カテゴリー別アーカイブ: 和食

行ってきました出雲大社 その4(皆生温泉~松月)

標準

うわーい、人生二度目の鳥取県。はるか、数十年前にFMのお仕事で鳥取のシャンシャン祭りに来たことがある。あれ以来。でも、ほとんどお初。

米子、皆生温泉は日本海側に面している。まさに、絶景の場所に建っている海色・湯の宿松月へ。五人衆、修学旅行以来の同室。宿の対応は本当に、すばらしく。すばらしいので、ひどく目立ってしまった部屋係の仲居さんもいたのだが。ま、そこんとこは今回は省略。

まずは、好きな浴衣を選んで部屋へ。5人寝るには十分。温泉でまったりして、夕食への期待感満載。海沿いの温泉は、メタケイ酸がいっぱいで美肌効果はあるし、あったまるし。前日は寝台車泊で、朝からわさわさ動いていたから、一気に疲れが取れる感じで幸せになる。

いえーい、大山最高。

KIMG1958[1]

つーことで、いきなり夕食の紹介。

先付とか、いろいろ。

DSC02909

海の幸、やっぱ鮮度が違うのと、房総のものとも味が違いますがな。

DSC02910

実は、蟹料理にもいろいろランクがあり。量があっても、安いのは冷凍ものだったりする。やっぱ、時間をかけてせっかく来たのだからと、朝獲りの蟹三昧コースを選んでいたわけ。

どーんときたね、茹で蟹!1人、半身ずつ。タグ付きの松葉がに~。

DSC02911

 

で、ドーンと。これは刺身だ蟹~

DSC02912

そして、待ってましたの焼き蟹。ちゃんと、焼きにきてくれる。

DSC02914

おばちゃん五人衆の勢いに、ちょいとタジタジぎみだったが、部屋中焼き蟹の香ばしい香りがぷーんぷん。これが夢にまでみた、本場の焼き松葉蟹!!

DSC02913

蟹、もしかして食べてるときってみんな無口にならない?ってなことはなく、ほんとみんなぺちゃくりながら、蟹を一心不乱に食べていた。

やがて、大女将さんがあいさつ回りに。

ほんと、こんなに飲む女どもは珍しいのか、地酒をもう一本プレゼントしてくれたのだった。

DSC02916

そんなこんなで、昔話や、今話など、ぺちゃくり、のみーので楽しい夜はふけたのであった。

翌朝、コーヒーのサービスを受けて。

翌朝の朝食。KIMG1959[1]

古代米のおかゆとかあって、おいしかった。が、全体的に塩分多め。これはどこの宿でもそうだけれど、気を付けてもらいたいかも。

この後、チェックアウト前に、蟹の被り物などを全員で被って記念撮影する。

これ、宿のサービスなのだけれど。チェックアウト後には、全員分をプリントアウトして渡してくれた。もちろん、データも後からHPからダウンロードできた。

いい年して、5人もそろって被り物するのおばはんは珍しいらしく。HPにあげていいですかと聞かれたけれど、丁重にお断りした。スタッフの対応も良いし、(一部を除いて)本当に良い時間を過ごせたし、おいしい松葉蟹をたらふくたべられて幸せだった。

後から、人数分のお礼を若女将からいただく。当日お会いすることはなかったが、なかなか美人でやり手の方。また、皆生に行ったら寄らせてもらおう~

 

6月の京都2016 その3 祇園らく山

標準

京都に行ったら、らく山にはどんなことがあっても必ず行く。

こちらも父が生前お世話になった店だ。

大将はぶっきらぼうだけど、すごく面白い色白の鮎釣り名人。顔は白いけど、手ははんぱなく日焼けしている。

もう、鮎は解禁だ。

いつもの、前菜三種。

 

煮アワビだの、エビだの、ハモだの!

煮アワビだの、エビだの、ハモだの!

 

今年は近海ハモがよくとれるらしく、国産ハモをいただきやした。

今回はハモ狙いだったので、ぜーんぶハモでもかかってきいや!だわ。

 

ハモ吸い。でかい!

ハモ吸い。でかい!

 

ハモ寿し。もっと食えるぜ!

