カテゴリー別アーカイブ: 国内旅行

長野にgo 佐久平 大人のヒロッシーニ

標準

2月の中旬、まだ新型コロナウィルスの話が、出始めてるころ。新幹線に乗って、パーッと佐久平~小諸へ行き、友人の市民ミュージカルを鑑賞。

ずいぶん前に制覇している、しなの鉄道。わき目で見てたけど、佐久平駅から乗るのは初めてだ。

乙女駅で降りて、小諸の文化センターへ。

友人が10年以上手掛けている、市民ミュージカル。本当は、昨年11月開催のはずが、例の台風で予定していた劇場が使えなくなり、やむなく年を越しての開催となった。今まで、DVDで見てはいたものの、いやはや、そのクオリティほんとに高いし、ほんと楽しかった。

夜は、いつもランチをいただいている、ヒロッシーニへ。大人のヒロッシーニだ。

岩村田にある、小さなお店が何軒か入っていて、共同のイートインもあるこてさんねの中にヒロッシーニはある。佐久平駅前から、昨年移転した。昨年の夏は、こちらでランチをいただいた。

今回は、泊りは佐久平の駅前だし、ワイン飲みながら、おつまみを頼んでしまえ~的な感じでおじゃまさせてもらう。

スライドショーには JavaScript が必要です。

この他に、いろいろ注文させていただいたけれど、ランチのコースとはまた一味違ったヒロッシーニを堪能できたし。

今年の11月、無事市民ミュージカル開催されそうだったら、また来ちゃおう、と思った次第。長野県、いいな~移住すっかな。

東北さいくべ_2020_1月_その3 水軍の宿~木造駅~新青森駅

標準

鰺ヶ沢に到着して、わさおに会い、わんどで、相撲館を満喫し、水軍の宿へ戻る。

お部屋は3人のお布団敷いたら、いっぱいになるくらいの狭さだけれど、まあ、いいさ。温泉目的だし。温泉は、日帰りの共同風呂にもなっていて、6時までは一般のお客さんも入っている。夕食は、お食事処で。

スライドショーには JavaScript が必要です。

一泊1万円ちょっとだけれど、おなか一杯になるほど、お料理が出てきた。タラちり鍋には、ダダミ(白子)も入っていたし。日本酒をちびりちびりしながら、楽しくいただく。

食後、隣の小さなロビーで津軽三味線のライブが~

dsc_0574

地元では、有名な方のようで。なんと、45分も津軽三味線を聞くことができたので、これが宿代に入っているとしたら、めちゃくちゃお得である。

三味線をさわらせてくれて、みんなで記念撮影、まるでかしまし娘である。

しっかし、こちらの温泉はなんともいえず、体にしみる感じ。よく寝られたし。鰺ヶ沢も今年は雪が少ないようだけれど、夜のうちにいくらか降っていたので、雪景色が~

朝起きたら、うっすらと雪が積もっていた。いつもは、こんなもんじゃないらしいけど。

朝ごはんは、ビュッフェもありーので充実していたし。

こちらのお食事、思ったよりしょっぱくないし、ちゃんと気を使っていただいてるわな。いやはや、温泉、お食事、気持ちもおなかも一杯になる宿であった。

鰺ヶ沢の駅から、五能線鈍行に乗り、木造駅まで行く。大きな遮光器土偶を見るため、だけに。

line_131451629029175

木造駅には、何にもない。駅前に1件、食堂があったが、定休日。でもな~このでっかい遮光器土偶のしゃこたんを見られて、記念写真を撮ったら、それだけで大満足。いいな、木造駅。電車が来ると目が光るらしいのだけれど、それも見たかった。駅前に住みたい!

