カテゴリー別アーカイブ: グルメ

春の喜久寿司会2017

標準

春の喜久寿司会は、3月中に行われるタラの白子ステーキ目的な会である。

が、今年はタラの白子が品薄だとか。もちろん、大原ではタラの白子は獲れない。漁港に加工所があるので、新鮮な白子が手に入るのだ。

とゆーことで、お江戸からちょっと春の小旅行気分で友が日帰りで来る。

大原駅に着いた友たち、まずは源氏食堂で夕飯のおかずを注文しておく。(トンカツを揚げておいてもらうのだ)

今年は背黒イワシも品薄で、こっちに来て2回目くらいの、不漁だ。今年は、アンチョビを作ってない、とゆーか、作れない。が、さすが大将、背黒が揚がったので、わしらのために朝から一生懸命さばいてくれていた。

KIMG2160[1]

なのだけれど、最近生のイワシのアレルギーだということを知り、私だけお酒を混ぜてチンしてもらう。

KIMG2159[1]

そんなん、うまいっか?と言われたけど、私にとっては超うまなものなのだ。

でもって、お次はカツオの燻製。

KIMG2161[1]

塩カツオは知っているし、塩ワラサは去年の春喜久寿司で食べたが、燻製は初めて。

KIMG2162[1]

切ると、こんなでめっさ、うまっさよ。酒が進むぜ。って、また昼酒なんですが。ほんで、お次は、ワラサのなめろう~

KIMG2163[1]

どんどん、酒が進むぜ。

やっぱり、本当にタラ白子がなくて。ナントカフグの、白子のステーキだった。ナントカフグは、ショウサイフグじゃなくて、ナントカって言ってたけど、名前忘れた。

KIMG2164[1]

しかし、もしやタラ白子ステーキよりうまいかもしれぬ。

なんだかんだと、飲み~の食べ~の。大将、結構仕事が細かくて。昆布〆など、ちょこっとずついただく。

KIMG2165[1]

この間、握りも食べたけど、最後に背黒のひと口漬け丼。

KIMG2166[1]

わしは、食べられないので、え~~、ずるい、ずるいとだだをこねたら、なめろう丼にしてくれた。

KIMG2167[1]

しこたま飲んで、わいわい騒いで、電車の時間までちょいとドライブ。

御宿の砂浜で、月の砂漠記念像を見たり、メキシコ記念塔を見たりして。

メキシコ記念塔の前で記念撮影。

KIMG2170[1]

 

友を連れ、大原駅まで戻り、駅前源氏にて注文した品々を受け取り見送るのであった。

次の喜久寿司会は、アワビ、サザエの巻だな。

大原駅前、源氏食堂。128号線、ちーえん。128号線、天心。

標準

木戸泉の酒蔵開きの後、姉と源氏食堂へ。

今年の乾杯は、フェイントで数分前にやられちゃったんだけど、その後新社長就任のごあいさつと、再度乾杯を。

KIMG0018[1]

結局、昼飲みして酔っ払い。源氏食堂も、超混雑。

月一源氏なので、いつも食べていないものを。

私、豚トロ定食。

KIMG0024[1]

これ、もう、すごいうまさっす。肉がいいのと、やっぱりお母さんの腕だと思われ。

姉、親子丼。

KIMG0023[2]

これも、悪いけどすげーうめえっす。やっぱり、お母さんの腕だな、こりゃ。

定食にすると、もれなく豚汁付。この豚汁も、たまらんのだった。それに、お米はいすみのお米を使用。大きなガス釜で炊いているので、そりゃもうおいしいったらありゃしない。ちょっと固めで、私好みだし。

で、翌日は、128号線上の中華ちーえんへ。本当は、藤よしでサザエ釜飯とか、いろいろ食べたかったのだけれど、魔の月曜日だったからお休みだったし。

ちーえんは、店構えもおしゃれ。ずいぶん前、まだ移住する前にも何度か連れて来てもらったことあり。

KIMG0022[1]

最近、駐車場を増やしたし、入りやすいかも。

そして、私は麻婆豆腐定食。税抜き1000円。

KIMG0020[1]

花山椒がきいていて、すごくおいしかった。できれば、もっと山椒入れてほしいくらい。

姉は、チャーハンセット。税抜き1000円。

KIMG0021[1]

チャーハン、玉子がふわふわで、これもおいしかった。

もうちょっと人数いたら、他のお料理も頼めたかも。でも、ちーえんの料理は、最初はいいけれど、味がみんな同じで飽きるとのうわさもあり。

で、また他の日の夜。ラーメン食べたい病になり、128号線沿いの天心へ。

KIMG0010[1]

最近、ここの数軒隣にあるマスターピースが閉まっているのでこちらへ。

でもな、ここのラーメンは絶品。とにかく、スープがすごいのだ。私的には、門前仲町にある、こうかいぼうのスープと、焼豚を思わせる味だったりしてる。(清澄白河時代に、よく行ったお店だ)魚介系なのに、めちゃあっさりで臭みがないし。おいしい焼豚がこんなに入っているのに、これで450円なんだけど!!

