カテゴリー別アーカイブ: 海外グルメ

ま、ほとんどアジア系ですが、旅行に行ったときに食べたものでござんす。

台湾の旅 日月譚観光 文武廟~孔雀園~九族

標準

 

日月潭のホテルの温泉は最高~眺めも最高~だったので、チェックアウトぎりぎりまでいたかったのだが。

ガイドのカルーセルはそんな気持ちを察してくれるはずもなく、朝食を食べたらすぐ集合。

 

まずは眺めのきれいな文武廟へ。

 

狛犬?シーサー、とにかくでっかい。

 

日月譚_玄奘寺_1

 

1999年の震災で、この寺も崩壊してしまい、たくさんの寄付金が集まって建て直したのだと。

 

DSC01527

 

結構眺めがいいかも。

 

日月譚_文武廟_3

 

で、お次は孔雀園。時間があるから、といろいろ連れまわされるが、この余裕があとで悲劇を招くのであった。

 

孔雀園_1

 

孔雀って、うるさいんだね。盛りがついているんだろうけど・・・

 

孔雀園_2

 

ちっちゃい小山に、クジャクがたくさん、って感じの孔雀園。なんか、そーゆーの日本にもなかったっけな?

お次は、台湾の先住民がどうのこうのというので楽しみにしていたのだけれど、なんのことはないただのテーマパーク。

 

 

日月譚_九族文化村_1

 

最終的に、ロープウェイに乗るので、そこまで歩いて行くとカルーセル。え?だって、ひと山登って行く感じなんですけど?みんなで歩くの嫌だといって、ロープウェイに乗る。だって、なんかつまらんところなんですもん。

ロープウェイのゴンドラには、意味なく熊ちゃんが~

 

 

日月潭_九族文化村_2

 

台湾先住民の九部族を紹介する、という文化村とのことだけれど、ふつーに遊園地ありでなんだか??な場所。なんか面白そうなもんもあったので、激写。

 

日月譚_九族文化村_3

 

よくありがちなもの、等身大なり。さすがに、こやつと記念写真は撮れなかったぜ。

部族の当時の家を再現、ここらへんでなんとなくそれらしくなってくる。

 

日月譚_九族文化村_4

 

以前台中に行ったときに、部族博物館みたいなところで首狩りの話とか聞いたけれど、首狩り族系なんだよね。

毎年村の豊作を祈るため、処女の生首がささげられた。そのまま放置されたとのこと、その首が多ければ多いほど、村は繁栄しているとか。

 

日月潭_九族文化村_5

 

ちょうど、何かやっていた。

 

日月譚_九族文化村_6

 

入口近くの遊園地はくだらないけれど、上のほうにある部族紹介のパークは結構勉強になるし面白い。ここからまたロープウェイに乗って、山ひとつ越えていく。

日月潭温泉の、源泉。吹き出してるんだよね。

 

日月潭_源泉

 

この長いロープウェイも、地震のあとにつくられたとか。箱根のロープウェイみたい。たぶん、参考にしていると思われ。

 

日月譚_ロープウェイ

 

皆さんお疲れ気味で、歩くのがだんだん嫌になってきてるのが分かる。あーよかった、と思ったら。カルーセルがランチを食べるホテルまで、歩かせる。なんで歩かせるの?って聞いたら、町の中を見せたくてと。昨日も見たし、屋台があってもこれから食べるのに何を食うんだよ、って感じ。本当に人のことを考えられないカルーセル。

でも、このジュースは美味しかった。酵素たっぷりって感じ。

 

日月潭_屋台のジュース

 

で、ランチ。とっても眺めがいいのだけれど、あんまり眺めがいいのもずっと見続けていると飽きるもんだ。なので、写真なし。雨がひどく降ってきたしね。

で、ランチはもちろん中華だけれど、珍しいキョンのお肉。

 

日月譚_ランチ_キョンの炒め物

 

