カテゴリー別アーカイブ: 寿司・河豚

喜久寿司行ってきたぜぃ。昼間っから飲んだり。

標準

ランチに、喜久寿司。夜だと、飲めないからな。電車のある昼間っから、お魚食べて、寿司食って、酒飲んで最高~なばかであった。

なんだか、最近飛び込みのお客が多いらしい。ネットやTVで見て、来る人もいるんだと思う。

そーゆー自分も、あれは何年前だったっけな。まだ田舎暮らしの物件を探してる最中だったかな、初めての喜久寿司は。

ネットで検索して、気になって。一応電話したんだけど、店主、「いつでもやってるから、予約はいらねえよ」ってさ。ま、それで堪能してからはや10年、たくさんお世話になっているのであった。

今回のお料理。

カレイの唐揚げ、オオニベの粕漬、クロダイ、ヘダイ、コショウダイ、カンパチ、トロ、大鼻タイ、ヒラメ、アオリイカ、サワラ。

ほんと、よう食って飲みましたわ。

ひっさびさの、喜久寿司。地魚握りをいただく。

標準

今年初めての喜久寿司。まじかよ?毎年6月は、ホタル狩りで結構な人が遊びに来るので、夕飯は喜久寿司か、源氏食堂って感じで。月のうち、何度も行ったりしていたのに。源氏食堂は、昨年夏に閉店してしまったし。あれは、ある意味正解だったかもしれない。

コロナのせいで、ほんと何でもかんでもつまらなくなってしまってるぜ

ひっさびさの喜久寿司で、地魚握りをいただく。ソーシャルディスタンスは保たれているし、風通しもよかった。

やっぱりね、外房の海は白身魚が主流ですな。めっさ美味しくて、とっても満足。

こんなときだから、電話して取りに行けばテイクアウトもOKだそう。

また、握り食べに行こうっと。

東北さいくべ_2020_1月_その3 水軍の宿~木造駅~新青森駅

標準

鰺ヶ沢に到着して、わさおに会い、わんどで、相撲館を満喫し、水軍の宿へ戻る。

お部屋は3人のお布団敷いたら、いっぱいになるくらいの狭さだけれど、まあ、いいさ。温泉目的だし。温泉は、日帰りの共同風呂にもなっていて、6時までは一般のお客さんも入っている。夕食は、お食事処で。

スライドショーには JavaScript が必要です。

一泊1万円ちょっとだけれど、おなか一杯になるほど、お料理が出てきた。タラちり鍋には、ダダミ(白子)も入っていたし。日本酒をちびりちびりしながら、楽しくいただく。

食後、隣の小さなロビーで津軽三味線のライブが~

dsc_0574

地元では、有名な方のようで。なんと、45分も津軽三味線を聞くことができたので、これが宿代に入っているとしたら、めちゃくちゃお得である。

三味線をさわらせてくれて、みんなで記念撮影、まるでかしまし娘である。

しっかし、こちらの温泉はなんともいえず、体にしみる感じ。よく寝られたし。鰺ヶ沢も今年は雪が少ないようだけれど、夜のうちにいくらか降っていたので、雪景色が~

朝起きたら、うっすらと雪が積もっていた。いつもは、こんなもんじゃないらしいけど。

朝ごはんは、ビュッフェもありーので充実していたし。

こちらのお食事、思ったよりしょっぱくないし、ちゃんと気を使っていただいてるわな。いやはや、温泉、お食事、気持ちもおなかも一杯になる宿であった。

鰺ヶ沢の駅から、五能線鈍行に乗り、木造駅まで行く。大きな遮光器土偶を見るため、だけに。

line_131451629029175

木造駅には、何にもない。駅前に1件、食堂があったが、定休日。でもな~このでっかい遮光器土偶のしゃこたんを見られて、記念写真を撮ったら、それだけで大満足。いいな、木造駅。電車が来ると目が光るらしいのだけれど、それも見たかった。駅前に住みたい!