 

ハモ寿司。

ハモ寿司。

 

おつくりにも、ハモが。ハモ三昧~~

 

おつくりにも、ハモが~

おつくりにも、ハモが~

 

ここのナスのお浸しは、絶品なのだ。ナスと、大好きな生麩、下にはカシワ。

 

ナスやら、生麩やら、とにかく幸せ。

ナスやら、生麩やら、とにかく幸せ。

 

出ました、このアユ、さっきまでぴんぴん生きていた。朝、大将が釣ってきたんだそう。

清流を泳いでいるように、焼いちゃってるところがにくいっす。

 

活鮎の塩焼き。

活鮎の塩焼き。

 

ハモもめちゃ食べたし、新鮮な鮎も食べたし、最後のハモご飯はちょっとつまんでお持ち帰りする。

まじな話、私はこの店で大将の釣った鮎を食べるまで、鮎が嫌いだった。

もともと淡水魚が嫌いで、多分、昔臭い骨酒を飲んでしまったからだと思うが。

 

一応、ミシュラン1つ星~

一応、ミシュラン1つ星~

 

2年ぶりに、大将のお料理を堪能させていただきやした!

京都には京料理の名店が数あるけれど、やっぱりらく山は外せない。

父から紹介されて、はや12年くらい通わせていただいているが、行くたびに絶対寄るからね~

6月上旬の京都2016 その1 丸太町楽食

標準

今月初め、京都に行ってきた。

今回の京都は、久々。

何を見るでもなく、目的は祇園でのお座敷遊び。

要するに、飲んで食べて京都満喫~って感じだ。

一日目の夜は、丸太町にある楽食へ。「がくしょく」と読む。

父が生前お世話になっていたので、京都に行ったときは必ず寄っているとても家庭的な創作料理のお店だ。

そんなに広くないけれど、何もかもが美味しくてリーズナブル。

 

おつくり~

おつくり~ ハモと北寄貝のおつくり。

ちょっとずつだけど、いろいろ食べたいし。そして、欠食児童が一匹いたので、何頼んでも残すことはなく・・・

 

 

カツオのフライ、タルタル~

カツオのフライ、タルタル~

 

このフライの美味しいこと、カツオをフライにするという発想が。中はレア。タルタルソースでいただく。

 

赤みのステーキ。

赤みのステーキ。

 

何とか肉のステーキ、赤みの牛は大好物だ。

 

子鮎の天ぷら、めちゃうまかき揚げ。

子鮎の天ぷら、めちゃうまかき揚げ。

 

何とも美味しすぎてたまらない。

 

焼きそば

焼きそば

 

まさに多国籍料理だ。この焼きそば、麺が太くてがっつり食べられる。湿度の高い京都には、もってこいの代物。

 

ささみの明太子フリット。

ささみの明太子フリット。

 

わし、こーゆーの大好き。これこそ、元祖フリットだ。昔、スペインやおフランスで食べたものと同じ感じ。

 

欠食児童用、鯛茶漬け大盛り。

欠食児童用、鯛茶漬け大盛り。

 

高校1年生の欠食児童、出すもの、出すもの、こっちがちょいとつまんだあとは、全部平らげてくれたので、見ていた気持ち良かった。

鯛茶の大盛りでさすがに撃沈、と思ったら若者は甘ものは別腹のよう。

 

デザート。何とか芋の揚げたものを、アイスクリームに添えて。

デザート。何とか芋の揚げたものを、アイスクリームに添えて。

 

熱くて、甘いスイーツ。

丸太町楽食は、とても気さくな、ご夫婦でやられている。

ご主人は揚げ物系がお得意なようなので、ぜひここの揚げ物系を食べてもらいたい。

久々に何も気にせず、油ものをたくさん食べてしまった夜だった。

 

 

 

 