1時間近く木造駅でぼんやり過ごし、リゾートしらかみに乗って新青森まで行く。

新青森駅は、お土産屋だの、食堂だのが充実している。最後の楽しみで、どうせだから、大間のマグロを食べて帰ろう!ってことになり、「魚っ食いの田」に入る。

残念なことに、大間のマグロは入荷しておらず。それでも、お刺身たっぷりのどんぶりやら、握り寿司やら、好きなものを注文する。もちろん、日本酒もね。

いやはや、ほんと美味しかったワン!

私は五能線制覇、一歩ならず。(新青森~青森が抜けている)おあとの二人は、りぞーとしらかみ、秋田~木造間、乗れてない。なので、また来年リベンジ予定。そうよ、せっかくビス付きのブーツ買っちゃったんだもん。もっと雪深くなきゃだわ。

で、なんだかんだ今回も超楽して、よりいっそうの東北LOVEが止まらないのであった。

次回は、別グループと初夏の東北さいくべ、だ。新型コロナウィルス騒動、おさまっているといいけれど……

 

 

東北さいくべ2020_1月_その1_秋田(大人の休日倶楽部パスでいく)山登りののり弁・きりたんぽ屋

標準

1月末、大人の休日倶楽部パスを利用して、秋田~青森2泊3日の旅に出た。

この時期行くのは、7年ぶり。前回は、男鹿半島に泊り、翌日は能代から五能線に乗り、五所川原で降りて宿泊、翌日ストーブ列車に乗った。

アラ還同級生ババ3人組で、五能線制覇、鰺ヶ沢でわさおに会って、温泉を堪能する旅行である。

秋田から鰺ヶ沢まで行き、わさおに会うためには8時20分発の五能線りぞーとしらかみに乗らねばならない。東京はもちろんのこと、いすみ市からその時間に行くのはとうてい無理なので、秋田市内へ前乗り、前泊する。他のメンバーは、仕事や子守を終えての出発なので、夜遅くにホテルで合流。私は、ひと足先、夕飯どきまでに秋田へ向かう。

こまちのシートって、4列だし、結構いい感じなのでグリーンに乗る必要なし、って感じの普通席。

東京駅では、新幹線へ乗り換えの時間が十分あったので、お楽しみの駅弁の購入。今回、お初の、高級のり弁当。弟が教えてくれたけど、なかなか買う機会がなかった。

山登り のり弁


いや~お勧め品だけあって、ひさびさのおいしいお弁当。

午後一の新幹線に乗って、秋田に着いたのは夕方5時過ぎ。私、初の秋田駅上陸。乗り換えで来たことはあったが、改札出るのは初めて。

お宿は、駅から歩いて数分、ドーミーイン秋田。温泉があるので、ここに決めたとのこと。3人で、二部屋シェアとかゆー割り引きだったらしく。私はひと足お先にチェックインしたので、一人でツインの部屋。

ひろくね?

一人でツインに寝るのは、ほんと嫌。夜中起きたら、隣に人が寝てたりするんじゃないか、と思ってしまうのだ。なので、着替えとか置いとくし。バスルームはないけれど、広々としていて、シャワールームもキレイ。

お一人様秋田の夜を満喫すべく、ずいぶん前から予約しておいた、駅前のきりたんぽやへくりだす。

スライドショーには JavaScript が必要です。

お一人さまきりたんぽがあるし、趣もあるし、ってことでこちらへ。お一人様カウンター席へ通される。となりに、やはりお一人様の男性。多分、私より若干若いだろうけれど、見るからに老けている(なんじゃそれ)。彼が、若くていい男だったら、声をかけていただろうが、絶対話したくないタイプであったので、一人、もくもくと食事しながら美味しい日本酒を堪能する。わー、お一人様って結構楽しいじゃん。

しっかり食べて、食べすぎたので、近くのカラオケ屋でお一人さまカラオケを1時間半ほど堪能し、目の前にあった秋田ビューホテルのスカイバーへ行く。

dsc_0523

日曜日だったからか、結構人がいっぱい。今年は雪がなかったけれど、吹雪いてきて。窓から見える雪が、きれいだった。

なんだかんだと、10時過ぎまで食べたり、飲んだり、うたったりして遊んでいたら、友達が秋田駅に到着したとのこと。ホテルのロビーでジョインして、明日はよろしく、とそのままばったんキュー。

