カテゴリー別アーカイブ: 旅行

やっぱ箱根だね その3(雪月花~大涌谷~ユトリロ)

標準

はい、前日は温泉満喫、おなか一杯、そしてワインも飲みすぎジャイアンツ。

でも、朝はばっちり起きられる。外は、霧が深かった~~

KIMG2139[1]

ここの宿って、全室にベランダ露天風呂があって、鳥小屋が付いてる。温泉じゃないけれど、お水がいいから別に入ってもよかったのだが、ちょっとオープンすぎるな。

とゆーことで、またまた人工炭酸泉、大浴場~もちろん瞑想の湯に入って朝から温泉満喫する。

朝ごはんは、またまた同じレストランへ。

KIMG2140[1]

結構いろとりどり~ので。

KIMG2141[1]

こうやって、自分で温めて食べるのもいいかも。しっかりご飯を食べて、チェックアウトまでだらだら過ごす。ってゆーか、二度寝したし。

雪月花を後にして、強羅駅から早雲山へ向かう。ロープウェイは、早雲山~大涌谷間の工事をしていたので、バスに乗って大涌谷へ。

KIMG2144[1]

恒例のたまご像との記念撮影。しかしまあ、世界中の人が来ていることったら。

一昨年に比べて、すごい煙。音をたてて、噴き出しているし。辺りは硫黄の臭いがすごくて、そこらへんが黄色くなってたよ。

KIMG2143[1]

でも、やっぱりここに来ないと箱根に来た気がしない。ロープウェーで桃源台まで行き、元箱根まで遊覧船に乗る。

KIMG2146[1]

天気が悪いので、富士山を見ることができなかったけれど、いいや、また来ればいいんだし。

結局、この日のランチもいろり屋はパス。前日の夜から、激しく食いまくりなため、なんとなく食べる気もせず。

小涌谷駅までバスに乗り、登山鉄道でそのまんま湯本へ戻る。そして、もう一つの目的だった新車両にも乗れなかったのだった。

なんとなく、口が洋食を欲していて。前日、スルーした喫茶ユトリロへ行く。なんか、趣ある喫茶店。そして、まじにユトリロの絵が飾ってあったりして。

おすすめのカレーを注文。

KIMG2150[1]

これがまた、結構うまかったり。

同伴者はサンドイッチ。これはなんともかも。

KIMG2151[1]

本物のユトリロもあり、そこそこおいしいカレーもあり、そこそこちゃんとしたコーヒーも飲めるのだが。店内が散らかっている。ここ、もっときれいにしたら、人も入ると思うのだけれど。

ま、温泉旅館でお腹いっぱいだけど、なんか食べたいときにはいいかもしれない。

やっぱ箱根だね!

やっぱ箱根だね その2(強羅温泉 雪月花)

標準

岡田美術館から、バスに乗って小涌谷に行こうとしたのだけど。ちょうど、強羅駅まで行くバスが来た。

強羅に着いたら、雪月花の目の前じゃないですか。駅前だとは知っていたけれど、超ラッキーだった。

初の雪月花は、大きな宿だ。チェックインは、しっかり並んで。食事の時間も二部制で、早めを予約。好きな浴衣を選んで、まずは部屋へ。

はて?わし、ここ知ってるぞ~。目の前に大文字の大の字が見えてっと。聞けば、昔昔は、強羅ホテルであったそう。あ~~、小さいときに家族で来たよ、大文字何年か続けて見たし。

画像を撮り忘れたけれど、部屋はベッドあり、畳もありの和洋室。ベランダに、部屋付き露天風呂あり。

KIMG2138[1]

 

しかし、これは温泉じゃないのだ。そして、みんなに私の裸見て、状態くらいに駅や線路にオープンな感じだったりする。

そんなの嫌なので、わしは本格派の大浴場へ行く。

まず、人工炭酸泉から。わー、すごく趣あり。船の中に浸かっているような湯船で、温度は低め。だけど、炭酸で肌に気泡がいっぱい出る。こりゃあったまるぜい。

いったん外へ出て、大浴場までの通路。

KIMG2136[1]

