カテゴリー別アーカイブ: 天ぷら・鰻

初インフル!6日間食欲なく~復帰して、岬かくとへ

標準

そーなんだよ、新年早々、人生初インフルエンザになる。発熱してから、24時間経ってから病院に行き、検査をしたらビンゴ!あ~あ、って感じ。週末に予定していた、お江戸での楽しそうな会食もキャンセル。ちっ。

kimg1390

熱は上がらなかったけれど、ほんとに具合が悪かったのだが、そんな私を率先して看病してくれたのは、3匹のにゃん’sであった。いや、ほんまににゃん’sのゴロゴロ音は、病気を癒してくれるのだ。

食欲がなかったせいか、結構げっそりしてしまう。これじゃあ、駄目だと湧いてきた食欲を抑えられない感じで、復帰祝に岬のかくとへ。

肝焼きがあった!でもって、今年初のお酒をいただく。(熱燗2本だから、かわいいもんじゃい)

kimg1411

あ、MY山椒持参で。

しっかし、やっぱかくとは最高だ~っ。これ、並なんすけど、うなぎがでかすぎ。お新香、肝吸い付き、お酒2本飲んで、2人で7000円ちょっとだったり・・・

なんか夏の鰻より、冬の鰻のほうが脂がのってて、そしておデブなんだそう。ほんとだ、夏のかくとの画像と比べたら、全然今どきのほうがでっかいぜ。

kimg1414.jpg

なんか、最近、近所で行く店が限られてきてるな。が、みんなすごく美味しいからいいや。

広告

8月最後の連日グルメ。茂原 美味、阿佐ヶ谷 阿づ満や

標準

8月の週末は、この猛暑で夏バテの懸念もあり、茂原の病院の帰りにいつも寄らせていただく、焼肉、美味へ行く。

KIMG1193

大体、2カ月に一度の美味訪問であるが、6月からお酒を控えているので、今回はノンアル。超脂の乗ったホルモンと、上ミノ、ランチセットに付いているカルビ、ライスでお腹いっぱい。

前回は、ホタル狩りの友人も参加して、昼間から結構飲んだんだけれど。いつも御馳走になっているとはいえ、お酒飲まないと料金安かったりするんだな~と実感。

そして翌日、家族でちょいと嬉しいことがあり、家族でお祝の会をする。

今回は、姉がまさかの幹事役を買って出た。なので、全部おまかせしていた。場所は、自分の先輩でもある、姉の友人の店。阿佐ヶ谷北口駅からすぐの、阿づ満や。

新しい建物になっているけれど、小学生のころ、姉に連れられて来たことがあると思われる。

一応コースになっていて、こんなにいただいていいんですか?とゆーくらいてんこ盛りうなきもの煮物が出てきたり、めったくそ肉厚のうなぎがたっぷりのうざく、なんとも言えない美味しさのおしんこなど、ノンアルでも結構楽しめるお料理。

最後の鰻重は、私好みのちょいカリ焼き。甘みが少ないこの味付けは、まじくせになりそうだ。最近、中野、高円寺辺りに行くことが多いので、今度一人で行っちゃおうと思ったり。

夏は鰻じゃ。岬かくとへ。

標準

ずっと鰻が食べたくて、やっとこさ岬のかくとへ。

この8月のお盆休みは、ずっと営業していたらしく、とっても忙しかったそう。

前回来たときは、まだ瓜の鉄砲漬けができてなくて。やっと、大好きなもんをいただく。

KIMG1133

こちらのお重には、必ず肝吸が付いてくるし。ぷりっぷりの肝ざんす。

KIMG1134

あと、内緒で、肝焼きも付けてくれたし。

自分、基本白焼きが好きなのだけれど、この日は普通に鰻重。持ち歩いている、京都原了郭の山椒をた~っぷりかけて・・・

KIMG1131

ほんとに、超盛りだくさんである。ちょっと残してしまったし、そして同伴者は半分残してしまったし、しっかりテイクアウトして翌朝うな茶にして食べたし。

なんとな~く、夏の疲れが取れたようだ。

しっかし、今年の夏はきついですな。が、7月の京都のおかげで、自分的にはなんとか過ごせた感じがある。房総は、お江戸に比べたらちょいと涼しい。土もいっぱい、木々もいっぱい、にゃん’Sもウダウダながら元気だし。

