カテゴリー別アーカイブ: 海外旅行

恒例の台湾旅行2018 その3

標準

怒涛の3泊4日、ゴルフ二連荘、連日のグルメ食。今回も大変充実した、楽しい旅であった。いつも招待してくださる、C氏に感謝。

そう、そう。ホテルからゴルフ場まで、C氏のマセラティに乗せてもらっただよ。

この時計だけで、何十万円だもんな~~。初のマセラティ、貴重な体験であった。

KIMG0951

そう、そう、最後のほうでの紹介もなんだけれど。毎回宿泊している、リージェントタイペイ。

ここのお花も、きれいだ。毎日、バーでシャンパン飲んで、幸せなときを過ごせたのだった。

こちらの朝食、1階にあるレストランでのブッフェ。中華、和食、韓国食、洋食と、いろいろあるけれど、うーむ。はっきり言って、味が落ちたようだ。中華は、絶対に美味しかったんだけれど、なんだかなだった。ま、ぜいたくは言っちゃいけないのだけれど。。。

で、またまたまずいANA食を食べて今回の旅は終る。でもって、リージェントタイペイの食事だったりで、もう、飽きたワイ、と思うのであった。けど、プリンは美味しかったな。

さて、来年また行くことになったら、まず、ゴルフのスコアをあと10打減らすことを目標としよう。(あと10打減らしても、100切りならずだが・・・)

 

広告

恒例の台湾旅行2018 その2 永漢ゴルフクラブ and 晶華軒(リージェントタイペイ)

標準

台湾3日目、今回のメインイベント、ゴルフコンペin 永漢ゴルフ。

クラブハウスに入って、正面にいつもお出迎えのお花。お友達の黄さんが、こちらのお花をいけている。センスいいよな。

でもって、毎年楽しみにしている、イカの黒ソーセージと、台湾ソーセージ。これ、大好き。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

台湾勢は、ほんとプロ並みにゴルフがおじょうずいので、今回もブービーメーカーでびりっけつなわし。あーあ、ほんと同窓生ゴルフで、まったりやったほうが楽しいかもしれないと思ってしまう。だって、そうだよ、先日アップした大仁CCのコンペだって、結局ダメダメだったしな。ここらで、最後のあがきとしてちゃんとレッスンするべ、などと考えているのであった。。。。

そして、最終日の夜はコンペの成績発表も兼ねて、やはりリージェントタイペイさ最上階にある晶華軒VIPルームにて。

いつも出迎えてくれる、このゆるいオブジェ。あれ、去年とまた違うやつだし。でも、いいな、このゆるさ。

KIMG0957

そして、さすがにこちらのレストランは、給仕はたくさんいらっしゃいますし、テーブルも回るし、サービスもちゃんとして楽しく、美味しくいただけたのだった。

スライドショーには JavaScript が必要です。

とゆーことで、やっぱり晶華軒は好き。ル・パレ、最悪だったからな。

まじ、来年もまたお誘いされたら、ゴルフ頑張るわい。

 

 

恒例の台湾旅行2018 その1 台北ミシュラン三ツ星 ル・パレ

標準

またまた、今年も行って来た。毎年恒例、4月末の台湾旅行。

成田って、同じ千葉だけれど。アクセス悪く。台北までのANAかJALは、朝一番か、夕方の便しかなく。今年も午後一発の羽田~松山~のANA便で向かう。

前回から言っているけれど、ANAのビジネス機内食はまずい。ほんと、なぜ?っていうくらい。なので、ラウンジでカレーを食べたり、おにぎり食べたりしといた。

こちら、和食、洋食、同伴者と別々で注文。

ラウンジでお腹をいっぱいにしといたので、シャンパンのあて、的に食べる。やっぱり、同じビジネスでも、ガルーダとか、JALに比べたら味が落ちるというか。新幹線、グランクラスの弁当並って感じ。

