台湾の旅 台湾高速鉄道に乗って新竹~日月譚へ 日月紅茶工場(アッサムティー工場)

標準

連荘コンペも終わり、台北四日目は朝から台北駅へ。初新幹線に乗り、新竹へ。そこからチャーターバスにて日月譚へ行く。

 

台北駅のセブンイレブンにはおでんがいっぱーい。台湾の人たちは、朝ご飯を家で食べることがないようで、通勤や通学客がたくさん集まって大繁盛。

 

台北駅_セブンイレブンのおでん_1

 

おでんといっても、台湾式なのですごく興味しんしん。ホテルの朝ごはん食べないで、本当はこーゆーのが食べたい。

 

台北駅_セブンイレブンのおでん_2

 

改札を入ると、新幹線のホームは地下にあって、時間によってホームに降りられるようになっている。この台湾高速鉄道のシステムは、日本の新幹線のシステムを導入しているとのこと。なので、安心だね~と。

車両も日本の新幹線と同じ感じ。

一等車両では、おしぼり、飲み物(お茶、ジュース、コーヒー、紅茶からチョイス)、お菓子のサービスあり。

 

台湾高速鉄道 客席

 

 

新竹駅に着くと、バスがお迎えにきていた。バスに乗って日月潭へ向かうのだが、まずは腹ごしらえということで、なんだか現地では有名だというレストランへ。趣はあるけど、ちょいと汚いっぽい。そしてあんまりうまかねえ。ああ~台北駅のおでんが食いたかった。。。

 

 

日月譚 ランチ食べたとこ

 

日月譚はアッサムティーで有名なんだと。インドから苗を持ってきたけれど、これがいがいとこの地にマッチして良質のお茶が作れるようになったんだとか。

 

台湾 日月紅茶工場_1

 

工場内を見学。農薬を使ってないので、葉っぱをよく見ると芋虫さん発見したり。芋虫も一緒に、蒸しているってことです。。。う~~

 

日月紅茶工場_2

 

まあ、それだけ自然で、美味しい紅茶ができるということだけど。結構昔スタイルでつくっている紅茶、これはおいしいかも。

 

日月紅茶工場_3

 

機械がいろいろ動いていて、いい香りがするんだよね。発酵部屋はむしむし~

 

日月紅茶工場_4

 

ほんと、手作り感満載で、それだけに高級なんだと思ったり。

 

日月紅茶工場_5

 

工場を出たところに、ちゃんとショップあり。試飲した紅茶はめちゃおいしかった。

茶畑。

 

日月紅茶工場_6

 

気候が変わらないから、年中茶摘みOKだったりして。

なんか観光もいいのだけれど、二~三日目とゴルフ連荘したでしょ、それで電車に乗って、バスに揺られて。なんかだんだん疲れてきて、歩くのもめんどう。だけど、ガイドさん大張り切りで、なんだかわけの分からない湖へと連れていかれる。きっと、産地のジュースとかを買わせたいんだろうけど、なんだかほんと、気力がなくて何をいっているのかも聞いてなかったな。やっぱり、10人の少人数とはいえ、団体行動は向いてないな、私。

 

台湾 日月譚近くの、汚い湖

 

しょうがないけど、写真だけ撮る。疲れてるのに、この湖畔を歩きますか?とかいいやがりやがって、まったく身勝手なガイドだったな。

ほんと、この日は早くホテルに行ってゆっくりしたいと思ってたんだけど、くそガイドのせいでいろいろやらせてもらいました。

とゆーことで、アップしているうちにいままた疲れてきてしまった。次回日月潭のすばらしい風景を披露いたそう。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中