1時間近く木造駅でぼんやり過ごし、リゾートしらかみに乗って新青森まで行く。

新青森駅は、お土産屋だの、食堂だのが充実している。最後の楽しみで、どうせだから、大間のマグロを食べて帰ろう!ってことになり、「魚っ食いの田」に入る。

残念なことに、大間のマグロは入荷しておらず。それでも、お刺身たっぷりのどんぶりやら、握り寿司やら、好きなものを注文する。もちろん、日本酒もね。

いやはや、ほんと美味しかったワン!

私は五能線制覇、一歩ならず。(新青森~青森が抜けている)おあとの二人は、りぞーとしらかみ、秋田~木造間、乗れてない。なので、また来年リベンジ予定。そうよ、せっかくビス付きのブーツ買っちゃったんだもん。もっと雪深くなきゃだわ。

で、なんだかんだ今回も超楽して、よりいっそうの東北LOVEが止まらないのであった。

次回は、別グループと初夏の東北さいくべ、だ。新型コロナウィルス騒動、おさまっているといいけれど……

 

 

2019年年末行事あれこれ(柚胡椒、ポン酢づくり_KISS_スペインクラブ_ラコゼパフュメクリスマス_焼き河豚牧野)

標準

2019年の年末も、いろいろあり。

今年はゆずが豊作で、皆さんからたくさんいただく。ポン酢、柚胡椒を作る。

 

この後、またたくさん柚をいただき、ゆずポン酢第二段もあるし。寝かせておくと、もっとおいしくなるから楽しみだ。

で、40年ぶりにKISSを見る。今回が最後のツアーだそうだ。初来日のとき、一緒に行った同級生と二人で大騒ぎする。やっぱ、KISSはロケローバンドだわ。

東京ドームのバルコニー席、気に入った。次回、何か見に来るときは、絶対バルコニーよっ。

銀座スペインクラブにて、ゴルフ仲間との忘年会。結構、おいしくて、ここ好きだわ。

昼間っから、しっかり食って飲んだぜ。

クリスマス前に、母校の同窓生クリスマス礼拝に行き、翌日は有人が会員でもある、ラコゼパフュメのクリスマスパーティーに参加。ビジターなのに、くじ引きでなんだかいろいろ当たっちゃったわ。

 

でもって、リアルクリスマスイブ恒例、高齢者with牧野で焼き河豚、であーる。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

後半、バババーッとアップしたけれど、どうにか2020年に突入できた。今年は還暦だ。誕生日をちゃんと迎えられたら、こりゃすごいことだとみんなに感謝せねば。

とにもかくにも、今年もよろしくです。

2019 年9月以降のまとめ(大原はだか祭_喜久寿司_黒猫開腹手術_祇園たけうち_祇園てる子&K6_守山)

標準

とゆーことで、9月8日にやってきた台風15号のやろうのせいで、いすみ市は停電まくり。8日から江戸に上京し、帰れないまま10日に帰宅。8日の夜から停電で、復活したのは13日の朝だった。

2日間停電していたけれど、冷蔵のものはしょうがないとしても、冷凍庫は結構無事に生きていた。どうにか整理して、一晩残暑厳しい電気なしの生活を味わうが、もうダメだとお江戸へ避難する。

そんなこともありーのながら、大原のはだか祭は無事行なわれた。

友人と一緒に、昼間から飲みまくりのはだか祭であった。やっぱ、楽しい。

10月に入って、お誕生日。仕事先からお花をいただき、またまたにゃん’sが戯れる。バースデーディナーは、今年も喜久寿司で伊勢海老三昧。脱皮伊勢海老だし。

金木犀も、きれいに咲く。

でも、相変わらず週末になると低気圧だの、大雨だので特急に乗れなかったり、いろいろある。そんなバタバタしている最中、黒い姐さんが50㎝強の高島屋のリボンを飲み込んでしまう。レントゲンの結果、小腸まで達していたので、緊急開腹手術をする。

退院してからは、ほんと元気。飛び回ってるし。一度リボン食べた子は、同じことを繰り返すらしいので、これからも要注意だわ、姐さん!

