カテゴリー別アーカイブ: ある日の朝ごはん・晩ごはん

五島うどん!スタミナ焼きうどん。

標準

先月、長崎五島列島に旅行に行っていた友人から、五島うどんが届く。

 

めちゃうま!

めちゃうま!

 

『おにぎりあたためますか』で、大泉洋が紹介していたのを見て、すぐさま購入し、五島うどんのとりこになってしまったのだ。

麺と一緒に入っている、あご出汁スープ。これがまた、めちゃくちゃうめえ。

まずは、一袋を毎日食べる。

スープで、かけうどん。または、麺つゆで釜揚げうどん。

急に暑くなってきたので、スタミナをつけるためにスタミナ焼きうどん。

 

美味しいもんは、どんなに調理でも美味しいのだ。

美味しいもんは、どんなに調理でも美味しいのだ。

牛肉、ホウレンソウ、ニンニクを炒めてから、うどん投入。

塩コショウ、仕上げにちょっぴっとウスターソースを。

あ、半熟卵のっけるんだった・・・

 

忍者飯

標準

ずーっと家では玄米食。

最近、炒り玄米を教えてもらって忍者飯を食べている。

玄米を中火で20分くらい炒って、保存食とする。

 

玄米を炒るのだ。

玄米を炒るのだ。

 

塩コショウしたり、お醤油をたらしたりして、忍者飯を作る。

これをそのままポリポリ食べるのもいいけれど、毎晩大匙2杯を水200ccに浸す。

すると、いとも簡単に粥ができる。

これがまた、信じられないくらい美味しいのだ。

 

水に浸すだけで、めちゃうまの粥が出来上がる。

水に浸すだけで、めちゃうまの粥が出来上がる。

 

ちょ火にかけて、はやりの焼き梅干を混ぜて食べる。

玄米は炒ることで、体に陽をもたらすとのこと。

食べ始めたときは、お腹がゆるくなって、すごいデトックスなんだと実感。

仙人飯とも呼ばれているらしい。

わたしゃ、仙人でも何でもないが、この朝ご飯は続けようと思っている。

もちろん、ちゃんと野菜だの、たんぱく質だのも一緒に食べてるよ。

スロージューサーのニンジンカスで、冷たいキャロットスープ。

標準

2年半くらい前より、貝印のベジタブルジューサーを使って、毎朝野菜ジュースを飲んでいる。

このスロージューサー、手動式で解体もたやすく、洗うのも簡単。軽いし、収納にも便利だけれど、さすがにプラスチック製品だから老朽化してきた。土台のゴムも、甘くなって動いてしまう。なので、思い切って同じものを購入した。

手動式のスロージューサーは他にもいろいろあって、コメントを読むと信じられないことが書いてあったりする。

「野菜のカスがたくさん出て、困るんです」

だって。あほか?なんのためのスロージューサーなん?

とゆーことで、あほなユーザーのために、今まで私がやってきたカスの利用法を紹介しようと思う。

ジュースのカスはいろいろ出るけれど、ホウレンソウ、ショウガ、ニンジン、リンゴは活用できる。特に、一番たくさんカスが出るのはニンジン。毎回何かに利用するのも面倒だから、タッパーに入れてためておく。ある程度たまったら、スープにしたり、ハンバーグに混ぜたり、カレーをつくったり、クッキーやパンに混ぜて焼いたり。ミートソースなんかも、結構いい感じ。肉を入れる分、ニンジンでかさましできるから、ヘルシーだし。

とゆーことで、今回は冷たいキャロットスープ。

鍋にオリーブオイル少々入れて、ニンジンのカスを炒める。

 

カスって、炒めると増えるのだ。

カスって、炒めると増えるのだ。

 

ちょいと塩コショウして、全体を炒める。ニンジンのカス、炒めるとどんどん膨れて大きくなっていくよ。

 

水をひたひたに入れる。

水をひたひたに入れる。

 

10分くらい、ゆっくり弱火で炒めてから水をひたひたになるくらい入れる。ロリエ、ローズマリー、コンソメを少々入れて、ぐつぐつ煮る。

10分くらい煮込んで、今度は豆乳を投入~って、牛乳でもいいよ。

 

豆乳を投入したぜ。

豆乳を投入したぜ。

 

白コショウをたくさんと、塩少々加え、5~6分弱火で煮込む。

 

冷ましてから、鍋ごと冷蔵庫で冷やす。

そして、ほれ出来上がり。

 

冷やして召し上がれ。

冷やして召し上がれ。

 

ニンジンカスたくさん入っているから、かさましでおなか一杯になるスープ。ヘルシーだし、無駄がない。

冷蔵庫で3日くらい保存できるから、小腹が空いたときに飲んでもいいし。

こうやってジューサーから出た搾りかすを利用して、3日に一度くらいスープや料理に利用しているのだ。

次回はカレーね。

 

 

旬祭り 筍、野ブキ。

標準

今年もお隣さんから、筍をいただく。プラス野ブキも。

 

 

今年もいただきました。

今年もいただきました。

 

 

 

