カテゴリー別アーカイブ: クッキング

エゴマ味噌~なんばんみそ風~

標準

エゴマ味噌、めったくそ美味しい。

このために、せっせと春からエゴマを育てて。夏場は葉っぱを塩漬けにしたり、焼肉で巻き巻きして食べたり、刻んで玉子焼きを作ったり。

台風21号で、葉っぱがかなりやられてしまったが、種がたくさんできていた。22号が来る前にきれいに収穫しておいた。

ちょいと日に当てて、乾燥させて2~3日家の中に置いておいたら。こんなに。

KIMG0508

でも、5~6本植えていたのに、これだけ。やっぱり、日照時間少なかったせいか、収穫量が少ない。例年の半分くらいかも。

しかし、これを一気に脱穀するのはなかなか。だって、手で一粒ずつ取り出すのだし・・・

毎年、葉っぱも一緒にダーッと荒っぽく収穫していて、たくさん虫ちゃんが付いていて、ギャーギャー言いながら脱穀するのも嫌だから。今年は、ちゃんと種の部分だけ切っておいた。

一日に、2時間までと決め、脱穀すること約1週間。

KIMG0529

やっとここまでになった。残りは、そのままビニールに入れて、来年植える種用にする。

量ってみたら、なんと20グラムしかなく。やっぱり例年の半分。

こりゃ、今年は小鍋でたりるなと、小鍋で種を炒る。

炒ってから、いつもはあたり鉢ですりすりするのだけれど、面倒だからそのますり棒でつぶしにかかる。

適度につぶれたら、味噌、酒、みりん、砂糖、水を加えて、ことこと煮込む。

やっぱり、量が少ない。

あ、そうだ八丈島のお土産にいただいた、島唐辛子が冷凍保存してあるんだっけ、と。今年東北で食べてファンになった、なんばんみそ風にしてしまおうと、たくさん刻んで入れる。

KIMG0531

で、これだけだけど、十分楽しめそう。

KIMG0532

なんばんみそ風、エゴマ味噌。うまし。

広告

黒ゴマでフムスを作った。

標準

最近、ハマスと売り出されている、ひよこ豆のペーストを作る。

ふつーは、白ごまなんですが、白がなかったので黒ゴマで黒フムス。

ひよこ豆を、重曹入りの水にひと晩漬けて。

KIMG0392

圧力鍋で、ささっと茹でる。

黒ゴマをあたり鉢で、擂って。

KIMG0393

 

湯がいたひよこ豆、すりおろしたニンニク、オリーブオイル、塩、コショウして。フードプロセッサーで、ペースト状にしたらできあがり。

KIMG0394

ちょいと黒っぽいけど、味は最高。黒ゴマの方が、コクが出るような気がする。

たくさん作っても、冷凍保存できるし。買うより、作ったほうがお得だよ。

夏の思い出・・・ロシアンピクルス、ずんだっパ(だだちゃ豆のパスタ)

標準

今年の夏は、雨が少なくて、なんだか変な陽気だったけれど、庭のミニ菜園ではキュウリが豊作であった。

キュウリって、放っておくとほんとでっかくなっちゃったり。

IMG_1498450928549

毎週のように、ロシアンピクルスを作った。

IMG_1498727061820

去年もそうだったけれど、これが意外と好評。結局、余すことなく友人に分けたり。

庭のナスはそうでもなかったけれど、ナスが豊作だとゆーことで沢山いただいた。大好物の、ナスの煮物を毎日いただく。

KIMG0319

夏の野菜は、暑い夏を過ごしやすくするために、体を冷やす役割があるとか。

長野から帰ってきたら、毎年この時期に山形から送られてくるだだちゃ豆が届く。新鮮なものだから、届いたらすぐに全部湯がいて冷凍保存。一部は、皮を取ってずんだる。

KIMG0315

ここでお砂糖を入れて、お団子に乗せたらずんだ餅だけれど。ニンニク、唐辛子、オリーブオイルを炒め、豆乳を加えてことこと煮。ずんだを入れてソースを作る。

KIMG0316

ずんだパスタ、略してずんだっパだ。

KIMG0317

もう9月も半ば過ぎ、あとちょっとで10月。夏は夏なりに、楽しい食生活、酒生活が送れた。

さて、食欲の秋、またいろいろ楽しめそうだ。

 

 

ニンジン葉っぱシリーズ。簡単かき揚げ?かき焼きか。

標準

とにかく、ニンジン葉っぱは美味しい。結構食べごたえがあるのだけど、ちゃんと加熱しないとただただ固い菜っ葉だ。

小麦粉とニンジン葉っぱを、溶いた水で合えて。ひたすらフライパンで焼く。揚げ物ができるお宅では、揚げればいいと思うのだが、うちは揚げ物禁止なので、多めのオリーブオイルでひたすら焼く。

KIMG0144[1]