姐さんを入院させたまま、京都に行ってきた。滋賀のお墓を墓じまいせにゃならなくなり、まずは一度も行ったことのないご先祖のお墓参りだ。そのついでといったらなんですが、祇園で芦屋夫人、てる子さんとディナー。

初たけうち、である。めっさ、おいしかった。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

たけうちの後は、いつものスナックてる子→K6ってなわけで。一人で行くのもなんだから、京都の若手女子を誘っていくのであった。

そう、そう、ろくでなしにも顔出したけど、マスター横ちゃんお休みだったからすぐ出ちゃった。

翌日、若干二日酔いながらも守山へ向かう。途中、中高の同級生(滋賀に嫁に行ったのだ)と何十年ぶりかで再会、車回して、琵琶湖見たり、一緒に守山で墓参りしてもらったりしてもらう。持つべきものは、友だ。非常に助かる。

ルーツが滋賀だということは分かっていたけれど、ちゃんと現地に降り立つのも、守山のお墓に行くのも初めて。非常にいいところ。なんで、行ったことなかったんだろうか。

で、2019年は、ほんと房総半島をざわつかせた台風や、大雨。最後にドカンと、大雨が降り、近くの茂原は大変な被害にあった。ほんと、今年はどうなることやら。11月以降の出来事に続く…

 

 

 

 

 

 

大原 喜久寿司 タコしゃぶ~地魚にぎり寿司

標準

ある日の夕方、またチョイスが休みなので、電話もしないで喜久寿司へ。

昼は大宴会があったらしく、ようやく片付け終わっていた大将。

店の外に、「タコしゃぶ」やってます、と看板があったので、タコしゃぶをボッチ分注文(一人前)

kimg1419

沖の海水でしゃぶる、タコは、新鮮なのを解体して冷凍してある。そのまま食べても美味しかったが、しゃぶったら最高。が、これ歯に自信のない人は無理だと思ったり。

大原漁港、港の朝市では、今月から多分来月にかけて、「タコしゃぶ祭り」とかやっている。がしかし、こんなに寒いのに港に行く人がいるのか?やっぱりお店で食べたほうがいいよな、とか思ったり。

伊勢海老の頭が入った鍋に、タコをしゃぶってるらしくて、それって、なんだかな~とか思ったり。

まあ、いいや、好き好きだし。。。で、ノンアルだし、すぐさまにぎりをいただく。

イサキ、スズキ、スズキの白子、フグ、ヒラメのエンガワ、鯛、サゴチ、サワラ。どれも絶品の地魚寿司。

最後にキンカンのコンポートをいただいて帰る。

やっぱり、喜久寿司大好きだ。

 

2018年12月のことVOL.1・・・クリスマス~お正月 (クリスマス礼拝~入谷牧野~湯島ふ多川)

標準

2019年になり、一度も投稿せず。あ、去年の暮れも投稿せずだったので、ざっと、ぱっと、クリスマスからお正月まで一気にいきやす。

昨年のクリスマスは、学校出てから初めて同窓会クリスマス礼拝に出席した。うん十年ぶりの母校を見る。

そして、クリスマスイブは例年どおりの入谷焼き河豚牧野にて、お食事。

大将は、仕込みが終わったら疲れた、って帰ってしまったそうで、昨年は会えなかった。

ふぐ刺しは、ひれ酒。その後は、国産のワインで・・・

スライドショーには JavaScript が必要です。

いやはや、牧野でクリスマスイブを過ごさないと年が越せない、とまで言っていいくらいだったり。次回、同級生新年会まで我慢だ。

最終のわかしおまで時間があったので、超久々に湯島にある「ふ多川」へ。お酒の飲み方、いろんなマナーなど、今は亡き大ママに躾けられた私。母親の腹の中にいたときから、知られているお姉ちゃんに会う。