ごま油で炒めて、ゴマ、味噌、みりんで炒り煮。

ごま油で炒めて、ゴマ、味噌、みりんで炒り煮。

ちょっと苦みがあって、酒のつまみに最高~

 

茎は、塩もみして筋を取り、さっと茹で上げてから油揚げと一緒に煮る。

 

塩もみすると、筋が簡単に取れるよ。

塩もみすると、筋が簡単に取れるよ。

 

鰹節で出汁を取って、翌日の筍煮の分も作っておいた。

筍は玄米と一緒に皮のまま茹でる。

茹で上がったら、一晩放置して灰汁を取る。

皮を剥いて、固い部分は筍ご飯用、皮の食べられるところはパスタ用、残りは臨機応変に使えるように分ける。

早速筍ご飯を炊く。

 

 

黒米入りの玄米筍ご飯。

黒米入りの玄米筍ご飯。

 

たくさん炊いたので、小分けにして冷凍保存。当分、筍ご飯を楽しめる。

筍と言ったら、やっぱり煮物だね。

最近は、圧力鍋であっという間に柔らかくおいしく煮えるから便利だわ。

 

わかめのように見えるのは、昆布。

わかめのように見えるのは、昆布。

 

今年も旬を楽しめた。

まだ、パスタ用の皮も、柔らかい先の部分も残っている。

タッパーの水を毎日変えれば、1週間くらいは保存できるし。

豚肉とピーマンの炒め物とか、筍のペペロンチーノとか、まだまだ楽しめそうだ。

おいおい、アップする予定。

 

春のグルメ 土筆を食べる 土筆とウドのニュウメン

標準

お散歩の途中で、土筆を見つける。

ここらへん、土筆の宝庫だけれど、地元の人はほとんど食べない。

「土筆って、食べられるの?」と聞かれたりするほど。

 

九州で生まれ育った、祖母の影響もあり、土筆は食べるものだとずっと思っていた。今だけの、春のグルメだ。

 

これだけ収穫

これだけ収穫

 

土筆のハカマを取ってから、小さじ1杯を加えた水を沸騰させてから茹でて灰汁抜きをする。

茹でてから、水で冷やしたら、あく抜き完了

茹でてから、水で冷やしたら、あく抜き完了

 

ゆで汁は、真っ黄色。ものすごい灰汁だけど、こいつ、大きくなったらスギナになるから、体にいいんだよ、きっと。

とゆーことで、ウドと一緒にニュウメンにして食べた。

 

土筆とウドのニュウメン。

土筆とウドのニュウメン。

 

うまし。

蕎麦団子と最近はやっているらしい、フレンチトースト

標準

昨日、急に甘いものが欲しくなり。(これって非常にめずらしい)

北海道産のそば粉があるので、蕎麦団子を作ってみた。

 

信玄餅に付いてる、黒蜜をかける。

信玄餅に付いてる、黒蜜をかける。

 

やっぱり、そば粉をこねるときって、そばがきみたいに頑張ってこねこねしないとだめだな。

ちょっと、固めになってしまう。次回は、ちょっと頑張ってみる。

 

そして、翌日の朝食。

FBで話題になっていて、最近はやっているフレンチトーストを作ってみる。

パンを片面5分ずつ、豆乳を混ぜた卵に漬けておく。

パンにマスタード、マヨネーズ、ハムを乗せて挟み、そのまんまフライパンで焼く。

 

和がらし、マヨネーズ、鳥ハム挟んで焼いたよ。

和がらし、マヨネーズ、鳥ハム挟んで焼いたよ。

 

マスタード切らしていたから、和がらし。

ハムは自家製の鳥ハム。

パンも、ホームベーカリーで作った全粒粉くるみパン。

めちゃくちゃうましで、これはお薦め!

からし菜とツナ、エノキの和え物。農産物直売所なのはな。

標準

農産物直売所なのはなに行く。

最近出ている、ルッコラがめちゃくちゃおいしいので、はまっている。

と、思ったらもう出てない。

もうないのかな~なんて、ちょいと青物葉っぱコーナーを見ていると、あれま。

小松菜も、ホウレンソウも、めちゃくちゃでかいのが出てるし。

そして、からし菜も出ていた。

すごい量入っていて、1袋100円だよ。これは絶対買いだ。

で、クックパッドでググってツナ、エノキとの和え物を作る。

 

ツナ缶、エノキと和えてみた。

ツナ缶、エノキと和えてみた。

 

クックパッドだと、みんな混ぜて一度にチンしちゃうのだけど。

もういい加減、50歳を過ぎるとカリウムも気を付けないといけない。

お子ちゃまとか、若者はいいけれど、カリウム取り過ぎは危険だ。

なので、最近はちゃんと野菜を茹でこぼしているのだ。

茹でたからし菜、エノキとツナを混ぜて、ツナ缶のオイル少々、和がらし少々、自家製ポン酢とごま油少々を混ぜて出来上がり。

ボールに一杯作ったのに、まだ袋の中には半分残っている。

次は、ジャコとからし菜に塩コショウして、オリーブオイルでソテーしてみよう。