今年もはだか祭で盛り上がり~(大原はだか祭)

標準

今年も9月23、24日とはだか祭があった。シルバーウィークという、連休のせいもあり、我が家にも祭客が集まる。

22日は村廻りがあるので、Rちゃん親子は喜久寿司さんの村廻りに参加。

残りの連中は庭で炭火焼パーリー。

イセエビは大原産、ホタテは気仙沼産。

イセエビは大原産、ホタテは気仙沼産。

 

祭りの前の台風の余波で、早くから伊勢海老の網を上げてしまっていたので、前々日の港の朝市で購入した。

ホタテは、気仙沼から送ってもらったもの。

 

やっぱ、大原の伊勢海老はうんめえ。

やっぱ、大原の伊勢海老はうんめえ。

 

 

23日は汐ふみがあるので、大原海岸へ。結構人いるじゃん。

 

だんだん人が増えてきた。

だんだん人が増えてきた。

 

つーか、17~18基の神輿の担ぎ手がいるわけだから、一気に人口が増えるのも当たり前だわな。

 

だんだん盛り上がってきましたよ。

だんだん盛り上がってきましたよ。

 

もう、一気にドーッと走って海の中に入るし、人ごみでその先は見えんし、カメラを持ち上げてとにかく撮ったって感じだ。

 

意外と見えなくても撮れるもんだな。

意外と見えなくても撮れるもんだな。

 

で、毎年恒例で大原商店街の元ラッキーさんで酒を飲みながら祭唄を聞く。

 

子どもたちの声は活気があるね。

子どもたちの声は活気があるね。

 

で、大原小学校での大別れ式。とにかく、やっぱ人がすごかったな。でも頑張って激写。

 

すごい勢いで走ってますからな、見えないし。

すごい勢いで走ってますからな、見えないし。

 

すごい勢いで、相変わらず皆さん走っておりますが。でも、どうにかこんな感じで。

 

海に入って、走って。大原っこはみんなタフです。

海に入って、走って。大原っこはみんなタフです。

 

今年も祭を満喫した。

そして、祭客を駅に迎えに行った帰り、家の近くの道端でこんなかわいい子を保護した。

 

保護猫_うーちゃん

 

ノミ、シラミ、お腹の虫、外傷、骨折ありで1週間入院した。

退院の朝、サナダ虫の卵がウンチから出てきたとのこと。これは、ヘビとか、カエルとか食べないと出てこないんだよと先生いわく。

よほど過酷な環境の中で、まだチビなのに頑張ったんだよ、この子。

捨てる神あれば、拾う神ありというが、猫に対しても、人間に対しても捨てる外道あれば、拾う神ありといいたい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中