カテゴリー別アーカイブ: 自家製 てづくりもの

2018年 ゆずでいろいろ~(ゆずポン、ゆず胡椒、ゆず化粧水)

標準

今年もゆずをふんだんに利用する季節がやってきた。いろいろな手作りもの、作ってみた。

ゆずを8個買って来て、(2袋で200円)。まず初めに、ゆずポンを作る。

半分に切って、シトラスジューサーで果汁を絞り、減塩醤油600cc、昆布、シイタケの茎、酒、みりんを加えて鍋でさっと煮切ってから、ことことよわびで30分。これで出来上がり。

KIMG1267

次に、絞ったゆずの皮をぺティーナイフで切り出す。

kimg1266.jpg

ゆずの皮と、青トウガラシに、全体の約20パーセントの塩を加えて、フードプロセッサーにかける。KIMG1273

煮沸した瓶に小分けして、冷蔵庫で熟成。熟成中だけど、日が経つ前に食べきっちゃいそう・・

最後に、ゆずの種を化粧水用に冷凍保存するのだけれど・・・

今年のゆずには、なんと種が入ってない!!こんなことってあるんだろうか?

どちらにせよ、冷凍庫に保存してある種を使用するつもりだったからいいけれど、さて今後どうしたものか?KIMG1268

木戸泉と種を加えて。毎日のように、便を振ったりしながら、これも2週間くらい冷蔵庫で熟成する。熟成後、濾して化粧瓶に移す。これだけで、2本分かな。

とゆーことで、今年もゆずをしっかり使わせていただく。
KIMG1283
本当に、ゆずの種がないってことが問題だったりする。さーて、どうしたものかな。いつも調達してくれている友人宅でも、台風の塩害で実が成らないと言っているし・・・

 

 

 

広告

10月のまとめ 自家製ホヤ塩辛トースト&五目かた焼きそば

標準

夏の終わり、気仙沼から山のようにホヤが来た。

たんまり刺身を堪能した後は、自家製うす塩塩辛を作り、何瓶かに分けて冷凍保存。これで好きなときに食べられるぜ、と思ったら一度解凍するとひと瓶あっという間に食べてしまうのだった。。。

朝ごはんに、自家製全粒粉パン、クリームチーズ、マヨネ、ホヤの塩辛をのっけてトーストしたり。

kimg1213.jpg

これがですね、めったくそうめーのだ。ホヤはちょいとあぶって食べても、まじ美味しいのだ。

そして、ここんとこずっとうちの流行りとなっている、五目かた焼きそば。

KIMG1208

私の台所、大原のスーパーカインズにて、かた焼きそばだけ売っている。これに、自分なりの五目を加えて食す。意外と食えちゃうから、こりゃまたすごい。

お酢と和からしいは欠かせないが、何よりも餡に使う吉野葛が美味しさを倍増させるのだった。やっぱ、また京都に行ったら鍵膳で買ってこなきゃだ!

 

 

 

気仙沼から来たホヤで。ホヤの塩辛作ったよ。

標準

毎年、このホヤの季節に獲りたてほやほやのホヤが来る。

なんだか最近、年のせいか少食気味。せっかく新鮮なホヤをどう消費するか・・・

で、ホヤ、バチマグロ、カジキマグロのお刺身に舌鼓を打ち~の、ホヤとメカブの酢の物食べ~ので、お腹いっぱいになりながら考えて。

ホヤの塩辛作ったべ。

水洗いしたホヤの水気を切り、食べやすい大きさに切り。まーた、このホヤがぷりっぷりで、肉厚なもんだから、めたくそ食べ応えありそうな塩辛になること間違いなし、などと思いながら、ボールに入れて塩をふり、日本酒をばばっとかける。

KIMG1128

とにかく、でかいし、肉厚なもんだから、ホヤ7個でこれだけに。

KIMG1129

あとは、2、3日冷蔵庫で寝かせて味見して、冷凍保存して延々と楽しもうと思ってる次第。

暑い夏は、ホヤで元気出さねば!

八重桜の塩漬け

標準

先週は、お隣りさんからたーくさん筍をいただき。

今週は、またまたお隣りさんから八重桜をいただいた。

本当は、蕾に近い咲き初めがいいのだけれど・・・

せっかくせっせと摘んでいただいたので、塩漬けを作ることに。

花をしっかり洗って、一晩塩漬け。

水分をしっかり絞って、ジプロックに入れて。お酢を少々入れて、もみもみ。

約一日冷蔵庫に入れて。こんな感じ。花の色が、いっそう鮮やかに。

KIMG0939

でもって、これを煮沸した瓶に、花、塩、花、塩とサンドしていく。

IMG_1524183354102

冷蔵庫に入れて、熟成する。

以前塩漬けしたときは、あんまり活用しないで人にあげちゃったけど。

今回は、ビスケットとか、パンとか、ちらしずしに使おうと思ってる。

春の楽しみですな。

 

 

柚でいろいろ(柚ポン、柚胡椒、柚の種化粧水)