秋田の町は、結構楽しい。ほんとは、大田さん推薦の居酒屋さんに行きたかったのだけれど、日曜日でお休みだったのだ。次回の楽しみが、またできたし。

 

2019 年9月以降のまとめ(大原はだか祭_喜久寿司_黒猫開腹手術_祇園たけうち_祇園てる子&K6_守山)

標準

とゆーことで、9月8日にやってきた台風15号のやろうのせいで、いすみ市は停電まくり。8日から江戸に上京し、帰れないまま10日に帰宅。8日の夜から停電で、復活したのは13日の朝だった。

2日間停電していたけれど、冷蔵のものはしょうがないとしても、冷凍庫は結構無事に生きていた。どうにか整理して、一晩残暑厳しい電気なしの生活を味わうが、もうダメだとお江戸へ避難する。

そんなこともありーのながら、大原のはだか祭は無事行なわれた。

友人と一緒に、昼間から飲みまくりのはだか祭であった。やっぱ、楽しい。

10月に入って、お誕生日。仕事先からお花をいただき、またまたにゃん’sが戯れる。バースデーディナーは、今年も喜久寿司で伊勢海老三昧。脱皮伊勢海老だし。

金木犀も、きれいに咲く。

でも、相変わらず週末になると低気圧だの、大雨だので特急に乗れなかったり、いろいろある。そんなバタバタしている最中、黒い姐さんが50㎝強の高島屋のリボンを飲み込んでしまう。レントゲンの結果、小腸まで達していたので、緊急開腹手術をする。

退院してからは、ほんと元気。飛び回ってるし。一度リボン食べた子は、同じことを繰り返すらしいので、これからも要注意だわ、姐さん!

姐さんを入院させたまま、京都に行ってきた。滋賀のお墓を墓じまいせにゃならなくなり、まずは一度も行ったことのないご先祖のお墓参りだ。そのついでといったらなんですが、祇園で芦屋夫人、てる子さんとディナー。

初たけうち、である。めっさ、おいしかった。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

たけうちの後は、いつものスナックてる子→K6ってなわけで。一人で行くのもなんだから、京都の若手女子を誘っていくのであった。

そう、そう、ろくでなしにも顔出したけど、マスター横ちゃんお休みだったからすぐ出ちゃった。

翌日、若干二日酔いながらも守山へ向かう。途中、中高の同級生(滋賀に嫁に行ったのだ)と何十年ぶりかで再会、車回して、琵琶湖見たり、一緒に守山で墓参りしてもらったりしてもらう。持つべきものは、友だ。非常に助かる。

ルーツが滋賀だということは分かっていたけれど、ちゃんと現地に降り立つのも、守山のお墓に行くのも初めて。非常にいいところ。なんで、行ったことなかったんだろうか。

で、2019年は、ほんと房総半島をざわつかせた台風や、大雨。最後にドカンと、大雨が降り、近くの茂原は大変な被害にあった。ほんと、今年はどうなることやら。11月以降の出来事に続く…

 

 

 

 

 

 

2019 年7月以降のまとめ (屋形舟小松屋_ヒロッシーニ_ぷれじーる_あがれや)

標準

新年あけましておめでとうございます。

昨年は、いろいろとばたばたしており、ついつい投稿し忘れてしまい、そしてもう2020年になってしもた、あーどうすっぺ、って感じ。今年も、いろいろ遊ぶ予定だし、ちゃんと投稿することを誓うのであった。もう、こうなったら、ボケ防止だし。

とゆーことで、昨年7月半ば以降の出来事を、一挙にまとめてお送りしたいなーと。

7月半ばの暑い日、同級生が集まって、柳橋から屋形船に乗って、昼間から宴会しやした。

 

