毎年恒例、春の台北旅行その4.永漢ゴルフにてコンペ~リージェント台北、三燔本館。

標準

毎回の旅行のメインは、桃園にある永漢ゴルフ場でのコンペだ。

今日も、きれいにお花がお出迎え。このお花を活けているのは、ぶっ飛び野郎のムキムキケビンちゃん。

KIMG0081[1]

ほんと、チリひとつなく、いつも清潔できれいなことに驚かされる。日本のゴルフ場も、見習うべきだ。KIMG0083[1]

英国は、セントアンドリュースを模しているとのことで、木はほとんどなく、ウォーターハザードがあったり、とても難しいコース。ラフも、いろんなタイプの草が生えていて、めっちゃくそ脱出するのが大変だったりする。

KIMG0082[1]

とにかく、いつもながらに残念なゴルフをしてしまい-の、ブービー狙いだったのに。まさかの、私よりすごい方がいらっしゃり。意味のない、下から3着止まり。

もうですね、台湾チームはゴルフお上手すぎ。っていうか、そうだよな永漢ゴルフ関係者が半数だし。そりゃ、当たり前ですかね。

難しいけれど、広々していて本当に素敵なコース。次回はもっと頑張りたいと思われる。

今回はスルーでまわったので、ランチは茶店でちょこっと。ところがどっこい、ここのチマキがめっちゃおいしくて、感激ものだった。その他、煮卵とか、台湾のおでんとか、(魚のすり身とか、揚げて似てある感じ)サンドイッチもある。

心残りは、こちらのレストランで来るたびに注文して、悶絶もののイカのクロスミソーセージが食べられなかったことだ。でも、実は持って帰って来たのだった・・・(海鮮ものは、持ち込み大丈夫ですし)

最後の夜のディナーは、リージェント台北の地下にある三燔本館。日本食のお店。

毎回、最終日のディナーはここ。内装がとてもモダンで、ネオジャパ系でいい感じ。こちらも、台湾チームメンバーの方がデザインを担当されたとか。皆さん、すごいよな~。富と才能があり、そしてゴルフが上手。

こちらのしゃぶしゃぶは、日本式というよりも、台湾式かも。

このトウモロコシ、めちゃ甘くておいしかった。

KIMG0084[1]

ハマグリとか、魚介類を先に入れたりする。

しっかり、生きてるなんちゃらクラブ。

KIMG0085[1]

沸騰したお出汁の中で、真っ赤に。

KIMG0086[1]

この後、つみれとか、お肉とか。しゃぶしゃぶと、寄せ鍋合体型かもしれないけど、これがまた美味しい。

最後に、魚介、肉類のお出汁が満載のスープに、お米を入れておじやにして食べる。ね、なんかいろいろなもんが混ざってるしゃぶしゃぶです。まさに、台湾式なのだ。

デザートは、台湾スイーツ的かき氷。

KIMG0087[1]

ここのデザート、意外と食べられたりする。

豆乳プリン。

KIMG0088[1]

 

今回も台湾の友人たちに大変お世話になり、楽しく旅することができた。

翌日、ホテルからほんと近い松山空港より帰国。

ANAの機内食。

KIMG0089[1]

ほんと、まずいのだった。これだったら、朝ごはんたくさん食べておくんだった。リージェント台北の朝ブッフェ、いろいろなものがあって、結構おいしい。近くに住んでいる人も食べに来たりと、人気があるそう。

とゆーことで、来年の春また行けるとのこと。待ち遠しいな~

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中