標準

またまた、柚の季節がやってきた。

いすみの直売所には、柚が小さなもので5~8個、大きなもので、3~4個入って一袋100~150円で売られている。

車で走っていると、そこらの家に大きな柚がなっている。

今年も、柚ポンを作ろうと2袋くらい買ってきた。

柑橘系用のジューサーで、とにかく果汁を絞る。

KIMG0629

ほんと、このシトラスジューサー、買っておいてよかったわ。結構果汁絞りって、大変だもん。

KIMG0634

で、今回も減塩生しょうゆを買ってきて、昆布、酒、みりん、柚の果汁を入れてぐつぐつ煮込む。一回沸騰させてから、弱火で20分くらい。

KIMG0628

 

網で濾して、煮沸した瓶に入れて完成。これで、1年はもつ。去年の分がまだあるので、冷蔵庫野菜室に入れて寝かせるのだ。

KIMG0633

お次は、今年初挑戦の柚胡椒づくり。

絞ったあとの柚の皮を、ゴム手袋をして剥くのだ。そうだよな、先に剥いちゃったらシトラスジューサー使えないし、しょうがない。

で、青唐辛子と柚の皮は同量とあるけれど、今年収穫して冷凍してある青唐辛子は、そんなに量がなかった。なので、島唐辛子を含めて、同量じゃないけれど、フードプロセッサーにかける。

分量としては、柚の皮が350g、青唐辛子150g、塩60g、柚果汁60ccって感じ。

KIMG0631

やや粗めの柚胡椒ができあがり、煮沸して殺菌消毒した瓶に入れる。これも野菜室に入れて、1週間ほど寝かせたらできあがりとのこと。その後、小分けにして冷凍保存分も確保しよう。

KIMG0632

 

残った柚の種だが、

KIMG0630

これは、洗わないで、果汁や果肉ついたまま冷凍保存。化粧水を作るのだ。今年の分は、まだ冷凍してあってあるので、来年の分の化粧水は年明けに作る。地元酒蔵、木戸泉の酒に漬けて、2週間くらい寝かせ、濾したら出来上がりの日本酒臭い化粧水ができあがるのだ。

しっかし、柚って全部使えるのだな。以前は、柚の皮は欲しい人に分けたり、捨ててしまってたのだけれど、今年から柚胡椒が参戦して、またもや楽しみが増えたって感じ。寝かせる前に、ちょっと味見したけれど。超、超、うまし!!寝かせたら、もっとすごいかもだ。ただし、島唐辛子が入っているので辛いけど~~

エゴマ味噌~なんばんみそ風~

標準

エゴマ味噌、めったくそ美味しい。

このために、せっせと春からエゴマを育てて。夏場は葉っぱを塩漬けにしたり、焼肉で巻き巻きして食べたり、刻んで玉子焼きを作ったり。

台風21号で、葉っぱがかなりやられてしまったが、種がたくさんできていた。22号が来る前にきれいに収穫しておいた。

ちょいと日に当てて、乾燥させて2~3日家の中に置いておいたら。こんなに。

KIMG0508

でも、5~6本植えていたのに、これだけ。やっぱり、日照時間少なかったせいか、収穫量が少ない。例年の半分くらいかも。

しかし、これを一気に脱穀するのはなかなか。だって、手で一粒ずつ取り出すのだし・・・

毎年、葉っぱも一緒にダーッと荒っぽく収穫していて、たくさん虫ちゃんが付いていて、ギャーギャー言いながら脱穀するのも嫌だから。今年は、ちゃんと種の部分だけ切っておいた。

一日に、2時間までと決め、脱穀すること約1週間。

KIMG0529

やっとここまでになった。残りは、そのままビニールに入れて、来年植える種用にする。

量ってみたら、なんと20グラムしかなく。やっぱり例年の半分。

こりゃ、今年は小鍋でたりるなと、小鍋で種を炒る。

炒ってから、いつもはあたり鉢ですりすりするのだけれど、面倒だからそのますり棒でつぶしにかかる。

適度につぶれたら、味噌、酒、みりん、砂糖、水を加えて、ことこと煮込む。

やっぱり、量が少ない。

あ、そうだ八丈島のお土産にいただいた、島唐辛子が冷凍保存してあるんだっけ、と。今年東北で食べてファンになった、なんばんみそ風にしてしまおうと、たくさん刻んで入れる。

KIMG0531

で、これだけだけど、十分楽しめそう。

KIMG0532

なんばんみそ風、エゴマ味噌。うまし。

黒ゴマでフムスを作った。

標準

最近、ハマスと売り出されている、ひよこ豆のペーストを作る。

ふつーは、白ごまなんですが、白がなかったので黒ゴマで黒フムス。

ひよこ豆を、重曹入りの水にひと晩漬けて。

KIMG0392

圧力鍋で、ささっと茹でる。

黒ゴマをあたり鉢で、擂って。

KIMG0393

 

湯がいたひよこ豆、すりおろしたニンニク、オリーブオイル、塩、コショウして。フードプロセッサーで、ペースト状にしたらできあがり。

KIMG0394

ちょいと黒っぽいけど、味は最高。黒ゴマの方が、コクが出るような気がする。

たくさん作っても、冷凍保存できるし。買うより、作ったほうがお得だよ。