カテゴリー別アーカイブ: 国内旅行

夏の終わりの長野旅 その3 ぷれじーる~飯島商店~おぎのや峠の釜めし

標準

やはり、前日も早寝してしっかり睡眠をとる。台風のせいか、風の音で何度か起きたけれど、疲れが取れるくらい寝られた。

朝食は、いつも楽しみにしているいろんなサンドパン。しかし、これも一度に食べきれない。いくつかラップに包んで、試合観戦に持って行く。

KIMG1176

二泊三日はあっという間で、ご主人と奥様に別れを告げてチェックアウト。午前中の試合を観戦して、ちんたら佐久平まで向かう。

時間がめたくそ余っているので、上田駅前の飯島商店へ。

KIMG1177

すっげー、有形文化財指定の飯島商店。内部も超レトロだし。時計のコレクションとか、なんだかすごい調度品が展示されており。入り口にいる男性が、来店した客にアンズジュースをふるまっている。CAかっ?って思うくらいのおもてなし用。

飯島商店に立ち寄ったのは、みすゞ飴購入のため。今年は須坂まで行ったのに、小布施には行かなかったので、どうせだったら本店で購入しようとなる。こちらの建物を見るだけでも、立ち寄った価値はあった。

佐久平駅前でレンタを返し、お土産をごそごそとスーツケースに詰め込んだりして時間を過ごす。

佐久平駅って、ほんとなんにもなく。ちょっとお茶するところが駅構内にあったらいいのにね、と思ったり、汗ばんだり。とにかく日差しが強くて、ちょっと歩くことも嫌だったし。(目と鼻の先に、モスや、ヒロッシーニや、いろいろあるんだが・・・ちょっとも歩きたくない気分であったし)

改札横に、涼しい待合室があり。そこの売店で、おぎのや峠の釜めしを販売していた。それも、土日祝限定販売の簡易パック。そう、釜じゃないのだ。8月の繁忙期の間だけ、毎日限定で売っていると。見ると、棚には結構な数残っている。

これから東京駅まで行き、そこからさらにいすみまで帰るので、お腹がすくかもしれないと購入。

帰宅後、やっぱりお腹空いて食べてまう。

小さいころから、大好きなんや、これ。

べつに、翌朝食べてもよかったんだが、賞味期限が当日の21時までとなっていたので、はよ食べなあかんと。紙製の簡易パックだったけれど、2分くらいチンしていただく。

あ~~やっぱ大好きだわ、峠の釜めし!

とゆーことで、二泊三日の旅は終る。留守番にゃんこたちに、お帰り~お帰り~とくっつかれて戯れるわしだった。

広告

夏の終わりの長野旅 その2 峰の原高原ぺんしょんぷれじーる~須坂松屋(蕎麦)

標準

佐久平でランチして、レンタのアクアでじっくり登ってきたので、標高約1500mにも体が対応したせいか、脱水症状で何回もトイレに起きることなく、ぐっすり寝てしまう。

ぷれじーるの朝食は、メニュー的には変わらないけれど、朝ご飯はこれでいいのだ。焼き立てのパンと、高原野菜、いい空気で浄化される感じだ。

パンは、ほんと二口サイズ。だけど、やっぱりこんな食べきれないので、ラグビー観戦用に甘めのパンだけ残しておく。

台風が近いせいか、山の天気は変わりやすいせいか、ラグビー観戦中も急に雨が降ってきたり、風がつよくなったり。午前中の試合終了後、午後の試合まで時間がある。連日洋食なので、お昼は醤油っぽいものが欲しくなり。菅平高原に昔からあった蕎麦処の「つかだ」も閉めてしまったので、上田に降りるか、須坂に降りるかしないと、蕎麦もんはないので、須坂の「あがれ家」に行こうと向かう。

とうちゃこする、駐車場に入る、あらま臨時休業だし。確か、「あがれ家」臨時休業はこれで二度目。「もう、絶対来ねえ」と同伴者。駐車場の道を隔てて、きれいな外装の「松屋」とゆー蕎麦屋発見。「あがれ家」目当ての人たちは、みんな「松屋」に入っている。

KIMG1166

新しい建物で、おしゃれな外観「松屋」

お値段もお手頃だし、カジュアルな感じ。わし、町並み蕎麦を注文。

KIMG1167

町並み蕎麦

やだー、めちゃくちゃうめえじゃん、ここの蕎麦。そうだよな、蕎麦の本場でいい加減なもんは出せないだろう。左下のまんまるいのは、須坂名物の紫米でできたおはぎ風。ゴマと、お砂糖がまぶしてあり、自家製であろうキュウリの漬物との相性抜群。いや~ここいいわ。そして、お値段は2人で「あがれ家」の天ざる一人前と同じくらい。めっちゃ、気に入ったぜ「松屋」!

