筍まつり2015 どこまで食べられる、筍の皮?筍の皮のペペロンチーニ

標準

今年もお隣さんからいただいた筍、さっそく茹でて、そのまんまひと晩あく抜きをする。

茹でてひと晩あく抜きをした

茹でてひと晩あく抜きをした

そして、いつも疑問思うのだけれど、筍の皮はどこまで食べられるか?とゆーこと。

とはいっても、食べられるところは全部食べている私。柔らかい食べられそうな皮は、ゆで汁と一緒にタッパーに入れて冷蔵庫に保存している。

今回は量的にそんなにないので、たぶんすぐ食べちゃうと思うけど。

これ、十分食べられるから、捨てないで!

これ、十分食べられるから、捨てないで!

本日のランチは、そんな筍の柔らかい皮を使ったペペロンチーノ。柔らかい皮を縦切りにし、オリーブオイルたっぷりと、ニンニク、アカトウガラシで炒める。

チンジャオロースじゃないよ=ペペロンチーノだよ。

チンジャオロースじゃないよ=ペペロンチーノだよ。

パスタをあえて、火を止めてからイタリアンパセリも混ぜて出来上がり。ほんに季節ものは美味しいのだ、超満足。

ニンジンスープと一緒に。筍の皮のペペロンチーノ。

ニンジンスープと一緒に。筍の皮のペペロンチーノ。

さてと、今年の筍まつり、今晩は筍煮だわ!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中