カテゴリー別アーカイブ: 洋食 フレンチ・イタリアン・洋食屋

大原駅前、源氏食堂。128号線、ちーえん。128号線、天心。

標準

木戸泉の酒蔵開きの後、姉と源氏食堂へ。

今年の乾杯は、フェイントで数分前にやられちゃったんだけど、その後新社長就任のごあいさつと、再度乾杯を。

KIMG0018[1]

結局、昼飲みして酔っ払い。源氏食堂も、超混雑。

月一源氏なので、いつも食べていないものを。

私、豚トロ定食。

KIMG0024[1]

これ、もう、すごいうまさっす。肉がいいのと、やっぱりお母さんの腕だと思われ。

姉、親子丼。

KIMG0023[2]

これも、悪いけどすげーうめえっす。やっぱり、お母さんの腕だな、こりゃ。

定食にすると、もれなく豚汁付。この豚汁も、たまらんのだった。それに、お米はいすみのお米を使用。大きなガス釜で炊いているので、そりゃもうおいしいったらありゃしない。ちょっと固めで、私好みだし。

で、翌日は、128号線上の中華ちーえんへ。本当は、藤よしでサザエ釜飯とか、いろいろ食べたかったのだけれど、魔の月曜日だったからお休みだったし。

ちーえんは、店構えもおしゃれ。ずいぶん前、まだ移住する前にも何度か連れて来てもらったことあり。

KIMG0022[1]

最近、駐車場を増やしたし、入りやすいかも。

そして、私は麻婆豆腐定食。税抜き1000円。

KIMG0020[1]

花山椒がきいていて、すごくおいしかった。できれば、もっと山椒入れてほしいくらい。

姉は、チャーハンセット。税抜き1000円。

KIMG0021[1]

チャーハン、玉子がふわふわで、これもおいしかった。

もうちょっと人数いたら、他のお料理も頼めたかも。でも、ちーえんの料理は、最初はいいけれど、味がみんな同じで飽きるとのうわさもあり。

で、また他の日の夜。ラーメン食べたい病になり、128号線沿いの天心へ。

KIMG0010[1]

最近、ここの数軒隣にあるマスターピースが閉まっているのでこちらへ。

でもな、ここのラーメンは絶品。とにかく、スープがすごいのだ。私的には、門前仲町にある、こうかいぼうのスープと、焼豚を思わせる味だったりしてる。(清澄白河時代に、よく行ったお店だ)魚介系なのに、めちゃあっさりで臭みがないし。おいしい焼豚がこんなに入っているのに、これで450円なんだけど!!

昼間だったら、これにどっさり山盛りのチャーハンが付いた、800円のセット食べてたわい。

 

ライスシャワー(国吉)

標準

ずいぶん前から気になっていたので、ついに行ってみた。

 

KIMG1745[1]

店内に入ると、めちゃくちゃ広い。そして、靴を脱ぐ。そして、大広間のような座敷。

でもって、またまた食べ物やなのにいろんな水槽があって、金魚だかが泳いでいる。

なんか、独特。

結構混んでいたけれど、靴を脱ぐのは嫌だったので、入口近くのテーブル席へ。

あんまり使う人がいないせいか、非常に汚れていた。おしぼりで、一生懸命きれいにして。

さてと注文。

すごく、興味をそそられるようなメニューいっぱい。しかし、なんだか非常に油っぽそう。

とゆーことで、無難なもんで。

オムライスと、煮込みハンバーグ。

KIMG1744[1]

 

オムライスもこんな感じ。

 

KIMG1743[1]

 

平均単価は、1000円前後。サラダは、サラダばーがあって。靴を脱がなきゃだけど、種類も豊富。

お味は、濃い。やっぱ、どうしてもここらへんは濃いな。

で、量はめちゃ多い。食べきれないので、半分くらい残して。

やっぱり、そういう人が多いのか、お持ち帰り用にしてくれた。

すごーい、二日酔いで、たまーにはいいかもしれないレストラン。

肉食いたいなら、大原駅前源氏食堂だけど。洋食と、いろいろ食べたいなら、ここ、いいかもしれない。

で、店主さんの趣味だろうか。入り口近くで、サボテンをこんなに~~

結構きれいだよ、このサボテンたち。お手入れいいかもね。

KIMG1746[1]

今年もまた、夏の終わりに信州へ その5 軽井沢 ピレネーでランチ

標準

わー、もう10月も終わりだというのに、バタバタしていて夏の旅行記を終えていないという始末。

で、松本~菅平の旅の最後は、軽井沢にてランチ。

年に1度長野在住の友人たちとのランチだ。

いつもは佐久平駅前のヒロッシーニで行うのだが、今回は日曜日。ヒロッシーニは定休日だったので、軽井沢にておすすめのピレネーへ。

軽井沢駅から、車で4~5分のピレネー。

ここ、前から行きたかったお店。だって、肉がうまそうだったんだもの。

とゆーことで、2月も前のことなのでちょいと乱雑ですが紹介。

ランチタイムは、ブッフェ形式。その前菜の数々がまたうまそうなわけ。

普通だったら、それだけでいいわけですが、せっかくですから昼間からディナー並みに肉をくらってしまう。

 

