カテゴリー別アーカイブ: そと飲み

まさかの、クリスマスイブを思いおこして。。。焼きふぐ牧野で恒例のイブイブ。

標準

ほんと、一体どのくらい投稿してないんだか。

これは、毎年クリスマスイブになると入谷焼きふぐ牧野で繰り広げられる、クリスマスイブの行事である。

とゆーことで、毎年恒例の牧野でのクリスマスイブ。

KIMG1984[1].JPG

てっさ~。これ、一人前ずつ出てくるので、喧嘩しなくていいよな。てっさ、テッサってジャン・ジロドウの戯曲を思い出した。テッサといえば、影万理江さん。あんな本物の美人は、なかなか出てこないと思われ。みんな、人工的だもんな。

と、話は脱線したが。美人になりたいなら、コラーゲンよ、ちみ。これをお食べ、とゆーことで煮こごり。

kimg19851

煮こごりは、こりごりと言ったやついたな。これ、やっぱうまし。

で、焼きふぐって。

kimg19861

もちろん、お酒はひれ酒を堪能。

しながらの、大好きなみぞれ。

kimg19871

ここのみぞれ食べなかったら、何しに来たか分からんのだよ。辛みたっぷりバージョン。

そして、この年末時の白子がえらくでっかいので、思わず注文の白子焼。

KIMG1989[1].JPG

ドーンときたぜ、白子焼!ドーン。

今ごろも、まだ大きいのかなと。で、これはもう絶対年を越したらありません~のイクラの醤油漬けがたくさん乗った、白子たっぷり入りふぐ雑炊。

KIMG1990[1].JPGもう、今どきはこのイクラないですから。

とゆーことで、クリスマスイブをどーにか牧野で過ごせた2016年を無事越し、今に至るわけだ。

実は、来週末も最後の新年会in牧野でございやす。また、アップ予定~

あ、その前に12月の出雲大社もアップだな。

広告

新年会 小笹寿し~ワインバー池田

標準

もう2月も終わりだとゆーに、やっとお寿司新年会。

久々の銀座小笹寿し、堪能いたしやしたよ。

外房ガラパゴスは、海の幸、山の幸が豊富だけれど、やっぱお江戸の仕事は違いますな。

kimg20941

煮アワビも、美味しいこと。そして、当日UCCFのセミナーで学んだ、和食の五色、黒を使ってますな。

kimg20951

小笹寿しといったら、コハダ。わし、はっきり言ってここのコハダとかシンコしか、食べたくないし。

実は、おつまみ系、すごーくたくさん食べてますだ。あまり、いちいち画像を写メるのも何だったので、最後の方のしか撮ってない。

kimg20961

もう、素晴らしいったらありゃしないわな。カサゴかな、これ。

小笹寿し、めちゃうまくて大好きなんだけど。お酒が。。。日本酒とビール、焼酎とかしかないのが残念無念。ワイン、入れてほしいな~と勝手なことばかりゆーし。

熱燗飲んで、めちゃ食ったあとは、これも久々のワインバー池田へ。

kimg20981

やっぱ、ほんもんのシャンパンはうめえ。

しかし、わし、ドライフルーツ嫌い、チーズも限られたハードタイプしか食わんのに、覚えといてよ~~~きみ~~

kimg20991

ほおずきを、チーズだかチョコでコーティングしたやつ。これも、あんまお好みではない。

やっぱ、ワインバーといったら、餃子ですかね。

結構飲んだのに、頑張って有楽町まで歩いて最終わかしおにセーフ。缶ハイボール買って、一本飲み飲み帰ったんだから、翌日ちょい具合悪いのは当たり前だ。

少量の酒だ、少量の。これからまだ新年会が残ってるので、気を付けねば!!

