紫尾の露 颯 軸屋酒造 夏季限定なんだって

標準

先日、息子からイモ焼酎が届いた。

お嫁ちゃんのお父さまからのプレゼント。なんでも、お父様のご友人が鹿児島出身のかたらしく。

とにかくおいしいので、どうぞとのことだった。

 

紫尾の露 颯_1

 

実は私、本格派のイモ焼酎が苦手。若かりし頃、安いからと薩摩白波で撃沈したこと、数知れず。

翌朝、体中から、毛穴からイモ焼酎のにおいがしてたまらなかったという過去があり、なかなか手を出していなかった。

が、この紫尾の露 颯(しびのつゆ そう)は飲みやすいったらない。そして最近びっくりの一升瓶、薩摩白波以来だ~焼酎の一升瓶見るのって・・・

ロックで気軽に飲めるとのことで、度数は20度と軽め。

それでもやっぱり、イモ臭マンマンなのでライムを絞って、炭酸で割らないと私はだめだ。

特製ソーダ割りで飲むと、すっごく美味なり。一升瓶ってわけが、なんとなくわかる。

たぶん、すぐ飲んじまうってことだな、足りなくなるってことだな。

しかし、夏のイベントがあるので、それまでにはとっておかなくっちゃ。

とゆーことで、昨晩のうち飲み。

 

紫尾の露 颯_2

 

夏らしい青色のボトルだから、青の琉球グラスで。庭のピーマン、シシトウ、大原産やりイカの干物のグリル、ラッキョウピクルスとねぎかけ冷奴、キャベツの千切り玉ねぎドレッシング。

そろそろ梅雨も明けるだろうな~

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中