カテゴリー別アーカイブ: 寿司・河豚

春の喜久寿司会2017

標準

春の喜久寿司会は、3月中に行われるタラの白子ステーキ目的な会である。

が、今年はタラの白子が品薄だとか。もちろん、大原ではタラの白子は獲れない。漁港に加工所があるので、新鮮な白子が手に入るのだ。

とゆーことで、お江戸からちょっと春の小旅行気分で友が日帰りで来る。

大原駅に着いた友たち、まずは源氏食堂で夕飯のおかずを注文しておく。(トンカツを揚げておいてもらうのだ)

今年は背黒イワシも品薄で、こっちに来て2回目くらいの、不漁だ。今年は、アンチョビを作ってない、とゆーか、作れない。が、さすが大将、背黒が揚がったので、わしらのために朝から一生懸命さばいてくれていた。

KIMG2160[1]

なのだけれど、最近生のイワシのアレルギーだということを知り、私だけお酒を混ぜてチンしてもらう。

KIMG2159[1]

そんなん、うまいっか?と言われたけど、私にとっては超うまなものなのだ。

でもって、お次はカツオの燻製。

KIMG2161[1]

塩カツオは知っているし、塩ワラサは去年の春喜久寿司で食べたが、燻製は初めて。

KIMG2162[1]

切ると、こんなでめっさ、うまっさよ。酒が進むぜ。って、また昼酒なんですが。ほんで、お次は、ワラサのなめろう~

KIMG2163[1]

どんどん、酒が進むぜ。

やっぱり、本当にタラ白子がなくて。ナントカフグの、白子のステーキだった。ナントカフグは、ショウサイフグじゃなくて、ナントカって言ってたけど、名前忘れた。

KIMG2164[1]

しかし、もしやタラ白子ステーキよりうまいかもしれぬ。

なんだかんだと、飲み~の食べ~の。大将、結構仕事が細かくて。昆布〆など、ちょこっとずついただく。

KIMG2165[1]

この間、握りも食べたけど、最後に背黒のひと口漬け丼。

KIMG2166[1]

わしは、食べられないので、え~~、ずるい、ずるいとだだをこねたら、なめろう丼にしてくれた。

KIMG2167[1]

しこたま飲んで、わいわい騒いで、電車の時間までちょいとドライブ。

御宿の砂浜で、月の砂漠記念像を見たり、メキシコ記念塔を見たりして。

メキシコ記念塔の前で記念撮影。

KIMG2170[1]

 

友を連れ、大原駅まで戻り、駅前源氏にて注文した品々を受け取り見送るのであった。

次の喜久寿司会は、アワビ、サザエの巻だな。

超遅い新年会 by焼きフグ牧野

標準

超遅い新年会を、3月4日に決行。

ま、ほとんどお雛祭り会って感じ。参加者、全員女だし。

牧野は、相変わらずの繁盛ぶりで、この予約は昨年末にしたんだよな。他の牧野ファン友達に聞いたら、1月の時点で3月半ばまで予約が取れなかったよう。

つーことで、刺し、ひれ酒、にこごりでっせ。

KIMG2116[1]

今回、牧野デビューが数名。

やっぱり、こうゆー焼きフグってあり?しかし、超うま、って感じ。

KIMG2117[1]

しゃべりと、飲みに追われて、焼いてるとこはないけど。それは、他の牧野投稿で見てちょ。

で、やっぱり欠かせねえ、みぞれ。

KIMG2118[1]

これ、昔々は、裏メニューだった。名物蟹大根だって、裏メニューだったけど。最近は、ほんとに人気定番メニューとなっている。

画像ないけど、白子もちゃんと食べた。でも、単価高い(3500~4000円)ので、2人で1個って。でも、それだけで、十分な大きさだったっすよ。

昨年の新年会では、蟹大根鍋だったけれど。今回は、正統派フグちり。

画像はないけど、フグだらけで、めちゃくそおいしかったことはお分かりかと。

そのあとの、雑炊もめたくそうめかった~。みんなで幸せな気分になり、銀座線駅近くのボローニャでお茶する。

しかし、わしはさっさと店を出て最終わかしおに乗ったのであった。

6月ころ、蟹大根鍋を食べようぜ、を企画するかも。毛ガニの旬は、5~6月だから。

喜久寿司会&番外編 ( 2016年11月)