 

今年もまたまた、夏の終わりに信州へ その2 安曇野(中房温泉)~あづみ野の朝~小布施(枡一市村酒造場)~ぷれじーる

標準

前日は外房~東京~松本~新三よしで食事~オザワキネン松本フェスティバルオーケストラコンサート~ブエナビスタホテルでのウェルカムパーティー~安曇野。

そして中房温泉でまったり、深夜までお酒を飲み飲みオリンピック観戦。

うーむ、字面を見ると結構ようやったぜ系のスケジュールだ。

前日は夜中まで起きていたけれど、朝8時くらいに起床。

 

どでかいバスタブにつかり、まったりと中房温泉を楽しむ。

窓を開けると木立が見えて、森林浴だ。

 

朝ご飯は、車でちょいと行ったところにある「あづみ野の朝へ」。

 

10時開店なのだけど、開店前から並んでいる人がいる。

10時開店なのだけど、開店前から並んでいる人がいる。

 

出来立てのパン、美味しいコーヒーが楽しめる。お店の中でも食べられるし、お持ち帰りももちろんOK。

 

こんなに美味しそうな焼き立てのパンが!どれも食べたい

こんなに美味しそうな焼き立てのパンが!どれも食べたい

 

ブランチだから、気にしないで食べちゃおう。とゆーことで、私のチョイス。

 

ビジソワーズが美味しかったな。キッシュも激うま。

ビジソワーズが美味しかったな。キッシュも激うま。

 

あ、これ二人分だからね。

どっちゃにしても、これに1個追加して、3個も食べてしまった。

中房温泉、めちゃいい温泉だ。

安曇野か~空気もいいし、ほどほど高地だし、野菜もなんでもあるし、次の住まいにいいかもしれない。

もともと、信州は嫌いじゃない。小学校4年生くらいから高校に入るまで、毎年夏休みや冬休みは、信濃大町の別荘で過ごしていた。

もちろん、源泉かけ流しの温泉があり、河原の近くの静かな別荘地。

冬の大雪では、積もった雪の壁に囲まれて孤立状態っぽくなるし。

夏の大雨のときには、大きな河原の石がゴロゴロ流れる音がひと晩中響いて怖かった。

でも、それはそれで楽しい思い出だ。

うーむ、信州移住まじ考えてみようっと。

 

一晩安曇野の友人別荘に御世話になり、松本へ戻ってレンタカーを借りる。

次の目的地は菅平なのだけど、ちょいと遠回りをしてみんなで小布施へ。

小布施に行ったら、やっぱり栗かのこと日本酒だ。

 

またまた、今年も枡一市村酒造場へ。

酒樽は、店の入り口と、中庭にある。

酒樽は、店の入り口と、中庭にある。

 

店内には、日本酒バーカウンターあり。

店内には、日本酒バーカウンターあり。

ここまででドライバーのお役目は終了、しこたま飲ませていただく。

 

お好きなだけチョイスしていただける、三種の塩。

 

平手造酒(ヒラテミキ)って言われちゃうよ。

平手造酒(ヒラテミキ)って言われちゃうよ。

 

いつもの手杯でいただく、お神酒は五臓六腑にしみわたり~ので。

塩をあてにお酒を飲むと、平手造酒(ヒラテミキ)って言われるけどみんな知っているだろうか?

お店の中で、面白いもの発見。買わなかったけれど、これは合理的でエコだわ。

 

これって、いいよね。

これって、いいよね。

 

超見た目気に入ったけれど、見つける前に4合瓶を買ってもらったので、これも欲しいとは言えず・・・

 

いやー、場所もとらなさそうで、便利。それにおしゃれ。

いやー、場所もとらなさそうで、便利。それにおしゃれ。

 

いつ来られるか分からないけれど、一度こちらの枡一客殿とやらに泊まりたいと思っている。

 

しこたま飲んで、菅平へ向かう。

ぷれじーるに到着すると、またまたハーフシャンパンを飲むわけさ。

 

とうちゃこいたしました。

とうちゃこいたしました。

 

天気が良くなかったけど、頑張って外で飲む。だって、せっかく椅子、テーブルが置いてあるんだもんね。

6月の京都2016 その4 廣島家~スナックてる子~K6

標準

祇園らく山でお腹いっぱいになり、いざ、祇園廣島家へ。

 

花見小路に面してあります、由緒正しきお茶屋さん。

花見小路に面してあります、由緒正しきお茶屋さん。

 

玄関にあったお人形。

玄関にあったお人形。

 

てる子さんの紹介で、廣島家さんでお座敷遊び。

以前、数回経験がありますが、今回はお座敷初の方とご一緒に。

そして、冥途の土産にもう一回という方もご一緒。

女将さんはとっても素敵な方で、宝塚風美人。

 

