カテゴリー別アーカイブ: 旅行

恒例の台湾旅行2018 その3

標準

怒涛の3泊4日、ゴルフ二連荘、連日のグルメ食。今回も大変充実した、楽しい旅であった。いつも招待してくださる、C氏に感謝。

そう、そう。ホテルからゴルフ場まで、C氏のマセラティに乗せてもらっただよ。

この時計だけで、何十万円だもんな~~。初のマセラティ、貴重な体験であった。

KIMG0951

そう、そう、最後のほうでの紹介もなんだけれど。毎回宿泊している、リージェントタイペイ。

ここのお花も、きれいだ。毎日、バーでシャンパン飲んで、幸せなときを過ごせたのだった。

こちらの朝食、1階にあるレストランでのブッフェ。中華、和食、韓国食、洋食と、いろいろあるけれど、うーむ。はっきり言って、味が落ちたようだ。中華は、絶対に美味しかったんだけれど、なんだかなだった。ま、ぜいたくは言っちゃいけないのだけれど。。。

で、またまたまずいANA食を食べて今回の旅は終る。でもって、リージェントタイペイの食事だったりで、もう、飽きたワイ、と思うのであった。けど、プリンは美味しかったな。

さて、来年また行くことになったら、まず、ゴルフのスコアをあと10打減らすことを目標としよう。(あと10打減らしても、100切りならずだが・・・)

 

広告

恒例の台湾旅行2018 その2 永漢ゴルフクラブ and 晶華軒(リージェントタイペイ)

標準

台湾3日目、今回のメインイベント、ゴルフコンペin 永漢ゴルフ。

クラブハウスに入って、正面にいつもお出迎えのお花。お友達の黄さんが、こちらのお花をいけている。センスいいよな。

でもって、毎年楽しみにしている、イカの黒ソーセージと、台湾ソーセージ。これ、大好き。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

台湾勢は、ほんとプロ並みにゴルフがおじょうずいので、今回もブービーメーカーでびりっけつなわし。あーあ、ほんと同窓生ゴルフで、まったりやったほうが楽しいかもしれないと思ってしまう。だって、そうだよ、先日アップした大仁CCのコンペだって、結局ダメダメだったしな。ここらで、最後のあがきとしてちゃんとレッスンするべ、などと考えているのであった。。。。

そして、最終日の夜はコンペの成績発表も兼ねて、やはりリージェントタイペイさ最上階にある晶華軒VIPルームにて。

いつも出迎えてくれる、このゆるいオブジェ。あれ、去年とまた違うやつだし。でも、いいな、このゆるさ。

KIMG0957

そして、さすがにこちらのレストランは、給仕はたくさんいらっしゃいますし、テーブルも回るし、サービスもちゃんとして楽しく、美味しくいただけたのだった。

スライドショーには JavaScript が必要です。

とゆーことで、やっぱり晶華軒は好き。ル・パレ、最悪だったからな。

まじ、来年もまたお誘いされたら、ゴルフ頑張るわい。

 

 

恒例の台湾旅行2018 その1 台北ミシュラン三ツ星 ル・パレ

標準

またまた、今年も行って来た。毎年恒例、4月末の台湾旅行。

成田って、同じ千葉だけれど。アクセス悪く。台北までのANAかJALは、朝一番か、夕方の便しかなく。今年も午後一発の羽田~松山~のANA便で向かう。

前回から言っているけれど、ANAのビジネス機内食はまずい。ほんと、なぜ?っていうくらい。なので、ラウンジでカレーを食べたり、おにぎり食べたりしといた。

こちら、和食、洋食、同伴者と別々で注文。

ラウンジでお腹をいっぱいにしといたので、シャンパンのあて、的に食べる。やっぱり、同じビジネスでも、ガルーダとか、JALに比べたら味が落ちるというか。新幹線、グランクラスの弁当並って感じ。

とうちゃこ日のディナーは、リージェントタイペイ地下にある、和食のお店、三燔本家にて台湾風しゃぶしゃぶ。こちら、内装はすごく素敵。日本酒もたくさんそろっているし、海外の和食レストランとしてはよいほうだと思われる。なんといっても、宿泊しているホテルのレストランなので、みんなでわいわいやるには好都合だし。