そうだ、箱根に行こう! 時の雫

標準

今年の誕生日もまた箱根へ行ってきた。またまた同じ時の雫へ向かう。

東京駅からこだまに乗って、小田原で下車。箱根登山鉄道で湯本へ向かい、109で乗り換える。新車両じゃなかったけど、まあいいやいつか乗れるだろう。

109は、1950年代から走っていて、ちゃんとメンテしてるけれどレトロで好きな車両。

たぶん、ちっちゃいころから乗ってるはずの109

たぶん、ちっちゃいころから乗ってるはずの109

車窓から遥か彼方に、相模湾を見る。

登山鉄道より、相模湾を。

登山鉄道より、相模湾を。

宮ノ下で下車。武蔵野別館の車がお迎えに。時の雫は、武蔵野別館の隣に建ってる姉妹宿。

去年と同じ部屋にてウェルカムスパークリングをいただく。

この宿の温泉は、源泉かけ流し。24時間入れるので、入ったり出たりしながら、まったりすごせる。

おかげで、左腕や指先の痛みも回復した。温泉の効果というのは、すごいと思う。

以前武蔵野別館に宿泊したこともあるが、ここは温泉の宝庫。宮ノ下も、蛇骨も最高の温泉だ。

スパークリングと箱根の山々

スパークリングと箱根の山々

今年もいい天気に恵まれ、日頃の行いがいいのだ、と勝手に思ってたりして。ほんと、ここの景色は最高。すぐ下に登山鉄道の線路ありで、ガタンゴトンと音がする。その音を聴きながら、窓際にある半露天風呂に入るとゆー贅沢三昧。

お料理も美味しいのだ。レストランへは、浴衣はNGなのでまた着替えて向かう。ほんと、これだけがこの宿の欠点。あとは最高なんだけど、やっぱりオーナーのこだわりがあるのろう。

マイタケと茶エンドウの白和え仕立て。木の芽金履くと銀庵を添えて

マイタケと茶エンドウの白和え仕立て。木の芽金履くと銀庵を添えて

次々登場のお料理。

真鯛と赤米、ポーピエッと、蒸甘海老、蒸雲丹、銀杏丸十、紅葉ビーツ、虎豆、平茸、揚げ南瓜、完熟柿のソース。

真鯛と赤米、ポーピエッと、蒸甘海老、蒸雲丹、銀杏丸十、紅葉ビーツ、虎豆、平茸、揚げ南瓜、完熟柿のソース。

だんだん日が落ちていく。

時の雫より

お次は迎椀。八ヶ岳の正賢寺茸の土瓶蒸し。後から出てくる、手打ちのそば粉は八ヶ岳のそばだ。これもオーナーこだわりのものなのだと。

正賢寺茸の土瓶蒸し。マツタケ、赤魚、銀杏、結び三つ葉、すだち。

正賢寺茸の土瓶蒸し。マツタケ、赤魚、銀杏、結び三つ葉、すだち。

最初ミニサイズのシャンペンをいただいていたが、お次は白ワイン。直接契約しているような、オーガニックな南フランスのワイン。(のはず)

白ワイン。

白ワイン。

お造り。どでかいお皿にたくさんの氷の上に盛られている。料理は見た目が7割とかっていうし。お魚、もちろん美味しかった。

南マグロの焼き霜、水タコ、生海苔、沼津直送のお魚、アンデス産の岩塩、ホンダワラの藻塩で。

南マグロの焼き霜、水タコ、生海苔、沼津直送のお魚、アンデス産の岩塩、ホンダワラの藻塩で。

待ってました、手打ち蕎麦。

スタッフのうち立蕎麦。

スタッフのうち立蕎麦。

焼き物。秋満載。

宝崇焼き。松茸の奉書焼き、秋鰈、秋ナス、マイタケ、クリ。秋の幸三昧。

宝崇焼き。松茸の奉書焼き、秋鰈、秋ナス、マイタケ、クリ。秋の幸三昧。

足柄牛のローストビーフ。

足柄牛のロティール。

足柄牛のロティール。

自慢のアワビ炊き込みご飯。去年はいろりやでお昼をがっつり食べたので、ここまでいけなかった。今年がしっかり食べたぜい。

名物アワビの炊き込みご飯。

名物アワビの炊き込みご飯。

最後のお椀は、大山地鶏のつみれ汁。これがまた、優しいお味。

デザートは、甘いもの苦手の私に合わせてくれた。

甘いもの苦手なので、こんな感じのデザート。ありがとう!

甘いもの苦手なので、こんな感じのデザート。ありがとう!