8月、恒例の菅平ラグビー合宿応援ツアー。一日目は、やはり恒例の佐久平ヒロッシーニにて、現地の仲間とランチ。ヒロッシーニは、佐久平駅前から、岩村田へお引越しした。

 

菅平まで行く途中、初めて稲倉棚田を見る。


毎年お世話になってます、峰の原高原のぺんしょんぷれじーる、二泊三日でお料理満喫したし、練習試合も見られたし。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

須坂にある、「あがれや」でおそばをいただく。旦那さんも、お元気そう。やっぱ、うめいぜ、ここのそば。

 

9月の初め、同級生の蓼科の別荘にてお泊まり&ゴルフ。前日向って、串の坊で豪華にお食事。

 

 

ってな感じで、9月までを走り抜けるのであった。

そして、2019年の9月は、忘れもしない8日の台風から始まり、房総半島ではいろいろあったのだった。続きはまた・・・

東北さいくべ3日目_最終章_銀山温泉~山寺へ

標準

さて、3日目最終日。朝もはよから、ババア二人でしっぽりと1階にある石のお風呂に入り。

朝ごはんをいただき。

dsc_0173

朝ごはん

上げ膳据え膳で、ほんとまったり過ごせた藤屋を出て、山寺へ向かう。

帰りもやはり、タクシーで私らだけ大石田駅まで送っていただく。また来るぜと思う。今度は、おしんで泉ピン子がパートしてた宿、ってことで撮影に使われた、能登屋にぜひ泊まりたいしな。

大石田駅では、東北本線の時間まで結構待ったけれど、うだうだしてる時間は結構心地よいもので。大石田駅舎の上は、花火大会用の観覧席になってる。これ、すごいよな。

dsc_0176

前日の雨はうそのようで、結構いい天気になっちまった。梅雨の晴れ間とはこのことだ。

そしていよいよ、今回の旅の最終ミッション、山寺にとうちゃこ。

dsc_0191

駅にあるロッカーに荷物を預け、昼時だが一路山寺へ向かう。そう、ドリンクはアクエリアスを購入。

事前に山寺を参詣した友人に、どうだったか聞いてたんだが。あっと言う間に着いちゃうよ、とか。結構登るから、もう行きたくないな、とか賛否両論。

で、私的感想を言うと、後者の意見が正しかった。なーにが、あっという間にちょちょんだよ。めっちゃくちゃ大変じゃん!階段を上がりながら、恨みつらみをぶつぶつ言いつつ、何度も立ち止まって心臓バクバクさせながら進むのであった。

階段は約1,000段くらいだそうで、上まで登ったら煩悩が消えるらしい。下のほうは、うっそうとした森の中の階段をひたすら登っていく感じだが、周りには苔むした地蔵だの、羅漢だの、お塔婆だの、いろいろあって。修行僧とか、歴代の僧侶とか、地元の檀家さんとかのもの墓とかっぽいのがあったりとか。こういうとこって、後でいろんなものくっついてきちゃうんだよな、とか思ったけれど。そんなこと、気にする暇もないくらい大変だったのだ。

同伴者に「もう、わし止める」、「ここで待ってるかも」だの、と弱音を吐き続ける。途中、いくつもコロリ系御堂があり、ピンコロ希望の私は全てに願をかけ、お賽銭を投げるのであった。しかし、ここでコロリと逝ってしまっては元も子もないと思ったが、ほんと、コロリと逝ってしまいそうなくらい、自分にはきつい修行であったのだ。

やっと山門までたどり着くと、ハアハアと心臓は高鳴るばかり。そこで一句。

しずけさや 岩にしみいる 虫の息

自分よりもっと年上とおぼしき紳士淑女から、「ここまで来たら、もうほんとすぐだから、頑張って~」という声援に背中を押された。

人って、もう駄目、とか思っているときにポジティブな声掛けをされると、奮い立つものなんだな。残りの200段あまりを、頑張って登る。で、奥の院にとうちゃこ!

