梅沢流 きのこ鍋をつくってみた。こいっあーくせになりやっせ。

標準

恋のからくり~夢芝居~と妖艶な女形の梅沢富美男氏。すごい料理上手なんだよな。

まー君妻の里田まいちゃんもブログに載せていたけれど。『はなまるマーケット』で梅沢氏が紹介したきのこ鍋が、いまネットレシピで大流行り。

たしかに、簡単、手間いらず、経済的、ビタミン豊富、ヘルシー!

ここのとこ、寒いのできのこ鍋やってみやした。

 

梅沢流きのこ鍋 アレンジ

 

一人用の鍋で。スープは市販の鳥ガラスープをちょいと入れたけど、菜の花を茹でた茹で汁に昆布、カツオで出汁を取ってちょいと酒、みりん、去年のアンチョビ漬けでできた魚醤を加えただけ。肉は本当は鳥もも肉なのだが、胸肉を使用。ネギも本当は、なんちゃらとかゆー高そうなネギだけど普通のにして。大好きなので、下のほうに白菜も入れちゃいやした。

キノコが煮えたら、ネギを入れて、最後に出汁で溶いた山芋をガーッと乗せて3分間に煮て出来上がり。まじ美味しい、簡単だし、なめこを入れるともっといいらしい。ネバネバネバ~って、ABBAって感じ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中