両面をしっかり焼いて、っと。

KIMG0145[1]

そのまま食べてもいいのだけど、かけ蕎麦とか、にゅう麺と一緒に食べると、なんだかもっと美味しかったり。

KIMG0146[1]

その場合、原了郭の黒七味、粉山椒は必需品ですがな。

うち飲みのおとも。あて特集。

標準

はい、今年もしっかり送っていただいたよ、気仙沼のホヤ~。やっぱ、ホヤにはメカブでしょ。いつもに、切ったホヤとメカブに寿司酢をぶっかけて、その間お風呂かなんか入っちゃって。食べる直前に、ポン酢やワサビを加えていただく。超うましである。

KIMG0169[1]

自分、ホヤの美味しさが分かる人間で、本当に良かったと思っている。

お次は、今年かなり自分の中で流行であった、ニンジン葉っぱのお料理。

そば粉を水に溶いて、2~3cmに切ったニンジン葉っぱを混ぜて、ひたすら焼く。

火が通ってきたら、チーズかなんかはさんじゃって。

KIMG0172[1]

出来上がり。ニンジン葉っぱのガレットだ。

KIMG0173[1]

これがまた、ワインに合うのでお勧め。

今年は、去年同様キュウリが豊作であった。ほとんど、毎週のようにろしあんピクルスを作っていたのだが、たまーに見落としちゃったりするキュウリが、馬鹿でかくなっていたりする。そやつを、薄くスライス、玉ねぎドレッシングでいただく。

KIMG0197[1]

友人から、たくさん野菜と卵をいただく。あんまりにも大量なので、毎日卵料理。スペイン風オムレツを作った。が、これって一度に食べきれないのであった。が、冷蔵庫で保存して、冷たくても十分美味しいのであった。自家製全粒粉パンに、自家製ロシアンピクルスをしこたまのっけて。

KIMG0214[1]

こちらも、友人から大量にいただいた新じゃがを使用。茹でて、ローズマリーと一緒にオリーブオイルでちょいとグリルするだけ。

KIMG0193[1]

これがまた、簡単なのにイモ好きにはたまらない味。ポテチ食べるより、はるかにいいし。

加茂の葵と、目から鱗の蕗の葉っぱごはん。

標準

知り合いから、野蕗をいただく。

実際、摘むときに一緒だったのだが。柔らかくて、食べられる葉っぱの見分けがつかず。

取ってもらう始末。

で、おいしい食べ方を伝授された。

木戸泉の酒蔵開きイベントの前日だったので、姉と弟も来ていた。

京都のこんな、おいしいお酒をいただいたことだし。

佐々木蔵之介の実家、佐々木酒造のお酒だけど、特別なお酒でなかなか手に入らないそうだ。

KIMG0013[1].JPG

酒のあてにと、ちょいと自分でアレンジ。

蕗のはっぱを、ちょいと塩茹でして、水気を絞って、葉っぱを広げる。

KIMG0014[1]

超奇麗な緑色。

本当は、白いごはんがいいらしいのだが、ちょうどたくさん味の素のチャーハンがあったので、ねぎをのせて。

KIMG0015[1]

葉っぱにチャーハンを乗せて。

ごま油に、にんにくのすりおろし、塩少々入れてまぜまぜしたたれ↓。

KIMG0016[1]

これかけて、巻き巻きして食す。

めちゃくそうまいぜ!蕗の葉っぱ、来年も収穫せにゃ。しかし、見分けがつかんけど・・・

8月の終わりに、今年も山形産だだ茶豆でずんだっパを食す。

標準

8月に入って、バタバタと忙しくしていて。

おまけにくそ暑いので、少々お疲れ気味。

8月の投稿が1つもないことに気付き、今日のランチを紹介することに。

 

そうです、今年も山形から大量のだだ茶豆が届く。

そして、数回に分けて一気に茹でて冷凍する。

 

久々のパスタということで、だだ茶豆のずんだっパ。

 

だだ茶豆をずんだって、投入で作ったソース。

だだ茶豆をずんだって、投入で作ったソース。

 

毎年義妹が送ってくれる、山形産のだだ茶豆は非常にコクがあって美味。

あと数回、楽しめるくらい冷凍してあるぜい。

 

作り方は超簡単。

だだ茶豆(枝豆でもいい)を一握りくらい、さやから取り出してすり鉢に入れ、すり棒でずんだる。

ずんだるとは、ずんだ餅とかでも使われている言葉だが、つぶすって意味らしい。

フライパンで刻みニンニク、赤トウガラシをオリーブオイルで炒め、豆乳200ccを投入~(なんちゃって)

弱火でふつふつ煮立て、塩少々、白コショウ少々、粉チーズ、ゆで上がったパスタを入れる。

今回、初めて全粒粉パスタなるものを使用。

またふつふつ弱火でなじませてから、出来上がり。

 

まじ、うまいっすよ。