そうだ、9月に入ったら、移住9年となり、10年目に突入だったり。白い兄さんは今年で10歳、黒姫は9歳、三毛猫ブルーアイは3歳(推定年齢)。みんな、すでにいなかっぺ大将だわな。

岬 鰻 かくと

標準

ずっとウナギが食べたかった私、かくとへ行く。

平日だけど、外房魔の月曜日だったからか、お客さんが多かった。

で、まずはお神酒をいただく。同伴者運転手なのに、お猪口が2つ。こういう出し方してくれるところは、江戸でもなかなかないよな。

KIMG0980

女将さんのめちゃうまの浅漬けきゅうりと、残り少なかった肝焼き。

 

またまた、肝焼きのおいしいこと。庭の山椒の葉を添えてくれる。この山椒の葉、ばりばり食べてしまう。

私は待望の鰻重、同伴者白焼き定食。

KIMG0983

もうね、ほんと美味しいのだ。いすみのお米がね、また美味しさをひきたてているっていうかね。

KIMG0984

これからの季節、やっぱ鰻食べないとやってけないわな。また、連れて行ってもらうわなきゃだ。

あと、今回写メらなかったけれど。お庭がきれいなこと。お手入れは、ご主人がやられているそうで。枯山水など、見事であります。

岬「かくと」で鰻だし

標準

友人とのランチ、御宿白鳥水産にするか、鰻にするかで一瞬迷うが、寒い雨の日だったので「かくと」で鰻に決定。

お店は、普通のおうちだけれど、古い歴史のある「かくと」。昔は、ここらでずいぶんウナギが獲れたらしいけれど、今は浜松産のウナギを扱っている。

どっちゃにしても、お味といい、店の雰囲気といい、大原の鰻屋とくらべたら私好みである。

寒いので、熱燗のみのみ、肝焼きを食べる。(画像なし)

肝吸い。肝に、ひと手間かけてある。多分、焼きを入れてると思われ。

KIMG0604

こちらの女将さんが漬ける浅漬けは、最高。夏は瓜、今の季節白菜漬けとキュウリだったけれど、画像は残ってない。が、めちゃうまでお酒のつまみに最高。

同伴者は、並の鰻重。、ちょっと後ろに激ウマの白菜漬けが写ってる。

肉厚の鰻ですだよ。

KIMG0605

そして、私は白焼き重。

ごはんにタレはつけてもらって、白焼き用にワサビをいただく。

KIMG0607

お店の方には悪いけれど、マイ山椒持参。(原了郭の山椒は、絶対他とは違うのだ)

お銚子3本飲んで、同伴者も私も残してお持ち帰り。

暑い夏も鰻だけれど、寒い冬も熱燗で鰻だわい。

岬の「かくと」大好き。

岬 かくと

標準

毎日暑いと思ったら、土用の丑の日あたりから、ちょいと涼しげないすみ市。

まさかの、鰻ネタに連荘。

今回の土用の前に、無性にうなぎが食べたくなり。岬のかくとへ。

download_20170717_211520[1]           (この庭の辺りに、昔はお店があったよう)

このお店、通い始めてから数年になるが、ここが明治創業の古いお店だということを初めて知る。

普通のおうちの、1階の居間で食べるので、きっと脱サラした方が自宅を開放して営業しているのであろうと思っていたのだが。ぜーんぜん違っていた。

古くから別の場所にお店を開いていたり、鰻を東京まで卸していたとのこと。昔、いすみ川で鰻が獲れたからだ。

きれいな庭園になっているところへ、昔はお店があったらしい。

download_20170717_175833[1]             山椒をかけてから、ちょいと蓋をする。  

鰻もさることながら、ここの女将さん手作りの鉄砲漬けがめちゃうますぎる。

download_20170717_175837[1]