標準

これって、去年の11月のこと。

結構、アップもんがたまりにたまっているので、そこは勘弁。

今の時期、伊勢海老は禁漁ですし。

昨年11月の、伊勢海老喜久寿司会と、その1週間後の番外編。

まず、喜久寿司会から。

年に数回、旬の魚を食べに江戸から日帰りで来る同級生セレブたち。

秋は、伊勢海老をたらふく食べる。

KIMG1810[1]

ちょうど、天気も悪くて前日まで漁に出なかったらしいけど、そこんとこはちゃんとどうにか手配してくれた。ぴっちぴっちの伊勢海老。

 

KIMG1812[1]

超ぜいたくな、お造り。

ま、地元でなきゃ、食べられないよな~

で、焼き。

KIMG1813[1]

その他、伊勢海老のお味噌汁や。

KIMG1817[1]

おつまみとか。

これ、サンマの肝和え。KIMG1808[1]

イカの子どもの、麹漬け。

KIMG1809[1]

もちろん、昼からしっかり飲んでるし。

そんで、こんなに食べてるのに、握りも食うという。

 

KIMG1818[1]

しっかり食べて、その後は、特急待ちで駅前の食堂でお酒と焼きそば。

KIMG1819[1]

そして、翌週。またまた、別の同級生が今度は泊まりで伊勢海老が食べたい、前回の喜久寿司はおこちゃまたちと一緒だったから、大人の喜久寿司を体験したいと言われ。

また行く。彼女はビール党で、ビール飲みだすとそんなに食べないし。

私も夜はあんまり食べないので、伊勢海老ハーフコースって感じ。

 

前回も食べた、サンマと、イカの子どもの麹漬け。

KIMG1846[1]

で、魚運のいい私。脱皮伊勢海老の天ぷら。丸ごとだからね、これさ。2人で半分ずつ食べても、はっきりいっておなかいっぱいどず。

KIMG1847[1]

ショウサイフグの刺身。

 

KIMG1849[1]

大人の喜久寿司体験とは、よくいったもので。まさに、酒飲みワールドだ。

大好きな地タコと、サンマの肝あえ。

 

KIMG1848[1]

しめは、酒飲みにやさしいハマグリさんたち。

KIMG1850[1]

はっきりいいますが、喜久寿司最高っす。

実は、来週、春の喜久寿司会あり。

それまでに、たまったグルメレポート、続々、アップ予定!!

まさかの、クリスマスイブを思いおこして。。。焼きふぐ牧野で恒例のイブイブ。

標準

ほんと、一体どのくらい投稿してないんだか。

これは、毎年クリスマスイブになると入谷焼きふぐ牧野で繰り広げられる、クリスマスイブの行事である。

とゆーことで、毎年恒例の牧野でのクリスマスイブ。

KIMG1984[1].JPG

てっさ~。これ、一人前ずつ出てくるので、喧嘩しなくていいよな。てっさ、テッサってジャン・ジロドウの戯曲を思い出した。テッサといえば、影万理江さん。あんな本物の美人は、なかなか出てこないと思われ。みんな、人工的だもんな。

