2014_5 月の京都 祇園ステーキ割烹小石

標準

前日は大酒飲み、朝から二日酔い、どうにかブランチを済ませ葵祭~太秦観光をして早めにホテルへ戻る。

当日の夜はステーキこいしにて、肉三昧。英気を養わねばと、ちょいと休憩。やっぱり、毎日飲んでるから休憩入れないと旅もつらい。(って、飲みすぎなんだよ)

祇園花見小路に面しているステーキ小石。同い年のマスターの話が結構面白いので、おしゃべりしながら飲んで食べて。

祇園ステーキ小石_1

泡の下地はホテルのバーでしてきたので、最初から赤ワインなり。パヴィオン・ド・レオヴィル・ポワフェレ2009年。肉だからね、こんくらいがいいでしょう。

出てきたのは、絶品のムース。こんなん美味しいんだったら、ちょっと自分でも作っちゃおうかなと思ったりして。でも生クリームは家で使いたくないから、やっぱ豆乳かな?いやはや、ずげー美味しい。

祇園ステーキ小石_2

なんか幸せだぞ!って感じで続々登場する料理をたいらげ&飲みーの。

オードブルの盛り合わせ。

祇園ステーキ小石_7

内容はですな、ひと月以上も前のことなのではっきりとしないけれど、時計回りでいうとだな。スモークサーモンの中にカニ入りサラダみたいなん入ってる、カツオのカルパッチョ、ホワイトアスパラガス、って感じかな。とにかく全部美味しいのさ。以前こちらで、たいらげコースをいただいて、脳軟化になりそうなくらいお腹いっぱいになり。しかし、いろいろ食べたいしとゆーことでこのコースに。

 

牛刺し。ふふふだわ。

祇園ステーキ小石_3

そして、こちらで毎回感激の冷製スープ。トウモロコシだったな。

祇園ステーキ小石_4

で、いつものように私はフィレ肉、同伴者はサーロイン。でもちょいとだけ、シェアして食べる。150g食べられるかな、とかって思ったりしたけど。しっかり食うぜ!肉食女。

フィレステーキには、バターたっぷりのソースがかかるのだが、あれかけちゃうとほとんど食べられなくなるので、別にしてもらう。

祇園ステーキ小石_5

サーロインもめちゃうま、サーロインのソースのほうがあっさり系なのね。

祇園ステーキ小石_6

たくさん食べたけど、なんか元気が出てきたぜい、って感じでよかったわん。

前日もあんなに飲んだけれど、京都最後の夜はやっぱりてる子さんのところへ寄って終わりね。

祇園まち

とゆーことで、お団子提灯の通りへ消えていくのであった。

やっぱ祇園まち好きだわ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中