カテゴリー別アーカイブ:

実は一匹増えたりして。

標準

昨年ですね、11月下旬ころ、5日ばかり家を留守にした。

そんでもって、帰ってきたら、何やら新参者の子猫(といっても、結構大きかったな)が家の周りをうろついている。

何日も、庭に遊びに来ているし、見たことはない猫。

とゆーのは、ここらの外に出してる飼い猫は、ほとんど見覚えがある子たちだから。新参者との見分けはすぐつくのであった。

そんでもって、よく見ると足がびっこ。しょうがない、子猫じゃないけど、せっかく家になついてるんだからと餌をあげることにした。できるかどうか分からないが、餌付けをして慣れたところで捕獲して、病院に連れて行こうと考える。

KIMG1993[1]

この写真のとき、しっかり女の子だと思っていて。友人の亡くなった外猫に似ているので、ミーⅡと名付けていた。

餌付けをして、幾日かたったとき。外に出ていた私の周りを、うれしそうにくっついて回るこやつ。そして、またぐらに超かわいいぼんぼりチックなタマタマを発見する。あ、男の子ちゃんだったわけ?

でも、もう私に夢中なこやつ。キャリーを外に出し、餌を入れてっと。

KIMG2021[1]

いとも簡単に、捕獲。ダッシュで動物病院へ。

やっぱ、足は骨折していた。そして驚いたことに、こやつはまだ10カ月。子どもだ。

骨折も、何かの衝撃で複雑な折れ方をしているらしい。しかし、炎症も起こしてない。通常、野良の場合はお腹に虫がいるんだが、それもいない。こいつ、捨てられてたんだ。

このとき、房総は大寒波到来で超寒い。本当は、もう一匹お姉ちゃんか、妹のメスがいたのだが、なかなか近づけない子で。こやつだけでも、守ってあげようと思って家に入れる。

とにかく、まずはお風呂に入れる。結構、暴れずに、いい子だったんだよな、これが。

KIMG2032[1]

先住猫たちは、大騒ぎ。もう7歳と8歳の白黒兄さんと姉さんは、元気はつらつの子どもが嫌いらしい。

KIMG2060[1]

まあ、とにかく、なれなれしいやっちゃで。もう、何年もうちにいる子のようになってしもうた。

KIMG2109[1]

抱っこちゃん大好き猫。SNSなんかで、里親募集をしたけれど。やっぱでっかいからか、お呼びがかからない。やっぱ、知ってる人にしか譲りたくないし。

KIMG2068[1]

先住さんたちと、うまくいくかいかないかは、半年くらい見た方がいいんだって。

さて、どうなることやらだけど。実は、超かわいいから手放したくなくなっているのだった。

 

 

夏場のにゃん’Sはだーらだら。

標準

夏になると、猫はよりいっそうぐーたらになる。

うちのにゃんこどもは、夏生れ。

黒姫は7歳、白いお兄さんは8歳になる。

去年のはだか祭のころ、近所で保護したボロボロ子猫うーちゃんもそろそろ1歳だ。

うーちゃんは、息子宅で幸せに暮らしているが、若干過保護気味だな。

とゆーことで、久々に皆さんの画像をアップする。

 

一番上のお兄ちゃん、白いお兄さん。

彼はまたまた、かいかいの癖が出て肩甲骨のハゲ、グルーミングのしすぎでお腹がハゲてきている。

 

白猫2016‗8歳の夏‗1

ピンクのお腹がかわいいとゆーか、なんとゆーか。

 

 

大体がこいつ、気にしいだからな。血が出るまで何かしちゃうまで、薬は与えず様子見だ。

こんなに悠長だったら、大丈夫だと思う。

 

白猫2016‗8歳の夏‗2

ピンクのお腹がかわいいとゆーか、なんとゆーか。

 

 

二番手、黒姫。

意外と、毛は真っ黒じゃない。そして、この子の毛は本当に猫ッ毛で細くてやばい。

白いお兄さん、私は目の中に入っちゃって困ったことしきり。毎日ブラッシングしないと、家の中がすごいことに。

 

黒猫2016‗7歳の夏‗1

ピンクのお腹がかわいいとゆーか、なんとゆーか。

 

 

とにかくかわいいのだ、こいつ。しかし、すごい女優で嘘つきだ。猫なで声、借りてきた猫、全て当てはまるやつ。

 

黒猫2016‗7歳の夏‗2

ピンクのお腹がかわいいとゆーか、なんとゆーか。

 

 

そして、最後。帰省する息子夫婦と一緒に、たまーに帰ってくるうーちゃんの東京での姿。

 

うーちゃん2016‗1歳の夏

ピンクのお腹がかわいいとゆーか、なんとゆーか。

 

 

そして、こやつは噂の箱猫。ちいちゃい箱にむりくり入る猫がいるが、うちの2匹には見られなかった。

うーちゃんがそうだったとは・・・でも、超かわいいんす。

 

箱猫うーちゃん2016‗1歳の夏‗2

ピンクのお腹がかわいいとゆーか、なんとゆーか。

 

 

また入ってますわ。

 

箱猫うーちゃん2016‗1歳の夏‗2

ピンクのお腹がかわいいとゆーか、なんとゆーか。

 

 

きっと、落ち着くのだろうか?

