カテゴリー別アーカイブ: クッキング

ニンジンご飯、ブリのレモン酢焼き、酒粕入りみそ汁。

標準

ちょうど玄米がなくなり、美味しそうなブランド米のセットをいただいたので、ニンジンご飯を炊いてみる。ニンジンは、もちろんスロージューサーの搾りかすだぜい。

小鍋で、ちょちょいと炊いちゃう。

KIMG1482

やっぱり、電気炊飯器で炊くより、美味しいよな、これ。べつに何人もいるわけじゃないし、これからはこうしよう。

で、晩ごはんはこんな感じ。菜の花のからし和え、ブリのレモン酢焼き、木戸泉の酒粕を入れた赤だしみそ汁。

kimg1486.jpg

 

あ~満足じゃったぜい。

広告

ブリのみぞれ鍋

標準

テレビで、ブリのみぞれ鍋をやっていた。そうだ、冷凍してあるブリの切り身があった。ってことで、作ってみる。

kimg1471.jpg

下に白菜を入れて、炒り玄米も入れて、湯通しした切り身のブリを1切れ半、ネギ、ここらへんで売っている聖護院大根を擦って。豆苗をのっけ、最後に茶油を一周で、出来上がり。

小さな一人鍋で、お腹いっぱい。一応カツオと昆布で出汁を取っているけれど、手作り柚ポンをちょいとたらして食べる。

塩分控えめにしなきゃだし、白菜もたくさん入っていてとてもヘルシー。野菜もたんぱく質も、炭水化物も一度に食べられるから楽ちんだし~

 

 

スロージューサーの搾りかす ニンジンだらけのナポリタン

標準

いやはや、まったくもってヘルシオはすごいのだ。

やっぱり、電動は楽ちん。かれこれ何年になるか、手動スロージューサーは2代目。

ヘルシオが来てから出番はないが、もしや災害で停電になったときとかのために、大切にとっておこう。

ってことで、スロージューサーの搾りかすは毎日ほんとたくさんあって。捨てるにはもったいないので、いろいろと活用している。

特に、ニンジンの搾りかすは大変利用価値があるので、その都度冷凍保存したり、ニンジンドレッシングを作ったりして活用。コマツナ、ホウレンソウの搾りかすは、繊維質だらけで、加熱しても針のようで口あたりが悪く、一体どうしたものかと考える。

以前は、発泡スチロールに枯れ葉と一緒に入れて、肥料にでもすっかなと試したけれど・・・

恐ろしいほど、虫がわき。その虫が食べてくれるから、それはそれでいいらしいのだが、蓋を開けるたびに見る光景に耐え切れず断念した。

で、ニンジンの搾りかすでナポリタンを作る。ほとんどニンジンだらけなので、ヘルシーだし。

kimg1473.jpg

とっても量が多そうだけれど、ニンジンでかさ増しされてるので、パスタはちょっとでお腹いっぱいになる。

その他野菜の搾りかすは、ちっちゃな菜園の穴を掘り、奥深くまで埋めた。今から埋めてれば、いい肥料になるだろう。

 

SHARP ヘルシオ スロージューサーが来た~

標準

毎年、お誕生日や年末に息子から何かしらプレゼントをもらっている。去年と今年は、本人もいろいろと物入りだろうし、こちらも、もう物を増やしたくない年ごろとなり。消えものでいいのだけど、気持ちはありがたくいただかなくては。

で、何か欲しいものと考えて・・・そーだよ、手動のスロージュース作りもおっくうになってきたし、電動のものが欲しいかなと。スロージューサーはピンキリで、大きさも手ごろで洗うのも簡単なやつ、とゆーことでSHARPヘルシオかな~と。

そして、目からうろこ。なんでもっと早く、これにしなかったのだろうか?わし。

 

もうさ、ほんとあっという間にできちゃうし。搾りかすのニンジンも、すごくきれいだから、他のお料理に化けちゃうし。ニンジンドレッシングとか、お味噌汁とかに入れちゃって活用。パンやクッキーも焼けるぜ!

そして、出来上がりのジュースが、これがもう何とも言えずにクリーミー。ホウレンソウや、コマツナ入れても苦みもない。文明の利器とはこのことだな。

白いお兄さんも、香りが気になるようだ。

 

本体は長く使えそうだが、容器はプラスティック製なので、1~2年でお取替えかもしれない。でも、全部交換したってこりゃ元はたくさん取れますわ。コンビニで売っているスロージュースまがいの野菜ジュースと、比べものにならないくらい美味しいのだから!