そして、夜は夜でぷれじーるのフレンチフルコースなり。

スライドショーには JavaScript が必要です。

なんか、連泊している人がいるので、ご主人はほんま試行錯誤している。いつもそうじゃないとは言わないが、なんかご相伴にあずかっている感じでラッキーだった。

そして、これだけ連泊している人に対して心遣いをしてくれるところって、あんまりないと思われる。いつか、違うメンバーで訪れたいと思ったりして。

夏の終わりの長野旅 その1 佐久平ヒロッシーニ~峰の原高原ぺんしょんぷれじーる

標準

今年もまたまた、菅平ラグビー合宿応援の旅で長野へ行っていた。

毎年佐久平駅前にある、ヒロッシーニで友人たちとのランチ会。今回は、松本には行かず、菅平二泊でたっぷりと練習試合を観戦する予定。

佐久平駅前のヒロッシーニは、年内で場所を移動する予定。この駅前店でのランチ会は、これで最後だ。

いつもは3000円のお任せコースなのだが、今回は少量多皿のおまかせコース。佐久の幸を堪能する。

佐久平駅前のトヨタレンタリースでレンタして、菅平まで運転手の私はノンアルだけれど、こちら、ノンアルカクテルたくさんあるし。結構飲んだ気になって楽しめた。

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

いや~ほんま、少量とか言ってたけれど、とにかく美味しくて、バーニャカウダが余ったからパンを追加してしまったし。ほどよい硬さと、スープのコクとレモンの酸味が絶妙なリゾットなど、ほんと堪能とはこのことだ!

お腹いっぱいになって、今夜のフルコースは平気だろうか?と思いつつ、峰の原高原ぺんしょんぷれじーるへ向かう。
KIMG1148

とうちゃこしてすぐお風呂に入り、風呂上がりの一杯を・・・こちらのお風呂は高原のお水が肌にやさしく、温泉のようだ。

6時半から始まるディナーに、食べられるかなと不安を抱いていたけれど、結構しっかり完食してしまうのであった。

今回、5~6泊しているラグビー大学生の父兄の方たちがいらして、毎日違うお料理をご主人が試行錯誤しているとか。それにあやかったとゆーか、なつかしいメニューやらもあり、ヒロッシーニに次、こちらでも超堪能しまくりで、寝ブタ祭。

 

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

 

翌日台風で荒れたお天気になると思われたけれど、一日目の夜は星もお月もきれいだった。

KIMG1161

 

 

7月の京都で鱧~糸源(京都西陣 北野下の森)

標準

2018年7月、祇園祭の最中仕事で京都へ。

ちょいと時間があったら、嵐山か、比叡山か、鞍馬、貴船にでも行くかな、と思っていたのだが・・・

暑すぎる!いったいなんじゃい?よーく皆さん祇園祭の鉾とか見られるよな~~

ということで、朝ごはんを食べホテルをチェックアウト後ランチ。こりゃ、鱧喰って帰るしかない。

とゆーことで、北野白梅町駅にほど近いところにある、糸源でランチ。

はも落とし、5個入って2000円。まあ、こんなもんかな。適度なお値段。

KIMG1105

鱧づくしご膳3800円ってゆーのがあったけど、朝ごはんでお茶碗2杯食べちゃったので、なんとも無理そうだった。鱧寿司もあったけど、7800円。こりゃ、大量だきっと。と思い、2人で穴子寿司&鉄火まきを半分こ。

アナゴおいしいぜい!

KIMG1106

あと、鱧の天ぷらなど食して、冷酒をちょいといただき満喫。

KIMG1104

糸源さん、結構リーズナブルでお値段が見えるいいお店だった。

そして、またタクシーに乗りJR円町駅へ。電車で京都駅へ向かう。ひょえ~~、暑い!ホームで座って、5分電車待っていただけで、おかしくなりそうだった。

帰りの新幹線、さすが三連休の最終日、考えることはみな同じでなるべく早く東京へ向かおうとしているのだか。普通席ずーっと満席。グリーンに乗ってゆったり帰る。もちろん、ハイボール2缶飲んじゃったり。