あと、何かの葉っぱ。忘れちゃったけど、すごく美味しかった。ビタミン、ミネラルたっぷりなんだそう。

 

日月譚_ランチ_葉っぱの炒めもの

 

このあと、雨は降り続き、どんどん強くなり、バケツをひっくり返したようになり、傘をさしたってとうて車まで歩けない。日曜日だったので、レストランのあるホテルの周りには大きな車は入れない。タクシーもない、なんでこんなところで飯を食わせるんだ、カルーセル!帰りの新幹線の時間を気にし始める。結局、あほなカルーセルは何も手だてができず、台湾のお友達がホテルの従業員にチップを奮発し、自家用車でピストン輸送してもらった。ほんと、使えねえカルーセル。まあ、もう二度と会うこともないだろうし。

やっとこさ高速鉄道に乗り、台北へ戻る。

 

台湾高速鉄道

 

そして最後の晩餐。は、ホテルの地下にある日本食堂。しゃぶしゃぶの台湾風アレンジで、結構おいしかった。

 

最後の晩餐_1

 

ハマグリで出汁をとって、肉をしゃぶしゃぶしたエキス汁で、おじや。

 

台北最後の夜_おじや

 

今回も大変美味しいものを食べ、楽しいところへ行き、ちょっと疲れたけれど日月潭温泉は最高だった。次回もし行くことがあれば、もうあんまりあちこちいかないで、ゆっくり温泉に浸かりたいのことね。

 

 

日月譚 日月行館

標準

日月譚の周りをバスで回らされて、いささかお疲れ気味。

目の前にホテルはあるのに、早くホテルにチェックインしてゆっくり温泉に入りたいのに、ガイドさんはそういう気持ちを分かってくれない・・・

このガイドさん、日本語お上手なんだけど、早口すぎてお経にように聞こえる。なんで、こうも人を連れまわすのだろうか・・・

 

で、湖をチャーターしたクルーザーで遊覧。遊覧だったら、乗ってるだけだからいいかと思ったのもつかの間・・・

 

日月譚 クルーザー遊び

 

向こう岸にある、玄奘三蔵を祀っている寺へ連れて行かれる。

 

日月譚 三蔵法師のお寺

 

なんか、途中で下されて、階段を上らされる。別にお寺見たくないし。ここでよかったのは、何十年も作って売っている有名なおばさんの茶タマゴを食べたこと。箱根大涌谷の黒タマゴのように、1個食べるとなんちゃらといっていた。とにかく疲れる。早くホテルに入りたい。

 

日月譚 茶タマゴおばさん

 

クルーザーのお兄ちゃんがいろいろ説明しているけれど、さっぱり分からず。カルーセル(ガイドのお姉さん、カルーセル麻紀にそっくり)も、しゃべり疲れたのか、あんまり説明してくれない。とゆーか、みんな疲れちゃってるのをやっとここで察した模様。

この日止まった日月行館六つ星ホテルだと、カルーセルが豪語していたが、要は蔣介石の別荘をホテルにしたと。何年か前、日月潭の周りは大地震でほとんどの建物が崩壊してしまった。そこで新しく建てられたのがこちら。

 

日月譚 日月行館_1

 

そびえたってる~って感じ。

きれいで、ゴージャスなホテル。部屋もかなりのもんだわい。

 

日月譚 日月行館_2

バブリーだ。

 

日月譚 日月行館_3

 

お風呂もでかい、天然温泉とのこと。エキストラベッドを入れたとしても、4人くらいは泊まれると思うけれど、何のためにこんなでかい風呂があるのか、ちょいと不思議。

 

日月譚 日月行館_4

 

あんまりにもでかいから、お湯を入れるのに時間かかると思ったけれど、意外と速かったな。

 

日月譚 日月行館_5

 

うん、温泉は確かにいい。湖を眺められて、すごいロケーション。これは相撲取りが優勝したときに日本酒一気飲みするでっかい杯かい?って感じなキンキラ洗面台。2つありんした。

