カテゴリー別アーカイブ: 温泉

東北さいくべ_2 日目_その2_銀山温泉藤屋

標準

いやはや、2日目は雨に降られて、予定が変更になったが。朝は朝市で美味しい朝ごはんを食べ、午後はワイナリーでさんざんワインとスパークリングを試飲し、東北本線に乗り、大石田駅で下車。銀山温泉へ向かうのだった。

今回の旅程、最初予定した日程を1日ずらした。銀山温泉、藤屋の予約が取れたからだ。今回の旅の、メインイベントでもある。初山形泊だし、初銀山温泉だし。それに、藤屋といえば時の人隈研吾デザインの宿でもある。

事前に予約していた、宿への送迎は、なんとうちらだけ。それも、タクシーだし。ちょいと若くて清潔感のある運転手さんは、観光タクシーさんらしく、いろいろ説明してくれる。銀山温泉は尾花沢市にあるが、尾花沢といえば、花笠音頭→中学のとき運動会で踊った、ってことで話が弾み、花笠音頭、尾花沢音頭の由来を熱心に教えてくれた。(これはググって調べて)

みんなが一生懸命踏み固めてつくった、徳良湖をまわって銀山温泉にとうちゃこ。

温泉街の中は、車が入れないので、入り口から歩きそんなとこも、なんだか哀愁があっていいんだな。

あーー。これこそ、よく写真だか、テレビだかで見られる景色。ほんと、山深いところにあるのだ。豪雪地帯なので、雪景色を求めて冬は賑やからしい。

そんな中、ちょいとモダンな藤屋が。隈ってる、とでもゆーんでしょうか。

数年前まで、青い目の女将さんがいたけれど、この改装にえらく反対していて、子どもを連れてアメリカに帰ってしまった、とかネットで噂されていたが。

こちら、改装したての当時は、1人5~6万くらいの超高級旅館で。ヒヒジジイが、姉ちゃん連れてしけこむ旅館の代表となっておったが。今はかなりリーズナブルになっている。

のせいか、大浴場というものがなく、館内にある温泉浴室は、全て貸切風。おばさん二人で、貸切風呂ってなんだよな~とか言ってたんだが、まあそれなりに結構楽しめたぜ。

宿に着いたのは、4時頃。大石田駅から車で20~30分くらい。夕飯は6時半からなので、それまで個室風呂に入って、うだうだと横になってすごす。これ、温泉の醍醐味。

3階にある、半露天の桧のお風呂。ちょい藻だか、苔だかが気になったが、翌日総とっかえしてたぜ。

dsc_0160

3階半露店風呂。気持ちいいだよ。

待ちに待った夕飯。事前に持ち込みの了解を得ていたが、持ち込み料はいりません、とのこと。スパークリングを冷やすために、ワインクーラーをお願いしたり。

料理は、それなりに美味しくいただけた。実は、八戸で私はホタテ、連れはイカを食べなきゃと思っていたのに、叶わなかった。それがここで叶ったので、ほんと満足であった。

BGMは、ずっとyoutubeで尾花沢音頭を流して、何回も歌って楽しむ。で、合いの手下手くそだと自覚する…

持ち込み料もなしで、ワインクーラーも出してくれちゃったので、なんか悪い気がしてしまう。こちらの宿では、ちょいと先にある高畠町のワインがあったので、赤を1本飲み。冷蔵庫ビール、大びんを飲みだし、追加でもう2本持って来てもらう。(それも、結構深夜迷惑)

またしょうもなく、ごろごろしながら酒飲んだくれであった。

銀山温泉、さいこ~

 

広告

来宮神社へ2年ぶりに行く。熱海温泉夢いろは~

標準

毎年恒例、伊豆大仁カントリークラブでのコンペのため、房総ガラパゴスに住んでいる私や、日帰りじゃ疲れてしまう高齢者は前乗りで熱海へ。

一人で早めに熱海へ行き、伊豆急に乗って一駅、来宮で下りる。そう、来宮神社へ2年ぶりに大楠に会いにいった。

KIMG0997

2年前は人はまばらであったが、なんと観光客の多いこと。何か、パワースポットとして有名になったらしく・・・

まず、第二大楠さんにごあいさつ。この第二さんも、なかなかの大きさなので。分からない人は、これが大楠だと思い、さっさとお参りして帰ってしまうようだ。

KIMG0986

左手に、カフェと祈祷所、社務所があり、正面の本殿にお参りして。本殿裏手にある、大楠へ。

でーん。

KIMG0987

ほんと、この場所はパワースポットだよ。木々が、風でささと揺れ、澄みきった空気が私を包むのであった。

久々に、大楠さまの周りを歩く。

スライドショーには JavaScript が必要です。

いやー、熱海に来たら、絶対ここだよな。

社務所の横のカフェ、一昨年来たときは、お酒もあったはず。が、ない。ので、麦ごがしのスイーツをと思ったが。私が欲しいものは、全て売り切れ。おしること思ったが、つぶあんだとのことでやーめた。