やっぱ山寺、というだけあって、それは結構な高さで。景色ったら、素晴らしい。

そして、パワースポットと言われているらしいが、ほんと実感してしまうのだった。さっきまで、あんなに苦しかったのに、この身の軽さはいったい何?まじ、空気すっきりですがすがしいのだった。自分の煩悩、ほんと消えたかも?と思ったとたん、まだたくさん余裕があるぜ、などともうすでに煩悩現る。

いや、ここまでこれたのも同伴者のおかげと、ほんと感謝すると同時に。待てよ、こやつ陸上部だったよな、そうか彼女はマラソンでいうところのペースメーカー的な役割をしてくれてたんだ、と益々感謝。

煩悩も消え、こんなたくさんの階段を登り切った自分に自信を持ち、たったかと梺のこんにゃくに向って下っていくのであった。

で、こんにゃく最高!丸いこんにゃくが、3個串にささってて1本100円だよ、100円。まじ、美味しかった!

お昼抜いて上がったもので、仙台発新幹線の時間に合わせて、次の仙山線まで時間がある。あたふたしたくないので、駅前のENZOUにて昼食。

お疲れさんの、瓶ビールと、焼酎の蕎麦湯割りをいただきながら、取り放題のおしんこ、サクランボをサービスしてもらう。

イカゲソ天ってゆーのは、もしかして山寺のソウルフードなのだろうか、このイカゲソフリットは、そこらの蕎麦屋のメニューにある。

山形に宿泊し、こんなにゆっくり滞在したのは初めて。なんか、山形の人たちって好きだな~ほんとあったかいんだもん。

大人の休日倶楽部パスを利用した、二泊三日の旅のミッションはこれで終わり。仙山線にゆらゆらゆられて、仙台まで。仙台から東京へ行き、解散。わしは、そこから特急で帰宅する。

今年の秋も、このパス出たら利用していろいろ行っちゃおうかな、などと思ってる。だって、東北でまだ制覇してない路線たくさんあるんだもんな~頑張らなきゃだ。

 

東北さいくべ_2 日目_その2_銀山温泉藤屋

標準

いやはや、2日目は雨に降られて、予定が変更になったが。朝は朝市で美味しい朝ごはんを食べ、午後はワイナリーでさんざんワインとスパークリングを試飲し、東北本線に乗り、大石田駅で下車。銀山温泉へ向かうのだった。

今回の旅程、最初予定した日程を1日ずらした。銀山温泉、藤屋の予約が取れたからだ。今回の旅の、メインイベントでもある。初山形泊だし、初銀山温泉だし。それに、藤屋といえば時の人隈研吾デザインの宿でもある。

事前に予約していた、宿への送迎は、なんとうちらだけ。それも、タクシーだし。ちょいと若くて清潔感のある運転手さんは、観光タクシーさんらしく、いろいろ説明してくれる。銀山温泉は尾花沢市にあるが、尾花沢といえば、花笠音頭→中学のとき運動会で踊った、ってことで話が弾み、花笠音頭、尾花沢音頭の由来を熱心に教えてくれた。(これはググって調べて)

みんなが一生懸命踏み固めてつくった、徳良湖をまわって銀山温泉にとうちゃこ。

温泉街の中は、車が入れないので、入り口から歩きそんなとこも、なんだか哀愁があっていいんだな。

あーー。これこそ、よく写真だか、テレビだかで見られる景色。ほんと、山深いところにあるのだ。豪雪地帯なので、雪景色を求めて冬は賑やからしい。

そんな中、ちょいとモダンな藤屋が。隈ってる、とでもゆーんでしょうか。

数年前まで、青い目の女将さんがいたけれど、この改装にえらく反対していて、子どもを連れてアメリカに帰ってしまった、とかネットで噂されていたが。

こちら、改装したての当時は、1人5~6万くらいの超高級旅館で。ヒヒジジイが、姉ちゃん連れてしけこむ旅館の代表となっておったが。今はかなりリーズナブルになっている。

