毎年のことですが。。。ラッキョウピクルス漬けと、ドクダミチンキ作り。

標準

毎年のことだが、この季節がやってきた。

ラッキョウ漬けと、去年からやってるドクダミチンキ作り。

今年はラッキョウが出回るのが遅かった。ついこの前まで、エシャロット(本当は種が違うけど、若いラッキョウ)が出ていたし。

買いそびれると困るので、去年同様、朝どりが出たら電話してもらうことにした。

アンチョビ漬けもそうだけど、朝どりにこだわっている。じゃないと美味しくならないような気もするし。

とにかく、ラッキョウの下ごしらえは大変なので、大きめを直売所で予約。

朝ぼーっとしていると、電話がかかってきた。

 

ゲット。

ゲット。

 

昨年は4キロ漬けたけど、ちょっときついので今年は3キロ。

もう、来年からは助っ人呼ばないと駄目だなと年を感じてしまう。

 

天日干し

天日干し

一回天日干しすると、うまみが増すような気がして。

下処理をする前に、ガーッと洗って、日が出ているうちに干してみた。

ま、結局やることは同じなので、やっぱり下処理→洗い→天日干し→漬け込むほうがいいみたい。

 

ピクルス液

ピクルス液

酢も塩もキビ砂糖も用意してあったので、庭のハーブをどっさり入れてピクルス液を作る。

去年より1キロ少なめだけど、数か所におすそ分けするには十分ある。

1週間したら、浅漬けが食べられる。ホタル客がちょうどその頃来るから、酒のつまみに出せるな。

 

で、ドクダミチンキ作りは、今年もこれで。

 

ドクダミの花と葉をウィスキーに漬ける。

ドクダミの花と葉をウィスキーに漬ける。

 

裏のおうちから、伸びてきちゃったドクダミ。今年は数本しかないけど、漬けるには十分な花と葉があった。

ウィスキーに漬けて、2週間くらいしたら、葉と花を出して水に薄めて虫除け、虫刺され用に使う。

去年も同じ量だったけど、まだ残っているからこんなんでいいかなと。

田舎暮らしはのんびりしていて良さげに思われるが、実はこの季節やること満載。

抜いても抜いても生えてくる雑草取り、芝の手入れ、いろいろあるでよ。

5時間もかけて、ラッキョウピクルスも漬けられたし。あとは食べるだけだわさ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中