しょうがないから、熱海まで歩いて、どっかで酒でもかっくらおうと歩く。

すると、来たときは分からなかったけれど、入り口鳥居の横に直営のお休み処発見。

 

セルフサービスだけれど、綺麗で気の利いた場所だ。

お神酒の日本酒と思ったけれど、わさび酒ロックとイカメンチを購入して、まったりと飲む。

KIMG0994

なんか、一応ミッション終了したので、あとは宿へ行って温泉入って、まったりするだけじゃ。

今年の宿は、熱海温泉夢いろは。わがままなメンバーたちのリクエストにこたえるべく、シングルユースできた唯一の宿。

宿までは、ほんと笑っちゃうくらい近かった。こんな階段を下って、ちょちょっと歩いたらもう目的地だったり。こんなに来宮に近いんだったら、来年もここにしようと思ったり。

KIMG0998

以前、東京都の保養所だったそうで。なんとなく、対応が素人っぽいし、お風呂の引き戸がなかなか開かなかったりと、シャビ―なところはあるけれど、スタッフは一生懸命さが伝わるとゆーか。嫌な気はしなかった。(これ、珍しいのことね)

温泉は、ナトリウム泉で、メタケイ酸いっぱいの美人の湯ですわ。

源泉かけ流しなので、やや熱め。浴槽には、温度調節できるように、幾つか蛇口がある。ぬるめの温泉好きなので、温度調節しながら入るのも、なんとなく本物っぽくて好きかもしれない。

夕飯は、どーんと出てくる。量的には、ちょうどよくて、目の前で炊きあがる釜飯。これが、非常に美味しかった。全体的にお味は、超合格って感じ。

朝ごはんも、ほんと無駄がなく。ごはんの炊き具合も、私好みで2杯も食べてしまう。

若い人や、ご飯を楽しみにしている人たちにはちょっと物足りないかもしれない。

でも、値段もリーズナブルだし、お布団は自分で敷かなければだけど、結構大きなお部屋をシングルユースできるし。来年のコンペのときも、こちらにお願いしようと思ったり。

そうそう、飲物の値段も良心的で、皆さん大満足であった。

部屋からの眺めは、あまり期待できないが、目的はゴルフで、ついでに温泉って感じなので、これで十分であった。

そして、翌日のゴルフ・・・ま、こんなもんでしょ、のスコアだったり・・・

 

大人の休日倶楽部パスを使って~2017_青森~宮城の旅その4.(八戸~鳴子温泉、吉祥へ)

標準

八食センターを後にして、100円バスに乗って八戸駅へ。当日のお宿は、ちょいと離れた鳴子温泉、吉祥。まずは、八戸から新幹線はやぶさに乗る。盛岡で降りて、やまびこに乗り換え。古川下車。古川から、これもまたお初の陸羽東線に乗る。

新幹線を乗り換えて、なんてほんと大人の休日倶楽部パスならではの行程ですな。そして、売店で乗り継ぎごとに買ってしまった、地酒のワンカップ。

青森の地酒如空。

KIMG0357

そして、盛岡で買った南部美人。

KIMG0358

これ、集めるの決めた~。

途中、盛岡だの通り過ぎてしまうのは惜しいけれど、二泊三日という限りがあるのだから、そこはしょうがないのであった。

古川から陸羽東線に乗り換えて、またまたうとうとゆらゆらのローカル線を楽しむ。

KIMG0359

初の鳴子温泉では、宿の車がお迎えに。ちょっと上った、鳴子で一番高いところに吉祥がある。

チェックイン時に、好きな浴衣と帯をチョイスする。お部屋は、離れ。

二間続きの日本間、一人用でテレビまで付いている個室。ふっかふかのお布団やら。

KIMG0362

寝る場所は、あみだくじで決めたりして。

おばさんら、さっそく浴衣に着替えて温泉に入り、まったりくつろぐ。

KIMG0361

温泉かけ流しの内湯やら。

KIMG0363

池かい?と思うほど大きな露天風呂やら。

KIMG0365

吉祥に行くなら、離れがお勧め、最高のお部屋だすわよ。

鳴子の温泉は、硫黄泉だけれど、そんなにきつくなくてまったりできる。

お楽しみの夕食~

KIMG0360

この他に、いろいろお料理もありの、ブッフェのお料理もありーので、いろいろ選べるので楽しい。郷土料理も何品かあり、仙台麩の卵とじがめったくそ美味しかったのだった。仙台麩、絶対仕入れるぜい。強羅雪月花同様、最後の方でチョイス握り寿司もいただける。