とうちゃこ日のディナーは、リージェントタイペイ地下にある、和食のお店、三燔本家にて台湾風しゃぶしゃぶ。こちら、内装はすごく素敵。日本酒もたくさんそろっているし、海外の和食レストランとしてはよいほうだと思われる。なんといっても、宿泊しているホテルのレストランなので、みんなでわいわいやるには好都合だし。

翌日、コンペの前の練習ラウンド。夜は、台湾で初めてかミシュラン三ツ星を獲得した、ル・パレにて。

近代的なホテルの上階にある、こちらのレストラン。広東料理とのこと。特に、北京ダックが有名だとか。総勢、何人だ?17名のこの食卓。

download_20180501_220818

ミシュラン三ツ星なので、期待大。

がですね、この人数で、サーブする給仕は1人なんですよ。最初に、ひと口大の前菜を一人ずつのお皿に乗せてくれるのだが。。。最後の人に回ったときには、みんなもう食べ終わっていて、次のひと口大の前菜が来るまで、また同じように待つ。とユー状態。

白ワインはぬるい、ビールは、ぬるぬる。やっと給仕が増えたと思ったら、それでもようやく2人。17人の給仕をするのに、2人。そんでもって、上の画像のこの大きなテーブルは回らない。回らないようにしてるんじゃねえの?とみんなで頭をかしげる。主催されてる友人が、業を煮やして注意するまで、ほんとなんだかな~だった。

こんな風だったので、北京ダックを燃やしてどうのの、コックのパフォーマンスがちょっとだけ面白かったのと、味は良かった、とゆーこと以外、最低な店であった。

なので、画像もちょっとしかない。ミシュランで星を獲得しているお店、結構行ってるんですが、ここは、ほんと、最低最悪であった。

そう、そう、北京ダックもまずくはないのだが、このパフォーマンスを行っているコック、おめー、愛想悪すぎ。

でもって、給仕も、給仕を牛耳るちょっと上の女も、ほんと、愛想悪すぎ。いや~~、台湾でこんな思いしたのもしや、初めてかもだったとゆー、悪夢の夜であった。

2016_11月バリ島旅行記(villa泊、ニルワナバリゴルフ、コピ・ルアックetc)

標準

あれ?今さらですか、って感じだが。朝から寒いので、暖かそうなスマホの画像を見ていたら、あ、そーだ、バリ島の旅行記ってアップしてなかったのだとPCを起動。下書きが残ってるし・・・あー、なんてだらだらなんだろうと思いつつ。

はい、すげー前ですが2016年バリ島旅行記。アップしながら、暖まろう!

そうだ、前回行ったときは、まだJALの直行便があったのだが、2016年11月の時点ではなく。その昔、「空飛ぶ棺桶」と呼ばれていたガルーダにて。

ガルーダだって、いつまでも棺桶呼ばわりされたくなかったようで、今はだいぶ改善されて快適な旅ができた。何といっても、ビジネスの機内食はシェフが手掛けてくれるのだ。

      前菜。パン(結構おいしい)。メインのおさかなのグリル。

 

 

 

飛行機の旅は、安全+機内食の美味しさだよね、やっぱ。

このバリ旅行、友人の還暦祝いで、ぜーんぶご招待というすごい大名旅行。総勢、60人。日本組、台湾組、北京組と、バリでゴルフして、観光して、最終日は還暦パーティー。終わったらすぐに深夜便で日本組は帰国、って感じ。

宿泊先は、二手に分かれて、大きなSaba villaと、うちらはなんちゃらヴィラへ。

いくつかの棟に分かれていて、一つの棟に3部屋(各部屋バスルーム、トイレあり)。共同のダイニングルームと、こんな感じのリビング、プールがある。

 

庭がきれいだよな。

 

朝食は、別棟のダイニングで食べて。昼はゴルフ場、夜はメインのSaba villaでみんなでワイワイ。本格的なケチャケチャ。

KIMG1884[1]

