カテゴリー別アーカイブ: いすみグルメ

寿司割烹 小山 (いすみ市小沢)

標準

本当に、地元の噂とゆーものは恐ろしい。前から気になっていた、R128号沿い浪花にある寿司割烹小山。

KIMG0183[1]

一人、2万はする、とか、いろいろ敷居の高い噂が飛び交っていたので、なかなか行けず。

先月、毎年恒例のホタル狩りにいらっしゃられる、バブリーな友人を誘惑して連れて行ってもらう。

自分、終了時間が日々変わるとゆー、過酷なパート終了後に行ったので、すでに皆さんほとんど召し上がった後。

それでも、ダッシュでいろいろ出してくれたのだった。

非常に整理整頓され奇麗でおしゃれ。ここら辺りでは、あまりないような洗練された店内。

ダッシュで食べたので、あまり画像はないけれど、コースのお料理は手のこんだものばかり。

KIMG0181[1]

カツオのタタキ、薄造りにしてガーリックフライを添えたサラダ。

もう、おしゃれまくりである。

その他、お造り、冷やし茶碗蒸し、サンガ焼、などお品のいい料理ばかり。

最後、握りもちょうどいいシャリの大きさで超満足。〆は、伊勢海老のお味噌汁。

KIMG0182[1]

噂が独り歩きして、幾らかかるか分からない高級店にされてしまったとのこと。

でも、確かに高級店には違いない。

ちゃんと料金が入ったメニューもあるし、ディナーの料金も相談に乗ってくれるとのこと。

今回のコースは一人1万円なだけに、伊勢海老やサザエなど、値のはるものが含まれている。

地元で、江戸前のおしゃれな寿司が食べたくなったら、小山ばっちりだと思われ。

確かに、東京まで食べに行く必要もないかもしれない。江戸前だの、築地がどーのと、口ばっかの双子の寿司やよか、100倍いいと思われる。

とはいいつつ、やはり値段は高めなので、ごちになるときしか行けないかも。

やっぱ、私は喜久寿司 LOVEである。

 

勝浦タンタンメン 松野屋

標準

久々のブログ更新、すでに7月だったりで、いえーい。

本日、美味しいから一緒にいこ、と友人に誘われて勝浦の松野屋へ行く。

本当のところ、勝浦タンタンメンって超おいしいじゃん!って感じたこともなく。

あまり期待せずに行ったのだが・・・

KIMG0202[1]

めっさ、美味しい松野屋の勝浦タンタンメン!

辛さは調節できるけれど、まずはノーマルでいった。(本当は、中辛を注文したのだが、隣の席の方があまりにも汗だくで食べていたので、何を注文したか聞いた。したら、ノーマルだというので、変更してもらうというチキン状態)

もしや、今まで食べた中で一番おいしいかもしれないかもしれない~

KIMG0201[1]

わーん、涙ちょちょぎれのおいしさ。

浪花の麺屋MASTERPEACEが閉店してから、ちょいと寂しい思いをしていた私の心に光をあたえてくれた。

本日誘ってくれたお仲間が、次回はあの、行きたいけど行けてない秘境ラーメンに連れて行ってくれるとのこと。超楽しみだすわ。

春の喜久寿司会2017

標準

春の喜久寿司会は、3月中に行われるタラの白子ステーキ目的な会である。

が、今年はタラの白子が品薄だとか。もちろん、大原ではタラの白子は獲れない。漁港に加工所があるので、新鮮な白子が手に入るのだ。

とゆーことで、お江戸からちょっと春の小旅行気分で友が日帰りで来る。

大原駅に着いた友たち、まずは源氏食堂で夕飯のおかずを注文しておく。(トンカツを揚げておいてもらうのだ)

今年は背黒イワシも品薄で、こっちに来て2回目くらいの、不漁だ。今年は、アンチョビを作ってない、とゆーか、作れない。が、さすが大将、背黒が揚がったので、わしらのために朝から一生懸命さばいてくれていた。

KIMG2160[1]

なのだけれど、最近生のイワシのアレルギーだということを知り、私だけお酒を混ぜてチンしてもらう。

KIMG2159[1]