 

日月譚 日月行館_6

 

温泉にゆっくり浸かり、めちゃくちゃ疲れた体をいやすのであった・・・各部屋にはテラスがあり、素晴らしい景色を見ながらゆっくりくつろぐ。

 

日月譚 日月行館_7

 

部屋の冷蔵庫の中には、ウェルカムスィーツと、甘い炭酸飲料とミネラルウォーターが入ってるだけでビール、ウィースキー、酒類は一切なし。わざわざ電話して持ってきてもらうのもなんだから、ジュースで乾杯。

 

日月譚 日月行館_8

 

日月潭に来たら、虹を見よ。というくらい、虹が多く見られるとか。台湾自体、雨が多いし。お風呂に入っている間、雨ぱらぱらと降っていたし。

 

日月譚 日月行館_9

 

こんなに素晴らしい眺め、温泉があるんだったらもっと早くにチェックインしてゆっくりしたかった。どうでもいい面白くないもんばっか連れて行かれて、無理くり歩かされて、本当に参った一日であった。

夜はホテルのレストランにて、中華な夕食。でも、あんまり美味しくなかった。鳩とか、烏骨鶏とか出てきて、なんかちょいグロっぽい系のお食事。

 

鳩。

 

日月譚 日月行館_食事_1

 

烏骨鶏。

 

日月譚 日月行館_食事_2

 

で、このレストランで有名な料理だとゆー豆カレー。これが一番美味しかった、とゆーかまともな味だった。だから有名なんだと思われ・・・

 

日月譚 日月行館_食事_3

 

部屋と温泉、ロケーションはすばらしいが、料理は期待しないほうがよい。

で、翌朝。すばらしい景色を激写する。

 

 

日月譚 日月行館_朝やけ_1

 

 

きれいな朝やけ。箱根、芦ノ湖とはまた違った感じぞ。

 

日月譚 日月行館_朝やけ_2

 

この景色を見て、温泉に浸かって本当に癒される。日月潭、いいところだよ。ホテルは六つ星だとカルーセルがいっていたけれど、眺め、温泉、部屋の素晴らしさ以外はホテルサービスはなんだか素人っぽく、食事も美味しくないので△って感じ。台湾といっても、台中の田舎だからからかね。温泉ホテルはほかにもたくさんあって、もっといいホテルがあるような気もするから次回来ることがあれば、ほかのホテルに泊まりたいかも。

朝ごはんはブッフェスタイル。ところが、本当に美味しくない。面倒だから、納豆と白いご飯を発見したので、久しぶりの日本食。納豆ご飯を食べる。

チェックアウトぎりぎりまでゆっくりと、温泉に入りたいところだが、カルーセルがそうはさせてくれない。早めに集合、チェックアウト。また、なんだかいろいろなところを連れまわされるのだった。

 

台湾の旅 コンペ終了後マッサージ 吉品海鮮レストラン

標準

二日目のコンペは、朝から雨。

普段いいスコアの男性陣も、雨と前日の飲みすぎでかなり崩れたもよう。

今日こそはブービーかと思ったけれど、意外と前日よりスコアを伸ばした私。びりっかすは逃れて、15位だったかな?(しっかり忘れた)

まあ、ゴルフは楽しまなきゃですから。

永漢ゴルフのロビー。

 

永漢ゴルフ ロビー

 

コンペも終わり、帰国する人もいる中、居残り組でマッサージへ。

 

台北のマッサージやさん_1

 

もう何回目だろう、ここに来るの。ほんと、いたれりつくせりで、頭の先からつま先までって感じ。初めて行ったときなんか、顔ソリまでしてくれちゃって、眉まで勝手に剃られちゃって、なんだかすごい眉になったことを覚えている。

 

台北のマッサージやさん_2

 

毎回思うのだけれど、スタッフさんは小さくて、マネージャーみたいな偉そうなお姉さんたちはみんな巨人のようにでっかいのだ。何族?

