カテゴリー別アーカイブ: グルメ

いすみ市大原 DONNER 二度目のドネ。

標準

ちょうど1週間前、大原商店街にある、チョイスでランチをしようと思っていたら。。。

なんと、休みである。ここ、休みだったの2度目だったりする。2度目~にどめ~ニドメ~ニドネ~ドネ、ってことで。

大原海岸近くの、ドネへ行く。

1500円のランチは、3種類からチョイス。

今日も、おさかなランチを選ぶ。

最初のカボチャのポタージュは、前回と一緒。

サラダも、ちょっと違うけれど、クスクス入りでなんとなく一緒。

で、ブリのポルチーニソースとゆーことで。。。

KIMG0504

多分、カッペリーニで巻き巻きしているのだと思う。これが、そうめんだったら、それなりにまた面白いけれど。ランチ1500円で、このクオリティーは高いと思われる。

実は、ポルチーニ大好物な私。しかし、なんとなんと、大嫌いなブルーチーズが巻き巻きの中に・・・わ~これ、グリルしてるからまだ許されるが、絶対なしなしである。

そして、同伴者は、いすみ豚の自家製ベーコン付きパンケーキ。

KIMG0505

このパンケーキのセットに、パンが付いている。パンケーキを食べながら、パンを食べるってちょいと変でないか?パンケーキセットは、ランチなのだろうか?ベーコンに手間がかかっているのは分かるが、こちらのコスパは??っぽい。もうちょっと、おかずっぽさが出ていると人気が出ると思われる。食った人からすると、ふっかふかで最高のパンケーキだそうだから、パンケーキ好きにはたまらないのかもしれない。

私はパンケーキはどーでもいい派なので、はっきり言って好んで食べない。ベーコンも美味しいけれど、超固くて、超しょっぱかったりする。パリパリベーコンなんだろうけれど、厚みがあるのでそう感じるのかも。うーむ、ちょいと考え物だったりする。

次回に期待しよう。

 

 

広告

10月 お誕生日ディナー 喜久寿司にて

標準

今年のお誕生日。(10月初めである)

午前中、仕事関連から毎年いただくお花が届く。ニャン’s、もう夢中。ダメだといっても、花を食らう。白いお兄さんは、バラをばくばく。

KIMG0480

黒姫は、葉っぱをばくばく。

KIMG0481

 

そして、吐いていた。危なっかしいので、お花は猫の手の届かないところへ。

今年は、久しぶりにお江戸ではなくいすみの地元にて、バースデーディナー。どこも急だったので、予約できず。原点にもどりーので、喜久寿司でこの時期初の伊勢海老を堪能することになり。

伊勢海老を食らう。やっぱ、焼きでしょう。が、これって、多いよ。

kimg0482.jpg

で、脱皮伊勢海老の天ぷらをいただく。

KIMG0484

これも、1尾だから、多いし、が、きっとテイクアウトするだろうから、と多めに作っちゃったんだと。

で、行きがけにラッキーで買ったマームを冷やしてもらって乾杯。(バケツで冷やしてるし)

KIMG0486

飲んで食べて、最後にこんなに握りもいただく。

KIMG0487

やっぱり、ここは落ち着くわい。

とゆー誕生日であった。50代もあと数年だし~~~

 

9月末の京都 その3 スナックてるこ~K6~帰路の駅弁(侘家古暦堂)

標準

京風四川料理齋華で、めたくそ美味しいお料理を堪能し、ずっと待っていてくれたMKワゴンタクシーに乗り、祇園のスナックてるこへ。

あれ、また絵が変わってるし。

KIMG0443

てるこさん、いったい何枚自画像あるんだろう?

そして、傘寿になるとゆーに、お肌つやつやてる子さんの美肌の秘訣を聞いた。月に三回は、スッポンを食べるとのこと。大市だって~~。まだ足を踏み入れたことがないのだけれど、ってゆーか、大市のスッポンドリンクしか飲んだことなく。。。やっぱ、スッポンはいいらしい。

齊華でワインを結構飲んでいるけれど、ここでまったりハイボールをいただく。てるこさんのところのあては、ほんとおしゃれでかわいい。わーでも、好きな人は大好きだけど、超苦手な干し柿が・・・

KIMG0442

てるこさん、M子さんと、さて次はいつ齊華に行こうかとか、年末は大渡キープしているとかゆー話に花を咲かせ、やっぱり年末京都に行くほどの資金もないので、寒いよ暇だよ京都の冬、1~2月頃がいいのでは、なんて。でも、まだ未定。