とにかく、かくとの鰻は私のお口にめちゃくそ合っているので大好き。本来なら、白焼きを食べて、その後お重をというところだが、最近年のせいかあまり食べられない。

なので、肝焼きをいただきながら、お酒を飲みながら、美味しくいただいた。

download_20170717_175828[1]

夏だ、鰻だ、うな重だ、平賀源内よありがとう。今年は土用の丑の日がもう一回あるそう、お酉様みたいに、二の丑とゆーそーだ。

三島すみの坊(鰻)~大仁ホテル~大仁カントリー倶楽部

標準

これは5月の連休明けのこと。

毎年数回コンペを行う会があり、春は遠出をしてゴルフや温泉を楽しむ。

今年も5月連休明けに、伊豆大仁カントリー倶楽部にて。

いすみから大仁までは、やはり前乗りしないと駄目。昨年は熱海の伊東園ホテルズだったけれど、今年はやはり伊東園ホテルズの大仁ホテルへ。新幹線で三島へ、そして初の伊豆箱根鉄道駿豆線に乗り大仁へ。

せっかく三島へ行くのだから、やっぱ鰻でしょ!とゆーことで、まずは鰻。以前、沼津でゴルフをした後に行った桜屋はあいにくの定休日。どうにかやっているところを見つけて、三島駅からタクシーに乗り1メータのすみの坊へ。

KIMG0115[1]

ちょっと普通の店構え。

もう、昼間から飲みますよ。わいんと、ウナギの骨骨。

KIMG0112[1]

うなぎのほねほね、めちゃくそうめえ。

お酒を飲みながらの、白焼き定食。

KIMG0113[1]

同伴者は、鰻丼。こちらのお店は、お重じゃなくて丼ものが有名のよう。

KIMG0114[1]

もうね、ほんとうまうまであった。他にも営業している有名店があったが、電話しても出ないし。それほど忙しいのは分かるが。なんだか、むかついた。

そして、店から歩くこと10分あまり。三島田町駅から、初の駿豆線に乗る。

KIMG0116[1]

そうなのだ、修善寺や伊豆長岡には何度も行っているが、いつも車。なので、生まれて初めての駿豆線だった。

今回はゴルフメインなので、大仁目指して途中下車もしなかったけれど、韮山には世界遺産の反射炉や、いちご狩りなどもあり。他にも沿線には、面白そうなものがもりだくさん。今回、全線制覇できなかったので、ぜひ挑戦してみたい。

KIMG0119[1]

大仁駅で下車して、ホテルのお迎えのバスを待つ。駅前には、足湯などあり。

KIMG0120[1]

大仁ホテルは、バブルのころ知り合いがこぞってゴルフのために泊まっていたところ。というイメージしかなかったが、この大仁の町には長島ロードなるものがある。そう、あのミスターが現役時代、大仁ホテルに滞在して自主トレをやっていたのだとか。長島ロードは、ミスターが毎日ランニングしていたので名付けられたようだ。

画像はないが、大仁ホテルは良い温泉、部屋は少し古いけれど、ゴルフの前乗りには最適だろう。

翌朝、タクシーで大仁駅まで行き、クラブバスに乗り換えて大仁カントリー倶楽部へ。

KIMG0121[1]

伊豆の山々~とかって思わず歌いたくなるような、景色の良さ。

ま、自身の結果はいつものように残念であったがちょいとパーティーやって。

KIMG0123[1]

帰りは、クラブバスで熱海駅へ。意外と混んでいた新幹線に乗り込み、帰路へ。

大仁ホテル、伊東園グループなので食べ物はブッフェだけど、飲み放題だし、気兼ねなく好きなものを食べ、好きなものを飲めるからいいかも。

また、来年も大仁ホテルで決まりだな。