さて、この中から選ぶのであった。

さて、この中から選ぶのであった。

 

鳥肉、豚肉、鴨肉、骨付き牛肉等々。

じゃんと、生肉登場でここから選ぶ。

鳥、豚、骨付き牛をチョイス。

 

前菜ブッフェ。とりすぎると、後が食えないぞ~

前菜ブッフェ。とりすぎると、後が食えないぞ~

こんがりカリカリの鳥肉たち。

 

こんがりカリカリで、美味しいったらないのだ。

こんがりカリカリで、美味しいったらないのだ。

 

やはり、ちゃんとグリルするとこんなにも違うものだろうか?とゆーくらい、この鶏肉は絶品。

 

そして、骨付きの牛たち。

 

もう、大変だわ、うますぎ。

もう、大変だわ、うますぎ。

 

昼から、私ら結構贅沢です。飲み物は泡やら、ワインやら。むふふだす。

そして、このなんちゃら豚もめっさうまでごわした。

 

なんちゃら豚も、最高でごわす。

なんちゃら豚も、最高でごわす。

 

期待通りのグリル肉!ピレネー最高ですわ。

ただ、昼間から結構お高くついちゃったことは確か。

こちらの店員さん、とってもおすすめがうまいです。

ま、めっさ肉を楽しめるお店だった。

とゆーことで、今年の信州旅行も楽しんで終わった。

 

冨士もきれいだ、美しい。

冨士もきれいだ、美しい。

 

来年も来られたらいいな~~と。

 

 

今年もまたまた、夏の終わりに信州へ その4 ぷれじーる2日目~3日目

標準

前日はお天気が悪くて、翌日の2日目もどんより。降ったり止んだりだった。

ぷれじーるの2日目の朝食。

 

定番のパンの盛り合わせ。焼き立てパンのサンドは、思わず完食してしまいそうになる。

定番のパンの盛り合わせ。焼き立てパンのサンドは、思わず完食してしまいそうになる。

 

オーナーの手作りパンは、ふわふわ。思わず食べてしまうけど、やっぱり全部は食べきれない。

いくつかラップしてもらって、お昼どきに食べることにする。

朝食後、ラグビー観戦の同伴者をグラウンドまで送り、部屋でまったりとする。

前日あんなに寝たのに、(多分、9時半くらいに就寝)やっぱり高地のせいかやたら眠くてお昼寝できたし。

夕方、早めにお風呂に入る。ここのお風呂、山のお水がいいせいか、温泉のようで心地よい。

2日目の夕食。

まずは前菜から。

 

前菜。どれもおいしいよ~

前菜。どれもおいしいよ~

 

なんだろうか、こんなに美味しいもん、ちょこっとずつだからいいのかもしれないが。とにかく満足前菜。

お次は、ちゃんと作ったかぼちゃの冷製スープ、とのこと。

 

かぼちゃの冷製スープ。少ないよ、これ。

かぼちゃの冷製スープ。少ないよ、これ。

 

はっきりいって、少なすぎ!スプーン一杯分くらしかねえぞ。量を間違えた?足りなくなった?これには、ちと不満。

 

高原野菜のサラダ。

高原野菜のサラダ。

 

さすが高原、フレッシュ。

 

アクアパッツア。これがまた、うまし。

アクアパッツア。これがまた、うまし。

 

海の幸もあるんだよね、こっちは。ほんと、うましアクアパッツア。

 

牛肉のワイン煮込みを、グリルしたもの。

牛肉のワイン煮込みを、グリルしたもの。

 

思ったより感動する味ではなかったな、この肉。グリルしないほうがいいんじゃないかと、同伴者は語っていたな。

私的には、この肉が鹿だったらうれしかったかもしれない。

で、これも定番のデザート。

 

定番のアイスシューデザート。

定番のアイスシューデザート。

 

アイスシューってゆーのが、私も食べられるからうれしい。が、ほとんど同伴者にあげる。わたしゃ、スィーツより酒派だし。

 

とゆーわけで、ぷれじーる最後の夜のディナー終了。

ま、たらふくワインを飲んだのは言うまでもない。

 

で、3日目の朝食。

 

メインのプレートは撮り忘れた。

メインのプレートは撮り忘れた。

 