 

チェックインしてから、雨が降ってきたのだ。外は、結構寒い。大浴場には、温度の違う浴槽ありの、露天風呂ありの。一番気に入ったのは、瞑想の湯。八角形のお部屋になってる湯船。八角形って、法隆寺かい、って感じだけど。本当に癒される空間であった。

KIMG2137[1]

 お風呂でしっかり温まったので、通路に置いてあるサービスのヤクルトみたいのとか、アイスキャンディーをもらって部屋へ戻る。

夕食は、二部制。しゃぶしゃぶメインと、お寿司魚介料理メインのどちらかをチョイス。しゃぶしゃぶメインで、早い時間の食事を予約していたので、6時にレストランへ。

だが、入り口で待たされる。?これって、なんか面倒だわ。というか、案内する人がいないのかな。ま、いちいち丁寧に案内してくれるので、くいっぱぐれることはないだろうしと、気長に待つこと5~6分。

やっと席に座って、ディナー開始。

先付。

KIMG2131[1]

サービスで出してくれた、お造り。

KIMG2133[1]

揚げたての天ぷらとかあったけど、大嫌いなサクラエビ満載のかき揚げだったので、サクラエビが大好物なやつにあげる。

しゃぶしゃぶは、肉がちょっと厚くない?サービスなのか、そうじゃないのか?しゃぶしゃぶの肉は、薄くないと。ちょっとボリュームありすぎで、困ったり。

ごはんは、お寿司を一人5種類2カンずつ注文する。これ、注文票に数を書くのだけど。もうしっかりお腹いっぱい。

KIMG2134[1]これを2人で食べる

お寿司は大好物なので、ちょっと期待したけれど。やっぱ大外れ。マグロと、イカはどうにかだったけど、玉子とエビはコンビニの寿司弁当並み。巻物をもっと頼めばよかったと、ここで悔んだり。

いい加減、腹いっぱいになり、それでもデザートが来る。

KIMG2135[1]

超、量の多いごはんだった。春休みのせいか、若者カップルが多かった。若者は、これくらい食べないと駄目なんだろう。雪月花の料理は、ちょいと若者向き?それとも、食べる量が少なくなったのは老化現象か・・・

とにかく、雪月花の温泉は最高。翌日、早く起きてまたたんまり温泉に入るのだ。

やっぱ箱根だね その1(箱根湯本 山賊粥~岡田美術館)

標準

3月の半ばころ、大好きな箱根に行ってきた。

ほんと、一昨年の秋以来だから、超久々。

今回も、箱根フリーパスを利用しまくった。最終的に、得したのかどうかは分からんが。ま、得したんだろ。

1時過ぎに宮ノ下に着いて、ちょいと遅いお昼をいろり屋で、と思ったんだけれど。どうしたって、最終オーダーの1時半には間に合わないと、同伴者にいわれる。ち、まったく。

とゆーことで、箱根湯本駅の改札を出て、商店街をちょい散歩。

行きのロマンスカーで、湯本の食べ物屋をチェックしたけれど。何を食べようか、なんとなくまだわいてこない。

で、結局ホルモン焼きで結構有名な「山賊ホルモン」に決定。ちょいと裏道に入って、店を発見。出てきたお客が、こぞって「おいしかった!」と言っているので、よっしゃと急な階段を上がって店内へ。

そんな大きなお店じゃない。そして、ホルモンと焼き肉は夜の部で、昼間はお粥と担々麺のお店だとのこと。なんと、めんどうくさいことに、昼と夜の店名が違う。昼は山賊粥、夜は山賊ホルモンなんだって。名物は、山賊揚げとゆー鳥のから揚げだとか。

山賊揚げの付いた、牛テール粥と、湯本タンタン麺を注文。

牛テール粥。

KIMG2128[1]