翌日、コンペの前の練習ラウンド。夜は、台湾で初めてかミシュラン三ツ星を獲得した、ル・パレにて。

近代的なホテルの上階にある、こちらのレストラン。広東料理とのこと。特に、北京ダックが有名だとか。総勢、何人だ?17名のこの食卓。

download_20180501_220818

ミシュラン三ツ星なので、期待大。

がですね、この人数で、サーブする給仕は1人なんですよ。最初に、ひと口大の前菜を一人ずつのお皿に乗せてくれるのだが。。。最後の人に回ったときには、みんなもう食べ終わっていて、次のひと口大の前菜が来るまで、また同じように待つ。とユー状態。

白ワインはぬるい、ビールは、ぬるぬる。やっと給仕が増えたと思ったら、それでもようやく2人。17人の給仕をするのに、2人。そんでもって、上の画像のこの大きなテーブルは回らない。回らないようにしてるんじゃねえの?とみんなで頭をかしげる。主催されてる友人が、業を煮やして注意するまで、ほんとなんだかな~だった。

こんな風だったので、北京ダックを燃やしてどうのの、コックのパフォーマンスがちょっとだけ面白かったのと、味は良かった、とゆーこと以外、最低な店であった。

なので、画像もちょっとしかない。ミシュランで星を獲得しているお店、結構行ってるんですが、ここは、ほんと、最低最悪であった。

そう、そう、北京ダックもまずくはないのだが、このパフォーマンスを行っているコック、おめー、愛想悪すぎ。

でもって、給仕も、給仕を牛耳るちょっと上の女も、ほんと、愛想悪すぎ。いや~~、台湾でこんな思いしたのもしや、初めてかもだったとゆー、悪夢の夜であった。

来宮神社へ2年ぶりに行く。熱海温泉夢いろは~

標準

毎年恒例、伊豆大仁カントリークラブでのコンペのため、房総ガラパゴスに住んでいる私や、日帰りじゃ疲れてしまう高齢者は前乗りで熱海へ。

一人で早めに熱海へ行き、伊豆急に乗って一駅、来宮で下りる。そう、来宮神社へ2年ぶりに大楠に会いにいった。

KIMG0997

2年前は人はまばらであったが、なんと観光客の多いこと。何か、パワースポットとして有名になったらしく・・・

まず、第二大楠さんにごあいさつ。この第二さんも、なかなかの大きさなので。分からない人は、これが大楠だと思い、さっさとお参りして帰ってしまうようだ。

KIMG0986

左手に、カフェと祈祷所、社務所があり、正面の本殿にお参りして。本殿裏手にある、大楠へ。

でーん。

KIMG0987

ほんと、この場所はパワースポットだよ。木々が、風でささと揺れ、澄みきった空気が私を包むのであった。

久々に、大楠さまの周りを歩く。

スライドショーには JavaScript が必要です。

いやー、熱海に来たら、絶対ここだよな。

社務所の横のカフェ、一昨年来たときは、お酒もあったはず。が、ない。ので、麦ごがしのスイーツをと思ったが。私が欲しいものは、全て売り切れ。おしること思ったが、つぶあんだとのことでやーめた。

しょうがないから、熱海まで歩いて、どっかで酒でもかっくらおうと歩く。

すると、来たときは分からなかったけれど、入り口鳥居の横に直営のお休み処発見。

 

セルフサービスだけれど、綺麗で気の利いた場所だ。

お神酒の日本酒と思ったけれど、わさび酒ロックとイカメンチを購入して、まったりと飲む。

KIMG0994

なんか、一応ミッション終了したので、あとは宿へ行って温泉入って、まったりするだけじゃ。

今年の宿は、熱海温泉夢いろは。わがままなメンバーたちのリクエストにこたえるべく、シングルユースできた唯一の宿。

宿までは、ほんと笑っちゃうくらい近かった。こんな階段を下って、ちょちょっと歩いたらもう目的地だったり。こんなに来宮に近いんだったら、来年もここにしようと思ったり。