ゴルフは、バスに乗って~ニルワナバリゴルフへ。有名なタナロット寺院に隣接していて、前回のバリ旅行には(バリゴルフ合宿)3回プレーしたとこだ。棚田があったりして、いい感じ。

KIMG1933[1]

海に向かって打ったり、海越えみたいなとこもあって、面白い。しかし、暑い、しかし、キャディーは1人に1人付くから、結構楽っちゃ楽。

観光日には、バスでウブドまで。ウブド辺りにある、MonkeyF Forest。前回もいったけど、雨が降ってたからサルが少なかったのだが、今回はサルだらけであった。

 

キンタマーニ高原へ最高級の眺めと、最高級のコーヒーを飲みに行く。

「Bali Pulina」ジャコウネコのウンチコーヒーが飲めるコーヒー園。眺めも最高。

 

コーヒーは飲まない人なんだが、たくさん効き酒のように出してくれるので、しょうがないから飲んでみる。

KIMG1901[1]

ほとんど、粉みたいになっていて、飲む前に見てしまったジャコウネコのウンチを思いだすと、なんだかウンコ臭い気がしてならなく。。。

ジャコウネコと言っても、ネコ目じゃなくて、ジャコウネコ科っちゅー、超原始的な生物群らしい。KIMG1896[1]

そして、この子たちにコーヒーの実を食べさせると、私らが豆と言っている種がウンチと一緒に出てきて

KIMG1897[1]

これを焙煎して、細かく挽いて飲む「コピ・ルアック」これが、世界一高価なコーヒーであるのだが。うーんと、って感じ。

で、タナロットの夕日を見に行く。

潮が引いているので、寺院までみんな歩いてるよ。ゲンキな仲間は、行ってきたらしい。みんなが歩いている辺り、前回亡き父の一部をちょっとだけ散骨したところだすわ。仕事が忙しくて、行きたいところに行けなかった父のために、姉はハワイで、弟は沖縄で散骨したのだった。

KIMG1915[1]

タナロットに沈む夕日が見られる公園は、世界中の人たちが集まってる、って感じで大賑わい。

そんな感じで、またゴルフして、毎晩盛り上がり、楽しいバリ旅行だった。

バリはホテルに泊まるにしても、遊ぶにしても、値段が安いからいいよな。また、ゴルフしに行きたい!

毎年恒例、春の台北旅行その3.リージェント台北、蘭亭。

標準

二日目は、土砂降りで肌寒い中、ゴルフ組と観光組に分かれて行動。

ゴルフ組おつかれさん、とゆーことで、ディナーはまたまた20名。ホテル最上階にある、蘭亭のVIPルームで。最上階までエレベーター、そこから階段を上がるのだけれど、とってもゆるいオブジェ発見。

KIMG0080[1]

毎回、ここでコンペの表彰をするのだけれど、今回は中日でのディナー。翌日、コンペをひかえての、英気を養うって感じかな。

そして、ほんまここの上海料理はうまうまなのだ。全部の画像はないけれど、前日の山海樓に続き、20名用のでっかーいテーブル。これ、回るんだもんすごいよね、そして日本人が考案したってそれも驚きだけどね。

KIMG0074[1]

台北に来て、不味い!と思ったことは、一度もなく。毎回、美味しいものを食べさせてくださる、友人に感謝。

とにかく、ここも前菜がメインのように出てくるので、食べすぎ禁物。

鳥の煮込みなのだけど、黄金スープだね、こりゃ。

KIMG0079[1]

スープ系へ、薬膳っぽくて。台北なのに、こんな肌寒い日にはもってこい。昼間あれだけ食べたのに、しっかりがっつくわし。

KIMG0078[1]

魚も新鮮で、しっかりと紹興酒かな、お酒を使って蒸している。臭味もなくて、昼間の壹等賞といい、ほんと、こういう魚の食べ方があるんだよな。

で、お次に残っている画像は、エビと揚げ麩のお料理、レタス包み。これもなんともいえず、好きだわ。

KIMG0077[1]

 

で、やっぱり出てきた、コラーゲンたっぷりのこやつ。

干しナマコの煮物。トローン、トローン、そしてカロリーほとんどなし。

KIMG0075[1]

これもトローン、トローンのトンポーロウ。

故宮博物館にある、翡翠でできた白菜トンポーロウに、限りなく近くない?