のせいか、大浴場というものがなく、館内にある温泉浴室は、全て貸切風。おばさん二人で、貸切風呂ってなんだよな~とか言ってたんだが、まあそれなりに結構楽しめたぜ。

宿に着いたのは、4時頃。大石田駅から車で20~30分くらい。夕飯は6時半からなので、それまで個室風呂に入って、うだうだと横になってすごす。これ、温泉の醍醐味。

3階にある、半露天の桧のお風呂。ちょい藻だか、苔だかが気になったが、翌日総とっかえしてたぜ。

dsc_0160

3階半露店風呂。気持ちいいだよ。

待ちに待った夕飯。事前に持ち込みの了解を得ていたが、持ち込み料はいりません、とのこと。スパークリングを冷やすために、ワインクーラーをお願いしたり。

料理は、それなりに美味しくいただけた。実は、八戸で私はホタテ、連れはイカを食べなきゃと思っていたのに、叶わなかった。それがここで叶ったので、ほんと満足であった。

BGMは、ずっとyoutubeで尾花沢音頭を流して、何回も歌って楽しむ。で、合いの手下手くそだと自覚する…

持ち込み料もなしで、ワインクーラーも出してくれちゃったので、なんか悪い気がしてしまう。こちらの宿では、ちょいと先にある高畠町のワインがあったので、赤を1本飲み。冷蔵庫ビール、大びんを飲みだし、追加でもう2本持って来てもらう。(それも、結構深夜迷惑)

またしょうもなく、ごろごろしながら酒飲んだくれであった。

銀山温泉、さいこ~

 

東北さいくべ_2日目_その1 館鼻岸壁朝市~タケダワイナリー

標準

前日、自分では抑えたつもりであったが、やはり年のせいか5合近く飲むと翌日残る。

ちょいと二日酔い気味ながらも、朝もはよから起きて館鼻岸壁朝市へ向かう。

八戸中心街から、朝市会場まで巡回バス「いさば号」が100円で乗れます、みたいなことを大々的に書いてあるが、乗れません。普通のいっぱいです。これ、あてにしないほうがいいかもだ。うちらは、8時ちょい過ぎの新幹線に乗らねばならないので、Time id gold、ってことでタクシーみっけてさっさと乗り込む。中心街からは、2,000円ちょいかな。

で、優しい運転手さんにいろいろ教えてもらいながら、朝市会場にとうちゃこ。
dsc_0147
この朝市、4時前からにぎわっているらしく。すごい人だし。とにかく、ここで朝ごはんを食べようと思っていたので、いろいろ見て回る。ほんと、美味しそう。

この日もやっぱり天気は悪く、寒かったので暖かいものを欲するわしら。結局、鍋系とウニご飯でお腹いっぱいになる。めたくそ、美味しかった!

鍋やのとなりで、親子とおぼしき青年とご婦人がおとなしく売っていたウニごはんも一緒に。また、これが美味しいのなんの。鍋、300円とウニご飯350円で超満足。すじこは、500円だったから自分のために購入した。同伴者、サケとばを購入。(イカとサケ好きなんだな)

食った食ったで、満足。八戸駅へ向かう。市場から駅まで約3000円くらいだったかな。

やはり、前日指定席を発券していてよかったぜ。ほんと、満員であった。八戸駅から、仙台へ向かうのであった。

仙台駅にとうちゃこ、初の仙山線に乗り込む。雲行きは怪しいが、山寺へ向かうのであった。仙山線は、ひと山越えて山形へ向かう。山寺は、なが~いトンネルを越えて、面白高原の先だ。雨は、どんどん強くなり、景色は全く見えない感じ。