KIMG0998

以前、東京都の保養所だったそうで。なんとなく、対応が素人っぽいし、お風呂の引き戸がなかなか開かなかったりと、シャビ―なところはあるけれど、スタッフは一生懸命さが伝わるとゆーか。嫌な気はしなかった。(これ、珍しいのことね)

温泉は、ナトリウム泉で、メタケイ酸いっぱいの美人の湯ですわ。

源泉かけ流しなので、やや熱め。浴槽には、温度調節できるように、幾つか蛇口がある。ぬるめの温泉好きなので、温度調節しながら入るのも、なんとなく本物っぽくて好きかもしれない。

夕飯は、どーんと出てくる。量的には、ちょうどよくて、目の前で炊きあがる釜飯。これが、非常に美味しかった。全体的にお味は、超合格って感じ。

朝ごはんも、ほんと無駄がなく。ごはんの炊き具合も、私好みで2杯も食べてしまう。

若い人や、ご飯を楽しみにしている人たちにはちょっと物足りないかもしれない。

でも、値段もリーズナブルだし、お布団は自分で敷かなければだけど、結構大きなお部屋をシングルユースできるし。来年のコンペのときも、こちらにお願いしようと思ったり。

そうそう、飲物の値段も良心的で、皆さん大満足であった。

部屋からの眺めは、あまり期待できないが、目的はゴルフで、ついでに温泉って感じなので、これで十分であった。

そして、翌日のゴルフ・・・ま、こんなもんでしょ、のスコアだったり・・・

 

2016_11月バリ島旅行記(villa泊、ニルワナバリゴルフ、コピ・ルアックetc)

標準

あれ?今さらですか、って感じだが。朝から寒いので、暖かそうなスマホの画像を見ていたら、あ、そーだ、バリ島の旅行記ってアップしてなかったのだとPCを起動。下書きが残ってるし・・・あー、なんてだらだらなんだろうと思いつつ。

はい、すげー前ですが2016年バリ島旅行記。アップしながら、暖まろう!

そうだ、前回行ったときは、まだJALの直行便があったのだが、2016年11月の時点ではなく。その昔、「空飛ぶ棺桶」と呼ばれていたガルーダにて。

ガルーダだって、いつまでも棺桶呼ばわりされたくなかったようで、今はだいぶ改善されて快適な旅ができた。何といっても、ビジネスの機内食はシェフが手掛けてくれるのだ。

      前菜。パン(結構おいしい)。メインのおさかなのグリル。

 

 

 

飛行機の旅は、安全+機内食の美味しさだよね、やっぱ。

このバリ旅行、友人の還暦祝いで、ぜーんぶご招待というすごい大名旅行。総勢、60人。日本組、台湾組、北京組と、バリでゴルフして、観光して、最終日は還暦パーティー。終わったらすぐに深夜便で日本組は帰国、って感じ。

宿泊先は、二手に分かれて、大きなSaba villaと、うちらはなんちゃらヴィラへ。

いくつかの棟に分かれていて、一つの棟に3部屋(各部屋バスルーム、トイレあり)。共同のダイニングルームと、こんな感じのリビング、プールがある。

 

庭がきれいだよな。

 

朝食は、別棟のダイニングで食べて。昼はゴルフ場、夜はメインのSaba villaでみんなでワイワイ。本格的なケチャケチャ。

KIMG1884[1]

ゴルフは、バスに乗って~ニルワナバリゴルフへ。有名なタナロット寺院に隣接していて、前回のバリ旅行には(バリゴルフ合宿)3回プレーしたとこだ。棚田があったりして、いい感じ。

KIMG1933[1]

海に向かって打ったり、海越えみたいなとこもあって、面白い。しかし、暑い、しかし、キャディーは1人に1人付くから、結構楽っちゃ楽。

観光日には、バスでウブドまで。ウブド辺りにある、MonkeyF Forest。前回もいったけど、雨が降ってたからサルが少なかったのだが、今回はサルだらけであった。

 

