カテゴリー別アーカイブ: グルメ

毎年恒例台湾旅行2019_その4 一番屋のパイナップルケーキとお茶 昌華軒のお料理

標準

ここ数年、パイナップルケーキの人気はすごいらしい。オークラホテル内も高級で有名みたいだけれど、今回はネットで人気の高かった「一番屋」で購入。

なんと、リージェント台北のすぐ隣にあったし~

お店の中は、日本語が通じる。元々お茶屋さんであるが、手作りのパイナップルケーキが人気だ。蓮の実のお菓子とか、お茶で青梅を甘く煮込んだ、茶梅を試食する。なんといっても、こちらのパイナップルケーキは、超私好みであった。パサパサしっとり感が、エゲレスの大好物ショートブレッド的でなんともいえんのだ。

こちらのお姉さん、若くて超美人、日本語もお上手。お茶も購入したかったので、いろいろ試飲させてくれた。インリーチン似なのだ。

しこたま購入して、ホテルへ戻り、最後の晩餐。

ホテル最上階のVIPルームで、毎年恒例の後夜祭的晩餐会。いつも、オブジェがお出迎え。

dsc_0057

昌華軒の高級中華をいただくわけだが、毎回全部食べきれない。今年は、思ったより食べきれなかった。台湾住まいの方々は、ドギーバッグでお持ち帰りできるけれど、うちらは明日帰るし、持ち帰れないしな。

スライドショーには JavaScript が必要です。

もう、脳軟下になりそうなくらい腹いっぱいごちそうになっただ~

やっぱり、台湾はグルメ天国だわな。

でもって、帰りのJAL機内食。もう、連日の大食いであまりそそられない。

JALは、ANAより飯がうまいと思っていたが、幻想だったかもしれぬ。やっぱ、ガルーダの機内食がえらく良かったから、なんかもうどうでもいいか、とか思ってしまったり。ラウンジの軽食のほうが、美味しかったりするんだよな~

今年は酒量は減ったけれど、たくさん食べて、たくさん地球を叩いて(ゴルフね)楽しめました。毎回招待してくださる、C氏に感謝~

 

 

広告

毎年恒例台湾旅行2019_その3 永漢ゴルフクラブ 三燔本家の巨大かき氷

標準

2日目は、朝もはよから起きてホテルで朝食。リージェント台北の朝食ブッフェは、休みの日ともなるとご近所の人が食べにくるほど結構評判がいいのだ。和洋韓中と、豊富な品揃えなので、毎朝食べても飽きない。昨年ちょっと、落ちたなと思ったけれど、今年は持ち直したっぽい。

で、いつもの永漢ゴルフクラブにてゴルフ。

dsc_0054

お天気もほどほどに雲が出ていて、そんなに湿気も感じなく、心地よくプレーできた。

スループレーで、お昼は茶店でとることに。やった!レストランより、茶店の飲茶のほうが美味しいもんな。ってことで、粽を2個食べる。

お勧めの淡水魚(なんて名前か忘れたが)スープが、非常に美味しかった。臭みがなく、脂がのっているのだ。

粽を2個食べたら、台湾の女の人で2個も食べる人はいないから、非常に笑われる。そうかな、だって美味しいじゃん?って翌日も2個食べたけどさ。

いつものようなスコアで、「だって楽しいもん」と言い訳しながらプレーする。ホテルに戻りシャワー、ちょいとお昼寝して。

二日目の夕飯は、リージェント台北の地下にある、日本食レストラン三燔へ。

ここは毎年来ているけれど、ここのしゃぶしゃぶっていうのが、ちょっとあんまりだったりする。多分、個人的に旅行したとしても、ここでは食べないと思う。きっと高級な日本食レストランなのだろうが、やっぱりちょっと、って感じは否めない。

まずくはないのだ、ほんとごく普通。ただ、立地条件からしてきっとお高いだろうし。だったら、もっと美味しい台湾食があるはず、と思ってしまうのだ。

なので、今年は画像も撮らなかった。とにかく、皆さんで楽しく食事することに専念。

三燔でよかったことといえば、こちらの巨大台湾式かき氷だ!これは最高~

1556455327060

とゆーことで、翌日はまたゴルフ。はよ寝て、はよ起きねば。

毎年恒例台湾旅行2019_その2 ヤグ(雅閣)

標準

早朝成田発で、一日目は早めにチェックイン。お茶して、昼寝して、夕飯のお時間。

数年前にも行ってことがあるようなのだが、ちょいとうる覚え。マンダリンオリエンタルホテル3階にある、ヤグへ。

翌日からのゴルフのメンバー、16人が一同に会するので大きな丸テーブルのある個室へ。

まあ、とにかくさ、マンダリンホテルも高級ですから、高級感たっぷりな店内。お料理は広東料理とゆーことで、たくさん美味しいものいただきやした。

たくさん前菜がありやしたが、いちいち撮るのは失礼かと思い画像が残っていないのだけれど、そりゃ、あーた、美味しい前菜が何種類も出てきたのだった。

R氏貯蔵のワインを持参していただき、全部飲みほしたのであった。

スライドショーには JavaScript が必要です。

こちらのお店は、スタッフの対応も非常によく、前回のミシュラン三ツ星だかの変なレストランよりずっとよかったし。お料理もすばらしいですわよ。

翌日から二連荘でゴルフだし。出発時の日本は、えらく寒かったので、台北の熱気に耐えなければなのだった。

大原 DONNER 3月のまき

標準

あっという間に、6月だったりして。

なんだか、バタバタしていたから、ずっとアップしていなかった。

とゆーことで、ちまちまと時を遡って、時系列でアップしていこうと思っている。

最近、月一源氏食堂に加えて、月一ドネ来訪。こちら、3月のメニューでやんす。

昨年6月より、お酒を飲むのは月に一度くらい、ってのがまじで続いている。が、ドネに行ったらやっぱり泡でしょ?って感じで気持ちよくいただいているのだ。

DSC_0015

DSC_0015

↑こちら、3月来訪時のメニュー。

なんと、ホワイトアスパラガスがあるではないかっ!迷わずチョイス。で、いすみ豚も。かなりの量なので、泡酒も進むわい。

 

