ラッキョウ ピクルス2015~~ やっぱ一日がかりだわな・・・

標準

今年も農家の朝どりラッキョウをゲット、ピクルス漬けにする。

国産のラッキョウだから、いくら田舎といえども手に入りにくい。

以前は大原の直売所、なのはなで予約できたのだけれど、昨年からそれもままならず。

あちこちまわって、良心的な直売所に入荷したら電話してくださるよう、お願いする。

アンチョビと同じく、大変手間のかかるこの作業。今朝は朝から雨だというのに、いきなり入荷宣言電話あり。

うわ~~、雨だったら日干しできないじゃん、と思いつつ次回はいつ?と聞くと。10日過ぎと・・・

うーむ、ホタル客に浅漬けを所望したいのにそれでは遅し。

とゆーことで、豪雨の中直売所に買い出しに行く。

 

で、4キロ。やりまっせ!

いつも一緒に写ってる白いお兄さん、あんたの手も借りたいくらいじゃ。

 

君の手を借りたいよ!

君の手を借りたいよ!

 

 

ご覧のとおり、ちょいと土が付いてる自然な国産ラッキョウ、農家さんの愛情がこもっておる。しかし、この下ごしらえがまたすげー手間がかかるのだった。

最初の1キロ(1袋)は1時間くらいかかったけど、2袋目からやり方を変えて40分になり、最後の4キロ目は25分で終了。

年に一回のことだし、来年の春くらいまで食べられる保存食だし。ってことで、どうにかがんばる。

 

土を洗い流す→ヘタを取る→、薄皮を剥く。

土を洗い流す→ヘタを取る→、薄皮を剥く。

 

お次は容器の煮沸だったり、ピクルス液をつくったりして、その間ラッキョウを乾かす。

 

ピクルス液には、庭のハーブをふんだんに。

ピクルス液には、庭のハーブをふんだんに。

 

とはいいつつも、もう夜になっちまったし、やっぱり一粒、一粒、水気を拭かなきゃだ。なんだ、わし、ラッキョウに愛情がこもりすぎ。

で、煮沸後冷めた容器に水気をいちいち拭いたラッキョウを投入。

ピクルス液はハーブを入れて、一度沸騰させたので冷めるまでまた待ち時間~

 

煮沸消毒した、容器に入れて、ピクルス液が冷めるのを待つ。

煮沸消毒した、容器に入れて、ピクルス液が冷めるのを待つ。

 

やっと漬け込んだけれど、ピクルス液、微妙に足らず・・・

 

なんだよ、うちの分のピクルス液足らないじゃん!

なんだよ、うちの分のピクルス液足らないじゃん!

 

とかなんとかいいながら、出来上がって床下収納に保存。

1カ月くらい経ったら、容器を変えて冷蔵庫に保存する。

とゆー予定だけれど、実は浅漬けがまた美味しい。これは、ホタル見物でうちに来る人しか食べられないのでした。じゃんじゃん。

 

これで来年の春まで食べられる!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中