そんなん、うまいっか?と言われたけど、私にとっては超うまなものなのだ。

でもって、お次はカツオの燻製。

KIMG2161[1]

塩カツオは知っているし、塩ワラサは去年の春喜久寿司で食べたが、燻製は初めて。

KIMG2162[1]

切ると、こんなでめっさ、うまっさよ。酒が進むぜ。って、また昼酒なんですが。ほんで、お次は、ワラサのなめろう~

KIMG2163[1]

どんどん、酒が進むぜ。

やっぱり、本当にタラ白子がなくて。ナントカフグの、白子のステーキだった。ナントカフグは、ショウサイフグじゃなくて、ナントカって言ってたけど、名前忘れた。

KIMG2164[1]

しかし、もしやタラ白子ステーキよりうまいかもしれぬ。

なんだかんだと、飲み~の食べ~の。大将、結構仕事が細かくて。昆布〆など、ちょこっとずついただく。

KIMG2165[1]

この間、握りも食べたけど、最後に背黒のひと口漬け丼。

KIMG2166[1]

わしは、食べられないので、え~~、ずるい、ずるいとだだをこねたら、なめろう丼にしてくれた。

KIMG2167[1]

しこたま飲んで、わいわい騒いで、電車の時間までちょいとドライブ。

御宿の砂浜で、月の砂漠記念像を見たり、メキシコ記念塔を見たりして。

メキシコ記念塔の前で記念撮影。

KIMG2170[1]

 

友を連れ、大原駅まで戻り、駅前源氏にて注文した品々を受け取り見送るのであった。

次の喜久寿司会は、アワビ、サザエの巻だな。

加茂の葵と、目から鱗の蕗の葉っぱごはん。

標準

知り合いから、野蕗をいただく。

実際、摘むときに一緒だったのだが。柔らかくて、食べられる葉っぱの見分けがつかず。

取ってもらう始末。

で、おいしい食べ方を伝授された。

木戸泉の酒蔵開きイベントの前日だったので、姉と弟も来ていた。

京都のこんな、おいしいお酒をいただいたことだし。

佐々木蔵之介の実家、佐々木酒造のお酒だけど、特別なお酒でなかなか手に入らないそうだ。

KIMG0013[1].JPG

酒のあてにと、ちょいと自分でアレンジ。

蕗のはっぱを、ちょいと塩茹でして、水気を絞って、葉っぱを広げる。

KIMG0014[1]

超奇麗な緑色。

本当は、白いごはんがいいらしいのだが、ちょうどたくさん味の素のチャーハンがあったので、ねぎをのせて。

KIMG0015[1]

葉っぱにチャーハンを乗せて。

ごま油に、にんにくのすりおろし、塩少々入れてまぜまぜしたたれ↓。

KIMG0016[1]

これかけて、巻き巻きして食す。

めちゃくそうまいぜ!蕗の葉っぱ、来年も収穫せにゃ。しかし、見分けがつかんけど・・・

大原駅前、源氏食堂。128号線、ちーえん。128号線、天心。

標準

木戸泉の酒蔵開きの後、姉と源氏食堂へ。

今年の乾杯は、フェイントで数分前にやられちゃったんだけど、その後新社長就任のごあいさつと、再度乾杯を。

KIMG0018[1]

結局、昼飲みして酔っ払い。源氏食堂も、超混雑。

月一源氏なので、いつも食べていないものを。

私、豚トロ定食。

KIMG0024[1]

これ、もう、すごいうまさっす。肉がいいのと、やっぱりお母さんの腕だと思われ。

姉、親子丼。

KIMG0023[2]

これも、悪いけどすげーうめえっす。やっぱり、お母さんの腕だな、こりゃ。

定食にすると、もれなく豚汁付。この豚汁も、たまらんのだった。それに、お米はいすみのお米を使用。大きなガス釜で炊いているので、そりゃもうおいしいったらありゃしない。ちょっと固めで、私好みだし。