そしてまたまた隣のバーで、一飲み。部屋に帰って、また飲み。お誕生日の夜はふけるのであった。

翌日も箱根は天気がよく、ほんと日頃の行いがいいのだと自画自賛。ロープウェイは動いていないので、大好きな黒タマゴが食べられないのは残念であったが、たぶん70年以上長生きする分食べているのでちょっと我慢する。

とりあえず、以前から気になっていた岡田美術館へ。

いや、すごいです。ここ。

いや、すごいです。ここ。

とりあえず、なんてほんと失礼なことを思ってしまうほど、ここはすごいですよ。よくぞここまで?って感じ。台北の故宮にひけをとらない、すばらしい美術館。パチンコ店関係の岡田さん、あんたはすごい!いや、結構興奮いたしやした。尾形光琳と乾山が実の兄弟だったなんて、まじに知らなかったし。師弟関係とかって思っていたので。ほんと、いいもの見せていただきやした。

で、せっかくだから芦ノ湖へバスで向かう。ワカサギの天ぷらのお昼を食べて、遊覧船に乗って小田原へ。

芦ノ湖から富士山見えた~

見えると、なんだか嬉しいね。

見えると、なんだか嬉しいね。

箱根は一晩ごとに、紅葉が進んでいくので楽しい。

芦ノ湖の紅葉

こだまに乗って、東京駅へ。

そのまま帰らないのよ、実は次の予定ありで、日本橋のざくろへ向かう。

前日あんなに食べたのに、台湾の友人のお招き。

まだまだ贅沢を・・・ボタンエビ~~

まだまだ贅沢を・・・ボタンエビ~~

やっぱり、A5ランクのお肉を。

これを1.5人前たいらげるわし。

これを1.5人前たいらげるわし。

これをここぞとばかりに1.5~2人前食べてしまう、自分が悲しい。デザートは、珍しい黒イチジク。

黒イチジク、初だわ。

黒イチジク、初だわ。

 

台湾の友人は、来年どえらい人数でバリ島へ行く企画を立てている。まだまだ先のことなので、私は行くかどうか分からない。

そんなこんなで、誕生日のイベントは終わり。今年も贅沢、グルメ三昧させていただいた。

来年はもうこんなことはないと思うけど、まあ、一生に何度かこういう経験をさせてもらったのだからよしとしよう。

大原 海老屋

標準

 

今日、明日とゴルフ2連荘のはずだったけれど、すごい大雨で中止となった。

せっかくメンバーも半分そろったので、何か食べましょうということとなり。

しかし、月曜日のいすみ市大原は全滅状態といっていいほど、食い物屋が休みになる。

漁協が休みだから、とゆーことらしいが。何もそろいもそろって、休むことないよな。

 

前から気になってた、港に近くの海老屋。去年の暮れにオープン、以前は干物や新鮮な魚介を売るお店であったけれど。

最近TVでも話題らしく、土日は並んでるらしいぞ、と聞いていたので電話したら開いていた。ここは毎週木曜が定休日とのこと。

 

皆さん伊勢海老が3尾入っている、一応ここの名物伊勢海老天丼を。

私は漬け丼を注文。

 

伊勢海老天丼。すでに1尾食った後。

 

でけえ。

でけえ。

 

漬け丼はブリです、とのことだけどブリの子どものイナダじゃない?とちょっと微妙だったがめちゃうま。

 

イワシの天ぷら付いてるし。

イワシの天ぷら付いてるし。

このイワシの天ぷら、あら汁が、えらくうまかった!

 

その他、生きたハマグリ、サザエ、カキなどが生簀に入っていて、網焼きで食べられる。

味はいいけど、店員さんのおばちゃんはド素人丸出し。昔からここのおばちゃん、客あしらいが下手だったし。

一人だけ、まともに接客してくれる女性がいた。やっぱり、愛想のいい人っていうのは美しい。

愛想の悪さは別として、お米もかために炊いていて美味しいし、一度行くのもいいかも。みそ汁の味は、濃くなくて出汁がきいてていい。これはいさばやの負けですな。

やっぱ箱根だね~ その2 小涌谷温泉 時の雫

標準

大涌谷で黒タマゴを買って、また同じ道なりを通り強羅へ。強羅から箱根登山鉄道に乗り宮ノ下駅下車。 宮ノ下で電話をすれば、宿の車が迎えに来てくれるとのこと。改札前に武蔵別館の車あり、あれ、これって姉妹宿だよな~なんて思っていたらやっぱり。 時の雫は昔保養所として利用されていたらしいが、場所はというと武蔵野別館の真横にある。 全室8部屋のプレイベート空間、オーベルジュ時の雫。   ウェルカムドリンクは、冷え冷えのベビーシャンパン。