そして、おなか一杯になってしまう。飲物も、飲み放題設定だったので、飲み放題の証(腕にバンド付けて)をもらっていろいろ飲んじゃったり。

気が付くと、まったり残っているのはうちらだけ、とゆーことになっていたりして。

部屋に戻って、冷蔵庫に入っていた無料の地ビールを飲んだり、しゃべったり、最後に一発露天風呂に入り、温泉宿を満喫したのであった。翌日は、ゆったりチェックアウトして、仙台でちょいと遊ぶ予定。

 

やっぱ箱根だね その3(雪月花~大涌谷~ユトリロ)

標準

はい、前日は温泉満喫、おなか一杯、そしてワインも飲みすぎジャイアンツ。

でも、朝はばっちり起きられる。外は、霧が深かった~~

KIMG2139[1]

ここの宿って、全室にベランダ露天風呂があって、鳥小屋が付いてる。温泉じゃないけれど、お水がいいから別に入ってもよかったのだが、ちょっとオープンすぎるな。

とゆーことで、またまた人工炭酸泉、大浴場~もちろん瞑想の湯に入って朝から温泉満喫する。

朝ごはんは、またまた同じレストランへ。

KIMG2140[1]

結構いろとりどり~ので。

KIMG2141[1]

こうやって、自分で温めて食べるのもいいかも。しっかりご飯を食べて、チェックアウトまでだらだら過ごす。ってゆーか、二度寝したし。

雪月花を後にして、強羅駅から早雲山へ向かう。ロープウェイは、早雲山~大涌谷間の工事をしていたので、バスに乗って大涌谷へ。

KIMG2144[1]

恒例のたまご像との記念撮影。しかしまあ、世界中の人が来ていることったら。

一昨年に比べて、すごい煙。音をたてて、噴き出しているし。辺りは硫黄の臭いがすごくて、そこらへんが黄色くなってたよ。

KIMG2143[1]

でも、やっぱりここに来ないと箱根に来た気がしない。ロープウェーで桃源台まで行き、元箱根まで遊覧船に乗る。

KIMG2146[1]

天気が悪いので、富士山を見ることができなかったけれど、いいや、また来ればいいんだし。

結局、この日のランチもいろり屋はパス。前日の夜から、激しく食いまくりなため、なんとなく食べる気もせず。

小涌谷駅までバスに乗り、登山鉄道でそのまんま湯本へ戻る。そして、もう一つの目的だった新車両にも乗れなかったのだった。

なんとなく、口が洋食を欲していて。前日、スルーした喫茶ユトリロへ行く。なんか、趣ある喫茶店。そして、まじにユトリロの絵が飾ってあったりして。

おすすめのカレーを注文。

KIMG2150[1]

これがまた、結構うまかったり。

同伴者はサンドイッチ。これはなんともかも。

KIMG2151[1]

本物のユトリロもあり、そこそこおいしいカレーもあり、そこそこちゃんとしたコーヒーも飲めるのだが。店内が散らかっている。ここ、もっときれいにしたら、人も入ると思うのだけれど。

ま、温泉旅館でお腹いっぱいだけど、なんか食べたいときにはいいかもしれない。

やっぱ箱根だね!

やっぱ箱根だね その2(強羅温泉 雪月花)

標準

岡田美術館から、バスに乗って小涌谷に行こうとしたのだけど。ちょうど、強羅駅まで行くバスが来た。

強羅に着いたら、雪月花の目の前じゃないですか。駅前だとは知っていたけれど、超ラッキーだった。

初の雪月花は、大きな宿だ。チェックインは、しっかり並んで。食事の時間も二部制で、早めを予約。好きな浴衣を選んで、まずは部屋へ。

はて?わし、ここ知ってるぞ~。目の前に大文字の大の字が見えてっと。聞けば、昔昔は、強羅ホテルであったそう。あ~~、小さいときに家族で来たよ、大文字何年か続けて見たし。

