6月上旬の京都2016 その1 丸太町楽食

標準

今月初め、京都に行ってきた。

今回の京都は、久々。

何を見るでもなく、目的は祇園でのお座敷遊び。

要するに、飲んで食べて京都満喫~って感じだ。

一日目の夜は、丸太町にある楽食へ。「がくしょく」と読む。

父が生前お世話になっていたので、京都に行ったときは必ず寄っているとても家庭的な創作料理のお店だ。

そんなに広くないけれど、何もかもが美味しくてリーズナブル。

 

おつくり~

おつくり~ ハモと北寄貝のおつくり。

ちょっとずつだけど、いろいろ食べたいし。そして、欠食児童が一匹いたので、何頼んでも残すことはなく・・・

 

 

カツオのフライ、タルタル~

カツオのフライ、タルタル~

 

このフライの美味しいこと、カツオをフライにするという発想が。中はレア。タルタルソースでいただく。

 

赤みのステーキ。

赤みのステーキ。

 

何とか肉のステーキ、赤みの牛は大好物だ。

 

子鮎の天ぷら、めちゃうまかき揚げ。

子鮎の天ぷら、めちゃうまかき揚げ。

 

何とも美味しすぎてたまらない。

 

焼きそば

焼きそば

 

まさに多国籍料理だ。この焼きそば、麺が太くてがっつり食べられる。湿度の高い京都には、もってこいの代物。

 

ささみの明太子フリット。

ささみの明太子フリット。

 

わし、こーゆーの大好き。これこそ、元祖フリットだ。昔、スペインやおフランスで食べたものと同じ感じ。

 

欠食児童用、鯛茶漬け大盛り。

欠食児童用、鯛茶漬け大盛り。

 

高校1年生の欠食児童、出すもの、出すもの、こっちがちょいとつまんだあとは、全部平らげてくれたので、見ていた気持ち良かった。

鯛茶の大盛りでさすがに撃沈、と思ったら若者は甘ものは別腹のよう。

 

デザート。何とか芋の揚げたものを、アイスクリームに添えて。

デザート。何とか芋の揚げたものを、アイスクリームに添えて。

 

熱くて、甘いスイーツ。

丸太町楽食は、とても気さくな、ご夫婦でやられている。

ご主人は揚げ物系がお得意なようなので、ぜひここの揚げ物系を食べてもらいたい。

久々に何も気にせず、油ものをたくさん食べてしまった夜だった。

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中