温泉卵が真ん中に。これ、めっちゃくそうめえお粥。香港や、シンガポールで食べたもんよりうめえかも。

で、ここの名物だといわれる山賊揚げ。から揚げなのだが、そんな絶賛するほどのものでもなく。持ち帰るものでもなく。ふつーのから揚げ。わしが作ったほうが、もっとうまいと思われ。

KIMG2126[1]

で、この湯本タンタン麺も、かなりのもの。はっきりいって、勝浦タンタンなんかよりめちゃうま。辛さも、3段階あり。

KIMG2127[1]

いろり屋目当てだったけれど、山賊粥にして逆に良かったかも。山賊っていうか、和風中華って感じかな。

とゆーことで、今回の宿は強羅雪月花。チェックインまで時間があるので、バスに乗って岡田美術館へ行く。

若冲の孔雀鳳凰図と、広重中心の東海道五十三次の旅展を見に行く。

KIMG2130[1]

やっぱり、岡田美術館って好きだ。今回2度目だけど、常設展は何度見てもあきないと思われ。本当はもっとじっくり見たかったけど、時間の関係もあり。あと、房総から箱根までってやっぱり時間もかかるしちょいお疲れ。ってことで、足湯カフェで足湯しながらまったりとココアを飲む。

KIMG2129[1]

年内、またじっくり来るよん。

行ってきました出雲大社 その5(足立美術館~境港~出雲鬼太郎空港)

標準

皆生温泉で、温泉と松葉蟹を堪能して、レンタに乗って一路足立美術館へ。鳥取から、また島根県へ戻る。

足立全康氏が創設した、世界が認めた庭園日本一。

DSC02918

借景を使った、庭園は壮大だ。そして、またまたお天気いいし。

 

DSC02920

ほんと、日ごろの行いがいいのだ五人衆。

DSC02924

はるか向こうに、滝が流れているし。

色彩豊かな庭をめでられる、カフェもあり。

DSC02925

横山大観や、魯山人、その他日本画をたくさん見て、少し休憩ということでカフェへ。1000円のコーヒーと紅茶は高く感じるかもだけど、ここを維持していくためにどれだけお金がかかっているか。それは、それは大変だと思われるから納得。

足立美術館の土産物屋で、あごの野焼きなどを購入する。

レンタカーに乗って、またまた鳥取へ。境港で、お昼を食べようということになり。

市場を視察。松葉蟹がいっぱい、うようよ。

KIMG1962[1]

だけど、もう前の晩に当分食べなくてもいいくらい蟹を食べたので、誰もお土産に買って帰ろうとしていなかったのが笑えた。

市場の食堂でお昼を食べて、のどぐろ料理の多さが気になる。って、錦織圭が、島根県出身で、のどぐろ食べたい!って言ったから有名になったんだってこと、わしだけ知らなかったし。もうおなかもいっぱいだし、予定通り出雲鬼太郎空港へ行く。レンタカーは、すぐ近く。レンタ屋の兄ちゃんが、空港まで送ってくれた。

出雲鬼太郎空港、きれいだよ~。

KIMG1963[1]

このステンドグラス、欲しい!

二泊三日だったのに、もう1週間くらい旅しているような充実した感があったな。

出雲大社も、皆生温泉も、足立美術館も、境港も、みんないいところ。また来るぜい。次回は、宍道湖辺りで泊まって、鳥取の砂丘とか見たいかも。そして、広島まで行って厳島神社ってのもいいかもだよ。

行ってきました出雲大社 その4(皆生温泉~松月)

標準

うわーい、人生二度目の鳥取県。はるか、数十年前にFMのお仕事で鳥取のシャンシャン祭りに来たことがある。あれ以来。でも、ほとんどお初。

米子、皆生温泉は日本海側に面している。まさに、絶景の場所に建っている海色・湯の宿松月へ。五人衆、修学旅行以来の同室。宿の対応は本当に、すばらしく。すばらしいので、ひどく目立ってしまった部屋係の仲居さんもいたのだが。ま、そこんとこは今回は省略。