コースターも、何だかおしゃれ。

廣島屋のコースター

廣島屋のコースター

 

都をどりでおなじみの、ベテラン恵美二さんのお三味線で。照豊さんが舞う。

 

照豊さんの舞。

照豊さんの舞。

 

しっとりした、いい感じ。

しっとりした、いい感じ。

 

細くて色っぽい、小扇さんと小衿ちゃんの祇園小唄。

月はおぼろに東山~

 

小扇さん、小衿さんの祇園小唄。

小扇さん、小衿さんの祇園小唄。

 

この日は、お座敷に出て3日目の小ふみちゃんにも来てもらった。3日間は、黒紋付を着るのだと。それも、袷だよ、熱いのにご苦労さまです。

 

小ふみちゃん、恵美二さん、小扇さん。

小ふみちゃん、恵美二さん、小扇さん。

らく山で、結構お酒を飲んできたのに、ここでも結構飲んじゃって。

いろいろと遊ばせてもらい、十分冥途の土産になったであろう。

 

冥途の土産?

冥途の土産?

 

2時間というお約束だったので、スナックてる子へ移動。

舞子さん、芸妓さん引き連れて祇園を歩くのは何だか楽しい。

で、いつものようにてる子さんの自画像。

 

自画像。

自画像。

 

いろんな人がSNSやブログに画像出すので、何だか嫌かも~発言があったので。

画像は、自画像と同じくらいに撮ったと思われるスチール写真で勘弁。

 

若かりし頃のブロマイド?

若かりし頃のブロマイド?

 

どちらにしても、今年数えで傘寿を迎えたとは思えないくらい、肌もきれい、姿勢もピンとしていて、てる子さんはパワー全開だった。ほんと、ありがたいそのパワーで、こちらも元気になった。

ちょいと飲んで、次回の京都はいつになるかわからないので、K6へ行く。

 

いつものように、この流しを見て酔っぱらう。

いつものように、この流しを見て酔っぱらう。

 

甘くなくて、すっぱくて、辛いやつ。とかって、頼んでいろいろ作ってもらう。

 

テキーラは体にいいらしい。

テキーラは体にいいらしい。

 

テキーラとトウガラシ。

 

たぶん、すっぱくて甘くなくて、辛いやつ。

たぶん、すっぱくて甘くなくて、辛いやつ。

 

ストローハット。

 

ストローハットだと思われ。

ストローハットだと思われ。

 

とにかく、よくもこんなに飲めるもんだわ。

 

何だろ?

何だろ?

いつもいつも、わがまま言ってしまってるわし。

でも、意外な話ができて楽しかった。

とにかく、この日はらく山から始まり、廣島屋~スナックてる子~K6と、京都満喫だった。

大原駅前 源氏食堂 月一源氏 2月のまき。(木戸泉~初しぼり)

標準

孤独のグルメで紹介されてから、月一源氏してる。

今回も家から歩いて行く。

前回は1時間以上かかったけれど、最近はちょいと歩く速度が速くなったらしく1時間で到着。

ランチ会だったので、仲間が来るまで先に入って待っている。

しっかり歩いたので、自分へのご褒美に。

 

木戸泉とスモークハム。

木戸泉とスモークハム。

オンエア直後、店の中は人でいっぱーい。

今までのんびり営業していたから、お店の人もてんてこまいだったけれど。

ちょっと、落ち着いたっぽい。

でも、食堂の営業時間が早まってしまったので、孤独のグルメを恨んでいる。

お仲間が遅れるとのことだったので、気になっていた鳥軟骨焼きを注文。

 

鳥軟骨、やげんに肉がたくさん付いてる。これで300円???

鳥軟骨、やげんに肉がたくさん付いてる。これで300円???

 

もう、めちゃくちゃ安い。これで300円かい?