 

 

ある日の朝ごはん、昼ごはん(源氏食堂ラーメン)

標準

最近流行ってる、玉子焼き器で一度に朝食を~

玉子焼き用のフライパンで、パンを焼き、野菜を焼き、玉子を焼き、全部一度にやっちまいます。

今の時期直売所に現れる、わさび菜。これって、生で食べると甘くてわさび?っすかって感じなのだが、ちょいと炒めるとなぜかわさび臭が出てきて、もっと美味しいのだ。

ドライトマトは、夏の終わりに収穫した青いトマト。家の中で赤くして、ドライトマトにしたのだわ。オーブンで長時間じっくり焼いて、なんちゃってドライトマトだが、あの青いトマトがこんなにおいしくなるなんて?って感じ。

玉子はいろいろ食べ比べてみたけれど、わたしゃやはり吉原のプレミアム玉子が一番。

KIMG1349

でもって、朝ごはんを食べ、ちょいと出かけて2時前だったから、大原駅前の源氏食堂でラーメンを食べる。

ほんとにね、美味しいんだわ~ここのラーメン。太麺だから、とっとと食べないとどんどん増えてきちゃう。今度注文するときは、麺かためにしてもらおっと。この前まで450円だったのに、500円になっていた。50円くらいの値上げは許そう・・・

KIMG1331

スープは、竹岡式かも。焼豚の煮汁が入っているのでは?と勝手に思っている。

2018年 ゆずでいろいろ~(ゆずポン、ゆず胡椒、ゆず化粧水)

標準

今年もゆずをふんだんに利用する季節がやってきた。いろいろな手作りもの、作ってみた。

ゆずを8個買って来て、(2袋で200円)。まず初めに、ゆずポンを作る。

半分に切って、シトラスジューサーで果汁を絞り、減塩醤油600cc、昆布、シイタケの茎、酒、みりんを加えて鍋でさっと煮切ってから、ことことよわびで30分。これで出来上がり。

KIMG1267

次に、絞ったゆずの皮をぺティーナイフで切り出す。

kimg1266.jpg

ゆずの皮と、青トウガラシに、全体の約20パーセントの塩を加えて、フードプロセッサーにかける。KIMG1273

煮沸した瓶に小分けして、冷蔵庫で熟成。熟成中だけど、日が経つ前に食べきっちゃいそう・・

最後に、ゆずの種を化粧水用に冷凍保存するのだけれど・・・

今年のゆずには、なんと種が入ってない!!こんなことってあるんだろうか?

どちらにせよ、冷凍庫に保存してある種を使用するつもりだったからいいけれど、さて今後どうしたものか?KIMG1268

木戸泉と種を加えて。毎日のように、便を振ったりしながら、これも2週間くらい冷蔵庫で熟成する。熟成後、濾して化粧瓶に移す。これだけで、2本分かな。

とゆーことで、今年もゆずをしっかり使わせていただく。
KIMG1283
本当に、ゆずの種がないってことが問題だったりする。さーて、どうしたものかな。いつも調達してくれている友人宅でも、台風の塩害で実が成らないと言っているし・・・

 

 

 

10月のまとめ 自家製ホヤ塩辛トースト&五目かた焼きそば

標準

夏の終わり、気仙沼から山のようにホヤが来た。

たんまり刺身を堪能した後は、自家製うす塩塩辛を作り、何瓶かに分けて冷凍保存。これで好きなときに食べられるぜ、と思ったら一度解凍するとひと瓶あっという間に食べてしまうのだった。。。

朝ごはんに、自家製全粒粉パン、クリームチーズ、マヨネ、ホヤの塩辛をのっけてトーストしたり。

kimg1213.jpg

これがですね、めったくそうめーのだ。ホヤはちょいとあぶって食べても、まじ美味しいのだ。

そして、ここんとこずっとうちの流行りとなっている、五目かた焼きそば。

KIMG1208

私の台所、大原のスーパーカインズにて、かた焼きそばだけ売っている。これに、自分なりの五目を加えて食す。意外と食えちゃうから、こりゃまたすごい。

お酢と和からしいは欠かせないが、何よりも餡に使う吉野葛が美味しさを倍増させるのだった。やっぱ、また京都に行ったら鍵膳で買ってこなきゃだ!