本当は、京都に来たら、寄らなきゃいけない食べ物やさんがまだあるけれど、そこは1泊だから無理。昨年夏のライブに、京都からわざわざ見に来てくれた、K6の澤君のところへ。

M子さんは、そのままMKタクシーで芦屋へお戻りなので、K6まで送ってもらう。実は、初一人K6だったりする。意外と、平気かもの私であった。

いつものように、澤君にわがままを言って、すっぱくてしゅわしゅわするカクテルを。

KIMG0445

 

前々回かな、お店に置いてある最後のペルッツオッカを私が飲み干してしまったのだが、前回から独自でペルッツオッカ風を作っていて、それをいただく。

KIMG0446

セロリとか、ハーブやもちろん赤唐辛子満載の瓶に注目。これ、自分で作れそう。今度、テキーラで作ってみようっと。

で、お決まりのK6名物お手洗いを激写。

KIMG0447

適当な時間にタクシーを呼んでもらって、ホテルへ帰る。もちろん、下のコンビニで寝酒のハイボールを購入。

翌日は、チェックアウトぎりぎりに起きて、ホテルを出る。

ゆったりと寺町を歩き、錦小路へ抜けて四条駅へ。しかし、錦の変わったこと、変わったこと。外国人用に、どのお店もひと口大の食べ歩き商品を売っている。荷物がなけりゃ、私もゆっくり堪能できたんだが。これは、また次の機会に。

京都駅へ早めに着いて、仕事のチェックなどもしながらまったり待つ。若干二日酔いだし、東京に着いたら同窓会に直行なので、いつものように大市のスッポンドリンクを一気飲み。

大好きな駅弁を買う。もう、これは京都に来たら定番弁当。祇園にある、侘家古暦堂のふわふわ玉子の鶏カツ弁当だ。

KIMG0450

新幹線に乗り込み、やっとお弁当食べますわ~とユー感じで食べたのだけれど。

KIMG0451

なんたるちーや、見た目はいつもと変わりはないのですが、鶏カツが!!いつもあんなに柔らかかったのに、超かたっ。なんか、人気が出てきちゃって大量生産した末路を見てしまったようだ。もう、絶対次回から買わないし。さらば、鶏カツ弁当、何回か楽しませてくれてありがとう。

とゆーことで、京都弾丸1泊2日の旅を終えた。この日、また飲んじゃったし・・・・

9月末の京都 その2 齋華(泉涌寺)

標準

歌舞練場を後にして、歩いて数分のスナックてるこへ。てるこさんと、今回ご招待してくれた芦屋マダムM子さんと待ち合わせ。ほとんど今日一日のお足になってくれるとゆー、MKタクシーのワゴン車に乗り込む。

華は、泉涌寺のおひざ元にあり、ま、ほとんど泉涌寺の敷地内の隠れ家的な一軒家。下から行くと、ちょっと歩くらしいので、上まで行って、階段を下りたところにお店がある。

まずは、京都が一望できるこの景色。

KIMG0426

階段を降りると、そこに一軒家のお店がある。

KIMG0427

店内は、カウンター席オンリー。(10席)靴を脱いで、カウンターの下に足を下ろす。

KIMG0428

カウンターの右側に厨房がある。

とにかく、房総ガラパゴスから、わざわざこの店のためにやってきた私。期待大。

わーい、いきなり大好きなもの。いくらのしょうゆ漬けですが、そこはやはり中華ですから。多分、紹興酒に漬けていて、花山椒の風味もありの。

KIMG0429

下には、中華風茶碗蒸しというか、なんというか、とにかく美味しいのだ。

KIMG0430

一発目から、結構やられている。

二発目は、中華風カツオのたたき。このカツオ、房総勝浦からだと。京都まで来て、地元の食材に出会えるのは、超うれしいことだったりする。

KIMG0433

こーゆー食べ方も、実はあるんだよね。

食事のおともは、シャンパンから。

KIMG0434

金華ハム、なんとか豚、蒸し鶏、いろいろ。お酒も進む美味しさ。豚肉を干してから、皮身をカリカリにしている。またまた、房総の大きな落花生が出てきた。

KIMG0435

出汁の効いている、キノコのスープ。

KIMG0436

アナゴがたっぷり入っている、春巻き。旬のアナゴがぷりっぷり。

KIMG0437

エビチリ、ギンナンのっけで。ほんと、二口分くらいで、いろいろなお料理をいただけるのでいいかも。

KIMG0438

で、むふふのフカヒレ。お上品な味で、京都感満載。

KIMG0439

またまた、房総の幸、マダカアワビのグリル&アワビの肝和え麺。この発想、さすがですな。

KIMG0440

最後に、期待していた辛めの麻婆豆腐。

KIMG0441

いやほんと、遠くから来てよかった!また来たい、と思うようなお店。

予約が取れないのは、来たお客さんが次の予約をしていく。10席しかないので、予約が取れないとのこと。ずいぶん先の予約だったら、結構取れるようです。9月の末でしたが、次の予約は来年の2月からだったら大丈夫です。とのこと。