肉厚で、ぷりっぷりの鳥軟骨。この味、忘れられなくなる。この後、仲間が集まりランチ開始。

私はいつものように、ぶれもなくブタ塩焼きライス。

大食いしてくれる人が一緒のとき、いろいろ頼んでみたい。

そうだ、シューマイをまだ食べていない。

併設している肉屋の営業時間は、今までと変わらずなので、今度買って帰るかな。

 

とにかく、2月の月一源氏は終了。帰りに木戸泉に寄って、初しぼりを買って帰る。

 

うまいぞ~しかし、19度って・・・

うまいぞ~しかし、19度って・・・

 

日本酒は、1日2合までが妥当な量だとか。

だが、この初しぼり、口当たりがよいのでぐいぐいいってしまう。

2合以上飲んでしまい、翌日軽く二日酔。

ふと度数を確認すると、19度だってよ。

こりゃ、二日酔いになるのも当たり前だ。

しかし、めちゃうま。

4合瓶はもうなくなり、1升瓶だけのようだけど。また買ってしまいそうな自分が怖い・・・

有楽町のガード下が熱い。

標準

先日、ちょいとびっくりしたこと。

有楽町のガードしたがすごいことになってる。

いろんな新しいっぽい居酒屋が軒を連ねており、どうやら昼間っからやってるよう。

先に見える、居酒屋の灯り。

先に見える、居酒屋の灯り。

 

今度行ってみよう、何だかはまりそうだし。

しかし、この人、路地裏歩きに向いてそうな後姿だわな。

 

路地裏歩きに向いてる喜寿。

路地裏歩きに向いてる喜寿。

 

喜寿にしては、若そうに見えるかもな。

信州の旅 その3 湯田中~長野(ゆけむり号) 長野~小布施

標準

湯田中温泉最高だった、また来るぜい、アディオス!と宿に別れを告げ湯田中駅へ。

 

帰りの特急はゆけむり号!なつかしのロマンスカーだし!実はこれが本命だったりして。

先頭は無理そうだから、最後尾のこれにしっかり座る。

実は、先頭車両より交尾車両のほうが、パノラマは美しく見えるのだ。

実は、先頭車両より交尾車両のほうが、パノラマは美しく見えるのだ。

 

いい年して、お子ちゃまみたいなことをいまだにしているわけだ。

古い長野電鉄、これも昔見たことある車両。

 

これ、どこで走ってたっけな?

これ、どこで走ってたっけな?

 

約45分くらいで、長野駅にとうちゃこ!

 

実はロマンスカー、汽笛は残念だったけど。。。

実はロマンスカー、汽笛は残念だったけど。。。

 

非常にテンションあがってたし、長野電鉄は制覇したし、初湯田中温泉も堪能したし!

 

長野駅でレンタして、菅平へ向かう。

途中、小布施に寄ってみる。とってもとっても、やりたいことがあるのだった・・・まずは、マローネでジェラートを食べる。

 

竹風堂の駐車場に停めたので、ここで駐車券をもらう。

竹風堂の駐車場に停めたので、ここで駐車券をもらう。

 

なんだかんだいって、毎年小布施に来ている。そしてここでジェラートを食べる。今回、食い過ぎなので、お昼はなし。おやつとゆーことで、シェア。

これがまた、めちゃうま。竹風堂の方寸とゆーらくがんの味なのだ。

 

オリジナル方寸、これはめちゃうまし!

オリジナル方寸、これはめちゃうまし!

 

で、やっと待望の利き酒タイム~マローネの向かいにある、枡一市村酒造場本店のバーカウンターへ。

ちょっとしたおつまみもあるのだが、無料のこんなのあり。

 

酒のあては、塩でしょ。

酒のあては、塩でしょ。

 

思わず、塩もみしたくなるグランドの塩だ。

で、こちらも。

 

ヒマラヤもありやす。

ヒマラヤもありやす。

 

で、濁り酒。こんなに、たっぷんたっぷんにピンのぐい飲みに入れてくれちゃう。

 

濁り酒

濁り酒

 

口を持って行かねば、飲めませぬ。お酒の種類はいろいろあるけど、辛口ばかりをチョイス。(たぶん4種類ぐらい)で、1杯単価が160~450円だったっけな。

一番高い白金、ステンレス容器に入れて冷え冷えどす。

 

白金、いっちゃん高くて、一番美味しかった。

白金、いっちゃん高くて、一番美味しかった。

 

小布施って何度来ても楽しいわ、また来年も行くぜ!

とゆーことで、なんだかんだと7~8杯飲んだわし。ドライバー交代して、菅平へ向かうのであった。