まずは、好きな浴衣を選んで部屋へ。5人寝るには十分。温泉でまったりして、夕食への期待感満載。海沿いの温泉は、メタケイ酸がいっぱいで美肌効果はあるし、あったまるし。前日は寝台車泊で、朝からわさわさ動いていたから、一気に疲れが取れる感じで幸せになる。

いえーい、大山最高。

KIMG1958[1]

つーことで、いきなり夕食の紹介。

先付とか、いろいろ。

DSC02909

海の幸、やっぱ鮮度が違うのと、房総のものとも味が違いますがな。

DSC02910

実は、蟹料理にもいろいろランクがあり。量があっても、安いのは冷凍ものだったりする。やっぱ、時間をかけてせっかく来たのだからと、朝獲りの蟹三昧コースを選んでいたわけ。

どーんときたね、茹で蟹!1人、半身ずつ。タグ付きの松葉がに~。

DSC02911

 

で、ドーンと。これは刺身だ蟹~

DSC02912

そして、待ってましたの焼き蟹。ちゃんと、焼きにきてくれる。

DSC02914

おばちゃん五人衆の勢いに、ちょいとタジタジぎみだったが、部屋中焼き蟹の香ばしい香りがぷーんぷん。これが夢にまでみた、本場の焼き松葉蟹!!

DSC02913

蟹、もしかして食べてるときってみんな無口にならない?ってなことはなく、ほんとみんなぺちゃくりながら、蟹を一心不乱に食べていた。

やがて、大女将さんがあいさつ回りに。

ほんと、こんなに飲む女どもは珍しいのか、地酒をもう一本プレゼントしてくれたのだった。

DSC02916

そんなこんなで、昔話や、今話など、ぺちゃくり、のみーので楽しい夜はふけたのであった。

翌朝、コーヒーのサービスを受けて。

翌朝の朝食。KIMG1959[1]

古代米のおかゆとかあって、おいしかった。が、全体的に塩分多め。これはどこの宿でもそうだけれど、気を付けてもらいたいかも。

この後、チェックアウト前に、蟹の被り物などを全員で被って記念撮影する。

これ、宿のサービスなのだけれど。チェックアウト後には、全員分をプリントアウトして渡してくれた。もちろん、データも後からHPからダウンロードできた。

いい年して、5人もそろって被り物するのおばはんは珍しいらしく。HPにあげていいですかと聞かれたけれど、丁重にお断りした。スタッフの対応も良いし、(一部を除いて)本当に良い時間を過ごせたし、おいしい松葉蟹をたらふくたべられて幸せだった。

後から、人数分のお礼を若女将からいただく。当日お会いすることはなかったが、なかなか美人でやり手の方。また、皆生に行ったら寄らせてもらおう~

 

行ってきました出雲大社 その3(出雲蕎麦を食らうby荒木屋、一畑に乗って~)

標準

念願の出雲大社詣でを終え、朝電車の中で何か食べたかもだけど、なんだか急にお腹がすく。出雲に来たら、出雲蕎麦でしょ、ってことでお蕎麦屋さんへGO。

あれ、ここにしようぜ、ときめていたお蕎麦屋さんは閉まっていた!その支店があったけれど、なんかさえない感じで。

とにかく、歩いたらどっかあるだろうと歩く。

で、荒木屋発見。DSC02901

何度もしつこいようですが、本当に天気がいいっす。

先に飲んだ勝ち、とゆーか。やっぱり出雲なら、酒でしょ?とゆーことで、地酒とあごの野焼きをいただく。

KIMG1954[1]

このあごの野焼き、めちゃうまなのだった。

出雲そばといったら、割子そばが定番だが。

わし、はっきりいってぶっかけそばってあんまり好きくない。頑張って、盛岡のわんこそば。なので、おろしそばを別々にしてもらう。ほんと、わがままだわ、わしって。

KIMG1955[1]