KIMG0076[1]

その他、いろいろ出てきましたが、もうお腹いっぱい。

年を取って、何が楽しみかって、美味しいものを食べて幸せな気持ちになることだったり。

これで、どうにか翌日のゴルフ頑張れそうだし。

毎年恒例台北旅行。その3.超うま、ランチ(壹等賞  茶園景觀餐廳)と大渓のスイーツ(蔡記麥芽花生糖)。

標準

雨の中、観光したわけですが、ほとんど食い物目当てって感じもあり。

台湾の食事は、まじ何でも好きな私。どうせ、亜熱帯に来たら体重増えるんだし、もうままよというくらいの食いまくり。

今回、その中でほんま観光組で良かった!と思うくらいの美味しいレストラン壹等賞(一等賞)。

壹等賞は、お茶畑の中にあって、お庭も広くてきれい。だが、土砂降りだったのでもちろん見ることもなく店内へ。KIMG0073[1]

ほんと、まじに寒かった。とにかく、屋内へ、って感じ。

KIMG0072[1]

店内は、結構モダンな造り。お昼時だったから、すぐに席は埋まってしまうのであった。周りを見てみると、ランチミーティングっぽいビジネスマンが多かった。

とにかく寒いので、温かい料理を多く注文してくれたよう。

最初に出てきて、ド肝を抜かれたのは、この一見何の変りもない普通のにゅうめん。

KIMG0063[1]

なんとも出汁が効いていて、バターのような油がかかっていて、ひじょうにコクがあって超超うまなのだ。上に乗っているのは、お茶の葉のトップ。そして、後から分かったのだけれど、この超コクのある油はなんと!茶の実油。お茶の実は、椿の実に近いらしく、同じように油が抽出できる。オリーブオイルよりオレイン酸が多く、ビタミンEやカテキンも盛りだくさんなので、日本でもこれからブームになりそう。もちろん、買って帰って来たもんね。

そして、うまそうな料理はどんどん運ばれてくるのであった、総勢8人ですから、いろんなもんが食えるぜ。

体にしみる、烏骨鶏の薬膳スープ。

KIMG0064[1]

まじ、体にしみたぜ。

そうそう、肌寒かったので、紹興酒の御燗をじゃんじゃん注文。やっぱ、体内から温めないと!って、初の紹興酒ショウガ入り!

KIMG0065[1]

とんでもなく、ホットになったぜい、日本でもやってみそだ。

これ、なんだっけね。日本でもこの季節、出回っている葉っぱ。ちょっとぬるぬるしていて、なんだか絶対体によさげ。

KIMG0066[1]

こそして、こりゃもうだめでしょ。ショウガと、筍と、豚肉の煮込み。いすみ豚でやったらと、創作意欲がわくのであった。

KIMG0067[1]

じゃーんで、出ました大好きなエビちゃん。

KIMG0068[1]

飲んで、食って、飲んで、食って~~~

多分、野菜のいためものは、全部茶油使用。ニンニクと、ネギと、ショウガ、これがやっぱ中華の基本だね。

KIMG0069[1]

でもって、この台湾のフ、香港でもあるけど、このフが大好き。牡蠣の旨みをフが吸って!もう、マイケル・ジャクソン状態。フーッ、ヒーッ。

KIMG0070[1]

完全にノックアウト。ヒットだ、この店。

KIMG0071[1]

魚も、こーゆー調理の仕方があるんだよな。いつも、パッと思い浮かばないのだけれど、家でもやってみよう。

ってなことで、壹等賞、めちゃくさお勧め。だけど、日本語であまり紹介されていない。けど、台北でも有名らしいから、ホテルに問い合わせれば予約できると思われ。お茶を楽しみながら、半日過ごせそうな場所だ。