キンタマーニ高原へ最高級の眺めと、最高級のコーヒーを飲みに行く。

「Bali Pulina」ジャコウネコのウンチコーヒーが飲めるコーヒー園。眺めも最高。

 

コーヒーは飲まない人なんだが、たくさん効き酒のように出してくれるので、しょうがないから飲んでみる。

KIMG1901[1]

ほとんど、粉みたいになっていて、飲む前に見てしまったジャコウネコのウンチを思いだすと、なんだかウンコ臭い気がしてならなく。。。

ジャコウネコと言っても、ネコ目じゃなくて、ジャコウネコ科っちゅー、超原始的な生物群らしい。KIMG1896[1]

そして、この子たちにコーヒーの実を食べさせると、私らが豆と言っている種がウンチと一緒に出てきて

KIMG1897[1]

これを焙煎して、細かく挽いて飲む「コピ・ルアック」これが、世界一高価なコーヒーであるのだが。うーんと、って感じ。

で、タナロットの夕日を見に行く。

潮が引いているので、寺院までみんな歩いてるよ。ゲンキな仲間は、行ってきたらしい。みんなが歩いている辺り、前回亡き父の一部をちょっとだけ散骨したところだすわ。仕事が忙しくて、行きたいところに行けなかった父のために、姉はハワイで、弟は沖縄で散骨したのだった。

KIMG1915[1]

タナロットに沈む夕日が見られる公園は、世界中の人たちが集まってる、って感じで大賑わい。

そんな感じで、またゴルフして、毎晩盛り上がり、楽しいバリ旅行だった。

バリはホテルに泊まるにしても、遊ぶにしても、値段が安いからいいよな。また、ゴルフしに行きたい!

9月末の京都 その3 スナックてるこ~K6~帰路の駅弁(侘家古暦堂)

標準

京風四川料理齋華で、めたくそ美味しいお料理を堪能し、ずっと待っていてくれたMKワゴンタクシーに乗り、祇園のスナックてるこへ。

あれ、また絵が変わってるし。

KIMG0443

てるこさん、いったい何枚自画像あるんだろう?

そして、傘寿になるとゆーに、お肌つやつやてる子さんの美肌の秘訣を聞いた。月に三回は、スッポンを食べるとのこと。大市だって~~。まだ足を踏み入れたことがないのだけれど、ってゆーか、大市のスッポンドリンクしか飲んだことなく。。。やっぱ、スッポンはいいらしい。

齊華でワインを結構飲んでいるけれど、ここでまったりハイボールをいただく。てるこさんのところのあては、ほんとおしゃれでかわいい。わーでも、好きな人は大好きだけど、超苦手な干し柿が・・・

KIMG0442

てるこさん、M子さんと、さて次はいつ齊華に行こうかとか、年末は大渡キープしているとかゆー話に花を咲かせ、やっぱり年末京都に行くほどの資金もないので、寒いよ暇だよ京都の冬、1~2月頃がいいのでは、なんて。でも、まだ未定。

本当は、京都に来たら、寄らなきゃいけない食べ物やさんがまだあるけれど、そこは1泊だから無理。昨年夏のライブに、京都からわざわざ見に来てくれた、K6の澤君のところへ。

M子さんは、そのままMKタクシーで芦屋へお戻りなので、K6まで送ってもらう。実は、初一人K6だったりする。意外と、平気かもの私であった。

いつものように、澤君にわがままを言って、すっぱくてしゅわしゅわするカクテルを。

KIMG0445

 

前々回かな、お店に置いてある最後のペルッツオッカを私が飲み干してしまったのだが、前回から独自でペルッツオッカ風を作っていて、それをいただく。

KIMG0446

セロリとか、ハーブやもちろん赤唐辛子満載の瓶に注目。これ、自分で作れそう。今度、テキーラで作ってみようっと。

で、お決まりのK6名物お手洗いを激写。

KIMG0447

適当な時間にタクシーを呼んでもらって、ホテルへ帰る。もちろん、下のコンビニで寝酒のハイボールを購入。

翌日は、チェックアウトぎりぎりに起きて、ホテルを出る。

ゆったりと寺町を歩き、錦小路へ抜けて四条駅へ。しかし、錦の変わったこと、変わったこと。外国人用に、どのお店もひと口大の食べ歩き商品を売っている。荷物がなけりゃ、私もゆっくり堪能できたんだが。これは、また次の機会に。