 

で、終わってからまた宴会。この日も立派な吉品海鮮レストランへ。毎日中華だけれど、ちゃんと内容は微妙に違う。

またまたどでかいふかひれ。

 

台北 吉品海鮮レストラン_1

 

で、出ました!いくらでも食べまっせ!からすみですがな。それもかなり大きいっす。

 

台北 吉品海鮮レストラン_2

 

台北に来て、やっぱり食べなかったらあほといわれるのは、からすみとしじみの醤油漬け。からすみだって、遠慮しなくてもいいようにたーくさん出してくれるのでうれしい。

ほかにもたくさんお料理が出た。これがこの日のメニュー。しかし、マッサージの前にコンペの成績発表でビール、軽食を食べているので、さすがにフルコースの中華ディナーは食べきれず。

残し、残し食べたんだけど。ここの料理がまた、あーた、美味しいんですわ。

 

台北 吉品海鮮レストラン_4

 

で、残し残し食べていたのに、こんな、こんな、大好物満載の炊き込みご飯が出てきちゃって!結局これだけは全部食べましたがな。

 

台北 吉品レストラン_3

 

で、このデザート、甘い点心なんだけど、めちゃうま。残しちゃったことが悔やまれる。

 

台北 吉品海鮮レストラン_5

 

でもって、タピオカあるし。やっぱ、外せません。

 

台北 吉品海鮮レストラン_6

台北永漢ゴルフでの連荘コンペも終わり、半分くらいの人は帰国。残った10名で、翌日より日月譚へ行く。しかし、吉品海鮮レストラン、めちゃおいしい。次回もし来ることがあれば、お腹を空かせていくぜい!

 

 

台湾の旅 表彰式も兼ねて…ホテルのVIPルームにて・・・カエルのデザート

標準

びりっかすだったが、ありがたいニアピン賞をゲット。

 

ニアピン賞

 

で、宴の始まり~間違いなく、中華な夜だ。でも、まだ二日目だから、食べる気まんまん。

 

リージェント・台北VIPルーム_1

 

まじでかでかの円卓。20名ですからね。で、こちらがそのときのメニューなり。

 

リージェント・台北VIPルーム_2

 

そして、今日も出ましたでかでかと~~もう、お肌がどうなっちゃうのさ!毎日食べても飽きません、叶姉妹並だわな。

 

リージェント・台北VIPルーム_3

 

エビもでかいし、なんだかパリパリでうまし。

 

リージェント・台北VIPルーム_5

 

あんまり好きじゃないけど、ほとんど水分だし~美容にいいから~とゆーことで全部食ってしまう。

 

リージェント・台北VIPルーム_4

 

 

ほかにもちょこちょこと、美味しい前菜が盛りだくさん。もう、腹が割れそうになった。

デザートもいろいろ出たけれど、これ、めちゃおいしい。透明で、ぬるぬるのコラーゲンのようなものが入っていて、なんだか美味しい。これはいったいなんだ?みなさん、食べながらタピオカ?それともアロエ?

 

 

リージェント・台北VIPルーム_6

 

 

などといっていたら、これは動物性のものだと。台湾のお友達が、発したとたん。男性人の手が止まる。カエルのコラーゲンの杏仁だった!

 

 

リージェント・台北VIPルーム_7

 

 

カエルの肉は台湾料理で食べたことがあるけど、めちゃ苦手。もちろん、カエルのコラーゲンなんて初めてだったけど。これ、すごくお高いデザートらしい。臭みもないし、結構おいしいんだわ、これが。さっきまで飲んで騒いでいた、男性陣(特に若手)の手がピタリと止まり、静かになったのでちょうどよかったわ。これ、鍋にしたらいいと思うな~すっぽんだと思えばいいし。たぶん、すご~く大きなカエルですわよ、きっと・・・