昼間だったら、これにどっさり山盛りのチャーハンが付いた、800円のセット食べてたわい。

 

やっぱ箱根だね その1(箱根湯本 山賊粥~岡田美術館)

標準

3月の半ばころ、大好きな箱根に行ってきた。

ほんと、一昨年の秋以来だから、超久々。

今回も、箱根フリーパスを利用しまくった。最終的に、得したのかどうかは分からんが。ま、得したんだろ。

1時過ぎに宮ノ下に着いて、ちょいと遅いお昼をいろり屋で、と思ったんだけれど。どうしたって、最終オーダーの1時半には間に合わないと、同伴者にいわれる。ち、まったく。

とゆーことで、箱根湯本駅の改札を出て、商店街をちょい散歩。

行きのロマンスカーで、湯本の食べ物屋をチェックしたけれど。何を食べようか、なんとなくまだわいてこない。

で、結局ホルモン焼きで結構有名な「山賊ホルモン」に決定。ちょいと裏道に入って、店を発見。出てきたお客が、こぞって「おいしかった!」と言っているので、よっしゃと急な階段を上がって店内へ。

そんな大きなお店じゃない。そして、ホルモンと焼き肉は夜の部で、昼間はお粥と担々麺のお店だとのこと。なんと、めんどうくさいことに、昼と夜の店名が違う。昼は山賊粥、夜は山賊ホルモンなんだって。名物は、山賊揚げとゆー鳥のから揚げだとか。

山賊揚げの付いた、牛テール粥と、湯本タンタン麺を注文。

牛テール粥。

KIMG2128[1]

温泉卵が真ん中に。これ、めっちゃくそうめえお粥。香港や、シンガポールで食べたもんよりうめえかも。

で、ここの名物だといわれる山賊揚げ。から揚げなのだが、そんな絶賛するほどのものでもなく。持ち帰るものでもなく。ふつーのから揚げ。わしが作ったほうが、もっとうまいと思われ。

KIMG2126[1]

で、この湯本タンタン麺も、かなりのもの。はっきりいって、勝浦タンタンなんかよりめちゃうま。辛さも、3段階あり。

KIMG2127[1]

いろり屋目当てだったけれど、山賊粥にして逆に良かったかも。山賊っていうか、和風中華って感じかな。

とゆーことで、今回の宿は強羅雪月花。チェックインまで時間があるので、バスに乗って岡田美術館へ行く。

若冲の孔雀鳳凰図と、広重中心の東海道五十三次の旅展を見に行く。

KIMG2130[1]

やっぱり、岡田美術館って好きだ。今回2度目だけど、常設展は何度見てもあきないと思われ。本当はもっとじっくり見たかったけど、時間の関係もあり。あと、房総から箱根までってやっぱり時間もかかるしちょいお疲れ。ってことで、足湯カフェで足湯しながらまったりとココアを飲む。

KIMG2129[1]

年内、またじっくり来るよん。

超遅い新年会 by焼きフグ牧野

標準

超遅い新年会を、3月4日に決行。

ま、ほとんどお雛祭り会って感じ。参加者、全員女だし。

牧野は、相変わらずの繁盛ぶりで、この予約は昨年末にしたんだよな。他の牧野ファン友達に聞いたら、1月の時点で3月半ばまで予約が取れなかったよう。

つーことで、刺し、ひれ酒、にこごりでっせ。

KIMG2116[1]

今回、牧野デビューが数名。

やっぱり、こうゆー焼きフグってあり?しかし、超うま、って感じ。

KIMG2117[1]

しゃべりと、飲みに追われて、焼いてるとこはないけど。それは、他の牧野投稿で見てちょ。

で、やっぱり欠かせねえ、みぞれ。

KIMG2118[1]