画像を撮り忘れたけれど、部屋はベッドあり、畳もありの和洋室。ベランダに、部屋付き露天風呂あり。

KIMG2138[1]

 

しかし、これは温泉じゃないのだ。そして、みんなに私の裸見て、状態くらいに駅や線路にオープンな感じだったりする。

そんなの嫌なので、わしは本格派の大浴場へ行く。

まず、人工炭酸泉から。わー、すごく趣あり。船の中に浸かっているような湯船で、温度は低め。だけど、炭酸で肌に気泡がいっぱい出る。こりゃあったまるぜい。

いったん外へ出て、大浴場までの通路。

KIMG2136[1]

 

チェックインしてから、雨が降ってきたのだ。外は、結構寒い。大浴場には、温度の違う浴槽ありの、露天風呂ありの。一番気に入ったのは、瞑想の湯。八角形のお部屋になってる湯船。八角形って、法隆寺かい、って感じだけど。本当に癒される空間であった。

KIMG2137[1]

 お風呂でしっかり温まったので、通路に置いてあるサービスのヤクルトみたいのとか、アイスキャンディーをもらって部屋へ戻る。

夕食は、二部制。しゃぶしゃぶメインと、お寿司魚介料理メインのどちらかをチョイス。しゃぶしゃぶメインで、早い時間の食事を予約していたので、6時にレストランへ。

だが、入り口で待たされる。?これって、なんか面倒だわ。というか、案内する人がいないのかな。ま、いちいち丁寧に案内してくれるので、くいっぱぐれることはないだろうしと、気長に待つこと5~6分。

やっと席に座って、ディナー開始。

先付。

KIMG2131[1]

サービスで出してくれた、お造り。

KIMG2133[1]

揚げたての天ぷらとかあったけど、大嫌いなサクラエビ満載のかき揚げだったので、サクラエビが大好物なやつにあげる。

しゃぶしゃぶは、肉がちょっと厚くない?サービスなのか、そうじゃないのか?しゃぶしゃぶの肉は、薄くないと。ちょっとボリュームありすぎで、困ったり。

ごはんは、お寿司を一人5種類2カンずつ注文する。これ、注文票に数を書くのだけど。もうしっかりお腹いっぱい。

KIMG2134[1]これを2人で食べる

お寿司は大好物なので、ちょっと期待したけれど。やっぱ大外れ。マグロと、イカはどうにかだったけど、玉子とエビはコンビニの寿司弁当並み。巻物をもっと頼めばよかったと、ここで悔んだり。

いい加減、腹いっぱいになり、それでもデザートが来る。

KIMG2135[1]

超、量の多いごはんだった。春休みのせいか、若者カップルが多かった。若者は、これくらい食べないと駄目なんだろう。雪月花の料理は、ちょいと若者向き?それとも、食べる量が少なくなったのは老化現象か・・・

とにかく、雪月花の温泉は最高。翌日、早く起きてまたたんまり温泉に入るのだ。

やっぱ箱根だね その1(箱根湯本 山賊粥~岡田美術館)

標準

3月の半ばころ、大好きな箱根に行ってきた。

ほんと、一昨年の秋以来だから、超久々。

今回も、箱根フリーパスを利用しまくった。最終的に、得したのかどうかは分からんが。ま、得したんだろ。

1時過ぎに宮ノ下に着いて、ちょいと遅いお昼をいろり屋で、と思ったんだけれど。どうしたって、最終オーダーの1時半には間に合わないと、同伴者にいわれる。ち、まったく。

とゆーことで、箱根湯本駅の改札を出て、商店街をちょい散歩。

行きのロマンスカーで、湯本の食べ物屋をチェックしたけれど。何を食べようか、なんとなくまだわいてこない。

で、結局ホルモン焼きで結構有名な「山賊ホルモン」に決定。ちょいと裏道に入って、店を発見。出てきたお客が、こぞって「おいしかった!」と言っているので、よっしゃと急な階段を上がって店内へ。

そんな大きなお店じゃない。そして、ホルモンと焼き肉は夜の部で、昼間はお粥と担々麺のお店だとのこと。なんと、めんどうくさいことに、昼と夜の店名が違う。昼は山賊粥、夜は山賊ホルモンなんだって。名物は、山賊揚げとゆー鳥のから揚げだとか。

山賊揚げの付いた、牛テール粥と、湯本タンタン麺を注文。

牛テール粥。

KIMG2128[1]