台湾の旅  天厨菜館にて…

標準

とうちゃこした一日目の夜は、亡くなられた邱永漢さんのビル内にあるレストラン天厨菜館にてディナー。天厨菜館は銀座にあったけど、いまもあるのだろうか?台湾のこのお店は、2回目。

いつも思うのだけれど、台湾や中国の人々は毎日中華料理を食べても飽きないのだろうか。雑色日本人の私だが、とはいっても美味しい中華はなによりも好きだし。

 

前菜のセロリの炒め物。

 

2014_天厨菜館_1

 

オマメとお肉、この豆がグリーンピースじゃないんだよね、えんどう豆の種類なんだろうけど、とにかくめちゃおいしい。

 

2014_天厨菜館_2

 

穴子だっけな、うなぎだっけな。コンペの前のエネルギーなり。

 

2014_天厨菜館_3

 

北京ダッグ~~美味なり。

 

2014_天厨菜館_4

 

フカヒレー、フカヒレー、いっぱい、いっぱいー!大興奮なり。このお姉さま、日本語が分かるし、もう何十年もこちらに勤めているベテランさんです。

 

2014_天厨菜館_5

 

このエビの焼いたの、すごい美味しかった。

 

2014_天厨菜館_6

 

ナマコだらけ。これはすごい高級だってことは分かっているのだけれど、自分的にはナマコは生が好きです。

 

2014_天厨菜館_7

 

コンペの前日、って感じがすごく出てて、腕に関係なくやる気満々になるのであった。

2006年欧州旅行 その3 タリスに乗ってケルンへ。デュッセルドルフ~ローレライ~フランクフルト。

標準

パリ北駅からタリスに乗って、ケルンまで行く。

パリの駅には改札がない、そしてなんともスリが多いとのこと。バッグやスーツケースをがっちり固めてガードしながら電車を待つ。

北駅のカフェや売店には、美味しそうなフランスパンがたくさん!思わず購入するが・・・

タリスの一等席には、ちゃんと飲み物と食べ物のサービスがあった・・・

 

タリスの車内食

 

ちゃんと前菜もあったし、機内食並。結局美味しそうなフランスパンは食べることなく、ケルンのホテルで捨てたのだった。

で、ケルンに着いたらマイバッハでお迎え。マイバッハだよ、マイバッハ~はえ~ひれ~すげ~。

 

マイバッハ!!

 

マイバッハは特注だし、資産運用で持ってもてんで得するんだと。いったいなんぼなんでしょ?

 

マイバッハの車内。2000ユーロのシャンパングラス

 

ケルンといえば、ケルン大聖堂。その前にある、結構由緒正しきビアホールにてビールを飲む。ドイツといえば、ビールでしょ?で、その時のお料理。

なんか、肉!イモ!って感じだけど、結構好き。アイスバイン、めちゃうまだったな。

 

ケルンで食べた豚~~!

 

ソーセージだとか、もう、めちゃ美味しかった。

 

ケルンで一泊して、翌日デュッセルドルフへ。そうだ、ここで当時旦那さまの駐在に同行していたA子に会って、彼女と一緒にランチする。

 

春のドイツはシュパーゲル、って感じでどこへ行ってもシュパーゲル(ホワイトアスパラ)だらけ。

 

シュパーゲル(ホワイトアスパラガス)

 

そして、ドイツといえば、シュニッツエル。衣の薄いとんかつですな。この2つを頼めば、はずれはないそうだ。

 

シュニッツエル(とんかつです)

 

なんかちょっと画像悪いけれど、趣のあるお店で美味しいランチをいただいた。デュッセルドルフで一泊して、翌日観光して帰国したんだよな。

 

で、やっぱりランチでもシュパーゲル三昧だったんすよ。

 

シュパーゲル(のスープ

 

で、やっぱり、本体も。

 

シュパーゲル(~~~~~

 

日本だとホワイトアスパラガス=缶詰って感じだよね、もっと生を食べようじゃないか!って思うのだけどね。

いろいろ観光もしたのだけれど、きりがないのでちょっとだけアップ。

 

