今年も夏の終わりに信州へ その1 松本へ『ファルスタッフ』観劇。

標準

房総ペニンシュラにいて不便なことは、遠出するときハブ駅東京に行かなければいけないということ。ま、しかたがないことなんだけどさ。

だから、やっぱり東京駅グランスタで弁当を買い、横にあるはせがわ酒店でいっぱいやっちゃうんだよな。

東京駅 はせがわ酒店

今年の信州旅行のスタートは、松本にてサイトウキネンフェスティバルのオペラ『ファルスタッフ』観劇。

東京駅から中央線に乗り、新宿駅へ。あずさに乗って松本へ。

ホテルにチェックインして、観劇前はいつもなら馬肉を食べに行くのだけれど、翌日から大食いは否めなく、いまはひっそりと小腹を満たそうとホテル内の中華で軽くと思いきや・・・

松本ブエナビスタの中華麺

なんでも、麺にジャガイモが練り込んであり、あっさり食べられるとかなので、二種類頼んじゃったらあらすごし。

こちらは塩味で、豚肉と玉ねぎ。

松本ブエナビスタホテル中華麺 塩味

でもって、ぷりぷりのエビ、イカなど海鮮系チリ味。

松本ブエナビスタホテル中華 チリ味

予想外のお腹いっぱい状態でまつもと市民芸術館へ向かう。

今年のオペラは小澤さん指揮でなく、メトロポリタン歌劇場の主任指揮者、ファビオ・ルイージさん。だけど、チケットがかなり売れ残ったらしく、空席が目立っていたかも。いつもは満杯だもんね。が、とってもよかったし楽しかった。

観劇後、ホテルのバーで飲んでいたら、出演者たちが集まって盛り上がっていて、英語とイタリア語が飛び交っていた。

松本 ブエナビスタホテルのバーにて

彼らは、リハのときから毎日のように、夜になるとバーに集まって盛り上がっていたとのこと。やっぱり、チームワークって大切なのかも。

オペラ歌手は酒もたばこもやらないと勝手に思っていたけれど、てんで違ったな。それにかなりおふざけ系だし、舞台も楽しかったけれど、アフターも楽しませてくれた。

翌日はゆっくり起きて、奈良井宿~木曽福島~開田高原へ向かった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中