同伴者、はい、今日は山寺止めて、明日にするべ。とゆーことで、最初雨だったらどうする?的に相談したときに、山形のワイナリー行こうか、って言ってたので、とにかく山形まで出てワイナリーに電話する。そう、むふふのタケダワイナリーだ。大好きなサンスフルを作ってるとこ。土日は、電話予約すれば見学できるとのこと。

ちょうどお昼どきだったのだが、夜は宿飯なので、ちょいと軽く食べたいね、なんて。駅員さんに聞くと、新幹線ホームにお蕎麦屋さんがあるらしく。そこは大人の休日倶楽部パス、どこでも乗り降り放題、新幹線の改札を入って、蕎麦だけ食べる人ってうちらだけだろうと思われる。

ちょいとお腹を落ち着かせて、タケダワイナリーへ向かう。JR東北本線米沢行きに乗り、茂吉記念館前で下車。また、これも珍道中ですから、なかなかできない体験をする。ここでも、塗りつぶし完了。

dsc_0152

茂吉って、あのたらちねの母の茂吉だ。彼は、ここら出身だったのか、と。茂吉記念館に行くことは全く思い浮かばず、この無人駅からちゃんとワイナリーまでたどり着けるのだろうか、という不安でいっぱい。そして、なんだか観光客は絶対に歩かないような道をとことこ15分くらい歩き、やっとこさタケダワイナリーとうちゃこ。

雨がザーザー降ってるんだけど、見学者は私たちだけ。お姉さんが、熱心にいろいろ説明してくれる。今は仕込みが始まる前で、静かなワイナリー。東京ドーム2.5個分の敷地で、有機栽培の葡萄を育てている。一番古い木で、70年だそうだ。

半地下の貯蔵庫とか、貴重な現場を見せてくれた。スペインのトレドのワイナリーに行ったときも、半地下だったっけ、なんて思いながら。しかし、すっげーんですよ、湿度が。微妙な二日酔いと、ちょいとした疲れで、わしの頭はくらくらになる。

が、それでも試飲してしまうという、酒飲みの性。いろいろ試飲して、宿で飲むようにサンスフルを購入。

雨がすごいし、もう歩きたくないので、タクシーを呼んでもらってかみのやま高原駅から大石田へ向かうのであった。いざ、銀山温泉へ!

 

 

東北さいくべ_1日目_その2_八戸中心街で飲む 山き&番屋

標準

朝もはよから家を出て、猊鼻渓で飲み、雨に降られて冷えたのに、盛岡から八戸までのJR東北本線は冷房がききすぎで、寒かった。

八戸から、本八戸まで電車ですぐだが、前回本八戸駅から中心街にあるホテルまで、坂を上って結構きつかったので、八戸駅東口からタクシーに乗る。

八戸東口には、産業振興なんちゃらがやってるユートリーあり。前回来たとき、いろんな青森物産品があるので、結構楽しんでショッピングした。何でもあるので、今回友人に頼まれていた、飴入りの南部せんべいを購入し、ホテルへ向かう。

さすがに本州の北の果て、青森はちと涼しい。そう思って、長袖重ね着、タイツはいちゃうぜ作戦で、ホテルにチェックインしてから、街へくり出す。

前回行けなかった、屋台村に向かったが、土曜の夜だったせいか、めちゃくそ混んでいる。屋台村の店内は(みろく横丁ね)、5~6人座れるか、座れないか、って感じ。文化祭的な雰囲気。お目当てのお店は、すでに予約でいっぱい。

なので、太田さん好きの姉から聞いていたお店に向う。

dsc_0135

おかげさんは、すでにいっぱい。ちょっとしたから、また来てね、的なことを言われたので、ちょっとそこらをぶらぶらしてから行ってたけど、やっぱり入れなかった。

そこで、もう一軒太田さんお勧めのお店、山きへ入店。

さんさ街の入口にあったと思ったが~(間違ってたらごめん)dsc_0134

ここは、どうやらJR東日本のCMで吉永小百合さんが、来店したか、撮影したところらしく。(ここの席に座っていた、とかオヤジたちが騒いでいた)