と、話は脱線したが。美人になりたいなら、コラーゲンよ、ちみ。これをお食べ、とゆーことで煮こごり。

kimg19851

煮こごりは、こりごりと言ったやついたな。これ、やっぱうまし。

で、焼きふぐって。

kimg19861

もちろん、お酒はひれ酒を堪能。

しながらの、大好きなみぞれ。

kimg19871

ここのみぞれ食べなかったら、何しに来たか分からんのだよ。辛みたっぷりバージョン。

そして、この年末時の白子がえらくでっかいので、思わず注文の白子焼。

KIMG1989[1].JPG

ドーンときたぜ、白子焼!ドーン。

今ごろも、まだ大きいのかなと。で、これはもう絶対年を越したらありません~のイクラの醤油漬けがたくさん乗った、白子たっぷり入りふぐ雑炊。

KIMG1990[1].JPGもう、今どきはこのイクラないですから。

とゆーことで、クリスマスイブをどーにか牧野で過ごせた2016年を無事越し、今に至るわけだ。

実は、来週末も最後の新年会in牧野でございやす。また、アップ予定~

あ、その前に12月の出雲大社もアップだな。

新年会 小笹寿し~ワインバー池田

標準

もう2月も終わりだとゆーに、やっとお寿司新年会。

久々の銀座小笹寿し、堪能いたしやしたよ。

外房ガラパゴスは、海の幸、山の幸が豊富だけれど、やっぱお江戸の仕事は違いますな。

kimg20941

煮アワビも、美味しいこと。そして、当日UCCFのセミナーで学んだ、和食の五色、黒を使ってますな。

kimg20951

小笹寿しといったら、コハダ。わし、はっきり言ってここのコハダとかシンコしか、食べたくないし。

実は、おつまみ系、すごーくたくさん食べてますだ。あまり、いちいち画像を写メるのも何だったので、最後の方のしか撮ってない。

kimg20961

もう、素晴らしいったらありゃしないわな。カサゴかな、これ。

小笹寿し、めちゃうまくて大好きなんだけど。お酒が。。。日本酒とビール、焼酎とかしかないのが残念無念。ワイン、入れてほしいな~と勝手なことばかりゆーし。

熱燗飲んで、めちゃ食ったあとは、これも久々のワインバー池田へ。

kimg20981

やっぱ、ほんもんのシャンパンはうめえ。

しかし、わし、ドライフルーツ嫌い、チーズも限られたハードタイプしか食わんのに、覚えといてよ~~~きみ~~

kimg20991

ほおずきを、チーズだかチョコでコーティングしたやつ。これも、あんまお好みではない。

やっぱ、ワインバーといったら、餃子ですかね。

結構飲んだのに、頑張って有楽町まで歩いて最終わかしおにセーフ。缶ハイボール買って、一本飲み飲み帰ったんだから、翌日ちょい具合悪いのは当たり前だ。

少量の酒だ、少量の。これからまだ新年会が残ってるので、気を付けねば!!

 

夏の喜久寿司会2016

標準

今年もまた、夏の喜久寿司会、アワビサザエのまきを開催。

東京から喜久寿司会メンバーが朝もはよから、わかしおに乗ってやってきた。

 

どどーんと、マダカアワビ!

どどーんと、マダカアワビ!

 

アワビの中の王者、大原ブランド器械根マダカアワビがどどーんと一発出てきた。

ほんと、これお高いのだ。大将、頑張って仕入れてくれたのだな。

隠し包丁を丁寧に入れているので、食べやすく。

アワビを普段食べない私でも、箸が進む。

 

ワタリガニとバイガイ。

ワタリガニとバイガイ。

でっかいワタリガニ~とバイガイ。

バイガイの肝も食べられるので、この店好きだわ。

そこんとこ、新鮮だからってことだな。

 

イワガキだい。

イワガキだい。

 

夏にカキを食べられるようになったのは、ほんとつい最近のことにように思う。

地元のイワガキは、けっこうな大きさ。

昔は、なだ万とかで北陸のイワガキを食べてたけど、えらく高かったような気がする。

 

器械根サザエのつぼ焼き。

器械根サザエのつぼ焼き。

 

出ました、同じく大原ブランドの器械根サザエ。

本当にでっかいのを、つぼ焼きにしてくれた。肝もいっぱい詰まっていたぞ。

器械根とは、大原にある磯場のこと。ここで取れたアワビ、サザエ、イセエビが大原のブランド商品だ。

 

ヒイカの麹漬け

ヒイカの麹漬け

 

