カテゴリー別アーカイブ: いすみグルメ

ひっさびさの、喜久寿司。地魚握りをいただく。

標準

今年初めての喜久寿司。まじかよ?毎年6月は、ホタル狩りで結構な人が遊びに来るので、夕飯は喜久寿司か、源氏食堂って感じで。月のうち、何度も行ったりしていたのに。源氏食堂は、昨年夏に閉店してしまったし。あれは、ある意味正解だったかもしれない。

コロナのせいで、ほんと何でもかんでもつまらなくなってしまってるぜ

ひっさびさの喜久寿司で、地魚握りをいただく。ソーシャルディスタンスは保たれているし、風通しもよかった。

やっぱりね、外房の海は白身魚が主流ですな。めっさ美味しくて、とっても満足。

こんなときだから、電話して取りに行けばテイクアウトもOKだそう。

また、握り食べに行こうっと。

続 大原桜堂_超やばいあんドーナツ

標準

桜堂の和菓子は、こしあんが多い。それだけで、私的には大ファンになってしまうのだが。残念なことに、豆大福はつぶあんである。どうにかならないものかな、なんて考えていたら、同じくこしあんファンの友人から、

「桜堂のあんドーナは、めちゃくちゃ美味しいから試してみて」と言われる。

普段、あんドーナツなんて全く興味がないのだけれども。たまたま立ち寄ったスーパー源氏にて、桜堂の桜餅、あんドーナツを発見したので購入。

きゃ~~~~やばい!めっさ美味しいじゃねーの、このあんドーナツ!!

dsc_0800

京都祇園の、都をどり団子お皿にのっけてこのくらいだから、一般的なあんドーナツよりは小さめであるが。悪魔的な美味しさ。しかも、1個90円くらいなんっすけど~~ありえない!

都会のそこらにある、ダンキンなんとかは一番安くても110円でしょ?いやはや、まったくすごいのだ、このあんドーナツ!

dsc_0798

桜堂、やばし!

駅前の源氏食堂が営業していたころは、お江戸の参勤にシュウマイを持参したものだ。そう、あの、悪魔のシュウマイだ。悪魔のシュウマイは、源氏食堂閉店とともに幻の逸品となってしまったが、悪魔シリーズ認定の悪魔のあんドーナツを発見したのだった。

かくと_鰻~炎の雫_カフェ

標準

外食となると、ドネか、かくとか、って感じだけれど。ま、いいか。先月、予約し忘れて食べそこねたので、リベンジ。といっても、予約の電話をするのが遅れてしまい。どうにか無理やり入れてもらった。

女将さんの漬けた白菜が、非常に美味しかった。あ、漬物を褒めてはいけないかもだが、他にあてがないから、酒のつまみには最高。

食べ終わってから、コーヒーでもと。先日高円寺で出会った人に教えてもらった、太東のカフェに足を伸ばす。

炎の雫。東ティモール産のコーヒーを自家焙煎している。

スライドショーには JavaScript が必要です。

5年前に開店したらしく、それまでは高円寺で営業されていたそう。静かな時を感じる、いいカフェであった。マスターは、かなりこだわりのある方っぽかった。

店内では、アコースティックライブも開催するらしい。LP盤たくさんあったから、リクエストしてゆっくりすごすのもいいかもしれない。

中華_喜楽_タンタンメン いすみ鉄道上総東駅前

標準

ずっと前から気にはなっていたが。

先日初めて行ってみる。

一応、ネットでいろいろ調べて。以前は大原駅前にお店があったようで、今はいすみ鉄道上総東駅前にある。最近閉店してしまった、吉田商店の隣だ。

ご夫婦で営業されていたようだが、何年か前にご主人が亡くなり。今は、年老いた奥さん一人。

のれんも出てないけれど、営業中の札がかかっていたので、一応やっているか確認。「やってますよ~」と優しそうなおばあさん。

dsc_0677

表から見ても、かなり年季が入っている感じであるが、それなりに小ぎれいにしてはいる。

dsc_0674

一応、ここらで有名なタンタンメンを注文。ずっと同じレシピで作っているそうだ。

dsc_0675

パパっと作ってくれた、タンタンメン。近いので、週一で通うことにした。全メニュー制覇が目標である。ちなみに、ここのタンタンメン、550円なり。麺がね、どこのを使っているのかがちょっとあれだったけど~

でも、いいのだ、今度は何食べようかなって、楽しみができたし。

久しぶりのドネ 大原DONNER

標準

ほんとは、ウナギのはずだったのだけれど、かくとに電話し忘れる。電話し忘れると、出てくるまで1時間以上かかるし。待ってる間、飲みすぎてしまうしな。

ってことで、今年初めてのドネ。やっぱ、おいしいっす。

スライドショーには JavaScript が必要です。

三連休の最終日だったせいか、お店は盛況~ゆっくり、まったり食事ができる、ドネの店内の空間、わし、好きかも。泡ものがなくて、白ワインだったけれど、十分満喫できたし。

月末は、ワインとおつまみOKドネやってるって言ってたけど~今度電話して行ってみよう。

 

太陽_焼肉_茂原

標準

ふた月に1回、茂原の病院帰りに美味で焼肉を食べていたのだが、昨年昼間の営業を止めてしまった。さて、どこにいくべと、いろいろ調べてみると、意外と茂原にはいい焼肉店が多いようで。

ずいぶん前から気になっていた、128号沿いにある、太陽に行く。

洋風レンガづくりの建物で、いつも気にはなっていた。一度、洋食屋だと思って入ろうとしたら、焼肉と書いてあったので止めた。大体、国道沿いにある店って、いいところがないと思っていたから、選択肢の中から外れていたのだけれど。