これ、昔々は、裏メニューだった。名物蟹大根だって、裏メニューだったけど。最近は、ほんとに人気定番メニューとなっている。

画像ないけど、白子もちゃんと食べた。でも、単価高い(3500~4000円)ので、2人で1個って。でも、それだけで、十分な大きさだったっすよ。

昨年の新年会では、蟹大根鍋だったけれど。今回は、正統派フグちり。

画像はないけど、フグだらけで、めちゃくそおいしかったことはお分かりかと。

そのあとの、雑炊もめたくそうめかった~。みんなで幸せな気分になり、銀座線駅近くのボローニャでお茶する。

しかし、わしはさっさと店を出て最終わかしおに乗ったのであった。

6月ころ、蟹大根鍋を食べようぜ、を企画するかも。毛ガニの旬は、5~6月だから。

行ってきました出雲大社 その4(皆生温泉~松月)

標準

うわーい、人生二度目の鳥取県。はるか、数十年前にFMのお仕事で鳥取のシャンシャン祭りに来たことがある。あれ以来。でも、ほとんどお初。

米子、皆生温泉は日本海側に面している。まさに、絶景の場所に建っている海色・湯の宿松月へ。五人衆、修学旅行以来の同室。宿の対応は本当に、すばらしく。すばらしいので、ひどく目立ってしまった部屋係の仲居さんもいたのだが。ま、そこんとこは今回は省略。

まずは、好きな浴衣を選んで部屋へ。5人寝るには十分。温泉でまったりして、夕食への期待感満載。海沿いの温泉は、メタケイ酸がいっぱいで美肌効果はあるし、あったまるし。前日は寝台車泊で、朝からわさわさ動いていたから、一気に疲れが取れる感じで幸せになる。

いえーい、大山最高。

KIMG1958[1]

つーことで、いきなり夕食の紹介。

先付とか、いろいろ。

DSC02909

海の幸、やっぱ鮮度が違うのと、房総のものとも味が違いますがな。

DSC02910

実は、蟹料理にもいろいろランクがあり。量があっても、安いのは冷凍ものだったりする。やっぱ、時間をかけてせっかく来たのだからと、朝獲りの蟹三昧コースを選んでいたわけ。

どーんときたね、茹で蟹!1人、半身ずつ。タグ付きの松葉がに~。

DSC02911

 

で、ドーンと。これは刺身だ蟹~

DSC02912

そして、待ってましたの焼き蟹。ちゃんと、焼きにきてくれる。

DSC02914

おばちゃん五人衆の勢いに、ちょいとタジタジぎみだったが、部屋中焼き蟹の香ばしい香りがぷーんぷん。これが夢にまでみた、本場の焼き松葉蟹!!

DSC02913

蟹、もしかして食べてるときってみんな無口にならない?ってなことはなく、ほんとみんなぺちゃくりながら、蟹を一心不乱に食べていた。

やがて、大女将さんがあいさつ回りに。

ほんと、こんなに飲む女どもは珍しいのか、地酒をもう一本プレゼントしてくれたのだった。

DSC02916

そんなこんなで、昔話や、今話など、ぺちゃくり、のみーので楽しい夜はふけたのであった。

翌朝、コーヒーのサービスを受けて。

翌朝の朝食。KIMG1959[1]

古代米のおかゆとかあって、おいしかった。が、全体的に塩分多め。これはどこの宿でもそうだけれど、気を付けてもらいたいかも。

この後、チェックアウト前に、蟹の被り物などを全員で被って記念撮影する。

これ、宿のサービスなのだけれど。チェックアウト後には、全員分をプリントアウトして渡してくれた。もちろん、データも後からHPからダウンロードできた。

いい年して、5人もそろって被り物するのおばはんは珍しいらしく。HPにあげていいですかと聞かれたけれど、丁重にお断りした。スタッフの対応も良いし、(一部を除いて)本当に良い時間を過ごせたし、おいしい松葉蟹をたらふくたべられて幸せだった。

後から、人数分のお礼を若女将からいただく。当日お会いすることはなかったが、なかなか美人でやり手の方。また、皆生に行ったら寄らせてもらおう~

 

行ってきました出雲大社 その3(出雲蕎麦を食らうby荒木屋、一畑に乗って~)