蕎麦、うまし。手打ちで、そば粉がいいのか風味がある。つけ汁は、これか~~。甘いんだよね。これって、醤油の甘さだと思われる。

現地で食べる、本場もんの出雲蕎麦は格別であった。

そして、またまた一畑電鉄に乗って、川跡~松江しんじ湖温泉駅へ向かう。

DSC02903

まあ、ほんまにご利益ありそうな車両だし。しまねっこ、超かわゆす。

1480750445502[1]

そんで、言い忘れていたけれど。

人生初の島根県上陸なんだよね、だから何もかもが初めてで新鮮だった。

もう、テンションあがりっぱだったし。

DSC02907

松江しんじ湖温泉駅からバスに乗り、松江駅へ向かう。

ふっふ、普通だったらここで玉造温泉かいとか、宍道湖温泉かい?とか思うでしょうが。

松江でレンタカーを借り、島根県を脱出して鳥取は皆生温泉へ向かうのであった!

そうだ、この夜は蟹三昧だい!一晩かけて、こんなはるか遠くに来た最大の目的は、2つ。出雲大社と、あと1つは日本海の蟹を食らうことであった。旅をするにも、しっかりお腹いっぱいにならないと気がすまない五人衆であった。

 

 

行ってきました出雲大社 その2(一畑電鉄~出雲大社)

標準

前日22時発の、サンライズ出雲に乗って、無事出雲市駅にとうちゃこ。

JR駅から、歩いてすぐ。JR駅横にある、一畑電鉄乗り場へ。初の一畑は、オレンジ色のにくいやつだった。

KIMG1951[1]

天気はいいし、テンション上がりっぱなし。出雲大社駅へGO~

で、とうちゃこ。わ~、なんだかシンプル。12月に入ったから、ほんと人がいないのであった。

DSC02884

駅前は、もうすでに出雲大社の参道であった。

噂で聞いていた通り、まじに空気がキレッキレ。一体、なんなんでしょうか。参道を歩いて行くと、左側に素敵な旅館を発見。「竹野屋」さん。竹内まりあさんのご実家です。

DSC02885

こんなとこに育ったら、なんか感性豊かになりそうってゆーか、神がかりそうだ。

そして、ドーンと、どどどーんと、出雲大社でごわす。

DSC02886

分かりますかい、この天気!なんと、わしら5人衆の日ごろの行いの良いことよ。

そのままズーンと、進みたいところだが。前の晩は、夜行で一泊。10時ちょい前に出雲市駅に着き、そのまま一畑に乗ったのでちょいと一息ということで。これも、テレビで観たことのあるスタバ、出雲バージョン。

DSC02887

ほんと、ばばあども、コーヒーが好きだな。わしだけ、お紅茶。

さてと、出発。参道をずんずん歩きますが。真ん中は、神様が通る道なので、わしらは端っこを歩く。確か、中国のどこかもそうだったな。

DSC02890

もう、辺りの空気がキレッキレで、歩いているだけでも心が洗われるような感じ。いや~~ほんと、来てよかったと思った。

拝殿と、その両脇にある日本中の神様の宿でお参り。だって、旧暦だとまだ11月のはずだし。意外と、12月の初めはまだいるよね~ってな感じで。

大国主命のご本殿を前にして、ひょえーとなる。確かに、でかい。噂通り。そして、もっとでかかったってか?

DSC02894

出雲大社リピーターのが、後ろに回った方が、大きさが分かるのよ、って。本殿のバックシャン。

 

DSC02895

この真後ろにある、素鵞社へ。スサノオノミコトのパワースポット、とゆーことで裏側の岩にお賽銭を置いてお参り。まじっすよね、いい場所。

本殿をくるりと回って。

DSC02897

いつもテレビで観ていたのより、ずっと大きかった。

そして、神楽殿へ。

出た出た、大きな相撲レスラーのまわし、じゃない、有名なしめ縄。

dsc02898.jpg

いや~~、めっちゃ楽しい出雲大社。また来ようと誓ったのだった。