月別アーカイブ: 7月 2013

白いお兄さん、久々のハゲ。

標準

まーたまた久々に白いお兄さんの肩甲骨の間に、大きなハゲができた。ハゲができたといっても、自分でひっかいて毛が抜けたわけだが・・・

 

朝起きたら、ベッドの下に大量の白い毛あり。こりゃもしやと思い見てみたらこんなにかきむしってるじゃあーりませんか?

 

白いお兄さんハゲ2013_7

 

何の理由もなくかきむしるのではなく、ちゃんと理由がある。昨日お風呂に入ったのだが、ちゃんと乾かさなかったからいけないのだと思われる。そう、私の責任なのだ。

 

去年から低刺激のいいシャンプーを使っているし、ついこのあいだまでは平気だった。毎年春になると、かきむしってハゲちらかすのに今年の春は大丈夫だった。私が昨日、ドライヤーでちゃんと乾かさなかったから自分で舐めきれない肩甲骨の間がかゆくなってかきむしったんだろう。以後気を付けなければ!

 

ということで、ひさびさびかきかきしない対策を着せる。

 

かきむしり防止 猫の服

 

ほんと、ごめんね。

広告

三軒屋製麺 長生店

標準

どうやら房総ではラーメン店巡りができるらしい、ということは知っていた。128号線沿いの三軒屋海岸近くにある三軒屋岬本店には何度か行ったことがあるけれど、茂原店と長生店は素通りしていた。今回上京の帰り、長生店に寄ってみる。

 

三軒屋製麺 長生店

 

名前のとおり、麺は自家製麺。

三軒屋製麺 長生店_2

 

自家製麺のつけ麺らしいので、かなり期待大。だけれど、かわいい店員のお姉さんから「ちょっとお待ちいただくことになりますがいいですか?」、といわれる。急ぐ旅でもないし、納得して入店。同伴者中華そば&トッピング野菜ラーメンを頼み、私は和風だしつけ麺を注文。野菜ポタージュとか、激辛噴火もの系はもうスープが品切れとのことでなかったので、無難なものを注文したわけ。

 

三軒屋製麺 長生店 メニュー

 

待つのは覚悟していたけれど、それはラーメン屋としてはすごい待ち時間であった。20分以上?待ったかな。

 

同伴者、なんだか不機嫌。と思ったら、出てきた中華そば。野菜をトッピングして120円増しとのことだけれど、この量もしかして注文ミスだと思われ・・・たしか岬本店で野菜をトッピングして大変な量に度肝を抜いたことがあるし。

 

三軒家製麺 長生店 中華そば

て、みなさんご覧になって判断してちょ。このトッピングは絶対してないよね。これが120円の野菜かい?

そして3分ほど待ってからつけ麺登場。

 

三軒家製麺 長生店 和風つけ麺

 

麺は少な目を頼んだのに、ドバーッとモリモリで来てしまう。これは待たせてしまったお詫びにと、サービスしてくれたようだ。(お持ち帰りパックに入れて、現在自宅冷凍庫で保存中)

和風だしは塩辛かった、出汁というより塩辛い醤油味が強いというか、なんというか。まずくはないけれど、すごくよいとまではいえない普通の味。麺は細麺でたしかに美味しいけれど、期待していたよりちょっと茹ですぎたかも。中華そばのほうも、中華そばというよりも醤油味がきつかったようだ。

 

うーむ、お店のお姉さんも厨房のお兄さんも(ぼーっとしてるつかえなそうなバイトはいたが)感じがよくて、好印象なのに味がいまいちという、とってももったいないお店。そういえば、岬本店もそうだったんだよなと思い出す。すごく感じがよくて、ラーメン屋のおごりがなくて好きなんだけど、そんなに感激するほどの味ではない。

 

そんなふうに残念がっていたら、またまた待たせて申し訳ないということで杏仁豆腐をサービスしてくれた。そうだよな、ラーメン屋でいう待つというレベルの待ち方じゃなかったもんな。麺もスープもいまいちだけれど、ここのサービスはぴか一。そしてこの杏仁豆腐、めちゃうま。

 

三軒家製麺 長生店 杏仁豆腐

 

本格的中華麺とのことだけど、本場中国で食べる麺ってこんな感じだったかもなと思い出す。でもね、麺は日本のラーメンのほうがはるかに美味しいと思うんだけど。本場のって、なんだかうどんよ。

最近お江戸からの帰り道は、圏央道ができて選択肢が増えたけれど、外房有料道路で帰るときはそこらのラーメンやじゃなくて、やっぱ三軒家に寄ろうと思った。どんどん味がよいように変わっていくことを期待して・・・

つけ麺ってそんなにいろいろ食べたことはないけれど、いまのところ私の一番は門前仲町晴弘のつけ麺だ。麺はめちゃうま太麺で、つけだれも超美味しくてスープで割って全部飲みほしちゃうほどだしな。あれが本当の日本風の中華そばだ、と私は思うのだけれど。

2013年春の旅も終わり・・・富士山のふもとで旅も終わり、富士急ハイランドの子供の芝居を思い出す。

標準

本日こころ旅2013年春の旅が終了、秋の旅はどうやら続けるようだ。東北、北海道方面の未だ行っていない土地に行くらしい。

この暑いのに山梨とは、ご苦労なものだけれど。本日大月駅から輪行した富士急行、まだ乗ったことがないことに気付く。そういえば、そっち方面に行くときは富士急バスに乗って富士急ハイランドまで行ったんだった。

