョビと、庄内麩入り。

標準

お隣さんからいただいた里芋が、まだ少し残っていた。

無性に炭水化物が欲しくなり、ポテトグラタンを作る。

作り方はいたって簡単。

茹でた里芋をマッシュして、豆乳、ホワイトペッパーでまぜまぜ。

グラタン皿に入れて、まず、半分マッシュしたポテトを入れ。

その上に、みじん切りにした自家製アンチョビをのっけ。

また、マッシュポテトを乗せる。

その上にチーズ、戻した庄内麩をちぎってのっけ。

最後に豆乳を、容器に入るだけ投入。豆乳を投入~なんちゃって。

で、オーブンで焼いて出来上がり。

 

最近は、パン粉の代わりに庄内麩を乗っけてる。

最近は、パン粉の代わりに庄内麩を乗っけてる。

 

めっちゃくちゃ、おいしいのさ。あ、忘れてた。

最後に、しょうゆ麹も乗っけたのだった。

有楽町のガード下が熱い。

標準

先日、ちょいとびっくりしたこと。

有楽町のガードしたがすごいことになってる。

いろんな新しいっぽい居酒屋が軒を連ねており、どうやら昼間っからやってるよう。

先に見える、居酒屋の灯り。

先に見える、居酒屋の灯り。

 

今度行ってみよう、何だかはまりそうだし。

しかし、この人、路地裏歩きに向いてそうな後姿だわな。

 

路地裏歩きに向いてる喜寿。

路地裏歩きに向いてる喜寿。

 

喜寿にしては、若そうに見えるかもな。

焼きふぐ 牧野で新年会 蟹大根鍋

標準

牧野で女子新年会。

いつも、焼きふぐをたんまり食べてお腹いっぱいになり、頑張ってもふぐ雑炊しか食べられなく。

以前、5人で蟹大根を食べたとき、めちゃくちゃお腹いっぱいで、しめのラーメンまで食べられなかった。

今回、9人集まったので、蟹大根鍋を注文する。

くたくたの大根、味噌バター仕立ての鍋の上に生毛ガニを投入、くつくつ煮込む。

くたくたの大根、味噌バター仕立ての鍋の上に生毛ガニを投入、くつくつ煮込む。

 

甲羅の味噌を、出汁に溶かしていただく。

くたくたの大根好き、もう、たまらん!!

味噌バター仕立てなので、結構お腹にたまるのだ。

鍋のしめは、3人前のラーメン。

やっと、ちゃんと食べられたぜい。

やっと、ちゃんと食べられたぜい。

 

牧野初のメンバーも気に入ってくれたよう。

てっさ、にこごりハーフ、焼きふぐ、みぞれを適量頼み、蟹大根鍋、ラーメンで9人女子(オヤジ化してるおばはんですが)はみんなお腹いっぱいになった。

もちろん、ひれ酒も飲んだし、寒い夜はやっぱ鍋だ。

それにしても、やっぱり牧野大好き。

とっても美味しいワイン~クロ・カノン2005

標準

元旦に友人宅へ行き、残り物のワインをいただく。

クロ・カノン2005年

 

めちゃうまで、高そうだ。

めちゃうまで、高そうだ。

 

レストランで頼んだら、めちゃ高そうなワイン。

なのに、私としたことが開栓に失敗。

コルクが乾いていたので、上下に割れてしまい。下の部分は瓶中へ・・・

入れ替える容器もなく、仕方なくティーポットへ。

 

コルクが中に入っちゃったので、ティーポットへ。

コルクが中に入っちゃったので、ティーポットへ。

でも、よく考えたら一人で1本飲めないし、さてどーするかと。

で、空き瓶があったので入れ替える。

結局角瓶に入れ替えた。

結局角瓶に入れ替えた。

 

見た目は、角瓶に入れたポン酢、あるいは麺つゆ、または麦茶だが。

非常においしくいただけた。翌日、全部飲んじまったけどね。

しょうゆ麹のパスタ。ワサビ漬けとマスカルポーネのあえもん。

標準

ラグビー大学選手権決勝を見た後、久しぶりに会う知人と飲む。

そして、めちゃくちゃいいものをいただいた。

手作りのしょうゆ麹だ。

今朝は久々の雨で、おまけの超寒い。なんだかんだと、布団から出られず10時過ぎに起きる。

朝ごはん食べそこねの、ブランチ。

 

しょうゆ麹のパスタ。しょうゆ麹とバージンオリーブオイル、粉チーズを茹でたパスタとあえて海苔を乗っけるだけ。

 

しょうゆ麹って、まじうまだ。」

しょうゆ麹って、まじうまだ。

 

そして、最近はまっているワサビ漬けinマスカルポーネチーズ。

もう、めんどうだから直接容器にワサビ漬け入れて混ぜ混ぜしちゃってる。

これがめちゃんこパンに合う。ご飯に乗っけてもうまいぞ。

 

KIRIと混ぜてもいいけれど、こっちのほうがよりクリーミィだし。

KIRIと混ぜてもいいけれど、こっちのほうがよりクリーミィだし。

 

しっかし、寒いな~急に寒くなるなよ~~

牛肉どまん中 カレー味

標準

またお江戸で飲んでしまった、その翌日。

飲んだ翌日は、肉でしょう、大食いでしょう、とゆーことで東京駅祭にて駅弁を買って帰る。

一応、昼に担担麺を食べたので、今日の夕飯だ~つまみだ~感覚で。

 

気持ちは牛だったので、焼肉どまん中を求めて行ったもののな~~い。

とゆーことで、気になっていた牛肉ど真ん中カレー味を購入。

 

パッケージは、ターメリックカラーでカレーさ満々。

パッケージは、ターメリックカラーでカレーさ満々。

 

で、蓋を開けると・・・ほんのりカレーすめーる。

 

もしや、キーマカレーっぽかったりの見た目(実は見た目だけ)

もしや、キーマカレーっぽかったりの見た目(実は見た目だけ)

 

右側ばら肉部分、左側そぼろ部分、特にそぼろはキーマカレーっぽっかったりするような見た目で、カレーの香りが食欲をそそったんだが・・・

一口食べて、超残念、がっかり、期待しすぎた自分がばかだった。

カレー味が、上からカレー粉をちょっとふりかけた程度くらいにしか感じないし、甘いし。

うそ、どーして?下のシャリも、実はターメリック色に染まっていることを期待していたのだが、てんで違うし。

そして、めちゃくちゃ、柔らかいぜ!ねちょねちょシャリだぜ!

カレーのごはんが、こんな柔らかくてどーすんねん!

もう、絶対買わないもんね。こんな甘くて、ねちゃ飯で、カレーと名付けないでおくれ。

でも、そんなでぷんぷんしていた私の心を温めてくれたのは、レジ横にあった国技館のやきとりであった。

 

あ~~、ひさびさに見つけた。

あ~~、ひさびさに見つけた。

 

昔はよく、お土産たくさん抱えながら、桟敷席で飲んだもんだが。(相撲はテレビで見た方がいいと思う)

相撲をろくすっぽ観ずに、国技館でひたすら飲んでいたな。

ほんと、このB級感がたまらない。

ほんと、このB級感がたまらない。

 

でも、何で七味入ってないのかな。入れ忘れたのかな・・・ま、いいか。

とゆーことで、牛肉どまん中カレー味は超はずれでした。

とゆーか、美味しいことは美味しいのだけど、やっぱり期待しすぎと、ごはんねちょねちょはカレーには合わないのだった。