次回は、姉と一緒に行こう~

ってことで、2018年のクリスマスはこんな感じであった。

 

 


 

またまた喜久寿司にて、伊勢海老三昧

標準

11月半ばの日曜日。お江戸から友来たり、大原喜久寿司にて伊勢海老を食らう。

毎年、伊勢海老を食べに行きたいと言っていながら、なかなか来訪ならずだった友人。

やっと来ましたね、って感じ。

もうこの時期、伊勢海老はあんまりらしく。ですが、電話先の大将に頼み込んで、どうにか刺身、焼き、脱皮伊勢海老の天ぷらを食すことができた。

KIMG1294

こんなに大きな、脱皮が~~~っ。丸々一匹、殻付きで食べられるってことなので、ほんとお腹いっぱいになるだよ。初体験の友人に、尾っぽと頭は譲ったし。

KIMG1293

そして、焼き。私は実は、これが一番好きかもしれない。

KIMG1295

大原の海は、意外にも白身魚が豊富。鯛だって、いろんな種類があるし。まじ、有楽町の次郎より、あたしゃ好きだね。

年内また行くとしたら、今度はトラフグだな。また、電話で頼み込まなくちゃだ。

10月のまとめ 今年も喜久寿司でバースデ~

標準

今年もバースデーは、都内ではなく地元大原の喜久寿司にて伊勢海老を食らう。

毎年、お仕事関係の会社から、丁寧なメッセージと共にお祝いのお花を送っていただく。ろくっすっぽ戦力にもなれずにいるのに、ただひたすら恐縮するのみ。

にゃん’sは、大好きなお花の匂いをかぐのだった。

kimg12361.jpg

でもって、ランチにまたまた喜久寿司。大原の海の幸、白身魚を堪能したのであった。

やっぱ、喜久ちゃんちのシャリはうまい!

 

今年は、おばさん喜久寿司会、ぜんぜんやれてないな~。年内は無理だとしても、ぜひ来年の春は!白子のステーキだぜぃ。

7月の京都で鱧~糸源(京都西陣 北野下の森)

標準

2018年7月、祇園祭の最中仕事で京都へ。

ちょいと時間があったら、嵐山か、比叡山か、鞍馬、貴船にでも行くかな、と思っていたのだが・・・

暑すぎる!いったいなんじゃい?よーく皆さん祇園祭の鉾とか見られるよな~~

ということで、朝ごはんを食べホテルをチェックアウト後ランチ。こりゃ、鱧喰って帰るしかない。

とゆーことで、北野白梅町駅にほど近いところにある、糸源でランチ。

はも落とし、5個入って2000円。まあ、こんなもんかな。適度なお値段。

KIMG1105

鱧づくしご膳3800円ってゆーのがあったけど、朝ごはんでお茶碗2杯食べちゃったので、なんとも無理そうだった。鱧寿司もあったけど、7800円。こりゃ、大量だきっと。と思い、2人で穴子寿司&鉄火まきを半分こ。

アナゴおいしいぜい!

KIMG1106

あと、鱧の天ぷらなど食して、冷酒をちょいといただき満喫。

KIMG1104

糸源さん、結構リーズナブルでお値段が見えるいいお店だった。

そして、またタクシーに乗りJR円町駅へ。電車で京都駅へ向かう。ひょえ~~、暑い!ホームで座って、5分電車待っていただけで、おかしくなりそうだった。

帰りの新幹線、さすが三連休の最終日、考えることはみな同じでなるべく早く東京へ向かおうとしているのだか。普通席ずーっと満席。グリーンに乗ってゆったり帰る。もちろん、ハイボール2缶飲んじゃったり。

結論、やっぱ京都の夏は暑いぜよ。