メインは、大きなお皿にふわふわのオムレツ、サラダ、ポテサラ、自家製のハムが。しっかり食べるのに夢中で撮り忘れ。

5種類のパンは、いくらでも食べられるけれど、やっぱり残してしまった。またまた、袋に入れてもらって持ち帰る。

ぷれじーるの₂泊3日は、あっという間に過ぎた。

来年もまた来られるか分からないが、別途冬場に来たいと思ったりしてる。雪がすごくて、ゲレンデもすぐ近くらしいし・・・

今年もまたまた、夏の終わりに信州へ その3 峰の原高原 ペンションぷれじーる1日目

標準

信州2日目、小布施で寄り道をして峰の原高原ペンションぷれじーるへ。

高地に弱い私だが、前日は安曇野に一泊していたし、夜中までオリンピックを観戦していたので着後夕飯を食べてから、早い時間に寝落ち。

ぷれじーるの夕食はいつものように、全て美味しくて楽しく味わえた。

ざっと、一日目のディナーを紹介。

まずは前菜。

 

前菜。

前菜。

 

トウモロコシの冷製スープ。

 

 

ちゃんと作った、トウモロコシの冷製スープ。

ちゃんと作った、トウモロコシの冷製スープ。

 

信州のトウモロコシは、めちゃくちゃうまい。が、ちゃんと作りすぎて手間がかけすぎなのか、量が年々少なくなってきているような気がしてならない・・・

 

お魚のお料理。これ、結構好きかも。とゆーか、シェフの味付けは私好み。

 

お魚のお料理。アメリケーノソース。

お魚のお料理。アメリケーノソース。

 

なんだったっけな、これはリンゴだったっけな。お口直しのシャーベット。結構いける。

 

 

御口直しのシャーベット

御口直しのシャーベット

 

信州で育った、なんちゃら豚のロースト。ソースがめちゃおいしい。

 

信州なんとか豚のロースト。

信州なんとか豚のロースト。

 

デザートはパフェ~。ケーキはあんまり好きじゃないけど、アイス類は好きだったりして。甘みをおさえているので、夜食べてもへーきっす。

 

デザートのアイスパフェ。

デザートのアイスパフェ。

 

とゆーことで、昼間からずいぶんと飲みっぱなしなのにワインのデカンタを飲んじゃったりして。とにかく、とにかく、お天気は悪かったけれど、良い空気を吸って心の洗濯。

一応、2日目は無事に終了した。

翌日も朝から大食い大会だけど、それは後程アップいたす。

 

 

 

今年もまたまた、夏の終わりに信州へ その2 安曇野(中房温泉)~あづみ野の朝~小布施(枡一市村酒造場)~ぷれじーる

標準

前日は外房~東京~松本~新三よしで食事~オザワキネン松本フェスティバルオーケストラコンサート~ブエナビスタホテルでのウェルカムパーティー~安曇野。

そして中房温泉でまったり、深夜までお酒を飲み飲みオリンピック観戦。

うーむ、字面を見ると結構ようやったぜ系のスケジュールだ。

前日は夜中まで起きていたけれど、朝8時くらいに起床。

 

どでかいバスタブにつかり、まったりと中房温泉を楽しむ。

窓を開けると木立が見えて、森林浴だ。

 

朝ご飯は、車でちょいと行ったところにある「あづみ野の朝へ」。

 

10時開店なのだけど、開店前から並んでいる人がいる。

10時開店なのだけど、開店前から並んでいる人がいる。

 

出来立てのパン、美味しいコーヒーが楽しめる。お店の中でも食べられるし、お持ち帰りももちろんOK。

 

こんなに美味しそうな焼き立てのパンが!どれも食べたい

こんなに美味しそうな焼き立てのパンが!どれも食べたい

 

ブランチだから、気にしないで食べちゃおう。とゆーことで、私のチョイス。

 

ビジソワーズが美味しかったな。キッシュも激うま。

ビジソワーズが美味しかったな。キッシュも激うま。

 

あ、これ二人分だからね。

どっちゃにしても、これに1個追加して、3個も食べてしまった。

中房温泉、めちゃいい温泉だ。

安曇野か~空気もいいし、ほどほど高地だし、野菜もなんでもあるし、次の住まいにいいかもしれない。

もともと、信州は嫌いじゃない。小学校4年生くらいから高校に入るまで、毎年夏休みや冬休みは、信濃大町の別荘で過ごしていた。

もちろん、源泉かけ流しの温泉があり、河原の近くの静かな別荘地。

冬の大雪では、積もった雪の壁に囲まれて孤立状態っぽくなるし。

夏の大雨のときには、大きな河原の石がゴロゴロ流れる音がひと晩中響いて怖かった。

でも、それはそれで楽しい思い出だ。

うーむ、信州移住まじ考えてみようっと。

 