めちゃうま~~

本当は日本酒で食べたかったのだけど、そこはほれ昼間から。

いつもがんがん日本酒飲みだすメンバーの一人は、今年の春無事結婚して新婚さん(55過ぎの初婚だもんな)。

晩婚の新婚さんって何だか変な言い方だけど、サワーとか飲んじゃってるんだもん。

あ、ここのサワーは、大将と大将のお母さんがずいぶん前に漬けた果実酒のサワーで、めちゃうまいのだ。

結構食って、飲んだんだけど、やっぱり締めは握りでしょ。

画像はないのだけど、カツオ、イサキ、メジナ。

あと、外房アナゴ。これがまた、めちゃくちゃ超うまし。

いつもの湾内アナゴより身がしまっていて、瀬戸内のアナゴのよう。

これはぜひ、棒寿司にしたら美味しいと思う。

で、これは生まれて初めて食べるアナゴの卵の握り。

 

アナゴの卵の握り。これは珍味、美味、言うことなし。

アナゴの卵の握り。これは珍味、美味、言うことなし。

 

今回もめちゃくちゃうましだった、夏の喜久寿司会。

このあと東京組ご一行は、木戸泉で試飲、お買い物。

源氏食堂大原駅前店精肉部にて、あらかじめ揚げておいてもらったとろけるカツ、悪魔のシュウマイを購入。

電車の時間まで、駅前食堂のせいみやでちょいとお茶。

皆さんコーヒー、私は木戸泉を一本と付きだしのナスの甘酢煮をいただく。

駅前食堂で、ちょいと一杯。

駅前食堂で、ちょいと一杯。

次回は、器械根イセエビ大会で、10~11月頃だな。

 

春の喜久寿司会は中止~でも、行ってきた。

標準

春の喜久寿司会、鱈の白子のステーキを食す会が直前に中止となり。

大将に悪いからちょい悪爺を誘って、行ってきた。

 

まずは、春らしく白子豆腐と浜松産のバイ貝の煮つけ。

 

バイ貝大好き。この肝がうますぎる。

バイ貝大好き。この肝がうますぎる。

 

春といえば、鯛。マトウダイの七つ道具って、やつ。

 

マトウダイの七つ道具

マトウダイの七つ道具

 

左から、背中の皮と卵、肝(あん肝風に蒸したもの)、刺身、お腹の皮。

もう、めちゃんこうまい。このマトウダイ、何と8キロくらいあったらしい。釣りじゃなくて、網にかかったものだって。

 

そして塩ワラサ。塩カツオは知ってるけど、結局なんでもできるってことだな。しかし、塩気は私いらないのですけど~~

 

ワラサ塩、塩ワラサ?.どっちゃでもいいが、私はあまり好きではない。

ワラサ塩、塩ワラサ?.どっちゃでもいいが、私はあまり好きではない。

 

そして、今回のメイン、鱈の白子ステーキ。バターソテーとも言う。

 

鱈白子のステーキ、バターでソテーして、自家製ポン酢ぶっかけっちょ。超ウマ!!

鱈白子のステーキ、バターでソテーして、自家製ポン酢ぶっかけっちょ。超ウマ!!

 

この季節にこれを食べなきゃ!まじめちゃうまだ。

そして、こんなに食べてるのにしっかり地魚握りをいただく。

 

地魚握り。そのとき、そのとき、ネタは違うぞ。

地魚握り。そのとき、そのとき、ネタは違うぞ。

去年は大原名物のタコちゃんが、少なかったのだけど。

今年はちゃんととれるらしいよ。大原のタコ、まじおいしいぞ。

タコ好きの私が言うのだから、間違いないし。

で、もしかして初めて食べる外房名物めちゃお高いハバノリ!!生ハバノリのお味噌汁~

 

生ハバノリのお味噌汁~

生ハバノリのお味噌汁~

 

年末になると、めちゃ高いハバノリ。それも生だし、現地に住んでいてよかったのことね。

ハバノリって、フルーティーで特別な味がする。これ、うまい。

なんか、これを雑煮に入れないと正月が来た気がしないという外房総族の気持ちが分かるような気がした。

春の喜久寿司会は、中心になっちゃったけど、次回は夏、アワビとサザエ大会だぜ。