小あがりでよければ、ということで入れてもらえる。カウンターはいっぱい、っていうか、空いてたけど予約が入っていたようだ。

ママさんは、うちらよりちょいと年上の野川由美子さんの若いころ、にクリソツな美人。

一人できりもりしているので、完全アウェーで、観光客丸出しのわしらはちと場違いな感じがした。が、そこは酒を飲みに来ているので、楽しまなきゃと結構関係なく過ごす。(遠慮などないやつら)

こちらのお店も、お惣菜を大皿で出していて、ほしいものを注文する、って感じ。さすが米どころであるので、八戸はもちろんのこと、青森の地酒も揃っている。

もう一軒、ってことでまたおかげさんに行く。が、やはり席が空いてなくて、再々度断られてしまう。

ってことで、〆は番屋ですか、と2年ぶりに番屋へ。

やっぱり、ここは落ち着きますな。2年前に、入ったばかりであたふたしてたお兄さんは、2年経った今ではもうしっかりものの従業員さんで。めちゃくちゃイケメンの若手のお兄さんがいたりして、ババアの目の保養になる。心なしか、女将さんに似ているような。もしかして、お孫さんだったり?

翌朝は館鼻岸壁朝市に出掛けるので、酒量もそこそこ。はよ、寝なければ!

とゆー感じで、1日目のミッション終了~

 

 

 

東北さいくべ_1日目_その1_猊鼻渓川下り

標準

大人の休日倶楽部で、年に3回だっけな、発売される大人の休日倶楽部パス、4日間有効、JR東日本乗り降り放題15000円。今回も利用して、東北へアラ還昔女子の弥次喜多珍道中~。

1日目、いすみから8時台の特急わかしおに乗って集合場所、東京駅グランスタ銀の鈴へ向かう。このパス、もちろん房総から使えるからすごい。わかしおのような特急も、新幹線も、自由席であれば何度でも乗り降り自由なのだ。

新幹線やまびこに乗り込む。今回は土曜日発だったので、朝早いけれど結構混雑していた。東北新幹線の新車両だったかで、結構ゆったりと座れる。

一ノ関で下車、人生初の大船渡線に乗り、猊鼻渓へ。そう、旅の初めは猊鼻渓の舟下り。

初乗車、大船渡線。仙台から、猊鼻渓まで塗りつぶし。

dsc_0126

数日前から梅雨空が続いていたので、川が増水しているとかで、途中で折り返し運転。なので、料金も、ちょい割引きになっていた。

猊鼻渓の景色は、雨でも結構見ごたえがあったし、船頭さんの話が面白いから飽きない。出船ぎりぎりで乗ったけれど、おつまみとビール、日本酒はすぐ持って来てくれたしな。

今回の旅の自分コレクション。

dsc_0192-1

最後のほうで、船頭さんが歌ってくれたり、しんしんとした東北の川下りを堪能する。

下船したら、すぐさま雨が降りだす。

ちょっと小腹も空いたので、乗り場近くの茶店に入り、おでんなどつまみながらまた飲んじゃったり。でも、なんだか従業員感じが悪いから、大船渡線の時間に合わせてとっとと店を出る。

雨は、もうじゃんじゃん降りだったが、どうにか駅にとうちゃこ。また大船渡線に乗り一ノ関へ引き返し、新幹線で盛岡まで行く。

盛岡からは、JR東北本線に乗る。途中、花巻、花巻空港など、ゆらゆら揺られて、うとうとしながら八戸に着く。ここでも初の塗りつぶし。

八戸の宿は、前回と同じダイワロイネットホテル。そう、八戸中心街にあるホテルだ。1日目の夜は、八戸の中心街を満喫する予定。