標準

念願の出雲大社詣でを終え、朝電車の中で何か食べたかもだけど、なんだか急にお腹がすく。出雲に来たら、出雲蕎麦でしょ、ってことでお蕎麦屋さんへGO。

あれ、ここにしようぜ、ときめていたお蕎麦屋さんは閉まっていた!その支店があったけれど、なんかさえない感じで。

とにかく、歩いたらどっかあるだろうと歩く。

で、荒木屋発見。DSC02901

何度もしつこいようですが、本当に天気がいいっす。

先に飲んだ勝ち、とゆーか。やっぱり出雲なら、酒でしょ?とゆーことで、地酒とあごの野焼きをいただく。

KIMG1954[1]

このあごの野焼き、めちゃうまなのだった。

出雲そばといったら、割子そばが定番だが。

わし、はっきりいってぶっかけそばってあんまり好きくない。頑張って、盛岡のわんこそば。なので、おろしそばを別々にしてもらう。ほんと、わがままだわ、わしって。

KIMG1955[1]

蕎麦、うまし。手打ちで、そば粉がいいのか風味がある。つけ汁は、これか~~。甘いんだよね。これって、醤油の甘さだと思われる。

現地で食べる、本場もんの出雲蕎麦は格別であった。

そして、またまた一畑電鉄に乗って、川跡~松江しんじ湖温泉駅へ向かう。

DSC02903

まあ、ほんまにご利益ありそうな車両だし。しまねっこ、超かわゆす。

1480750445502[1]

そんで、言い忘れていたけれど。

人生初の島根県上陸なんだよね、だから何もかもが初めてで新鮮だった。

もう、テンションあがりっぱだったし。

DSC02907

松江しんじ湖温泉駅からバスに乗り、松江駅へ向かう。

ふっふ、普通だったらここで玉造温泉かいとか、宍道湖温泉かい?とか思うでしょうが。

松江でレンタカーを借り、島根県を脱出して鳥取は皆生温泉へ向かうのであった!

そうだ、この夜は蟹三昧だい!一晩かけて、こんなはるか遠くに来た最大の目的は、2つ。出雲大社と、あと1つは日本海の蟹を食らうことであった。旅をするにも、しっかりお腹いっぱいにならないと気がすまない五人衆であった。

 

 

喜久寿司会&番外編 ( 2016年11月)

標準

これって、去年の11月のこと。

結構、アップもんがたまりにたまっているので、そこは勘弁。

今の時期、伊勢海老は禁漁ですし。

昨年11月の、伊勢海老喜久寿司会と、その1週間後の番外編。

まず、喜久寿司会から。

年に数回、旬の魚を食べに江戸から日帰りで来る同級生セレブたち。

秋は、伊勢海老をたらふく食べる。

KIMG1810[1]

ちょうど、天気も悪くて前日まで漁に出なかったらしいけど、そこんとこはちゃんとどうにか手配してくれた。ぴっちぴっちの伊勢海老。

 

KIMG1812[1]

超ぜいたくな、お造り。

ま、地元でなきゃ、食べられないよな~

で、焼き。

KIMG1813[1]

その他、伊勢海老のお味噌汁や。

KIMG1817[1]

おつまみとか。

これ、サンマの肝和え。KIMG1808[1]

イカの子どもの、麹漬け。

KIMG1809[1]

もちろん、昼からしっかり飲んでるし。

そんで、こんなに食べてるのに、握りも食うという。

 

KIMG1818[1]

しっかり食べて、その後は、特急待ちで駅前の食堂でお酒と焼きそば。

KIMG1819[1]

そして、翌週。またまた、別の同級生が今度は泊まりで伊勢海老が食べたい、前回の喜久寿司はおこちゃまたちと一緒だったから、大人の喜久寿司を体験したいと言われ。

また行く。彼女はビール党で、ビール飲みだすとそんなに食べないし。

私も夜はあんまり食べないので、伊勢海老ハーフコースって感じ。

 

前回も食べた、サンマと、イカの子どもの麹漬け。

KIMG1846[1]

で、魚運のいい私。脱皮伊勢海老の天ぷら。丸ごとだからね、これさ。2人で半分ずつ食べても、はっきりいっておなかいっぱいどず。

KIMG1847[1]

ショウサイフグの刺身。

 

KIMG1849[1]

大人の喜久寿司体験とは、よくいったもので。まさに、酒飲みワールドだ。

大好きな地タコと、サンマの肝あえ。

 

KIMG1848[1]

しめは、酒飲みにやさしいハマグリさんたち。

KIMG1850[1]

はっきりいいますが、喜久寿司最高っす。

実は、来週、春の喜久寿司会あり。

それまでに、たまったグルメレポート、続々、アップ予定!!