旬祭り 筍、野ブキ。

標準

今年もお隣さんから、筍をいただく。プラス野ブキも。

 

 

今年もいただきました。

今年もいただきました。

 

 

 

ごま油で炒めて、ゴマ、味噌、みりんで炒り煮。

ごま油で炒めて、ゴマ、味噌、みりんで炒り煮。

ちょっと苦みがあって、酒のつまみに最高~

 

茎は、塩もみして筋を取り、さっと茹で上げてから油揚げと一緒に煮る。

 

塩もみすると、筋が簡単に取れるよ。

塩もみすると、筋が簡単に取れるよ。

 

鰹節で出汁を取って、翌日の筍煮の分も作っておいた。

筍は玄米と一緒に皮のまま茹でる。

茹で上がったら、一晩放置して灰汁を取る。

皮を剥いて、固い部分は筍ご飯用、皮の食べられるところはパスタ用、残りは臨機応変に使えるように分ける。

早速筍ご飯を炊く。

 

 

黒米入りの玄米筍ご飯。

黒米入りの玄米筍ご飯。

 

たくさん炊いたので、小分けにして冷凍保存。当分、筍ご飯を楽しめる。

筍と言ったら、やっぱり煮物だね。

最近は、圧力鍋であっという間に柔らかくおいしく煮えるから便利だわ。

 

わかめのように見えるのは、昆布。

わかめのように見えるのは、昆布。

 

今年も旬を楽しめた。

まだ、パスタ用の皮も、柔らかい先の部分も残っている。

タッパーの水を毎日変えれば、1週間くらいは保存できるし。

豚肉とピーマンの炒め物とか、筍のペペロンチーノとか、まだまだ楽しめそうだ。

おいおい、アップする予定。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中