ほんとむかーし昔の話だけれど、いまから約40年近く前から劇団四季の子供の芝居を富士急ハイランドで夏になると毎年やっていたことを知っている人がいるだろうか、知っていたらすごいマニアックかも。たしか酢のミツカンが冠スポンサーだったような。日生劇場の子どもの芝居の幕開けの歌は「ようこそみなさん~」だけれど、富士急ハイランドの幕開けの歌は「富士山の下で~みなさんこんにちわ~富士山の下で~みなさんようこそ~」って感じの歌詞だったような気がする。まだ小学生の低学年だったので、そのくらいしか覚えていないけれど・・・と、思ったら思い出した、『白鳥の王子』だったよーな気がする。そして「酢はミツカンの酢」、を連呼していたように記憶する。

そんなことはさておき、世界遺産に指定された富士山、絶対登ることはないからいいんだけど、忍野八海くらい見に行きたいかも。というか、富士急行に乗りたいし。ま、盛り下がったころに行くかね。

で、正平あにさん、ゆっくり休養して役者やってくださいな。そう、そう、『終戦のエンペラー』で、頭そのまんまで東条役で出演とのこと。見に行かねばね。

土用の丑の日 うなぎかよ~ 斎藤うなぎ店の白焼き

標準

昨日は土用の丑の日だったけど、そんな日にウナギを食べるのはばかだと思ってる私。だって、わざわざ一番混んでて値段も高いときに食べるなんて。別にほかの日でもいいんでない?だって、このイベント考えたのは夏に売れないうなぎを売るために平賀源内が考えたことだし。

いすみ市にはうなぎ店が何件かあって、斎藤うなぎ店はその中でも超有名。国吉の源氏で普段売ってないのに、この時期だけ白焼きを置いている。国産だけど、あまりの高さにびっくり!7月21日にチェックしたとき、白焼き1尾ぶん2180円だよ。あれま、やっぱり国産はなかなか手にはいらない代物なのかね。というか、この値段でここらへんの人たちはこのうなぎを買うのか?私は買わない。

とゆーことで、土用の丑の日を1日過ぎた本日スーパー源氏にチェックしに行く。やっぱり2180円。う~~、安くなってないじゃん。やはし国産は高いのか・・・後日、後日支店に行って買ってみよう。さて、いくらかな。

今日の収穫

標準

ほんと、今年はキュウリが豊作。豊作といっても、苗は1本しか植えてないけどね。

まあ、一人で食べるぶんには十分なくらい成ってるっていうことで。

 

2013_7_22 今日の収穫

 

つい先週のはじめくらいまでガンガンに暑かったのに、急に涼しくなってきちゃって、今週は梅雨戻りだとか。うーむ、暑すぎるのもなんだが、あんまり涼しくなると収穫が心配。お米つくってる人は、もっと心配だと思われ。いったいどーなってんの、地球?って感じだ。

トラ猫プラス♂&白黒猫ポエム

標準

先日T吉宅に泊まり、初めてトラ猫プラス♂とご対面。すごくおとなしくて、抱っこしてもされるがままでかわいいったらありゃしない。

 

プラス2013

 

でもこやつ虚勢したばかりで、まだマーキングの名残があるみたいだ。だんだんしなくなるはずだけど、去勢や避妊をしてもマーキングが残っちゃう子がいるみたいだ。うちの黒姫も、たまにそこらでおしっこしたりするんだよね。最近4歳になってから、やっと回数は減ったように思われるが・・・・

 

そしてうちの白いお兄さんの妹、ポエムちゃん。この箱は大好きなんだと。山形産かい?いや、舎人公園産だろ、君。

 

ポエム 2013 今年で5歳だね。

 

山形産のなんだろうと思ったら、あら、これってこの中に入っていたと思われる佐藤錦食べたかったな~

 

ポエム 2013 さくらんぼだ

 

ちょいとふてぶてしい、ポーカーフェイス的なところがまことに白いお兄さん似だ。ちなみに、最近のだらしのないタマタマ丸出しの白いお兄さんである。

 

白猫2013_7

 

ういやつじゃ。

西明石駅 ひっぱりだこ 東京駅祭りで購入

標準

昨晩上京し、T吉宅にお泊り。午後一のわかしおで帰宅する。

ということで、いつものように東京駅祭にて駅弁を物色。飲んだ翌日はがっつり食いましょーのわたくし。牛肉どまんなかにしようかな~と思ったけれど、せっかくだから今まで食べたこのないものにしようと、以前から気になっていた西明石駅弁ひっぱりだこを購入。

 

明石大橋完成記念として作られて駅弁とのこと。入れ物はタコ壺を模した、焼き物だから何かに使えそう。

 

西明石駅弁 ひっぱりだこ

 

ふたを開けると、スペイン、ギリシャ人以外の人種が見たらひっくり返りそうになるようなタコの足がドーンと乗っかってるぞ。

 

西明石駅弁 ひっぱりだこ 中身

 

でっかいタコの足の下には、タコ飯。明石名物穴子のしぐれ煮、シイタケなどが混ざっている。やはり関西だけあって、タコ飯の出汁にこだわっているような感じがするが、なんとなくタコの風味が負けてしまっているような気がする。

わが大原もタコは有名で、地物タコは本当に美味しく明石のタコに負けてない。私はタコがタコかよといわれるくらいのめちゃタコ好きで、大原のタコは私が決めた関東の三大タコの中に入っている。(あとは佐島と、鹿島のタコ)大原のタコめしは、漁師料理という感じだけれど、タコの味うまみがごはんにしみこんでいて好きだ。

パくるわけではないけれど、いすみ鉄道のタコ飯をアレンジて1000円以内で明石のタコに負けない弁当を作ったらどうだろうと思ったりした。というわけで、西明石のひっぱりだこ、楽しい駅弁だしそれなりに美味なり。