箱根時の雫_1

向こう側に見えるのは、彫刻の森美術館。えらく景色がいい。

 

箱根時の雫_3

 

半露天風呂は、ベランダへと続いている。このつくり、なんだか台湾の日月潭のホテルと似てる。

 

箱根時の雫_2

 

ここいらの温泉は温度が高いので、温度調節した温泉が始終流れている。ここでちょっと迷ってしまう、わが温泉愛。 温度調節を自分でしなくていい、わずらわしさがないという利点を取るか。混ざった温泉なんてだめだと、源泉を流して入るたびに自分で湯もみをし調整するか。 自分で調節したとしても、結局最後は水を足して冷ますのだから同じことだなやっぱり調節してもらっているほうが、時間もかからなくてすぐに入れるからgoodなんだなと納得。

宿は箱根登山鉄道線路(宮ノ下~小涌谷間)の真上にあるので、電車が通るとガタンガタンとあの心地よい音が聞こえる。 湯に浸かりながら、登山鉄道の音を聞く、なんともうれしい。

以前武蔵野別館に宿泊したことがあるが、露天ではないけれど各部屋のうち風呂は温泉。 こちらの大浴場も利用できるとのこと、だが、階段上がったり下がったりすることを私は知っている。なので、今回はパス。   一応オーベルジュなので、夕食はレストランで。レストラン、ドレスコードあり。カジュアルスタイルで、浴衣はNGだと。

 

箱根時の雫_ディナー_1

 

うーん、そこがなんとなく?なんだよな。オーベルジュといっても、箱根の温泉だし。富士屋ホテルじゃないんだからそんなにかっこつけないでくれよ、と思ったりして。 だったら、そのつもりで着替えを持ってきたのに、などと心の中でぶつぶつ。

ま、私の調査不足ですな、これは失敗だった。   予約時にお誕生日だとコメントを入れたので、長くて大きなキャンドルをつけてくれた。ほかのお席でも結婚記念日とか、何かの記念日でいらしているかたがいて、キャンドルついてるとこは記念日ね、ってすぐ分かるかも。

 

箱根時の雫_ディナー_2

 

このキャンドルで喜ぶ人がいるんだね、と。このサービスは人によりけりかな。 ま、とにかく武蔵野館のオーナーさんというのは、多趣味のかたらしく、器、食材はもちろんのこと、お酒、シガーに関してもこだわりがあるよう。そんなコメントは、前からネットで見ていたのでディナーもそれなり。 で、またまた泡。

 

箱根時の雫_ディナー_3

 

やっぱ泡でしょ。ビールはそこまで飲めぬのに、スパークリングはなんでたくさん飲めるんだろ?   で、以下、ごちそうの数々。 吹き寄せ。創作和フレンチ、って感じっすな。 里芋のヴァヴールって、蒸した里芋ってことっしょな。めちゃうまでした。

 

箱根時の雫_ディナー4

 

で、一瞬マツタケの土瓶蒸し。でもちゃう、ちゃう、八ヶ岳の正賢寺茸。結構うましでした。べつにマツタケそんなに好きじゃないので、これでよし。

 

箱根時の雫ディナー_5

 

途中から赤ワインを。これ、シノンにある小さなカーブのものだとか。値段も手ごろだし、シノンといえばシャルル7世とジャンヌが初めて会った、シノン城がある。 一度行きたい町だけれど、たぶん行けないだろう。だからせめてワインだけでもと注文。

 

箱根時の雫_ディナー6

 

そしてお向、お造り。こんな大きな器に出されると、たくさん出てきたような気になるから不思議。ほんと、和食ってすごい。

 

時の雫ディナー_7

 

お凌ぎ、自家製手打ち蕎麦。スタッフが毎日打ってるとのこと。そば粉も自家製で、長野県の畑でつくらせているとか。実はこのそば粉を販売していたので購入した。ちゃんとガレットのレシピがついたメモも入っている。  何かとオーナー色満載なんだな、ここって。で、この蕎麦、最高においしかった。