ベートーベンの生家。

 

ボンのベートーベン生家

 

丘の上から見たローレライ。

 

ローレライを上から見ました

 

ラインの流れは速いっす。

 

ラインの流れは速いです

 

このあと、フランクフルトへ向かい帰国。

フランスも、ドイツも、また行きたいな。

 

2006年の欧州旅行 その2 リヨンへ行く。ポール・ボキューズ本店

標準

 

リヨンにも行ったんだよな~リヨンは二度目だったけど、もう行くこともないだろうな~

と思いながら、ポール・ボキューズ本店の画像を・・・

 

TGVでリヨンまで行き、車で本店へ。とっても派手、中華っぽい。

 

2006_ポール・ボキューズ本店(中華風?)

 

前菜。豆のクリームスープ。

 

2006_ポール・ボキューズ_前菜

 

有名なトリュフのスープ。見るからに美味しそうですが、かなりしょっぱかった記憶が・・・当時80ユーロで、メインのお肉より高かったような。でも、トリュフざっくざっく入ってるし。

 

2006_80ユーロのトリュフスープ(しょっぱい)

 

春のヨーロッパは、やっぱアスパラですかね。この暖かいクリームソースが美味しかった。何クリームだったかは、ちょいと不明。色的にはなんか入ってそうな気もしないでもない。

 

2006_ポール・ボキューズ_アスパラ~~

 

メインのお肉。牛ヒレ肉のロッシーニ風ステーキ。フォアグラばっちり、ソースもたまらなく美味しい。

 

2006_ポール・ボキューズ_ロッシーニ風ステーキ

 

だって、あーた、フォアグラと肉の厚みは変わらないっすよ。ほれ。

 

2006_ポール・ボキューズ_ステーキの上にフォアグラが乗ってる(しょっぱい)

 

フレンチといえば、デザートも凝りまくりだということはご承知のことと思われる。がしかし、私はデザートにそんなにそそられない性格で、このときもワインとガス入りの水を飲みまくり。なんてったって、量が多いからもうお腹いっぱいなのに。これからスィーツ地獄が始まったのであった・・・

最初に出てきたイチゴのタルト。タルトは好きなほうだし、イチゴも大好物なので完食。

 

2006_ポール・ボキューズ_デザート

 

これじゃ終わらないとは思っていたが・・・

でかいチョコレートのカツラを被った、ケーキ登場!悪いので、うすーく切ってもらっていただく。

 

2006_ポール・ボキューズ_デザート2

 

でも、まだまだ終わらないとは思ったが・・・

なんだよ、この目玉のおやじは。スィーツ好きなら名前も知っていると思うけど、なんだか伝統的なお菓子らしい。

 

2006_ポール・ボキューズ_デザート3

 

ここまでくると、お好きなものをどうぞという感じで、チョイス系。

めちゃ、美味しそうなイチゴのケーキ。自分がいったい、どれを食べたのか記憶なし。とにかく、甘いもの地獄に引きずり込まれ、かなりグロッキーになった覚えはある。

 

2006_ポール・ボキューズ_デザート4

 

 

ソルベ、これは自分で頼んだ記憶あり。アイス系デザートは食べられるからな。ワインと合うのだよね。

 

 

2006_ポール・ボキューズ_デザート5

 

とゆー具合に、なんかすごいランチを食っちまったぜ!って感じで力士並に食った。食ったあとは体を動かせましょう、ということでリヨンの町を見下ろす教会へ。

 

ノートルダム・ド・フールヴィエール教会から見たリヨンの町。

 

2006_リヨンの町

 

ガロ・ローマン最大の劇場。1万人観客を擁する大劇場だ。

 

2006_リヨンにあるコロシアムの遺跡

 

フランスで最古のローマ劇場だとか。いまでに芸術祭だので、いろいろと活用されているとのこと。

 

2006_リヨンローマ劇場。

 

なんだかいい旅行をしていたんだなと。