カテゴリー別アーカイブ: ハーブたち

庭の一角にミニミニハーブガーデンを作る。冬は霜が下りるので、霜に弱いハーブはプランターで育てる。

アップルミントティー 

標準

今年はミントの葉が小さいな、などと銀座フラッグスタッフのマスターにつぶやいたら、「今年は雨が少ないですからね、水が足りないのでは?」と助言をいただき・・・

 

こんな感じで↓。

フラッグスタッフマスター

 

そーいえば昨日汗して芝刈りをしたときも思ったが、ゴルフをしているときも思ったが、今年は雨が少ないから芝が大変なのだ!我が家の芝は植えた年並に朝夕水をまんべんなくまいている、にも関わらず枯れかけている部分がある。頭髪でいえば、10円玉ハゲ並。ゴルフ場のフェアウェイだって、なんか今年はそこそこが枯れかけているもんな~

 

ということで、アップルミントやハーブたちにも芝並に水をやっていたら、なんとだんだんと葉っぱが大きく元気なミントちゃんが育ってきたのだった。ま、当たり前のことだけれど、水が足りないとミントも人間も枯れかけてちっちゃくおさまってしまうということさね。乾いたこの花に水を与えてください、だわな。

 

で、今朝は急にミントティーが飲みたくなり、庭のアップルミントとレモンバームを積んでミントティーでも。

 

アップルミントティー

 

そうだ、私も枯れた人間にならないように頑張らなきゃだな。

 

広告

三寒四温だな。

標準

三寒四温とはよくいったもので、季節の変わり目&花粉でおばさん大変。

庭の春でも探すかねと、今年初めて咲きそうなこぶしの蕾あれからこんな感じ。

2013_3_5コブシの蕾_1

全部で6つ蕾が出てきている。あれから、1つ減ったような気がするけど・・・多くはないってないようだ。

2013_3_5コブシの蕾2

でも、ちょいと心配になってきた。これ蕾だよな。しかし、コブシって、もうちょっとでかくない?もしかしてこれから暖かくなってきて、どんどん大きくなるのかね。何事も初体験なので、ちょいと心配しながら見守っている感じ。

で、庭の春を見つけて撮ってみた。

ディル、秋に植えたけど、てんで育たなくて。まあ、ちびちび摘んでいたからかもだけど、やっとこんな感じになる。キュウリの季節になったら、ルシアンピクルス作らねば。もっと育っておくれ。

2013_3ディル

で、ペパーミントさん、けっこう寒さに強いよなこやつ。ミントの中で、一番乗りで青くなってきてる。今年もモヒート用にたくさん育ってくれい!

スペアミント

冬の庭のお楽しみ。

標準

もう朝から寒くて、霜が降りてる。車は霜で真っ白だから、早くに出かけるときは10分くらいエンジンかけて溶かさなきゃだ。

そんな中で冬の庭はそれなりに楽しみがある。パンジーはたぶん、来年の6月ぐらいまで頑張って咲いてくれるだろう。

2012 冬の庭 

ミニ菜園には、そら豆と、インゲン、エンドウマメの苗を植えた。

2012 冬の庭 菜園

秋に種を買って植えた、ディルもちょいと育ってきているから、年明けには美味しいピクルスが作れそう。

2012 冬の庭 ハーブ

コリアンダーも育ってきているから、パクチーでなんか美味しいものが作れそうだ。パクチー大好きだから、ひじょう~に楽しみ。

2012 冬の庭 ハーブ

寒くて寒くて、朝は起きるのがほんとつらい田舎だけれど、冬でもたくさん楽しみがある。

と、思って喜んでいたらパンジーのあたりで、2体の冷たくなったカーマを発見。

2012 冬の庭 カーマたち

 

もう、1号だか2号だか、メスだかオスだか分からんちんだけど、変な気候だったから急に寒くなって息絶えたのかな。来年も君らの子孫がうちの庭の害虫を食べてくれるだろう、と祈りを込めてミニ薔薇の下に埋める。

初夏の庭

標準

今日は朝から日が出て気持ちがいい。初夏といっても、まだまだ涼しくて夏が来る気がしないし、トマトが赤くならないので困っている。ほかの野菜も熟し方が遅くて、この時期の収穫数が去年より少ない

ふときゅうりの葉っぱを見たら、カエルがいた。後ろのほうに、たわわに成っている緑のトマトが見える。

うちではこのカエルのことを、なぜかアメリカンドッグと呼んでいる。最初に名づけたのは、当時4歳で幼稚園児だった若手のボーイフレンドなんだけど。その発想があまりにも面白かったので、この呼び方は我が家では定番となる。

アップルミント畑。

今年は葉っぱのできがいい。次回の上京のおり、BARに持ち込むことにしよう。自分で育てたミントで、プロにモヒートを作ってもらうというのも夏の楽しみなのだ。

イタリアンパセリの花が咲く

標準

2年前にプランターに植えてから、ずっと元気に育ち続けているイタリアンパセリ。

今年初めて花が咲いた。黄色くて、小さな可憐な花だ。

バジルもそうだけれど、花を咲かせたままにしていると葉が硬くなってしまう。だから、とっとと切って家の中で飾ったんだけど。若干、にゃん’Sにいじくられそうで心配だった。

が、見向きもしない。やっぱ、好き嫌いがあるんだな・・・

今年のミントは三種類

標準

ミントは交雑するからと、根止めしてある三箇所に分散して植えてある。

今年でもう3年目を迎えるアップルミント。

去年までは、たくさんできればいいと剪定しなかったので、葉っぱが小さくなってしまった。でも、香はばっちり。お茶、カクテル、などなど料理全般にも一番使いみちがあるんじゃないかと思われる。

昨年植えたペパーミント。

植えてから、まめに剪定していたので立派なはっぱが出てきた。セージの隣に植えたのだが、すでにセージを圧倒する勢い。ま、両方とも強いから大丈夫だと思われるが。

で、東南の角に植えたブラックミント。

イングリッシュミントとも呼ばれる。ほかのミントに比べ、よりいっそうワイルドな感じがする。根も茎も太い。金木犀の下のほう、ちょっと日陰になるあたりに植えたので、まだあまり出てきてないが、これから本領発揮すると思われる。手を抜かないで剪定しよう。

ということで、今年は三種のミントが楽しめるのだ。むふふ・・・

今年は冬のうちから、根っこを引っこ抜いて剪定したので、大きくてきれいな葉っぱが出てくると思われるので、楽しみだ。これから先も毎日摘んで、ミントティーを楽しむつもりだ。香りがさわやかだから気持ちも安定するし、夏場は体の冷却効果、殺菌効果もあるのでこれから出番がひっきりなしだろう。

冬場のために、まめにドライにして保存することも忘れないようにしなければ・・・