6月の京都2016 その3 祇園らく山

標準

京都に行ったら、らく山にはどんなことがあっても必ず行く。

こちらも父が生前お世話になった店だ。

大将はぶっきらぼうだけど、すごく面白い色白の鮎釣り名人。顔は白いけど、手ははんぱなく日焼けしている。

もう、鮎は解禁だ。

いつもの、前菜三種。

 

煮アワビだの、エビだの、ハモだの!

煮アワビだの、エビだの、ハモだの!

 

今年は近海ハモがよくとれるらしく、国産ハモをいただきやした。

今回はハモ狙いだったので、ぜーんぶハモでもかかってきいや!だわ。

 

ハモ吸い。でかい!

ハモ吸い。でかい!

 

ハモ寿し。もっと食えるぜ!

 

ハモ寿司。

ハモ寿司。

 

おつくりにも、ハモが。ハモ三昧~~

 

おつくりにも、ハモが~

おつくりにも、ハモが~

 

ここのナスのお浸しは、絶品なのだ。ナスと、大好きな生麩、下にはカシワ。

 

ナスやら、生麩やら、とにかく幸せ。

ナスやら、生麩やら、とにかく幸せ。

 

出ました、このアユ、さっきまでぴんぴん生きていた。朝、大将が釣ってきたんだそう。

清流を泳いでいるように、焼いちゃってるところがにくいっす。

 

活鮎の塩焼き。

活鮎の塩焼き。

 

ハモもめちゃ食べたし、新鮮な鮎も食べたし、最後のハモご飯はちょっとつまんでお持ち帰りする。

まじな話、私はこの店で大将の釣った鮎を食べるまで、鮎が嫌いだった。

もともと淡水魚が嫌いで、多分、昔臭い骨酒を飲んでしまったからだと思うが。

 

一応、ミシュラン1つ星~

一応、ミシュラン1つ星~

 

2年ぶりに、大将のお料理を堪能させていただきやした!

京都には京料理の名店が数あるけれど、やっぱりらく山は外せない。

父から紹介されて、はや12年くらい通わせていただいているが、行くたびに絶対寄るからね~

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中