 

箱根時の雫_ディナー8

 

そしてまだまだ食事は続く。宝崇焼、マツタケ、鮭、マイタケ、栗など秋の幸いろいろ。

 

箱根時の雫_ディナー9

 

で、この日二度目の足柄牛のロテール。黒トリュフっす。

 

箱根時の雫_ディナー10

 

最後にまたまたこの日二度目のアワビ、炊き込みご飯が出る。アワビあんま好きじゃないんだけど、これはまじ美味しかった。ただ、ちょっとお米が柔らかい・・・・ その後、いつものようにすぐに部屋には帰らず。だらだらとバーカウンターで飲み、部屋に戻ってひと風呂浴び、また飲むとゆー、いつものように大食い、大酒飲みのバースデーだった。

浅草むぎとろ本店 日曜日 薬膳ランチ

標準

先月末、息子夫婦とお嫁ちゃんのお母さまと4人で浅草にてランチ。

和食がいいとのご希望だったので、むぎとろ本店と麻鳥でいかが?と提案。麻鳥は予約ができないとのことで、むぎとろ本店に決定。

店内は昔の面影を残しつつ、立派なビルに。以前の建物は、増築した感があって、迷路みたいになっていたように記憶する。

むぎとろ芋串にはたびたび行っているが、本店は新しくなってから初めて。

以前にもめちゃくちゃ腹いっぱいになったとゆー記憶ありきで、そんなに食べられない感じのコースにしてと頼んでいた。

すると女性3人は薬膳コースという、なんともヘルシーな感じ。息子だけ、違うコースだったみたい。

 

まずは前菜、夏らしく、ヘルシー

 

 

むぎとろ本店 薬膳ランチ_1

 

 

これは息子のコース。この人、自分だけ違うコースだけど、料理が出てくる間も自分だけ違うってわかっていたのかね?

 

 

むぎとろ本店 薬膳ランチ_2

 

前の晩は同窓会があり、夕方から飲み、その後もT吉宅でさんざん飲み・・・こんな感じどした。

本場山形の佐藤錦をつまみに。

 

T吉宅での宴会_佐藤錦。

またまた泡を飲み。

T吉宅での宴会 泡~

 

そして翌日がこのむぎとろ本店。もう酒はいい~とはいいながらも、お付き合いでビールを一杯。と、思ったらなによ、このビール瓶!!??

 

むぎとろ本店 薬膳ランチ_3

 

こんなラベルのスーパードライは房総ガラパゴスには絶対にない!スカイツリーじゃん、花火じゃん、さすが本社すぐそこ。

そして、薬膳ランチは続く。枝豆のビシソワーズだったっけな?

 

むぎとろ本店 薬膳コース_4

 

とにかく、夏はビシソワーズがおいしい。

で、薬膳だからこそ。飲茶風油揚げの袋蒸し、って感じ。中には体にええもんが、たくさん入っていたぜ。

 

むぎとろ本店 薬膳ランチ_5

 

このあと、麦とろ、薬膳粥、茶そばの山かけの三種類の中から最後のご飯ものを選べる。せっかくむぎとろに来たのだから、山芋食べなくてどーする!?って感じだったけれど、麦とろを食べるには腹がいっぱいだし。

とゆーことで茶そばを注文。オリジナルの入れ物に入っていて見た目はきれいだったけれど、茶そば何時に入れた?茹でた?かなり前に仕込んで、冷蔵庫に入れてた?って感じで蕎麦はくっついているし最低。そばがくっついてるなんて、あり得ないことだ。これはまじ、さいて~だった。最後にこうなると、また来ようと思わなくなるものだが、そこはやっぱりむぎとろ本店。百歩譲って「茶そばは注文しないほうがいいわよ」、とだけいっておく。どーしても注文してしまったときは、くっついていたらすぐ文句をいおう!実はこのときも思わず言っちゃいそうだったけれど、息子夫婦にごちそうになってるわけだし、お嫁ちゃんの実家のお母さまもいらっしゃるのでもめごとは避けた。ちょっと大人になってるな、あたし。