 

箱猫うーちゃん2016‗1歳の夏_3

ピンクのお腹がかわいいとゆーか、なんとゆーか。

 

 

とにかく、猫はかわいい。今年は猫ブームと言われているが、ちょっと懸念している。最後まで責任持てない飼い主が現れないことを、祈るばかりだ。

クバ鳥~

標準

去年、キューバに行ったお友達からお土産にいただいたクバ鳥。

さてと、どこに飾ろうかと迷ったあげく、今年になってやっとS字フックを利用してリビングのライトにぶら下げた。

 

キューバのお土産をつるす。

キューバのお土産をつるす。

 

ぶら下げてから、少し経つと。

何やらにゃん’sが騒がしい。激しく鳴いている。

「お母さん、何かいるよ~!!」の緊急連絡っぽい鳴き方。

あんまりうるさいので、見に行くと。

白いお兄さん、クバ鳥をロックオン。

白いお兄さん、クバ鳥をロックオン。

 

絶対に、虫とか、そーゆーもんだと思っているようだ。

超、かわいいやつら。一度クバ鳥を外して、顔にすりすりしてやる。

これは生き物じゃないよ~って。

そしたら、ちゃんと理解した模様。だが、まだ気になるらしい・・・

 

それでもやっぱり気になりますか。。。

それでもやっぱり気になりますか。。。

 

ゲジゲジやムカデ、大きなクモが出てくると、こんな感じでお知らせしてくれるのだ。

 

 

最近のうーちゃん。

標準

一見、いい子そうだけれど白いお兄さんより手ごわい黒姫にくっついているのはいいのだが。

うーちゃん、かなりのチャレンジャー。

 

ヘッドロックかけてますが。

ヘッドロックかけてますが。

 

黒姫姐さん、何も言えず・・・

 

噛みついてますが・・・

噛みついてますが・・・

姐さんなすがままに・・・で、うーちゃんのこのドヤ顔「まいったか?」てか?

 

どや?

どや?

黒姫、よく耐えた、って感じだ。

うーちゃん、ほんと面白い恰好したりして、サルみたいな猫だ。友人宅で、こんなにリラックス。

 

うーちゃん、猫使いの手にかかる。

うーちゃん、猫使いの手にかかる。

 

猫使いの手に落ちて、もう、ほとんど恍惚状態なり。

 

恍惚~

恍惚~

 

私がテレビを見ていると、足にちょこんと。

 

このちょこんさかげんが、なんともかわいい。

このちょこんさかげんが、なんともかわいい。

 

猫ってテレビ好きだよな。

 

もう、たまらん前足!

もう、たまらん前足!

 

ぼろぼろ状態で発見してから、1カ月半。今月いっぱい、うちで保育することに決まった。

リアル息子の家に行っても、何かのときはうちに預けていくと思うのでまた何度でも会えるさ!

 

 

保護猫のその後~うーちゃん。

動画

はだか祭りのころ、家の近くでうづくまっていたのを保護したチビ猫ちゃん。

生まれて2カ月くらいなのに、体重が半分、ノミ、シラミ、ダニ、お腹の虫、骨折、外傷、ほんとによく生きてたね!

保護してすぐ入院させて、1週間後に退院。

 

うーちゃん、面会のとき。

うーちゃん、面会のとき。

 

退院時は、体重も700グラムと平均体重に達する。1回目のワクチンも打ってもらう。

 

でかい白黒猫がいるので、ビビリ気味。

でかい白黒猫がいるので、ビビリ気味。

 

我が家には、すでに大き白黒兄さん姐さんがいるので、ちょっとビビリ気味である。

兄さんはシャーシャー、姐さんはお隠れになってしまって、この先どうなるかと不安だった。

が、意外に最初に仲良しになったのは、白い兄さん。保父さん並に、お世話してくれている。

 

結構お世話好きだったんだ~

結構お世話好きだったんだ~

 

黒い姐さんのお隠れ状態はひと月近く続き、最近やっと出てくるようになり、うーちゃんのお世話を保母さんのようにしてくれるようになった。

 

これが理想だったけど、うーちゃんはそろそろ息子の家に・・・

これが理想だったけど、うーちゃんはそろそろ息子の家に・・・

 

白いお兄さんも、黒い姐さんも、うーちゃんが来てたくさん追いかけっこして、小っちゃい子に優しくできるようになって、親としてはなんかすごくうれしいのだが。

そろそろリアル息子の家にもらわれていくうーちゃんなのだった。

 

ほんと、かわいいうーちゃん!