12時開店だというのに、11時半から人が待っている~え?まじかい。結構待ってるよ、こりゃ。

20分くらい前に、お店のドアが開いて、順番待ちノートに記名する。

中は、普通のレストラン風。ふーむ、こんな人気店だとは知らなんだ。

 

いやはや、ここ美味しい。なんで、今まで来なかったの?と思ってしまうほど。美味に固執していたのがいけないのだけれど、美味しいコムタンクッパもあるし、ホルモンも、ミノも、さすがですわ、新鮮で美味しかった。

また行きたいお店、追加だな。

岬かくと 鰻重~

標準

またまた、岬のかくとにて鰻を食らう。

最近、楽しみがないので外食に行ったら、飲んじゃったりしてる。猛暑だったらともかく、今年はあんま暑くないから、ちょいとくらいのお酒はいいだろう。

わー、非常に写り悪いけど。

かくとに来て、いつも思うことはお庭がきれい。このお庭に、昔はお店があったらしいけれど、今はご主人が自ら手を入れているのだとか。

しっかり食べて、しっかり飲んで、多分二人で7000円くらいだったんじゃないかと。美味しくて、ゆったり食べられて、お庭も見られて、かくと最高~

さて、次は土用の丑の日終わってから行こうっと。

大原 DONNER 3月のまき

標準

あっという間に、6月だったりして。

なんだか、バタバタしていたから、ずっとアップしていなかった。

とゆーことで、ちまちまと時を遡って、時系列でアップしていこうと思っている。

最近、月一源氏食堂に加えて、月一ドネ来訪。こちら、3月のメニューでやんす。

昨年6月より、お酒を飲むのは月に一度くらい、ってのがまじで続いている。が、ドネに行ったらやっぱり泡でしょ?って感じで気持ちよくいただいているのだ。

DSC_0015

DSC_0015

↑こちら、3月来訪時のメニュー。

なんと、ホワイトアスパラガスがあるではないかっ!迷わずチョイス。で、いすみ豚も。かなりの量なので、泡酒も進むわい。

 

しっかり飲んで、しっかりお腹いっぱいになったのであった。

ホワイトアスパラは、以前春先の欧州でいやというほど食べた、あの味を思い出すようであった。

やっぱりね、ドネは味がいい、美味しい。盛りつけのセンスもいい。

ご主人のお料理と、奥さまのパンとデザート~最高。

月一ドネは、継続しそうだ。

今年初めてのDONNER 大原ドネ

標準

寒いです、ほんと寒い。これで暖冬だったり?

房総ガラパゴスは、ここんとこ雪がちらついたり、ちょっとだけ積雪したりと寒い日が続いておりますが、お江戸よりはまし、との言葉もいただいたりする。

でもって、先日本年初めてのドネへ。先月お邪魔したのだが、午後から貸切とのことで、断念して他に行ったのだった。

ランチどきなので、同伴者に予約してもらっての来訪。やっぱり、予約しておいたほうがいいね、ここは。いすみにしては珍しく、おっされ~っぽい女性が多いのだ、この店。

まずはひと月ぶりのお酒とユーことで、グラススパークリングを明るいうちから飲む。

KIMG1457

今年で、3回目ぐらいの飲酒である。

メニューはオール2000円のチョイスできるランチセットと、アラカルトも頼めばあるようだが、今回はおとなしく2000円のランチセット+500円の前菜、+500円のケーキをチョイスする。

スライドショーには JavaScript が必要です。

前菜のワラサは新鮮で、軽いスモークがなんとも美味しく、地元の野菜と四国のフルーツトマトがよりいっそうひきたてている、ってな感じ。

なるかポークのローストも、思ったより量が多くて、脂身もばっちりあって、脂身好きの私は狂喜乱舞しかけてしまう。すでにスパークリング、3杯のみーの、追加でグラス赤ワインをいただく。

同伴者のパンケーキとチョイスしたチーズケーキをたいらげ、もう至福のときであった。

いやはや、ここは本当に美味しいのだ。味が上品だ。食材の生かし方は、やはりセンスなのであろう。

いすみや茂原には、野菜や肉、魚にこだわったされおつなイタリアンなど多々あるが、全店訪問したわけではないけれど、やや塩分過多なしょっぱい料理がお好みのシェフが多いような気がする。

月一の店が増えてきて、外食が多くなったような気もするが、江戸へ行くことを考えたら、お安いものなのかもしれない。(ごちそうになってるけど~~)

大原 喜久寿司 タコしゃぶ~地魚にぎり寿司

標準

ある日の夕方、またチョイスが休みなので、電話もしないで喜久寿司へ。

昼は大宴会があったらしく、ようやく片付け終わっていた大将。

店の外に、「タコしゃぶ」やってます、と看板があったので、タコしゃぶをボッチ分注文(一人前)

kimg1419

沖の海水でしゃぶる、タコは、新鮮なのを解体して冷凍してある。そのまま食べても美味しかったが、しゃぶったら最高。が、これ歯に自信のない人は無理だと思ったり。

大原漁港、港の朝市では、今月から多分来月にかけて、「タコしゃぶ祭り」とかやっている。がしかし、こんなに寒いのに港に行く人がいるのか?やっぱりお店で食べたほうがいいよな、とか思ったり。

伊勢海老の頭が入った鍋に、タコをしゃぶってるらしくて、それって、なんだかな~とか思ったり。

まあ、いいや、好き好きだし。。。で、ノンアルだし、すぐさまにぎりをいただく。

イサキ、スズキ、スズキの白子、フグ、ヒラメのエンガワ、鯛、サゴチ、サワラ。どれも絶品の地魚寿司。

最後にキンカンのコンポートをいただいて帰る。

やっぱり、喜久寿司大好きだ。