つーことは、大体5カ月くらい先の予約だったら可能ってことですな。

あと、お昼もやっているので、そこもねらい目かも。

いやはや、京風会席中華、齋華、最高!

まきのき亭(白子町)~大原・御宿ゴルフコース~からの鮨小山_10月初め。

標準

お江戸から、お兄様たちがいらしたので、茂原へお迎えに。

茂原から、車で15分くらい、白子町に、まきのき亭がある。壮大な敷地の中にある、レストラン。中庭には、樹齢800年(じゃないかと)くらいの大きな槇の樹がある。

KIMG0460

オーナーの先輩、後輩にあたるお兄様方。お刺身やら、ステーキやら堪能なさり。ワイン、熱燗なのをお飲みになる。運転手の私は、ノンアルですが、ステーキ満喫、巨大でめちゃうまなカツサンドをお持ち帰り。

コナ空港みたいに、とゆーリクエストで設計された店内。

KIMG0462

まきのき亭は、向島のかの有名なさくら茶屋さん、ステーキの美味しい洋食のチェリーさん関係なので、まじ肉うまいっす。

外から見ると、こんな感じ。中秋の名月でしたし。

KIMG0461

で、お泊まりの方々を御宿までお送りし、翌早朝お迎えにあがり、大原・御宿ゴルフコースにてプレー。

KIMG0463

kimg0464-e1508983769621.jpg

めちゃめちゃいい天気だったので、気持ちよく楽しくできましたがな。

そして、終わってから今度は、浪花の鮨処小山さんへ。

どっちゃにしても、わたしゃ運転手なのでノンアルですが。

栗です。

KIMG0466

めちゃお上品な、アジのなめろう。

KIMG0468

これ、ヒットです。

マグロの赤身を特性のタレに漬け込み、焼いてレタスにくるんで。ニンニクチップとマヨネもね。

KIMG0469

せっかく大原に来たのだから、伊勢海老食べたいとお兄様おっしゃり、カウンターの下にいけすあり。ここは前もって注文しなくても、いつでも伊勢海老が食べられるのだわね。

KIMG0471

アワビもご所望で。

KIMG0472

店主のアワビの解説が始まり~

KIMG0470

こちらのお店の店主は、漁業権を持っているとのこと。お母さまが、あまちゃんだったそう。

この後、伊勢海老の汁物が出て。

4人で、ちょこちょこ食べて、おなか一杯になるほどではないけれど、握りも食べて。日本酒、ビール、ノンアルビールなども飲みので、トータル3万円ちょっと。お店も小綺麗だし、よい仕事をしてくださるのでよしとしましょう。早い時間から、開けてくれたし。

いすみ市大原 DONNER(ドネ)

標準

今年の春、大原海岸近くにOPENしたドネに行ってみた。

KIMG0404

以前、アスリとゆー、なぜかインドカレーのお店だったのだけれど。貸しているのか、売ってしまったのか、フレンチのされおつなお店になった。

ランチタイムは、女性客でいっぱい。ランチはコースのみで、1500円。メインをチョイスできたりする。

で、スープ。ビシソワーズ。

KIMG0401

なかなかのお味。大原で、ランチに1500円とゆーのは、結構なお値段。期待大。

夏らしい、前菜。クスクスと、ジェノバソースがうれしい。

KIMG0402

メイン。おさかな。ワイルドライスと、地元の野菜が。

KIMG0403

パンとオリーブオイルが付き、あとドリンク付き。デザート、付いてたかも。わし、ワイン飲んだけどね。

噂どおり、まあまあ美味しかったけれど。。。

まだお店始めたばかりで、店員さんのお姉さん、慣れていないのでしょうか。注文した順に、コース出しなさいな。それ、基本です。

そして、まだ、パン残っているのにオリーブオイル、さげるなよ~。コスパ的には高めなので、サービスしていただかないとっ。地元の食材は安価なので、技術とサービス次第では、受け入れられないと思われ。