 

2回目のワクチンも終わった。

2回目のワクチンも終わった。

 

今年もはだか祭で盛り上がり~(大原はだか祭)

標準

今年も9月23、24日とはだか祭があった。シルバーウィークという、連休のせいもあり、我が家にも祭客が集まる。

22日は村廻りがあるので、Rちゃん親子は喜久寿司さんの村廻りに参加。

残りの連中は庭で炭火焼パーリー。

イセエビは大原産、ホタテは気仙沼産。

イセエビは大原産、ホタテは気仙沼産。

 

祭りの前の台風の余波で、早くから伊勢海老の網を上げてしまっていたので、前々日の港の朝市で購入した。

ホタテは、気仙沼から送ってもらったもの。

 

やっぱ、大原の伊勢海老はうんめえ。

やっぱ、大原の伊勢海老はうんめえ。

 

 

23日は汐ふみがあるので、大原海岸へ。結構人いるじゃん。

 

だんだん人が増えてきた。

だんだん人が増えてきた。

 

つーか、17~18基の神輿の担ぎ手がいるわけだから、一気に人口が増えるのも当たり前だわな。

 

だんだん盛り上がってきましたよ。

だんだん盛り上がってきましたよ。

 

もう、一気にドーッと走って海の中に入るし、人ごみでその先は見えんし、カメラを持ち上げてとにかく撮ったって感じだ。

 

意外と見えなくても撮れるもんだな。

意外と見えなくても撮れるもんだな。

 

で、毎年恒例で大原商店街の元ラッキーさんで酒を飲みながら祭唄を聞く。

 

子どもたちの声は活気があるね。

子どもたちの声は活気があるね。

 

で、大原小学校での大別れ式。とにかく、やっぱ人がすごかったな。でも頑張って激写。

 

すごい勢いで走ってますからな、見えないし。

すごい勢いで走ってますからな、見えないし。

 

すごい勢いで、相変わらず皆さん走っておりますが。でも、どうにかこんな感じで。

 

海に入って、走って。大原っこはみんなタフです。

海に入って、走って。大原っこはみんなタフです。

 

今年も祭を満喫した。

そして、祭客を駅に迎えに行った帰り、家の近くの道端でこんなかわいい子を保護した。

 

保護猫_うーちゃん

 

ノミ、シラミ、お腹の虫、外傷、骨折ありで1週間入院した。

退院の朝、サナダ虫の卵がウンチから出てきたとのこと。これは、ヘビとか、カエルとか食べないと出てこないんだよと先生いわく。

よほど過酷な環境の中で、まだチビなのに頑張ったんだよ、この子。

捨てる神あれば、拾う神ありというが、猫に対しても、人間に対しても捨てる外道あれば、拾う神ありといいたい。

吾輩は涼しい場所を知っている by 白いお兄さん

標準

家の中で涼しいところを一番しってるのだ。たとえば、午前中は西側のここ。

午前中は、西側和室のちゃぶ台の上。

午前中は、西側和室のちゃぶ台の上。

窓の近くも涼しい。風が目にしみるぜ。

風を感じている。

風を感じている。

ちょっと日が出てきたら、家の真ん中。

お昼前は家の真ん中にある、冷え冷えシートの上。

お昼前は家の真ん中にある、冷え冷えシートの上。

たしか、通販で購入した冷え冷えの板。あれ、カインズで買ったんだっけな?とにかく買った本人が忘れてしまうくらい以前に購入して、去年ぐらいから活用してくれるようになっている。

窓を開けて、風入ってきても室温は30度脱力系。

暑いぜ

暑いぜ

西日も射してきたし、エアコン利いてる東側へ移動だ。

やっぱ、エアコンきいてるといいかもしれぬ。

やっぱ、エアコンきいてるといいかもしれぬ。

とゆー感じで、白いお兄さんは一日中いろんなところへ移動する。窓も開けてあるし、一部エアコンも入れている。でも、基本的に窓が閉まっていても、障子が締まってる畳の部屋のちゃぶ台の上が一番好きみたいだ。