今年もまたまた、夏の終わりに信州へ その1 松本 新三よし(馬料理)~セイジオザワ松本フェスティバル~安曇野(中房温泉)

標準

今年もまたまた、夏の終わりに信州へ行く。

もう、去年で終わりかなと思っていたけれど、今年は2年ぶりにセイジオザワ松本フェスティバル(旧サイトウキネン)のチケットがゲットできたから、行かないわけにはいくまい。

そんな感じで、当日は安曇野にあるお友達の別荘に泊めてもらうことに。

 

オーケストラコンサートは、松本城のチョイ先にあるキッセイ文化ホールで行われるが、まずは腹ごしらえ。

せっかく松本に来たのだから、馬を食べなきゃといつもの「三河屋」へ。と、思ったけれど、残念なことにこの名店は閉店されていた。

なので、ちょいといろいろ調べて、駅から近い「新三よし」を予約する。

ネットで調べると、予約でいっぱいってことになっているが、頑張って直接お店に電話をすれば予約が取れる。

 

創業は明治32年とゆー、地場の由緒正しき料亭だったよう。

店の中へ入ると、何だか不思議な空間。

入ると吹き抜けになってる。

入ると吹き抜けになってる。

 

お店は新しいけれど、歴史を物語る数々。

 

入って左手の階段。

入って左手の階段。

 

三味線が並んでいるし。1階も、テーブル席は仕切りがあってプライベート感があるけれど、2階の個室へ。

 

たいそうな馬具もあり。

たいそうな馬具もあり。

 

説明書き見なかったけれど、もしやすごいものだったり?

 

明治創業から、馬料理のお店だったということはよくわかる。

明治創業から、馬料理のお店だったということはよくわかる。

 

そして、お料理の画像が一切なのが美味しかった証拠!

時間もないし、いろいろな料理があったので食べるのにせいいっぱい!

馬刺しは新鮮で、いろいろな部位が食べられるし、メニューも豊富。馬刺しユッケは、めちゃうまだったな。

牛はだめだけど、馬はおっけなのね~って感じ。

馬は、高たんぱく、低カロリーだから、ヘルシーなのだ。

暑いし、暑気払いもかねての馬肉料理なのだ!(馬好きな方、失礼)

 

コンサート入りの時間も近づき、タクシーを呼んでもコンサートで予約でいっぱい。

駅前のタクシー乗り場に並んで、ぎりぎりでキッセイ文化ホールにとうちゃこ。

 

ファビオ・ルィージ氏のオネゲル交響曲第3番が始まる。

ファビオさん、何度か見てるけど、結構好き。オネゲルって、めちゃ難しい曲だけれど、私の頭に心地よく入り、寝る暇もなかった。

現代音楽のリズム取りって、難しいから聞いていて勉強になる。

 

そして、小澤さんのベートーベン交響曲第7番を聞いて、感無量。(前半、のだめ~)

鬼気迫るとゆーのは、あーゆーことゆーんだろなと思い。オケも、なんかすごかったよ、まったく本当に。

たぶん、歴史に残るベト7オザワを聞けたと思う。その場にいられたことに感謝。

 

その後、ウェルカムパーティーがブエナビスタホテルであり、招待状をいただいたので参加する。

そしたら、あれまぷれじーるのママちゃんがいた!

そうだった、ぷれじーるの長男君は、オザワさんとカーネギーホールに出てるし、次男ちゃんはグラミー賞取った子どもと魔法に出てたんだった。

とゆーことで、次男ちゃんが招待されたとのこと。

いつもお忙しいので、なかなか会えないのに、こんなところでお会いできるなんてご縁がありますな。(実際、ぷれじーる滞在中は一回も会えなかったのだった)

 

お腹もいっぱいだし、ちょいと知り合いとお話しをしてから穂高方面へ帰る。

わ~~温泉付きの別荘、いいな。中房温泉のかけ流しだ!

この温泉、非常に肌にやさしく、そして温まるいい温泉。旅の疲れは、十分これで癒された。

もう、温泉付きの家に住みたい!!

温泉にまったり入り、お酒を飲みながら、みんなでオリンピックのバドミントン見たりして、結構夜遅くまで起きていた。

 

とーってもいい一日でした!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中