しかし、外房でされおつな店はなかなかなく、店の内装や立地や、料理の内容からすると、東京へ行かなくとも、ドネで、となるやもしれない。

次回また行くことがあったら、サービスと、料理内容は要チェックだな。

ディナータイムは要予約。ま、過疎地だからそうなるだろう。って、肝心なときに予約でいっぱいだったりする店なので、早めに予約したほうがいいかも。

大人の休日倶楽部パスを使って~2017_青森~宮城の旅その5(鳴子温泉~仙台で牛タン、青葉城址)

標準

鳴子温泉を満喫、たくさん食べて、たくさん飲んだぜい。とゆーことで、鳴子の名物こけしちゃん。そうだよ、街の中はこけしだらけなのだった。しかし、今更こけしを買って帰ることもなく。記念写真だけ撮ったりして、鳴子温泉を後にする。

またまた陸羽東線、小牛田行きに乗車。小牛田から、東北本線に乗り換えて仙台へ。

仙台駅では、JAZZのイベントだの、いろいろやっていて、駅もそこらも人だらけ。お昼はやっぱり、牛タン食べようか?と。まずは、荷物をコインロッカーに入れようとしたが、みーんなまっかっか。しょうがないので、荷物をコロコロ引きつつ、仙台駅から続くアーケードへ。歩いていたら、どっか見つかるでしょ、とゆー考えがちょいと甘く。結局、もう1つ通りを越した商店街へ。

もう、そこらで決めてしまおうとなったときに、ちょいと鼻が利いた私。地下のお店を発見。ここにするべ、と階段をどんどん降りて決めてしまう。超ヒット、ヤマジョウさん。

KIMG0374

ビルの地下にあるせいか、目立たないせいか、人もいっぱいいなくて、ちょうど良かったし、めっちゃくちゃ美味しかった。

仙台の牛タン屋さんで扱っているタンは、外国産が多いと聞いていたけれど、こちらはオージービーフ使用。私、オージー好きだし。

店内。

 

KIMG0373

店内

 

いろいろ書いてあるし。

こがし大麦使用の麦飯らしい。

牛タン定食、とろろイモ付きセット。たしか、1700円くらいだったかと

KIMG0372

もちろん、角ハイボールも一緒に注文したんだけど。

いやあ、なんともかんとも美味しくて、ゆったりしていて、お店の方もいい感じだった。

お腹も一杯になったし、駅に戻ってコインロッカーを探す。あったぜ、ベイベー、と荷物を入れて、観光用のバス、るーぷる仙台に乗って青葉城址へ。

はい、よくテレビで出てくる伊達ちゃん。

KIMG0379

しっかし、青葉城ってほんと高いとこにあったんだなと。眺め、最高ですよ。

そして、なんだかそこらに、時代錯誤な話し方をする侍姿の若者たちがいたりして。なんか、「仙台おもてなし集団伊達武将隊」とゆー、お兄ちゃんたち。歴女みたいな女の子に、ナンパっぽく話をしている松尾芭蕉を見たり。伊達政宗は、この日どこかへ出陣していたらしく不在でしたが。

で、帰りは同じバスに乗ると、またまたぐるりと回らなきゃならないからと、どこかまで歩いて別のバスに乗ろう、とゆーことになったのだが。しっかり迷いそうになり、長くて、偉く高い橋を歩いて渡った後、上りになって。ちょっと先に遊園地が見える。

こりゃ、あかん、とゆーことでまた本丸会館へ戻る。歩いて疲れたので、そこらでスィーツタイム。ずんだシェイクを飲みまったり。

もう、迷ったんだし、元来た道を行って考えようとゆーことになり。るーぷる仙台で降りたところまで行く。そこで、また若い武将に会う。武士言葉で話しかけられたので、地下鉄の駅はどう行けばいいの?と聞くと、普通の話し言葉で教えてくれた。智蒋さん、らしい。

青葉城址より、ずんずん下って地下鉄に乗り仙台駅へ。仙台駅では、それぞれお買い物とかありーので、自由時間。新幹線に乗る。

二泊三日とは思えないほど、たくさんいろいろなことがありーので、楽しく過ごせた。次回は、また来年、松島に行こう、と話している次第。そう、私も松島は通り過ぎだだけで、泊ったことないし。またまた、楽しみである。

そして、結局東京駅に着いてから、そうだ、大人の休日倶楽部パス、まだあと1日使いたい放題だしと、急きょ羽村へ向かう。一泊してから、房総へ帰宅した。全部計算してみたら、今回のパス利用で3万5000円くらい得したことになっていた。恐るべし、大人の休日倶楽部~