で、お次は大渓で体験した、ピーナッツ粉のスイーツ。蔡記麥芽花生糖。

こんなふうな順番で、作ってます、の看板。

DSC02961

要するに、ピーナッツの粉の上に、アツアツの飴を混ぜてーの、最終的にふわふわの飴棒を作りました、って感じ。

DSC02962

台湾は、とにかくピーナッツの粉スイーツが多い。前回も、アイスに混ぜてたし。

DSC02958

この店も、結構有名。最初は、屋台だったのに、お店を構えるまでになったんだと、勝手に解釈。DSC02957

とゆーわけで、めたくそ美味しいランチとおやつであった。

この晩も、またまた大宴会なので、次回アップ予定。

毎年恒例、春の台北旅行その2.観光(慈湖陵寝~石門水庫~壱等賞~大渓)

標準

一日目は、山海樓で舌鼓を打ち、終わってからリージェントのバーで台北在住の友人と飲み。

連荘ゴルフはつらいので、翌日はパパっと観光。しかし、あいにく朝からひどい雨。GW前だというに、肌寒いお天気。ゴルフ組は、豪雨の中脱落者もでたけれど、最後まで頑張った組もあるとか。あーあ、こんな雨の中、お疲れ様。。。

で、8人の観光組は、大型バスにゆったり座りながら雨の中をドライブ。この時期台北に行って、肌寒いと思ったのは、阿里山から新高山のご来光を見に行った以来かも。

慈湖陵寝は、蒋介石が眠っている。

慈湖。

DSC02937

 

以前行ったときは、記念館らしきものはなかったか、閉まっていたのか。今回入ってみる。

蒋介石夫人である、宋美齢が着たらしいウェディングドレス(レプリカ)。

DSC02928

結婚式の画像。宋美齢とのなれそめは、『宗家の三姉妹』をご覧になるがよし。お市の方の三姉妹並に、大物と結婚している美人姉妹だね。

DSC02929

超おめずらしい、毛沢東と蒋介石。

DSC02930

慈湖記念彫塑公園を歩きながら帰るのだが・・・蒋介石だらけ。

DSC02940

最初は面白く見ていたが、これでもか、っていうくらい蒋介石だらけで、おなか一杯だ。

DSC02939

ここって夜は来たくないかも。

DSC02941

お次は、大雨の中石門水庫へ。蒋介石が造らせた、ロックフィル式のダム。

DSC02947

ロックと、フィルでできたダム、ってことですな。

DSC02948

なかなかの大きさで、天気が良ければもっと見られたのに~って感じ。

下の方からも、パチリ。

DSC02952

雨がどれだけ強いか、これ見たらお分かりかと。

この後、台湾の銘茶、東方美人を作っているお茶畑方面へ。そのすぐ近くにある、壱等賞というレストランでランチ。

ここがまーた、めちゃ美味しいところで、予約もなかなか取れないとのこと。

ほんと雨の中ゴルフしないで、観光チームにまぎれて良かったわ!とゆーくらいの感激のお店。

いくらバスの中だといっても、本当に冗談じゃないくらい、肌寒かったので、こちらの温かいお料理が身に染みたのだった。

詳細は、次回じっくりご紹介することに。

お腹いっぱいになって、大渓へ。

ここは、2回目。台湾の昔ながらの街並み。

DSC02955

台湾は雨が多いから、雨除けの屋根が付いているところが多い。

DSC02954

京都と一緒で、間口で税金を取っていたらしく、ほんとうなぎの寝床でありんす。どこまであるの?とゆーくらい、どの店も奥行きがある。

台湾スイーツの店も多いけれど、大渓には銘木店や、黒檀細工のお店がたくさんある。確か、昔ここで黒檀の孫の手を買ったんだ。

ちょっと行ったら、何とも美味しそうなお菓子屋さんをみっける。

この詳細も、次回ばっちりアップいたしやす。