アンチョビ作り2016~ 塩漬け

標準

今年こそは、助っ人を呼んでやろうと思っていたが。

セグロイワシは予定通りに揚がってくれない。

こっちも1日暇だぜ!ってときじゃないと、さばけないし。

とゆーことで、仕事もひと段落したので、銀行へ行ったついでに128にある土屋魚店へ。

いつもは、揚がったら電話してもらうのだけど、思い立ったら吉日って感じだし。

 

すると、先週よりは粒もそろっているちょいと大き目のセグロちゃんがあるではないか。

ちょうどさっき水揚げされたばかりとのこと。

バケツ持ってるおばちゃんとか、セグロ狙いが3,4人いた。

先週はキロ140円だったのに、すでに倍の値段になっていて280円。

今年は、セグロの量が少ないとか。たしか、去年もそんなこと言ってたな。

で、3キロ購入!

 

メガキラキラ、お肌もピカピカ

メガキラキラ、お肌もピカピカ

 

旦那が歯科医の友達から、去年薄手のゴム手袋を大量にもらっていたので、残りを使用。

四国のおみやげの、やはりイワシを三枚におろすように竹ヘラを使用。

12時半より開始。

 

三枚におろしたセグロは、水気を切って、クッキングペーパーでさらに水気を取る。

三枚におろしたセグロは、水気を切って、クッキングペーパーでさらに水気を取る。

 

さばいても、さばいても、減らないぜ。

今年のセグロは、身が柔いとゆーか海が荒れていたせいか、傷ついているのが多くて。

さばくのが少し大変だったかも。

と、頑張ること5時間。CSテレビでやってる、SATCを3回も見てしまったぜ。

3キロで300分ってこたー、1キロ100分かかってるってことだな。

ゴム手袋と竹ヘラがなかったら、たぶんプラス2~3時間かかっていたと思われる。

 

終わっても、お次の作業。肝心の塩漬けだ。タッパーに、塩、イワシ、塩、イワシ、と重ねていく。

 

いやー、これだけよくやったよ。

いやー、これだけよくやったよ。

 

そして、最後にドライローズマリーと多めの塩で蓋をして。

約1カ月、床下収納にて熟成させますわよ。

 

ドライローズマリーも。

ドライローズマリーも。

 

半月くらいしたら、様子見て魚醤を抽出したりするのだ。

しっかし、なんか3キロっていつもより多いような?

毎年何キロだったっけなと。自分のブログを読み返そうとしていたりして。

そしてさっそく、読み返してみると・・・・やはり、去年も3キロだった。

かかった時間は、今回の半分で2時間半。

画像をよくよく見ると、やっぱりセグロの大きさが違うじゃん!

去年のほうがでかい!!もうちょっと待ってればよかったかなとも思うけど。

機を逸すると、ダメなんだよねこれが。まあ、しゃない。今年のアンチョビは、小粒でまたそれもよしとしなければ。。。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中