結論、やっぱ京都の夏は暑いぜよ。

来宮神社へ2年ぶりに行く。熱海温泉夢いろは~

標準

毎年恒例、伊豆大仁カントリークラブでのコンペのため、房総ガラパゴスに住んでいる私や、日帰りじゃ疲れてしまう高齢者は前乗りで熱海へ。

一人で早めに熱海へ行き、伊豆急に乗って一駅、来宮で下りる。そう、来宮神社へ2年ぶりに大楠に会いにいった。

KIMG0997

2年前は人はまばらであったが、なんと観光客の多いこと。何か、パワースポットとして有名になったらしく・・・

まず、第二大楠さんにごあいさつ。この第二さんも、なかなかの大きさなので。分からない人は、これが大楠だと思い、さっさとお参りして帰ってしまうようだ。

KIMG0986

左手に、カフェと祈祷所、社務所があり、正面の本殿にお参りして。本殿裏手にある、大楠へ。

でーん。

KIMG0987

ほんと、この場所はパワースポットだよ。木々が、風でささと揺れ、澄みきった空気が私を包むのであった。

久々に、大楠さまの周りを歩く。

スライドショーには JavaScript が必要です。

いやー、熱海に来たら、絶対ここだよな。

社務所の横のカフェ、一昨年来たときは、お酒もあったはず。が、ない。ので、麦ごがしのスイーツをと思ったが。私が欲しいものは、全て売り切れ。おしること思ったが、つぶあんだとのことでやーめた。

しょうがないから、熱海まで歩いて、どっかで酒でもかっくらおうと歩く。

すると、来たときは分からなかったけれど、入り口鳥居の横に直営のお休み処発見。

 

セルフサービスだけれど、綺麗で気の利いた場所だ。

お神酒の日本酒と思ったけれど、わさび酒ロックとイカメンチを購入して、まったりと飲む。

KIMG0994

なんか、一応ミッション終了したので、あとは宿へ行って温泉入って、まったりするだけじゃ。

今年の宿は、熱海温泉夢いろは。わがままなメンバーたちのリクエストにこたえるべく、シングルユースできた唯一の宿。

宿までは、ほんと笑っちゃうくらい近かった。こんな階段を下って、ちょちょっと歩いたらもう目的地だったり。こんなに来宮に近いんだったら、来年もここにしようと思ったり。

KIMG0998

以前、東京都の保養所だったそうで。なんとなく、対応が素人っぽいし、お風呂の引き戸がなかなか開かなかったりと、シャビ―なところはあるけれど、スタッフは一生懸命さが伝わるとゆーか。嫌な気はしなかった。(これ、珍しいのことね)

温泉は、ナトリウム泉で、メタケイ酸いっぱいの美人の湯ですわ。

源泉かけ流しなので、やや熱め。浴槽には、温度調節できるように、幾つか蛇口がある。ぬるめの温泉好きなので、温度調節しながら入るのも、なんとなく本物っぽくて好きかもしれない。

夕飯は、どーんと出てくる。量的には、ちょうどよくて、目の前で炊きあがる釜飯。これが、非常に美味しかった。全体的にお味は、超合格って感じ。

朝ごはんも、ほんと無駄がなく。ごはんの炊き具合も、私好みで2杯も食べてしまう。

若い人や、ご飯を楽しみにしている人たちにはちょっと物足りないかもしれない。

でも、値段もリーズナブルだし、お布団は自分で敷かなければだけど、結構大きなお部屋をシングルユースできるし。来年のコンペのときも、こちらにお願いしようと思ったり。

そうそう、飲物の値段も良心的で、皆さん大満足であった。

部屋からの眺めは、あまり期待できないが、目的はゴルフで、ついでに温泉って感じなので、これで十分であった。

そして、翌日のゴルフ・・・ま、こんなもんでしょ、のスコアだったり・・・

 

9月末の京都 その3 スナックてるこ~K6~帰路の駅弁(侘家古暦堂)

標準

京風四川料理齋華で、めたくそ美味しいお料理を堪能し、ずっと待っていてくれたMKワゴンタクシーに乗り、祇園のスナックてるこへ。

あれ、また絵が変わってるし。

KIMG0443

てるこさん、いったい何枚自画像あるんだろう?

そして、傘寿になるとゆーに、お肌つやつやてる子さんの美肌の秘訣を聞いた。月に三回は、スッポンを食べるとのこと。大市だって~~。まだ足を踏み入れたことがないのだけれど、ってゆーか、大市のスッポンドリンクしか飲んだことなく。。。やっぱ、スッポンはいいらしい。

齊華でワインを結構飲んでいるけれど、ここでまったりハイボールをいただく。てるこさんのところのあては、ほんとおしゃれでかわいい。わーでも、好きな人は大好きだけど、超苦手な干し柿が・・・

KIMG0442

てるこさん、M子さんと、さて次はいつ齊華に行こうかとか、年末は大渡キープしているとかゆー話に花を咲かせ、やっぱり年末京都に行くほどの資金もないので、寒いよ暇だよ京都の冬、1~2月頃がいいのでは、なんて。でも、まだ未定。

本当は、京都に来たら、寄らなきゃいけない食べ物やさんがまだあるけれど、そこは1泊だから無理。昨年夏のライブに、京都からわざわざ見に来てくれた、K6の澤君のところへ。

M子さんは、そのままMKタクシーで芦屋へお戻りなので、K6まで送ってもらう。実は、初一人K6だったりする。意外と、平気かもの私であった。

いつものように、澤君にわがままを言って、すっぱくてしゅわしゅわするカクテルを。

KIMG0445

 

