大原 喜久寿司 2014 旬の伊勢海老を食らう

標準

急に決まった大原喜久寿司でのグルメ日帰りツアー。

私はじもぴーなのでいいけれど、東京から熟女がわざわざ来てくれた。

みんな忙しいので、お泊りは無理。なので、お昼から夕方までいすみ市を満喫した。

 

喜久寿司では、旬の伊勢海老をちょこちょこと食べたいとのこと。

実は私、今月2回目の伊勢海老、エビ、カニ、大好きなのでいくら食べても嬉しい限りですし。

 

で、まずはお通し。左から、朝とれたとゆー、銚子産サンマ肝醤油、大原産タコとキュウリ、クラゲの和え物、サンマの煮つけ。

 

大原 喜久寿司_1

 

で、注文しておいた伊勢海老のお造り。いまが旬だけど、予約いれるときに別注文しないとだめ。

霜降りにしてるんだ?って聞くと、氷とかなんとかじゃなくて、水にさっとさらすだけでいいんだって。

焼きは大丈夫だけど、こんな大きな伊勢海老をさばくことは、私はできませーん。でかい。

 

大原 喜久寿司_2

 

で、これも予約のときにお願いしていた伊勢海老半身の焼き。

ちょっとだけ、タレをつけて焼いているようだがめちゃ美味。港の朝市で自分で焼いたり、自分の家で七輪で焼くのとはまた違う。

ひと仕事してる、って感じがまたいいんだよね、これが。

 

大原 喜久寿司_3

 

店に入ったときから「今日は運がいいっぺよ」、って何度も大将がいっていたけれど。もしあったらお願い~、って注文していた脱皮伊勢海老の天ぷら!ほんと、おばさんたち運がいいわ!

刺身、焼きは身だけしか食べられないけれど、これは殻ごといけちゃうもんな。

 

大原 喜久寿司_4

 

まじに貴重な脱皮伊勢海老、半身を2人で分けて食べた。これ食べるの3回目、そして2年ぶりかな。ほんと、今日はラッキー。

そのほかにも、ハマグリ焼き、サワラの刺身、握り、炙り、伊勢海老のエキスがたっぷりな「日本一うまい伊勢海老の味噌汁」を堪能。

もちろん、お酒も堪能。もう涼しくなってきたから、冷酒はない。うちらはどちらかというと、常温が好きなので大歓迎さ。岩の井酒造の「星の夢」、をいただく。

 

帰りは大原駅近くの木戸泉酒造によって、さんざん試飲をした。アフスの梅酒、やっぱりいいよな、冬場はお湯割りでいいかもしれない。

わちきはいつでも買いに来られるし、そしてあんまり買っちゃうとぜーんぶ飲んじまうという大酒飲みなので自然舞のスパークリングを1本購入しただけですが・・・

みなさん数本購入して、重いのに東京までお持ち帰り。

 

自然舞スパークリング、360ml950円だったかな。手頃な量だし、ラッキーで買った人がおいしいって教えてくれてたので。もちろん、試飲したらあっさりしていたし。一人で飲むには、ちょうどいいよね。って、一人で全部のむんかい?

 

木戸泉酒造_自然舞スパークリング

 

 

で、かわいいお嫁さんかいっていたのだけど、当日の晩サスペンスで木戸泉酒造が出るし、自分もエキストラで出ているとのこと。

夜まったりと番茶を飲みながら見ていると、木戸泉酒造の社長は殺されるし、なんか悪い一族だから復讐されたんだという結末のストーリー!いすみ鉄道の鉄道員、女性操縦士試験生みたいなリアルなサスペンスドラマであったが、かなりのコマーシャルにはなるよね。

実際の木戸泉さんはそんなじゃないから、大原へ来たらぜひ寄ってみるといいかも。入口にある大きな杉玉は、世界で2番目に大きいんだそう。ギネスにと申請をしたら、秋田あたりにもっと大きいのがあったとのこと。でも、世界で2番目がいすみ市にあるというのも、なかなかすごいことだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中