保護猫のその後~うーちゃん。

動画

はだか祭りのころ、家の近くでうづくまっていたのを保護したチビ猫ちゃん。

生まれて2カ月くらいなのに、体重が半分、ノミ、シラミ、ダニ、お腹の虫、骨折、外傷、ほんとによく生きてたね!

保護してすぐ入院させて、1週間後に退院。

 

うーちゃん、面会のとき。

うーちゃん、面会のとき。

 

退院時は、体重も700グラムと平均体重に達する。1回目のワクチンも打ってもらう。

 

でかい白黒猫がいるので、ビビリ気味。

でかい白黒猫がいるので、ビビリ気味。

 

我が家には、すでに大き白黒兄さん姐さんがいるので、ちょっとビビリ気味である。

兄さんはシャーシャー、姐さんはお隠れになってしまって、この先どうなるかと不安だった。

が、意外に最初に仲良しになったのは、白い兄さん。保父さん並に、お世話してくれている。

 

結構お世話好きだったんだ~

結構お世話好きだったんだ~

 

黒い姐さんのお隠れ状態はひと月近く続き、最近やっと出てくるようになり、うーちゃんのお世話を保母さんのようにしてくれるようになった。

 

これが理想だったけど、うーちゃんはそろそろ息子の家に・・・

これが理想だったけど、うーちゃんはそろそろ息子の家に・・・

 

白いお兄さんも、黒い姐さんも、うーちゃんが来てたくさん追いかけっこして、小っちゃい子に優しくできるようになって、親としてはなんかすごくうれしいのだが。

そろそろリアル息子の家にもらわれていくうーちゃんなのだった。

 

ほんと、かわいいうーちゃん!

 

2回目のワクチンも終わった。

2回目のワクチンも終わった。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中