温泉卵が真ん中に。これ、めっちゃくそうめえお粥。香港や、シンガポールで食べたもんよりうめえかも。

で、ここの名物だといわれる山賊揚げ。から揚げなのだが、そんな絶賛するほどのものでもなく。持ち帰るものでもなく。ふつーのから揚げ。わしが作ったほうが、もっとうまいと思われ。

KIMG2126[1]

で、この湯本タンタン麺も、かなりのもの。はっきりいって、勝浦タンタンなんかよりめちゃうま。辛さも、3段階あり。

KIMG2127[1]

いろり屋目当てだったけれど、山賊粥にして逆に良かったかも。山賊っていうか、和風中華って感じかな。

とゆーことで、今回の宿は強羅雪月花。チェックインまで時間があるので、バスに乗って岡田美術館へ行く。

若冲の孔雀鳳凰図と、広重中心の東海道五十三次の旅展を見に行く。

KIMG2130[1]

やっぱり、岡田美術館って好きだ。今回2度目だけど、常設展は何度見てもあきないと思われ。本当はもっとじっくり見たかったけど、時間の関係もあり。あと、房総から箱根までってやっぱり時間もかかるしちょいお疲れ。ってことで、足湯カフェで足湯しながらまったりとココアを飲む。

KIMG2129[1]

年内、またじっくり来るよん。

行ってきました出雲大社 その4(皆生温泉~松月)

標準

うわーい、人生二度目の鳥取県。はるか、数十年前にFMのお仕事で鳥取のシャンシャン祭りに来たことがある。あれ以来。でも、ほとんどお初。

米子、皆生温泉は日本海側に面している。まさに、絶景の場所に建っている海色・湯の宿松月へ。五人衆、修学旅行以来の同室。宿の対応は本当に、すばらしく。すばらしいので、ひどく目立ってしまった部屋係の仲居さんもいたのだが。ま、そこんとこは今回は省略。

まずは、好きな浴衣を選んで部屋へ。5人寝るには十分。温泉でまったりして、夕食への期待感満載。海沿いの温泉は、メタケイ酸がいっぱいで美肌効果はあるし、あったまるし。前日は寝台車泊で、朝からわさわさ動いていたから、一気に疲れが取れる感じで幸せになる。

いえーい、大山最高。

KIMG1958[1]

つーことで、いきなり夕食の紹介。

先付とか、いろいろ。

DSC02909

海の幸、やっぱ鮮度が違うのと、房総のものとも味が違いますがな。

DSC02910

実は、蟹料理にもいろいろランクがあり。量があっても、安いのは冷凍ものだったりする。やっぱ、時間をかけてせっかく来たのだからと、朝獲りの蟹三昧コースを選んでいたわけ。

どーんときたね、茹で蟹!1人、半身ずつ。タグ付きの松葉がに~。

DSC02911

 

で、ドーンと。これは刺身だ蟹~

DSC02912

そして、待ってましたの焼き蟹。ちゃんと、焼きにきてくれる。

DSC02914

おばちゃん五人衆の勢いに、ちょいとタジタジぎみだったが、部屋中焼き蟹の香ばしい香りがぷーんぷん。これが夢にまでみた、本場の焼き松葉蟹!!

DSC02913

蟹、もしかして食べてるときってみんな無口にならない?ってなことはなく、ほんとみんなぺちゃくりながら、蟹を一心不乱に食べていた。

やがて、大女将さんがあいさつ回りに。

ほんと、こんなに飲む女どもは珍しいのか、地酒をもう一本プレゼントしてくれたのだった。

DSC02916

そんなこんなで、昔話や、今話など、ぺちゃくり、のみーので楽しい夜はふけたのであった。

翌朝、コーヒーのサービスを受けて。

翌朝の朝食。KIMG1959[1]

古代米のおかゆとかあって、おいしかった。が、全体的に塩分多め。これはどこの宿でもそうだけれど、気を付けてもらいたいかも。

この後、チェックアウト前に、蟹の被り物などを全員で被って記念撮影する。

これ、宿のサービスなのだけれど。チェックアウト後には、全員分をプリントアウトして渡してくれた。もちろん、データも後からHPからダウンロードできた。

いい年して、5人もそろって被り物するのおばはんは珍しいらしく。HPにあげていいですかと聞かれたけれど、丁重にお断りした。スタッフの対応も良いし、(一部を除いて)本当に良い時間を過ごせたし、おいしい松葉蟹をたらふくたべられて幸せだった。

後から、人数分のお礼を若女将からいただく。当日お会いすることはなかったが、なかなか美人でやり手の方。また、皆生に行ったら寄らせてもらおう~