前々回かな、お店に置いてある最後のペルッツオッカを私が飲み干してしまったのだが、前回から独自でペルッツオッカ風を作っていて、それをいただく。

KIMG0446

セロリとか、ハーブやもちろん赤唐辛子満載の瓶に注目。これ、自分で作れそう。今度、テキーラで作ってみようっと。

で、お決まりのK6名物お手洗いを激写。

KIMG0447

適当な時間にタクシーを呼んでもらって、ホテルへ帰る。もちろん、下のコンビニで寝酒のハイボールを購入。

翌日は、チェックアウトぎりぎりに起きて、ホテルを出る。

ゆったりと寺町を歩き、錦小路へ抜けて四条駅へ。しかし、錦の変わったこと、変わったこと。外国人用に、どのお店もひと口大の食べ歩き商品を売っている。荷物がなけりゃ、私もゆっくり堪能できたんだが。これは、また次の機会に。

京都駅へ早めに着いて、仕事のチェックなどもしながらまったり待つ。若干二日酔いだし、東京に着いたら同窓会に直行なので、いつものように大市のスッポンドリンクを一気飲み。

大好きな駅弁を買う。もう、これは京都に来たら定番弁当。祇園にある、侘家古暦堂のふわふわ玉子の鶏カツ弁当だ。

KIMG0450

新幹線に乗り込み、やっとお弁当食べますわ~とユー感じで食べたのだけれど。

KIMG0451

なんたるちーや、見た目はいつもと変わりはないのですが、鶏カツが!!いつもあんなに柔らかかったのに、超かたっ。なんか、人気が出てきちゃって大量生産した末路を見てしまったようだ。もう、絶対次回から買わないし。さらば、鶏カツ弁当、何回か楽しませてくれてありがとう。

とゆーことで、京都弾丸1泊2日の旅を終えた。この日、また飲んじゃったし・・・・

9月末の京都 その2 齋華(泉涌寺)

標準

歌舞練場を後にして、歩いて数分のスナックてるこへ。てるこさんと、今回ご招待してくれた芦屋マダムM子さんと待ち合わせ。ほとんど今日一日のお足になってくれるとゆー、MKタクシーのワゴン車に乗り込む。

華は、泉涌寺のおひざ元にあり、ま、ほとんど泉涌寺の敷地内の隠れ家的な一軒家。下から行くと、ちょっと歩くらしいので、上まで行って、階段を下りたところにお店がある。

まずは、京都が一望できるこの景色。

KIMG0426

階段を降りると、そこに一軒家のお店がある。

KIMG0427

店内は、カウンター席オンリー。(10席)靴を脱いで、カウンターの下に足を下ろす。

KIMG0428

カウンターの右側に厨房がある。

とにかく、房総ガラパゴスから、わざわざこの店のためにやってきた私。期待大。

わーい、いきなり大好きなもの。いくらのしょうゆ漬けですが、そこはやはり中華ですから。多分、紹興酒に漬けていて、花山椒の風味もありの。

KIMG0429

下には、中華風茶碗蒸しというか、なんというか、とにかく美味しいのだ。

KIMG0430

一発目から、結構やられている。

二発目は、中華風カツオのたたき。このカツオ、房総勝浦からだと。京都まで来て、地元の食材に出会えるのは、超うれしいことだったりする。

KIMG0433

こーゆー食べ方も、実はあるんだよね。

食事のおともは、シャンパンから。

KIMG0434

金華ハム、なんとか豚、蒸し鶏、いろいろ。お酒も進む美味しさ。豚肉を干してから、皮身をカリカリにしている。またまた、房総の大きな落花生が出てきた。

KIMG0435

出汁の効いている、キノコのスープ。

KIMG0436

アナゴがたっぷり入っている、春巻き。旬のアナゴがぷりっぷり。

KIMG0437

エビチリ、ギンナンのっけで。ほんと、二口分くらいで、いろいろなお料理をいただけるのでいいかも。

KIMG0438

で、むふふのフカヒレ。お上品な味で、京都感満載。

KIMG0439

またまた、房総の幸、マダカアワビのグリル&アワビの肝和え麺。この発想、さすがですな。

KIMG0440

最後に、期待していた辛めの麻婆豆腐。

KIMG0441

いやほんと、遠くから来てよかった!また来たい、と思うようなお店。

予約が取れないのは、来たお客さんが次の予約をしていく。10席しかないので、予約が取れないとのこと。ずいぶん先の予約だったら、結構取れるようです。9月の末でしたが、次の予約は来年の2月からだったら大丈夫です。とのこと。

つーことは、大体5カ月くらい先の予約だったら可能ってことですな。

あと、お昼もやっているので、そこもねらい目かも。

いやはや、京風会席中華、齋華、最高!