しっかり飲んで、しっかりお腹いっぱいになったのであった。

ホワイトアスパラは、以前春先の欧州でいやというほど食べた、あの味を思い出すようであった。

やっぱりね、ドネは味がいい、美味しい。盛りつけのセンスもいい。

ご主人のお料理と、奥さまのパンとデザート~最高。

月一ドネは、継続しそうだ。

今年初めてのDONNER 大原ドネ

標準

寒いです、ほんと寒い。これで暖冬だったり?

房総ガラパゴスは、ここんとこ雪がちらついたり、ちょっとだけ積雪したりと寒い日が続いておりますが、お江戸よりはまし、との言葉もいただいたりする。

でもって、先日本年初めてのドネへ。先月お邪魔したのだが、午後から貸切とのことで、断念して他に行ったのだった。

ランチどきなので、同伴者に予約してもらっての来訪。やっぱり、予約しておいたほうがいいね、ここは。いすみにしては珍しく、おっされ~っぽい女性が多いのだ、この店。

まずはひと月ぶりのお酒とユーことで、グラススパークリングを明るいうちから飲む。

KIMG1457

今年で、3回目ぐらいの飲酒である。

メニューはオール2000円のチョイスできるランチセットと、アラカルトも頼めばあるようだが、今回はおとなしく2000円のランチセット+500円の前菜、+500円のケーキをチョイスする。

スライドショーには JavaScript が必要です。

前菜のワラサは新鮮で、軽いスモークがなんとも美味しく、地元の野菜と四国のフルーツトマトがよりいっそうひきたてている、ってな感じ。

なるかポークのローストも、思ったより量が多くて、脂身もばっちりあって、脂身好きの私は狂喜乱舞しかけてしまう。すでにスパークリング、3杯のみーの、追加でグラス赤ワインをいただく。

同伴者のパンケーキとチョイスしたチーズケーキをたいらげ、もう至福のときであった。

いやはや、ここは本当に美味しいのだ。味が上品だ。食材の生かし方は、やはりセンスなのであろう。

いすみや茂原には、野菜や肉、魚にこだわったされおつなイタリアンなど多々あるが、全店訪問したわけではないけれど、やや塩分過多なしょっぱい料理がお好みのシェフが多いような気がする。

月一の店が増えてきて、外食が多くなったような気もするが、江戸へ行くことを考えたら、お安いものなのかもしれない。(ごちそうになってるけど~~)

谷中(日暮里)川むら

標準

毎年恒例、1月末。〇〇シスターズ集まっての墓参り。

なんか、お墓っていろいろ近くにあるとやっぱ便利だわな。我が家のお墓も、弟系統のお墓も、一気にお参りできてしまう。去年から、友人の父君のお墓もご近所となり、お墓のはしごができそうだ。

その後の、会食がまた楽しみなのだが、今年も日暮里駅前の川むらへ行く。寒かったせいか、久々に熱燗を飲む。

去年食べた玉子焼きが、非常に美味しかった。そして、青トウガラシ入りがあると後で気付き、来年は絶対これ食べよ、と思って念願かなっての、青トウガラシ入り玉子焼き。せりの胡麻和え。

やはし~、めったくそ美味しい中辛玉子焼き。なので、もう1つ大辛を注文する。よく見ると、中に赤いつぶつぶが・・・でも、美味しい。卵と、トウガラシって合うんだな。ハバネロ玉子焼きを、今度つくってみよっと。

で、お蕎麦を注文。

やっぱり、蕎麦がうめ~し。

川むらさん、お店は奇麗だし、お姉さんもキレイだし、蕎麦もあても美味しいし。値段はちょっと高めかも、とか思うだろうけれど、田舎で手打ちそばとか食べるのと変わらないし。ま、たまにしか来られないので、よしとしなきゃ。

今度は、飲む気満々で行ってみよっと。

 

 

 

 

 

 

大原 喜久寿司 タコしゃぶ~地魚にぎり寿司

標準

ある日の夕方、またチョイスが休みなので、電話もしないで喜久寿司へ。

昼は大宴会があったらしく、ようやく片付け終わっていた大将。

店の外に、「タコしゃぶ」やってます、と看板があったので、タコしゃぶをボッチ分注文(一人前)

kimg1419

沖の海水でしゃぶる、タコは、新鮮なのを解体して冷凍してある。そのまま食べても美味しかったが、しゃぶったら最高。が、これ歯に自信のない人は無理だと思ったり。

大原漁港、港の朝市では、今月から多分来月にかけて、「タコしゃぶ祭り」とかやっている。がしかし、こんなに寒いのに港に行く人がいるのか?やっぱりお店で食べたほうがいいよな、とか思ったり。

伊勢海老の頭が入った鍋に、タコをしゃぶってるらしくて、それって、なんだかな~とか思ったり。

まあ、いいや、好き好きだし。。。で、ノンアルだし、すぐさまにぎりをいただく。

イサキ、スズキ、スズキの白子、フグ、ヒラメのエンガワ、鯛、サゴチ、サワラ。どれも絶品の地魚寿司。

最後にキンカンのコンポートをいただいて帰る。

やっぱり、喜久寿司大好きだ。