一晩安曇野の友人別荘に御世話になり、松本へ戻ってレンタカーを借りる。

次の目的地は菅平なのだけど、ちょいと遠回りをしてみんなで小布施へ。

小布施に行ったら、やっぱり栗かのこと日本酒だ。

 

またまた、今年も枡一市村酒造場へ。

酒樽は、店の入り口と、中庭にある。

酒樽は、店の入り口と、中庭にある。

 

店内には、日本酒バーカウンターあり。

店内には、日本酒バーカウンターあり。

ここまででドライバーのお役目は終了、しこたま飲ませていただく。

 

お好きなだけチョイスしていただける、三種の塩。

 

平手造酒(ヒラテミキ)って言われちゃうよ。

平手造酒(ヒラテミキ)って言われちゃうよ。

 

いつもの手杯でいただく、お神酒は五臓六腑にしみわたり~ので。

塩をあてにお酒を飲むと、平手造酒(ヒラテミキ)って言われるけどみんな知っているだろうか?

お店の中で、面白いもの発見。買わなかったけれど、これは合理的でエコだわ。

 

これって、いいよね。

これって、いいよね。

 

超見た目気に入ったけれど、見つける前に4合瓶を買ってもらったので、これも欲しいとは言えず・・・

 

いやー、場所もとらなさそうで、便利。それにおしゃれ。

いやー、場所もとらなさそうで、便利。それにおしゃれ。

 

いつ来られるか分からないけれど、一度こちらの枡一客殿とやらに泊まりたいと思っている。

 

しこたま飲んで、菅平へ向かう。

ぷれじーるに到着すると、またまたハーフシャンパンを飲むわけさ。

 

とうちゃこいたしました。

とうちゃこいたしました。

 

天気が良くなかったけど、頑張って外で飲む。だって、せっかく椅子、テーブルが置いてあるんだもんね。

残念無念、大失敗。グリル満天星 丸ビル店

標準

所要ありで、朝もはよから上京し、お昼を食べてから帰ろうと丸ビルへ行く。

本当はイタリアンと思ったけれど、予約でいっぱいとのこと。

しょうがなく他の店へ。

グリル満天星を見つける。

日本橋三越の同店には行ったこともあるし、有名店であるからと安心して入る。

お昼どきなので、ランチメニューあり。

ランチプレート、サラダ、スープ付き2000円。

本当は、ロイヤルパークホテルのステーキピラフと思っていたので、ガーリックピラフステーキプレートを注文。

同伴者、オムライスとハンバーグのプレートランチを注文する。

それぞれノンアルコールシードルのモヒート、モヒートを注文したので、先にドリンクが来た。

すると、あっという間にプレート登場。

ガーリックステーキピラフプレート。

 

超まずい、ガーリックステーキピラフプレート。

超まずい、ガーリックステーキピラフプレート。

 

オムライスハンバーグプレート。

 

超まずいオムライス&ハンバーグプレート

超まずいオムライス&ハンバーグプレート

 

同伴者と目を合わせ、「これって看板に偽りありじゃない?」と。

メニューの画像とずいぶん量的に違うというか。

そして、プレートのお皿もきれいに洗ってないというか、拭いていないというか。。。

 

まあ、ランチプレートだし。お得だと言っているしと、思ったがスープ、サラダがまだきていない。

「今ランチタイムですので、スープ、サラダが付いています。」

と、ニコニコ顔で後からスープとサラダを運んで来た女店員。

「は?」

スープ、サラダ付きだってことはとうに知っている。

ってか、なぜ、後からくるんだよ。

あーあと思ったけど、まあ味がいいはずだからと我慢。

カリカリのガーリックと、きれいに刻んだしその葉が肉の上に乗っていて、見た目はきれい。

だが、赤身の肉は味がなく、ピラフはどう考えても出来立てとは思えないし、味がまばらでライスがダマになっている。

 

同伴者のオムライスも、上の卵は焼き立てだろうけど、中のトマトライスや横の小さなハンバーグは作り置きでチンした感じだったと。

サービスだと、胸を張って出してきたスープも、コンソメに冷凍のコーンとベーコンの端っこを入れただけっぽく。

サラダも、こんなに少ないのかい、ってゆーくらい少ない。

 

せっかく丸ビルでランチを食べたのだから、文句は言いたくない気分でいっぱいだった。

が、しかし、こんないい加減な料理を2000円も支払うことに腹立たしくなってしまう。

グリル満天星丸ビル店、二度と行かない店だ。

実を言うと、丸ビルのレストラン街には偏りがあるように思える。

しかし、名がある店なのに超残念、金捨てた~状態だ。

こんなんだったら、さっさと大原に帰って駅前の源氏食堂で食べて、たんまりお土産も買えたのに。

と、後悔するばかり。

やっぱり、国際フォーラムのレバンテにすればよかった。