で、翌日は、128号線上の中華ちーえんへ。本当は、藤よしでサザエ釜飯とか、いろいろ食べたかったのだけれど、魔の月曜日だったからお休みだったし。

ちーえんは、店構えもおしゃれ。ずいぶん前、まだ移住する前にも何度か連れて来てもらったことあり。

KIMG0022[1]

最近、駐車場を増やしたし、入りやすいかも。

そして、私は麻婆豆腐定食。税抜き1000円。

KIMG0020[1]

花山椒がきいていて、すごくおいしかった。できれば、もっと山椒入れてほしいくらい。

姉は、チャーハンセット。税抜き1000円。

KIMG0021[1]

チャーハン、玉子がふわふわで、これもおいしかった。

もうちょっと人数いたら、他のお料理も頼めたかも。でも、ちーえんの料理は、最初はいいけれど、味がみんな同じで飽きるとのうわさもあり。

で、また他の日の夜。ラーメン食べたい病になり、128号線沿いの天心へ。

KIMG0010[1]

最近、ここの数軒隣にあるマスターピースが閉まっているのでこちらへ。

でもな、ここのラーメンは絶品。とにかく、スープがすごいのだ。私的には、門前仲町にある、こうかいぼうのスープと、焼豚を思わせる味だったりしてる。(清澄白河時代に、よく行ったお店だ)魚介系なのに、めちゃあっさりで臭みがないし。おいしい焼豚がこんなに入っているのに、これで450円なんだけど!!

昼間だったら、これにどっさり山盛りのチャーハンが付いた、800円のセット食べてたわい。

 

筍まつり~2017

標準

今年も筍の季節到来、っていうかもうすでに5月に入ったのでこれは先月のこと。

それにしても、今年の筍は遅かったかも。

今年は、いすみ市大野の山奥の筍をいただく。

筍って、産地や土の種類によって味が変わるのだ。

大野の山奥は、まだイノシシに荒らされていない場所らしく。ま、タダですからね。おいしくいただきました。

えぐみがない、とのことだったので、まずはグリルして、筍焼き。KIMG0025[1]

うーん、いただきものだから、あんま言いたくないけど、これはやっぱえぐみありやす。とゆーことで、さっそく茹でて。

若竹煮。

KIMG0034[1]

同じ房総でも、土地が変わるとこうも味が違うのかと思うくらいの、おいしさ。

つーことで、筍ご飯も。

KIMG0036[1]

うちのは、玄米と黒米入り筍ご飯だし。そして、えらく薄味。じゃないと、血圧のこともあるしな。たくさん食べたい=塩分控えろよ、ってことでこうなるのであったが。やっぱ、美味~。

で、恒例の筍ペペロンチーノなり。

KIMG0035[1]

これも、ちょいと色が微妙なのは、最近全粒粉パスタを使用しているので。結構うましだすわよ。

とゆーことで、今年の筍まつりも無事終了しただすわ。

大原駅前 エンゼルでちょいランチ

標準

ほんと、腹立つないすみ鉄道と毎回思うのは、特急とのアクセスが悪い時間がある。

ま、腹も空いたし、いいかと。久々に駅からちょっとだけ歩いたところにある、エンゼルへ。

前に、こころ旅で火野正平兄さんが、ここのビーフシチューセットを食べていた。でも、ビーフシチューって感じでもないのよね~と、メニューを見る。

KIMG2100[1]

そう、そう、ここって健康メニューがあっただわ、と。ミニハンバーグライスを注文する。

多分、ハンバーグは注文してからこねていたんじゃないかな。とにかく、ここらの手作り感満載さは嫌いではない。やっぱ、ぎり時間があるかぎり、おいしいものを食べるのに待つことはつらくないわし。

 

KIMG2101[1]

ヘルシーな定食ですこと。これで760円なんだから、よしとしよう。

お味は、シンプルで減塩。私向き。ごはん、てんこ盛りにしてもらったけれど、申し訳ないけれど残してしまった。

そう、柔らかいのでした!食えない、こんな柔らかごはん、私は無理。それ以外は、お店の方も優しいし、好きななお店なんだけどな~~やっぱ、ごはんの炊き方ナンバーワンは、駅前源氏だな。