京都駅へ早めに着いて、仕事のチェックなどもしながらまったり待つ。若干二日酔いだし、東京に着いたら同窓会に直行なので、いつものように大市のスッポンドリンクを一気飲み。

大好きな駅弁を買う。もう、これは京都に来たら定番弁当。祇園にある、侘家古暦堂のふわふわ玉子の鶏カツ弁当だ。

KIMG0450

新幹線に乗り込み、やっとお弁当食べますわ~とユー感じで食べたのだけれど。

KIMG0451

なんたるちーや、見た目はいつもと変わりはないのですが、鶏カツが!!いつもあんなに柔らかかったのに、超かたっ。なんか、人気が出てきちゃって大量生産した末路を見てしまったようだ。もう、絶対次回から買わないし。さらば、鶏カツ弁当、何回か楽しませてくれてありがとう。

とゆーことで、京都弾丸1泊2日の旅を終えた。この日、また飲んじゃったし・・・・

9月末の京都 その2 齋華(泉涌寺)

標準

歌舞練場を後にして、歩いて数分のスナックてるこへ。てるこさんと、今回ご招待してくれた芦屋マダムM子さんと待ち合わせ。ほとんど今日一日のお足になってくれるとゆー、MKタクシーのワゴン車に乗り込む。

華は、泉涌寺のおひざ元にあり、ま、ほとんど泉涌寺の敷地内の隠れ家的な一軒家。下から行くと、ちょっと歩くらしいので、上まで行って、階段を下りたところにお店がある。

まずは、京都が一望できるこの景色。

KIMG0426

階段を降りると、そこに一軒家のお店がある。

KIMG0427

店内は、カウンター席オンリー。(10席)靴を脱いで、カウンターの下に足を下ろす。

KIMG0428

カウンターの右側に厨房がある。

とにかく、房総ガラパゴスから、わざわざこの店のためにやってきた私。期待大。

わーい、いきなり大好きなもの。いくらのしょうゆ漬けですが、そこはやはり中華ですから。多分、紹興酒に漬けていて、花山椒の風味もありの。

KIMG0429

下には、中華風茶碗蒸しというか、なんというか、とにかく美味しいのだ。

KIMG0430

一発目から、結構やられている。

二発目は、中華風カツオのたたき。このカツオ、房総勝浦からだと。京都まで来て、地元の食材に出会えるのは、超うれしいことだったりする。

KIMG0433

こーゆー食べ方も、実はあるんだよね。

食事のおともは、シャンパンから。

KIMG0434

金華ハム、なんとか豚、蒸し鶏、いろいろ。お酒も進む美味しさ。豚肉を干してから、皮身をカリカリにしている。またまた、房総の大きな落花生が出てきた。

KIMG0435

出汁の効いている、キノコのスープ。

KIMG0436

アナゴがたっぷり入っている、春巻き。旬のアナゴがぷりっぷり。

KIMG0437

エビチリ、ギンナンのっけで。ほんと、二口分くらいで、いろいろなお料理をいただけるのでいいかも。

KIMG0438

で、むふふのフカヒレ。お上品な味で、京都感満載。

KIMG0439

またまた、房総の幸、マダカアワビのグリル&アワビの肝和え麺。この発想、さすがですな。

KIMG0440

最後に、期待していた辛めの麻婆豆腐。

KIMG0441

いやほんと、遠くから来てよかった!また来たい、と思うようなお店。

予約が取れないのは、来たお客さんが次の予約をしていく。10席しかないので、予約が取れないとのこと。ずいぶん先の予約だったら、結構取れるようです。9月の末でしたが、次の予約は来年の2月からだったら大丈夫です。とのこと。

つーことは、大体5カ月くらい先の予約だったら可能ってことですな。

あと、お昼もやっているので、そこもねらい目かも。

いやはや、京風会席中華、齋華、最高!